【主演:広瀬すず】朝ドラ『なつぞら』キャスト・あらすじ・視聴率・動画情報・ネタバレまとめ!

【主演:広瀬すず】朝ドラ『なつぞら』キャスト・あらすじ・視聴率・動画情報・ネタバレまとめ!

出典:『なつぞら』公式ページ

話題の広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』は、記念すべきことに連続テレビ小説第100作であることをご存知でしょうか?

雄大な空が広がる北海道・十勝を舞台として、日本が誇るアニメーション業界の開拓者を描いてく立志伝『なつぞら』。

ポイント
  • 記念すべき連続テレビ小説第100作目。
  • 北海道・十勝を舞台にアニメーター奥山玲子をモデルとした朝ドラ。
  • 世界が誇る日本のアニメの原点に迫る作品。

開拓と未来へのつながりをテーマとした朝ドラの作品情報キャスト実在モデル視聴率ネタバレについてまとめていきます。

\\31日間の無料お試し期間あり//

『なつぞら』第1話〜最新話まで
今すぐU-NEXTで視聴する

 目次

朝ドラ『なつぞら』ってどんなドラマ?

なつぞら

1946(昭和21)年初夏、戦争が終わり、奥原なつ(9)は柴田剛男に連れられ、北海道・十勝にやって来た。

戦災孤児のなつを受け入れた酪農一家・柴田家は、北陸からの開拓移民。

剛男となつの父とは戦友で、もしもの時は、お互いの家族の面倒を見るという約束をしていた。

剛男の義父・泰樹は偏屈者で知られていた。

泰樹は、なつを厄介(やっかい)者と言いながらも内心、不憫(ふびん)に思っていた。

子どもながらに覚悟を決めたなつは、牛馬の世話や乳搾りを懸命に手伝う。

なつの頑張りに心を動かされた泰樹は、生きる術(すべ)をとことん叩き込む。

なつも天真らんまんな子どもらしさを取り戻していく。

やがて、なつはすてきな馬の絵を描く少年・山田天陽と出会う。

天陽から当時、アメリカで流行(はや)っていた漫画映画の魅力を教えられ、" 絵が動く" 夢のような世界があるのかと感動する。

高校生になり、なつは天陽の影響で、絵を描く仕事に夢を持ち始めていた。

そんな折、生き別れていた兄が東京で働いていると知らされ…。

なつに旅立ちの日が近づいていた―。
出典:『なつぞら』公式ページ

『なつぞら』には原作がありません。

『泥棒家族』『トトの世界〜最後の野生児〜』で有名になった、脚本家である大森寿美男さんのオリジナル脚本なのです。

大森寿美男さんが記念すべき第100作目のドラマとして選んだ題材は、世界に誇る日本のアニメの原点と関わる物語。

モデルとなったのは、日本のアニメーション業界の開拓者である女性アニメーター奥山玲子さんでした。

世間的には知らない人も少なくないかもしれませんが、実は『狼少年ケン』『魔法使いサリー』『ひみつのアッコちゃん』『火垂るの墓』の制作に携わってきた巨匠の一人です。

そんなアニメーション業界の開拓者となる奥山玲子さんが北海道で開拓者精神を養っていくところを描いていく朝ドラが『なつぞら』なのです。

朝ドラ『なつぞら』の作品情報

作品名 なつぞら
公開日 2019年4月1日〜9月28日
話数 156話
脚本 大森寿美男
放送チャンネル NHK総合
放送時間 [月~土]8時00分 〜 8時15分(15分)
主題歌 スピッツ「優しいあの子」

朝ドラ『なつぞら』主要キャスト

奥原 なつ(広瀬すず 子供時代:粟野咲莉 )

  • 1937年生まれ。奥山玲子がモデルと言われている。
  • 戦争により家族バラバラになり、父の戦友である柴田剛男のもとで十勝で暮らす。
  • 高校卒業後はアニメーターとしてアニメーション業界に飛び込み開拓者となる。

奥原 咲太郎(岡田将生 子供時代:渡邉 蒼 )

  • 歌とタップダンスが得意な奥原なつの兄。
  • 戦争で両親をなくしてからは、親代わりとなる。
  • なつを柴田家に預けた後、孤児院で暮らすも、家出して行方不明になる。

柴田剛男(藤木直人)

  • 柴田家の婿養子。
  • なつの父と交わした約束を守り、なつの面倒を見るために十勝につれてくる。
  • よつば乳業の創業者・太田貫一がモデルとされる。

山田天陽(山田天陽 子供時代:荒井雄斗)

  • なつに絵心を教えた青年画家。
  • 美術の才能があるものの、貧しく進学できずに農業を手伝う。
  • 画家の神田日勝がモデルとされる。

小畑雪次郎(山田裕貴 子供時代:吉成翔太郎

  • お菓子の発明王「雪月」の店主・小畑雪之助の息子。
  • 奥原なつにとって何でも話せる大親友。
  • 日本一の菓子職人になるための修業として、なつと一緒に上京する。
  • マルセイバターを生んだ小田豊がモデルとされる。

朝ドラ『なつぞら』を視聴できる動画配信サービス

『なつぞら』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年4月9日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。

朝ドラ『なつぞら』の視聴率とあらすじ・ネタバレ

第1週(2019年4月1日~4月6日)の視聴率とあらすじネタバレ

どこまでも続く草原の丘で、北海道・十勝の風景を描く奥原なつ(広瀬すず)。

昭和21年初夏、なつ(粟野咲莉)は9歳の時、亡き父の戦友だった柴田剛男(藤木直人)に引き取られて十勝にやってきた。

妻・富士子(松嶋菜々子)は我が子としてなつを受け入れようする一方、富士子の父でガンコ者の泰樹(草刈正雄)は働き手にもならないとなつに冷たくあたる。

しかし、子供ながらにここで生きると覚悟を決めたなつは、牛馬の世話や乳搾りを必死に手伝い、次第に泰樹の心を溶かしていく。
出典:『なつぞら』公式ページ

  • 第1話(2019年4月1日)の視聴率:22.8%
  • 第2話(2019年4月2日)の視聴率:20.9%
  • 第3話(2019年4月3日)の視聴率:23.0%
  • 第4話(2019年4月4日)の視聴率:22.4%
  • 第5話(2019年4月5日)の視聴率:22.3%
  • 第6話(2019年4月6日)の視聴率:21.0%
  • 第1週の週間平均視聴率:22.1%
ドラマ『なつぞら』第1週(第1話〜第6話)あらすじ・ネタバレ感想!朝ドラヒロインの広瀬すずが北海道を駆け巡る

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

第2週(2019年4月8日~4月13日)の視聴率とあらすじネタバレ

東京の兄に会いたいと、家出したなつを富士子や剛男は、懸命に探す。

一方、帯広にたどり着いたなつは警察に保護されたが、そこからも逃げだし、行き場を失っていた。

ようやくなつを見つけた柴田家のみんなは、なつを抱きしめ、ずっとそばにいると誓う。

柴田家の子として再び暮らし始めたなつは、泰樹の夢であるバターづくりを教えられる。

そしてさらに将来につながる、大きな「夢」と出会うことになる。
出典:『なつぞら』公式ページ

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

第3週(2019年4月15日~4月20日)の視聴率とあらすじネタバレ

昭和30年初夏、なつは牧場を手伝いつつ、農業高校に通っていた。

ある朝、母牛が産気づき、泰樹は出産の準備をするが、生まれた子牛は息絶えようとしていた。

動揺する泰樹たちの前で、なつは思わぬ行動で子牛の命を救う。

一方、柴田家では酪農の経営をめぐり、泰樹と剛男がぶつかっていた。

家族の仲違いに悩むなつは同級生の雪次郎(山田裕貴)に相談すると、演劇部顧問・倉田先生(柄本佑)を紹介される。

倉田のアドバイスは意外なものだった!
出典:『なつぞら』公式ページ

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

第4週(2019年4月22日〜4月27日)の視聴率とあらすじネタバレ

泰樹と剛男の仲違いがきっかけで、演劇を始めたなつ。

いざ入部すると演劇部の練習はとても厳しく、酪農との両立も難しくなっていく。

さらに、顧問の倉田先生は、物語の重要な役をなつに与える。慣れないセリフに苦心するなつに、倉田は何度も何度もダメ出しを続ける。

ある日、舞台美術を手伝いに来た天陽(吉沢亮)は、部室で落ち込んでいるなつを目にする。

なつを追い詰める倉田に天陽が食ってかかると、倉田は思わぬことを打ち明ける。
出典:『なつぞら』公式ページ

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

第5週(2019年4月29日~5月4日)の視聴率とあらすじネタバレ

ある日、東京からひとりの学生が訪ねて来た。

なつ(広瀬すず)と生き別れた幼なじみ・佐々岡信哉(工藤阿須加)だった。

感動の再会もつかの間、信哉から兄・咲太郎(岡田将生)が新宿で働いているらしいと知らされ、なつは動揺する。

そんななつを見ていた富士子(松嶋菜々子)は、一緒に東京に行こうと提案。

夏休みを使って、なつは富士子とともに9年ぶりの上京を果たす。

東京の目覚ましい復興に圧倒されつつ、なつは新宿の有名店・川村屋を訪ねる。

そこの美人マダム・光子(比嘉愛未)から兄について貴重な情報を聞く。
出典:『なつぞら』公式ページ

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

第6週(2019年5月6日~5月11日)の視聴率とあらすじネタバレ

兄・咲太郎(岡田将生)を探すため、東京を訪れていたなつ(広瀬すず)と富士子(松嶋菜々子)。

ふたりは偶然、天陽(吉沢亮)の兄・陽平(犬飼貴丈)と再会する。

陽平は東京の美大に通いながら、漫画映画を作る会社で働いていた。

なつは陽平に誘われて会社を見学、漫画映画の制作現場を目の当たりにし、心を奪われる。

一方、十勝では、照男(清原翔)が大事な話があると天陽を呼び出していた。

なつへの思いを確かめようとしていたのだ。

そんな二人は青年団のスキー大会で対決することになり、それを見つめるなつは…。
出典:『なつぞら』公式ページ

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

第7週(2019年5月13日~5月18日)の視聴率とあらすじネタバレ

天陽(吉沢亮)に会いに行く途中、吹雪の中で気を失ってしまったなつ(広瀬すず)。

なつを助けたのは、森の奥でひっそりと暮らす弥市郎(中原丈雄)と砂良(北乃きい)親子だった。

翌朝、帰宅途中でなつは、美しい雪景色に出会い、アニメーターになりたいという思いを強く抱く。

その夜、なつは家族に東京へ行きたいと打ち明けようとするが、泰樹(草刈正雄)を気遣い、嘘をついてしまう。

そのころ、富士子(松嶋菜々子)と照男(清原翔)は弥市郎を訪ね、小屋で過ごした一夜、なつが一心不乱に絵を描いていたことを知らされる。
出典:『なつぞら』公式ページ

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

第8週(2019年5月20日~5月25日)の視聴率とあらすじネタバレ

昭和31年春、アニメーターになる夢を叶えるため、なつ(広瀬すず)は雪之助(安田顕)・雪次郎(山田裕貴)親子と一緒に上京を果たす。

雪次郎が菓子修業をする新宿・川村屋を訪ね、エキゾチックな雰囲気を身にまとうマダム・光子(比嘉愛未)と再会。

なつは光子の好意で、川村屋に住み込みで働くことになる。

新生活を始めたなつは、兄・咲太郎(岡田将生)をよく知るクラブ歌手・カスミ(戸田恵子)に誘われ、近所のおでん店・風車を訪ねる。

なつが女将の亜矢美(山口智子)に兄への思いを話すと、なぜか亜矢美は動揺する。
出典:『なつぞら』公式ページ

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

第9週(2019年5月27日~6月1日)の視聴率とあらすじネタバレ

アニメーターを目指して東京にやってきたなつ(広瀬すず)。

憧れの東洋動画の入社試験を受けるものの不合格となり、自らの行く先を見失ってしまう。

雪次郎(山田裕貴)から、なつの様子を知らされた兄・咲太郎(岡田将生)は役者仲間のツテを頼り、東洋動画のアニメーター・仲(井浦新)に直接、不合格の理由を聞きに行く。

すると仲は、試験に落ちたのは咲太郎のせいだと語るのだった。

数日がたち、なつが亜矢美(山口智子)の店・風車にいると、咲太郎が警察に捕まったと信哉(工藤亜須加)が知らせにやって来る。
出典:『なつぞら』公式ページ

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

第10週(2019年6月3日~6月8日)の視聴率とあらすじネタバレ

なつ(広瀬すず)はついに東洋動画に入社。

仕上課でセル画に色を塗る仕事を与えられる。

先輩の桃代(伊原六花)から手ほどきを受け作業を覚えていくが、緊張のあまりに手が震えてしまう。

そんなある日、なつは仲(井浦新)から誘われ、憧れの作画課の部屋を訪れる。

下山(川島明)たちとの再会を喜ぶ中、後輩を厳しく指導する女性アニメーターの麻子(貫地谷しほり)を目にし、なつは衝撃を受ける。

数日後、なつのもとを背景担当の陽平(犬飼貴丈)が訪ねてきて、十勝にいる弟・天陽(吉沢亮)の近況について語り始めた。
出典:『なつぞら』公式ページ

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

第11週(2019年6月10日~6月15日)の視聴率とあらすじネタバレ

東洋動画で働くなつ(広瀬すず)たちは、数万枚におよぶ動画を描き上げ長編アニメ映画「白蛇姫」を完成させた。

風車に帰ると、新婚旅行で東京を訪れていた照男(清原翔)と砂良(北乃きい)の姿があった。

思い出話に盛り上がる中、咲太郎(岡田将生)も帰宅。

2人の兄が初めて顔を合わせる。

数日後、咲太郎の劇団の公演が幕を開け、なつは雪次郎(山田裕貴)とともにに訪れる。

主演女優・亀山蘭子(鈴木杏樹)とも会い、なつは大きな刺激を受ける。

そんな中、なつに再びアニメーターになるチャンスが回ってくる。
出典:『なつぞら』公式ページ

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

第12週(2019年6月17日~6月22日)の視聴率とあらすじネタバレ

なつ(広瀬すず)と咲太郎(岡田将生)は、生き別れた妹・千遥がいるはずの住所を訪ねる。

部屋から出てきた少女に息をのみ、やっとの思いで声をかけるも人違いだった。

千遥の手がかりを一切失い、落胆するなつ。

しかし咲太郎らから励ましを受け、なつは悲しみを忘れようとアニメ制作に集中する。

ある日、東洋動画では仲(井浦新)や下山(川島明)らアニメーターが集まり、新作映画のキャラクター検討会を行っていた。

あるキャラクター像をめぐって、なつと麻子(貫地谷しほり)の意見が激しくぶつかり、2人は闘志を燃やす。
出典:『なつぞら』公式ページ

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

第13週(2019年6月24日~6月29日)の視聴率とあらすじネタバレ

光子(比嘉愛未)から、雪次郎(山田裕貴)が川村屋を辞めると聞いてショックを受けるなつ(広瀬すず)。

芝居の道に進もうとする雪次郎を必死に説得するが、咲太郎(岡田将生)は本人の意思を尊重しろと言い放つ。

そんな中、十勝から小畑雪之助(安田顕)、とよ(高畑淳子)、妙子(仙道敦子)の家族が遠路はるばるやって来る。

雪之助は咲太郎を厳しく問い詰め、息子の居場所を聞き出すとそのアパートに押しかける。

雪次郎は家族に自分の夢を切々と語るが、抵抗むなしく、雪之助に川村屋へと強制的に連れ戻されてしまう。
出典:『なつぞら』公式ページ

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

第14週(2019年7月1日~7月6日)の視聴率とあらすじネタバレ

東洋動画で短編の漫画映画制作が決定した。

なつ(広瀬すず)と麻子(貫地谷しほり)は原画の担当に抜てきされ、監督志望の坂場(中川大志)と企画を考えることになった。

しかし、何でも勝手に決めてしまう坂場のやり方に、なつと麻子は不安を覚える。

一方、北海道の柴田牧場ではある女の子が訪ねて来ていた。

身分を明かさない彼女をなつの妹・千遥と察した富士子(松嶋菜々子)は、即座になつに電話をかける。

なつは会社を早退し、咲太郎(岡田将生)と十勝へ向かうが丸2日はかかる。

柴田家のみんなは必死に千遥を引き留めるが、彼女にはすぐに去らなければならない事情があった…
出典:『なつぞら』公式ページ

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

第15週(2019年7月8日~7月13日)の視聴率とあらすじネタバレ

天陽(吉沢亮)との決定的な別れを痛感したなつ(広瀬すず)の帰省は、終わろうとしていた。

そんな中、北海道大学に通う夕見子(福地桃子)が帰省してくる。

夕見子のハッキリとした物言いに富士子(松嶋菜々子)たちが振り回される姿を見て、なつはどこか懐かしさを感じる。

出社後、十勝でヒントを得た企画が正式に採用され、なつが初めて原画を務める漫画映画の制作が動き出す。

坂場(中川大志)の自分勝手な進め方に麻子(貫地谷しほり)や下山(川島明)は反発するが、なぜかなつは彼の情熱に心を動かされていく。

一方、兄・咲太郎(岡田将生)はテレビ時代の到来を見越して、洋画にアテレコする声優たちの会社を立ち上げようとしていた。
出典:『なつぞら』公式ページ

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

第16週(2019年7月15日~7月20日)の視聴率とあらすじネタバレ

なつ(広瀬すず)たちの漫画映画づくりは佳境に入っていた。

演出の坂場(中川大志)の度重なる描き直し指示にも負けず、新人・神地(染谷将太)の活躍もあり、新しい漫画映画が誕生しようとしていた。

そんな中、夕見子(福地桃子)が突然、恋人の高山(須藤蓮)と一緒に北海道から上京してきた。

周囲の学生たちに影響を受けた夕見子は大学をやめ、高山と一緒に新生活を東京で始めるという。

夕見子のあまりに身勝手な結婚観についていけないなつ。

亜矢美(山口智子)も説得しようとするが耳を貸そうとせず、ついに電話で富士子(松嶋菜々子)に相談してしまう。

数日後、夕見子を説得しに十勝からやって来たのは、あの男だった。
出典:『なつぞら』公式ページ

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

第17週(2019年7月22日~7月27日)の視聴率とあらすじネタバレ

1963年、なつ(広瀬すず)は優秀な女性アニメーターとして注目されていた。

その実力を買われ、坂場(中川大志)と一緒に新設されたテレビ班に行くように仲(井浦新)から命じられる。

「鉄腕アトム」が大ヒットしたのを受け、東洋動画は本格的にテレビ漫画に進出することになった。

映画に未練を感じる坂場を励ましつつ、なつはテレビの世界に飛び込んでいく。

テレビ特有の効率優先のアニメ作りに戸惑いつつも、なつは新たな表現の開発に取り組む。
出典:『なつぞら』公式ページ

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

第18週(2019年7月29日~8月3日)の視聴率とあらすじネタバレ

なつ(広瀬すず)が原画を担当したテレビ漫画「百獣の王子サム」は大成功となった。

東洋動画では新作の漫画映画を作ることになり、仲(井浦新)は下山(川島明)を監督に指名するが、下山は断り、坂場(中川大志)を推薦する。

坂場は社内では人気がいまひとつだったが、なつや神地(染谷将太)たちアニメーターの応援で、ついに坂場監督が実現する。

坂場は西欧を舞台にした話を元にした企画を通し、なつと神地が原画を担当、映画チームは活気を取り戻す。

そして坂場は、もし映画が成功すれば、僕と一緒になってほしいとなつに告白する。

そんな中、下山と茜(渡辺麻友)の恋仲が発表され、現場はさらに勢いづく。
出典:『なつぞら』公式ページ

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

第19週(2019年8月5日~8月10日)の視聴率とあらすじネタバレ

なつ(広瀬すず)は、坂場(中川大志)との結婚報告をするため、十勝に戻ってきた。

結婚を喜ぶ富士子(松嶋菜々子)たちだが、坂場が失業中と聞き、泰樹(草刈正雄)は面白くない。

そのころ、夕見子(福地桃子)らが勤める農協では、大手メーカーに対抗するため、自ら工場を新設し、乳業会社を作ろうという壮大なプランが動き始めていた。

しかし、建設反対派と折り合いがつかず、組合長・田辺(宇梶剛士)をはじめ、泰樹や天陽(吉沢亮)ら十勝の酪農家が集まり、激しい議論になる。

そのとき、同席していた坂場の何気ない言葉をきっかけに、事態は思わぬ方向に動き始める。

一方、「雪月」では、雪次郎(山田裕貴)がなにやら新しいお菓子を開発しており…。
出典:『なつぞら』公式ページ

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

第20週(2019年8月12日~8月17日)の視聴率とあらすじネタバレ

なつ(広瀬すず)が東洋動画で働き、夫の坂場(中川大志)が翻訳の仕事をしながら家事を行うという新婚生活が始まった。

アニメブームの中、なつは「魔法少女アニー」の原画という大役を任される。

その一方、茜(渡辺麻友)のおなかが大きくなりつつも仕事に取り組む姿を見て、働きながら子育てをする難しさを実感する。

そのころ、声優プロダクションが多忙になった咲太郎(岡田将生)は、野上(近藤芳正)から「川村屋」や「風車」を含む新宿一帯が再開発され、「風車」には立ち退きの話が出ており、「川村屋」も建て替わることを聞かされる。

咲太郎は光子へのプロポーズを決意し、「風車」になつたちを集め、結婚の報告会を開く。

そんな華やかな席の中、亜矢美(山口智子)だけはいつもの元気がない。
出典:『なつぞら』公式ページ

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

第21週(2019年8月19日~8月24日)の視聴率とあらすじネタバレ

なつ(広瀬すず)は妊娠を咲太郎(岡田将生)や、富士子(松嶋菜々子)ら十勝の家族に報告し、盛大な祝福を受ける。

そんな中、麻子(貫地谷しほり)が日本に帰ってくる。

なつたちの新居を訪れた麻子は、アニメの制作会社を設立したことを伝え、もう一度、現場に復帰しないかと坂場(中川大志)に話を持ちかける。

坂場にとっては願ってもないチャンスだが、なつたち共稼ぎ夫婦には子育て問題が大きく立ちふさがる。

そんな不安を抱えつつも、臨月を迎えたなつは仲(井浦新)や神地(染谷将太)らに見送られ、産休に入る。

予定日が迫る中、なつは突然の腹痛に襲われる。

一大事というタイミングで現れたのは、富士子や泰樹(草刈正雄)たちだった。
出典:『なつぞら』公式ページ

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

第22週(2019年8月26日~8月31日)の視聴率とあらすじネタバレ

坂場(中川大志)のマコプロダクションへの再就職が決まったものの、愛娘の優を預ける保育園が見つからない。

そんな矢先、仲(井浦新)から東洋動画の勝負作「キックジャガー」の作画監督という大役を命ぜられる。

なつ(広瀬すず)は保育ママを探そうとするが、共稼ぎ夫婦への風当たりは厳しく、途方に暮れる。

そんな中、手を差し伸べたのは茜(渡辺麻友)だった。

茜は東洋動画を辞め、子育てに専念していたが、なつには女性アニメーターの先駆者としてがんばってほしいと語る。

なつは茜の応援を受け、育児と仕事の両立に励むが、そんなある日、優が熱を出していると茜から電話が入る。

仕事を手放せないなつは坂場に電話するものの、連絡がつかない。
出典:『なつぞら』公式ページ

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

第23週(2019年9月2日~9月7日)の視聴率とあらすじネタバレ

なつ(広瀬すず)は坂場(中川大志)から「大草原の小さな家」という本を手渡され、これを原作に一緒にテレビ漫画をつくろうと持ちかけられる。

東洋動画を辞めるべきか、仲(井浦新)に恩義を感じるなつは思い悩む。

その頃、十勝では天陽(吉沢亮)が体調を崩し、入院していた。

ある時、病院を抜け出してきた天陽は、徹夜で一枚の絵を描き上げる。

心配する靖枝(大原櫻子)に天陽は畑を見てくると言い残し、アトリエを出ていく。

夏が過ぎ、優を連れてなつは久しぶりに十勝に帰省する。

雪月に立ち寄ったなつは、雪之助(安田顕)から天陽が新しくデザインした店の包装紙を見せてもらう。
出典:『なつぞら』公式ページ

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

第24週(2019年9月9日~9月14日)の視聴率とあらすじネタバレ

東洋動画を辞め、新たな道を歩み始めたなつ(広瀬すず)。

感慨にふける間もなく、麻子(貫地谷しほり)が立ち上げたアニメ会社に出社早々、なつは作画監督を任される。

下山(川島明)や神地(染谷将太)といった懐かしい仲間に囲まれ、「大草原の少女ソラ」の企画が動きだす。

なつたちは舞台となる十勝の大地へとロケハンに赴き、美しい風景をスケッチして回り、泰樹(草刈正雄)が語る開拓時代の話には大きく心を動かされる。

そして1974年秋、大自然の中に生きる家族を感動的に描いたアニメは話題を呼び、初めこそ視聴率は上がらなかったものの、少しずつ子どもやその親たちからの反響が出始める。
出典:『なつぞら』公式ページ

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

第25週(2019年9月16日~9月21日)の視聴率とあらすじネタバレ

ある日突然、生き別れた妹・千遥(清原果耶)が娘(粟野咲莉)を連れて、なつ(広瀬すず)のアニメ会社を訪ねてくる。

娘がアニメ「大草原の少女ソラ」の大ファンだというのだ。

28年ぶりに千遥と再会したなつは感極まるが、嫁ぎ先に生い立ちを秘密にしている千遥は、あいさつするとすぐに帰ろうとする。

引き止めるなつに、千遥は神楽坂の小料理屋で働いていると明かし、お客としてなら来てもいいと言う。

後日、咲太郎(岡田将生)、光子(比嘉愛未)、信哉(工藤阿須加)たちと店に入ると、出迎えたのは板前姿の千遥だった。

千遥の料理を口にすると、なつたちは料理人だった父の懐かしい味を思い出す。
出典:『なつぞら』公式ページ

\\31日間の無料お試し期間あり//

『なつぞら』第1話〜最新話まで
今すぐU-NEXTで視聴する

朝ドラ『なつぞら』をフルで見れるVOD一覧

u-next
U-NEXT

出典:U-NEXT

U-NEXTの特徴
  1. 月額1,990円で14万本以上の動画を楽しめる
  2. 31日間は無料で見放題
  3. 無料期間中の解約も可能
  4. U-NEXTは全ジャンルで作品数・番組配信数が国内最高クラス
ビデオマーケットの特徴
  1. 動画配信数は国内トップの20万本以上
  2. 特に映画や韓流ドラマのラインナップが充実、月額980円で楽しめる
  3. 初月は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能