ドラマ『なつぞら』第5週(第29話)あらすじ・ネタバレ感想!なつ、やっとお兄ちゃんに会えてよかったね!

出典:『なつぞら』公式Instagram

十勝の広い大地で育ち、絵を描きながら酪農に携わり、後にアニメータとしての道を歩んでいく奥原なつ(広瀬すず)の物語『なつぞら』の第5週29話。

兄・咲太郎(岡田将生)との再会に涙。

咲太郎の想い、なつの想いを知り、穏やかな回です。

しかしこれはどう見ても、嵐の前の静けさでした。

ドラマ『なつぞら』第5週「なつよ、お兄ちゃんはどこに?」第29話あらすじ

信哉(工藤阿須加)に連れられ、なつ(広瀬すず)と富士子(松嶋菜々子)は浅草の劇場にやってきた。

ダンサーのステージが終わり再び明かりがつくと、スポットの中に独特な格好をした男が姿を現す。

男はステージの上でひとり歌いだし、やがて音楽に乗ってタップを踏み始めた。

客席の男たちは一斉に、ステージに向かい罵声を浴びせる。

すかさず、男も客を罵倒し始める。

そのとき、なつがその男に向かって声をかけた…。
出典:NHK

ドラマ『なつぞら』を視聴できる動画配信サービス

『なつぞら』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年5月3日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。

【ネタバレあり】ドラマ『なつぞら』第5週(第29話)の感想

再会は奥原咲太郎(岡田将生)の初舞台

佐々岡信哉(工藤阿須賀)に連れられるまま、芝居小屋へと来たなつ(広瀬すず)。

しかし、そこで行われていたのはストリップショーでした。

急いでなつの目を手でふさぐ富士子(松嶋菜々子)。当たり前です。

咲太郎がいるから…となつを連れてきた信哉もタジタジです。そりゃそうなりますよね。

そして、咲太郎(岡田将生)の舞台が始まりました。

急きょ舞台に上がることになった咲太郎は、さぞ緊張していたことでしょう。

馴れていないせいか、客からヤジが飛んできます。

幼い頃の兄しか知らないなつは、気づくことができるのか…?はい、できたのです。

なつは、兄のあのステップを覚えていました。

懐かしいあの動き、あれは間違いなく兄だと感じられたのでしょう。

舞台が終わり、咲太郎が客と言い合いをしていると、その場にスッと立ち上がり一言。

「お兄ちゃん」

じーっとなつを見る咲太郎。

「誰だ、お前」

当然の反応ですね。

しかし、なつが歩み寄り、じっと自分を見つめるその目を見て、咲太郎もなつだと分かったのです。

「なつ…か?」

「はい、なつです」

いつか自分の手で迎えに行こうとしていた咲太郎。

今を必死に生きているその途上で、妹が自分の目の前に現れたこの奇跡ともいえる瞬間、感極まるものがありました。

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

咲太郎(岡田将生)が手紙を書かなかったのには理由があったみたい

再会を果たすことができたなつと咲太郎は、咲太郎の馴染みの店で夕飯を一緒に食べることにしました。

もちろん、信哉も富士子も一緒です。

そこでかつ丼を食べれば「親父のかつ丼はもっとうまかった。親父は世界一の料理人だったからな」と、咲太郎はなつに言います。

ナレーションがなにか口を挟んでくるのかなぁとも思いましたが、それはありませんでした。

お父さん(内村光良)、静かに鑑賞ですね。

なつが幸せそうだということは、咲太郎の目から見てもわかることです。

兄として富士子に頭を下げると、富士子も母として「あんたはどうしたいの?」と聞きます。

今の咲太郎は宿なし。あちこち飛び回って芝居をしていると言います。

自分がどうしたいかと聞かれても、咲太郎は話をはぐらかしました。

「なつは、どうしたいんだ?」

するとなつは、もう一人の妹である千遥にも会いたいと言いました。

しかし、千遥の行方はもうわからないみたいです。

引っ越しをし、その後の消息は分からないらしいです。

でも幸せらしい。それがどうしてわかるかというと…。

過去に咲太郎は千遥に手紙を書くと、今はもう家に馴染んでおり、里心がつくと困るから手紙を書かないでくれと言われたようです。

もしかしたら、なつが待てど暮らせど手紙が来なかったのは、千遥のようになつが自分のことを思い出して、恋しくなって家族と馴染めないと困るから、柴田家に馴染んで、自分のことをもう忘れたかもしれないのに今さら…という後ろ向きな気持ちがあったからかもしれません。

まるで、ふたりの妹を嫁いで一人になった感じと言いましょうか。非常に悲しい結論でした。

しかし、なつは咲太郎のことも、千遥のことも、もちろん亡くなった両親のことも忘れません。

柴田家の家族の一員になっていながらも、なつの苗字は「奥原」のままだったのですから。

もしかしたら千遥も、なつと同じように無理に作り笑いをして、心の底では咲太郎やなつに会いたいと思っているかもしれません。

今後千遥は見つかるのかも、気になるところです。

できることなら再会してほしいですね。

まぁきっと、なつは生きている限り諦めないでしょう。

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

咲太郎(岡田将生)、なんかあるでしょ

なつと富士子が新宿の川村屋にお世話になっていると聞くなり、ちょっと顔色が曇った咲太郎。

牛の異変に気づけるなつですから、何かあるってすぐわかりますよ。

必死に隠そうとしても無駄です、お兄ちゃん。

それでも咲太郎ははぐらかしました。

明日マダムの元にお礼に行くって言っておいてくれと言い、その晩は別れました。

咲太郎ももっとこの再会を喜びたかったことでしょう。

しかし、何かあるんですよね?

じゃないと前島光子(比嘉愛未)だって、なつを人質にして咲太郎をおびき出そうと言いませんからね。

前島がなにか企んでいるのでしょうか?

それとも、咲太郎が過去に何かやらかし、そこから逃げているという状態なのでしょうか?

その答えはおそらく、明日(第30話)のお話で。

また気になるところで終わられました…。

続き、続きと机をバンバンしたくなります。

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

ドラマ『なつぞら』第5週(第29話)まとめ

十勝の柴田家に暮らし、酪農に携わり、農業高校に通いながら絵を描く。

4週にわたり紆余曲折あったなつの人生を経て「私はずっと幸せだった」と心から兄に報告するなつの顔には、偽りの笑みはありませんでした。

一方、咲太郎の方は明らかに何かあります。

その真意は、幼馴染の信哉も知りません。

次回は、その真相が明らかになると信じ、期待して待ちます。

というか、次で第5週が終わりですね。次週分まで気になる展開が今すでに。

嵐の前の静けさ、ここからの大荒れの様子が楽しみとは…非常に『なつぞら』にのめり込んでいると実感しました。

\\31日間の無料お試し期間あり//

『なつぞら』第1話〜最新話まで
今すぐU-NEXTで視聴する

ドラマ『なつぞら』他話のネタバレ記事一覧