『なつぞら』第8週45話あらすじ・ネタバレ感想!山口智子が登場、兄・咲太郎と重要なつながりが…?

ドラマ『なつぞら』第8週(第45話)あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『なつぞら』公式ページ

十勝で絵を描きながら酪農に携わった奥原なつ(広瀬すず)が、東京でアニメーターへの道を突き進む物語『なつぞら』の第8週45話。

煙カスミ(戸田恵子)との再会によって、新しい出会いを果たすなつ。

そしてそこから出てくる咲太郎(岡田将生)の謎。

兄ちゃん…あんたはいったい、何をしていたんだい?

▼動画の無料視聴はこちら▼

『なつぞら』第8週45話あらすじ

東京での生活をスタートさせたなつ(広瀬すず)は、兄・咲太郎(岡田将生)を知るカスミ(戸田恵子)を訪ねてクラブ・メランコリーへとやってくる。

カスミはなつを誘い、近所のおでん屋・風車ののれんをくぐった。

カスミは、風車の女将・亜矢美(山口智子)に、なつが子供の頃に生き別れた兄を探しに、東京にやってきたことを熱心に語りだす。

しかし、なつが咲太郎の名前を口にしたとたん、亜矢美が動揺し始めて…。
出典:NHK

【ネタバレ】『なつぞら』第8週45話の感想

おでん店「風車」・岸川亜矢美(山口智子)との出会い

兄の咲太郎(岡田将生)を探し、クラブ「メランコリー」に訪れたなつ(広瀬すず)。

カスミ(戸田恵子)も、なつが咲太郎の関係者というだけあって、覚えていたみたいです。

また兄の行方を捜しているというなつに対し、知らないと言います。

そして、ちょっと飲みに行かない?と、なつ達をおでんの店に誘いました。

その店とは「風車」。

女将である岸川亜矢美(山口智子)に、遠回しに話を振るカスミ。

この子、兄を探しているんですって。

ムーランルージュで働いていた子なんだよねー。

夏には一度会えたんだけれど、また今どこに行ったかわからないんだって。

この子は奥原なつ。兄は咲坊(咲太郎)なんだけど……。

知らないと言いつつ、亜矢美は明らかに挙動不審です。

ああ、何か知っているなぁということがわかります。

雪之助(安田顕)が泥酔したことで、なつが店を後にすると、カスミは亜矢美に言います。

「あとは亜矢美ちゃん次第よ」

カスミは咲太郎がここと関係していることを知っているみたいですね。

そして亜矢美も、カスミに感謝。

まだ始まったばかり、確信には迫らせてくれないみたいです。

男前だし仕方がないが…

以前東京に来たとき、カスミの付き人である土間レミ子(藤本沙紀)にずいぶん睨まれたなつ。

レミ子は、「風車」を後にしたなつを追いかけてきました。

「私にも返して」

なつとしては、なんのことだろう?と思うわけです。

「もしかして、兄はあなたにもお金を借りていたのですか?」

そうなつが聞くと、答えは全然違いました。

「心の操を貸してるの」

…なんのことやら。

レミ子は咲太郎のことが好きなのでしょうが、そんなことなつにはもちろんわかりませんよね。

川村屋の宿に帰ってくると、同室になったウエイトレスの三橋佐知子(水谷果穂)が、なつにお金を渡してきました。

少ないけれど咲太郎に…と差し出された封筒。

兄はあなたにも借りを作っていたんですか?

なつがそう聞くと、佐知子はこう返しました。

「そうじゃないけど、お互いに頑張ろうって言った仲だし」

もしかして、佐知子も咲太郎に惹かれて…?

まぁ色男だから仕方がないんですけど、もう早いところ出てこないとなつの混乱が募るばかりのですが。

兄ってどんな人なんだろう……見ているこっちも知りたいですわ。

最低でも二人の女に想われてるわけですが、あちこち渡り歩いていたら…彼に恋した女はもっといるんじゃないでしょうか?

心の泥棒ですか。

今度からルパン三世って呼んでいいですかね?

罪な男!カッコいいから許します!

飲んだくれ雪之助(安田顕)が曲解を招く

翌朝、「風車」に帰ってきた咲太郎は、なつが東京に来ていて、自分を探していることを聞きます。

亜矢美さん、やっぱりと言っていいほどの関係者でしたね。

「俺のことは忘れろって言ったのに……」

なんて言いますが、兄ちゃんもなつを忘れてないでしょうが。

そう簡単に忘れられる存在なら、東京に探しになんて出て来やしませんって。

ですが、ここからが問題だったんです。

「北海道から追い出されてきたっぽいよ」

「え!?」

亜矢美さん、こっちも「え!?」ですよ。

「なつに会ったときは幸せだって言ってましたよ」

「それは、あんたが言わせたんじゃないのかい?」

自分のせいで、なつは1人で東京に来たのか…信じられない!という顔をする咲太郎。

いや、1人じゃないですしね。

さて、どうしてこんな曲解を生むことになってしまったのか…。

それは風車で泥酔した雪之助が、なつの苦労話をしたことが原因です。

「なっちゃんは牧場に預けられてね、そこには人の苦労を苦労とも思わないヒドイ開拓民の男がいてねえ~。」

「辛くなって家を飛び出したこともあったべ!」

それって、泰樹(草刈正雄)のことですよね!?

初期のガンコ爺の設定をそのまま東京に持って来ちゃだめですよ。

そのせいでなつは北海道で辛い想いをし続け、1人で東京に出てきたと思われたのでしょうね。

これで済むのかと思いきや雪之助!

「しかも兄さんっていうのはろくでなしでね、警察に厄介になるような奴でね、川村屋からも借金してね、今はこのなっちゃんが川村屋で皿洗いをしていてね」

個人的には、翌朝二日酔いになるほど泥酔している父に頭を抱える息子・雪次郎(山田裕貴)もなかなかにかわいそうだと思うんですが、もう…ヒドイ。

役であそこまでリアルの酔っ払っている自分を演技に反映させるすごい役者のおかげで、新たな問題が起きそうな予感です!

『なつぞら』第8週45話まとめ

なつの兄探しにも付き合いながら、父の泥酔を介抱し、翌日から厳しい菓子作りの修業に励む雪次郎。

その姿を、賄いを食べながら描くなつの姿を見ると、若者が必死に自分の道に立ち向かっている感があって、とっても応援したくなりました。

さて、雪之助の話によって大いなる曲解が生まれたり、咲太郎の名前が出てきただけで目の色が変わる女性たちに囲まれたなつ。

この先いったい何が起こるのか、楽しみに待とうと思います。

雪之助さん、お酒はほどほどにしてください。

そして咲太郎は、ややこしくなる前にさっさとなつに会いに来てください。

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼次回第46話も続けて読む▼