ドラマ『なつぞら』第11週(第61話)あらすじ・ネタバレ感想!照男と咲太郎、2人のお兄ちゃんが初対面!

出典:『なつぞら』公式Twitter

アニメーターへの試験を再び受けたものの、落ちてしまったなつ(広瀬すず)。

『なつぞら』第11週61話では、昭和32年春「白蛇伝」の完成が間近となりました。

しかし、なつの道はまだまだ始まったばかり。

今週はどんなことが起こるのか、楽しみながら見ていきましょう。

\\31日間の無料お試し期間あり//

『なつぞら』第1話〜最新話まで
今すぐU-NEXTで視聴する

ドラマ『なつぞら』第11週「なつよ、アニメーターは君だ」第61話あらすじ

昭和32年春。

東洋動画仕上課で働くなつ(広瀬すず)たちは、ついに数万枚におよぶセル画を仕上げて映画「白蛇姫」を完成させた。

残業の日々から開放されたなつが「風車」に帰ってくると、新婚旅行で東京を訪れていた照男(清原翔)と砂良(北乃きい)の姿があった。

二人の結婚の経緯や、懐かしい十勝での話で盛り上がっていると、そこへ咲太郎(岡田将生)も帰宅する。

いよいよ、なつの2人の兄が顔を合わせることに。
出典:NHK

ドラマ『なつぞら』を視聴できる動画配信サービス

『なつぞら』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年6月10日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。(※他にも面白いコンテンツが豊富で、ほとんどの方がご継続されるほど満足度の高いサービスです!)

【ネタバレあり】ドラマ『なつぞら』第11週(第61話)の感想

白蛇伝完成

なつ(広瀬すず)が東洋動画に入社してから5ヶ月。

ついに、白蛇伝のセル画がすべて完成しました。その数なんと6万5千超。

できあがったものは背景と合わせて映像を作り、できた後はキャラクターの声を入れて完成となります。

作画課の仕事がすべて終わると、あとは仕上課の仕事を残すばかりで、残業をすることも多々あったなつ(広瀬すず)でしたが、作画課の仲(井浦新)たちが手伝いに来たことで、能率を上げました。

といっても、そこに麻子(貫地谷しほり)の姿はなく、全員が男性。

恋人探しなのよきっと、と言われますが、なつは気にせず仕上げの仕事をします。

というか、なつが変過ぎるのか、男性が寄りついてきません。

男探しをしているわけではないので、逆に楽でしょう。

ひとつのアニメーションを作るのに、こんなにもたくさんのセル画と人の手が必要だと知ったなつは、また一歩成長できたと思えます。

目の中の輝きは、仕事疲れを見せません。

そんななつが素敵です。

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

照男(清原翔)と砂良(北乃きい)が東京に来た!

アニメーションができあがって風車に戻ると、北海道からやってきた照男(清原翔)と砂良(北乃きい)と再会を果たしたなつ。

仕事が忙しく、照男たちの式に出られなかったことで、照男たちの方からやってきた次第です。

照男たちも、仕事が忙しくなる前に式を挙げたと言うが、「本当は逃げられたら困るからじゃないの?」となつに言われます。

こっちの兄と妹は、相変わらず言いたい放題です。

そして、咲太郎(岡田将生)と照男が初めて対面。

「兄の照男です。」

「兄の咲太郎です。」

「妹をよろしく。」

「妹をよろしく。」

不思議な感覚でしょうね。

お互いにどうしたらいいかわからず仕舞いでしたが、酒を酌み交わしたことで、仲良くなりました。

咲太郎、誤解であれだけ北海道を憎んだこともあったのに…きっとすっかり忘れているのでしょうね。

照男と砂良のふたりは、みんなからなつに持って行ってほしいといろいろ預かっている物があるようです。

柴田家からはバター、弥市郎(中原丈雄)からは小さい木彫りの熊。

そして天陽(吉沢亮)からはジャガイモが送られてきました。

柴田家、阿川家からの物はわかりますが、亜矢美(山口智子)からすれば、「天陽くん?」と疑問が出て当然です。

なつは天陽の話などしてませんからね。

そこで砂良は言ったのです。

「天陽くんは、なっちゃんの恋人です」

違うとなつが否定しても、すでにもう亜矢美はワクワクしてます。

恋バナなんて持ち出したらそうなりますよね。

憧れの人!と説明しても「結婚相手として?」と恋愛脳変換されます。

否定しても否定しても考えは変えてくれません。

なっちゃん、それは仕方がないです。

幸い、天陽くんという存在が咲太郎の耳に入らなかったので…いっそ耳に入ったらもっと楽しい展開になったことでしょう!

ある意味残念!です!

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

泰樹(草刈正雄)のあの夢

柴田家からなつへと持たされたバターは、泰樹(草刈正雄)に持っていくように言われたものでした。

これは照男と砂良が牛乳を作り、その牛乳を泰樹がバターにしたものです。

つまりこれは、3人で作ったバター。

この3人というところが気になった砂良。泰樹は言いました。

「自分がなつに託した夢を、砂良が引き継いだとわかれば喜ぶだろ」

そうでした。

なつは小さいころから泰樹のバター作りの夢を知っており、自分にそれを受け継がせたがっていたことも知ってました。

しかし、東京で漫画映画を作ることを決めて以来、あの夢は消えてしまったのかもと、心配になったこともあったでしょう。

というか、柴田牧場のことやバターの夢を叶えずに、東京で漫画映画を作ることが泰樹への裏切りだとなつは思っていたくらいですからね。

それは今、きちんと砂良に引き継がれ、柴田牧場も安泰だとわかったことで、肩の荷が下りたことでしょう。

なつや夕美子(菊池桃子)に、自由に生きてほしいという柴田家ですから、砂良にも自由に生きてほしいと思う富士子(松嶋菜々子)と剛男(藤木直人)、そして泰樹です。

なので砂良は、牧場の仕事をしつつ、時には父・弥市郎(中原丈雄)の手伝いをすることに。

嫁いだからって、家族の縁は切れません。

柴田家の懐の大きさを感じました。

そしてなつは、懐かしいバターの味をかみしめ、みんなの話を聞いたことで、北海道エネルギーをもらい、また作画の勉強に精を出していきます。

不思議と気持ちがリフレッシュしたのでしょう。

なつにとって、とっても大事な時間だと思います。

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

ドラマ『なつぞら』第11週(第61話)まとめ

東京に出てきて、いろいろな人にお世話になっているなつ。

そんななつを見た砂良は、「家族が増えているみたいでいいじゃない」と言います。

確かにそうかもしれません。

それはなつの性格の良さが、そういった温かい人たちを惹きつけている結果なのでしょう。

しかし、そんななつの中には、忘れられない家族が一人いることが語られました。

それは生き別れのもう一人の妹・千遥です。

公式HPでも登場人物として出てきません。

この第11週で見つかるような雰囲気もあるのでしょうが…一体どうなっていくのでしょうか。

今週はどうやら、仕事だけじゃなく、なつ自身の人間関係にも何かありそうで、また目が離せない一週間になりそうです。

\\31日間の無料お試し期間あり//

『なつぞら』第1話〜最新話まで
今すぐU-NEXTで視聴する

ドラマ『なつぞら』をフルで見れるVOD一覧

u-next
U-NEXT

出典:U-NEXT

U-NEXTの特徴
  1. 月額1,990円で14万本以上の動画を楽しめる
  2. 31日間は無料で見放題
  3. 無料期間中の解約も可能
  4. U-NEXTは全ジャンルで作品数・番組配信数が国内最高クラス
ビデオマーケットの特徴
  1. 動画配信数は国内トップの20万本以上
  2. 特に映画や韓流ドラマのラインナップが充実、月額980円で楽しめる
  3. 初月は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能

ドラマ『なつぞら』他話のネタバレ記事一覧