ドラマ『なつぞら』第11週(第66話)あらすじ・ネタバレ感想!妹・千遥の居場所が分かり会いに行くが…?

ドラマ『なつぞら』第11週(第66話)あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『なつぞら』公式Twitter

念願のアニメーターとなったなつ(広瀬すず)。

新しい長編映画の発表もあり、これからがスタートという感じです。

そして今回の『なつぞら』第11週66話は、信哉(工藤阿須賀)が千遥の居場所を突き止めたことで、なつと咲太郎(岡田将生)は、千遥に会いに行こうと考えます。

\\31日間の無料お試し期間あり//

『なつぞら』第1話〜最新話まで
今すぐU-NEXTで視聴する

ドラマ『なつぞら』第11週「なつよ、アニメーターは君だ」第66話あらすじ

なつ(広瀬すず)が試験に合格、ついに東洋動画のアニメーターとなった。

作画課では仲(井浦新)や井戸原(小手伸也)が若手のアニメーターを集め、次回作「わんぱく牛若丸」のキャラクターの募集をすると発表。

駆け出しのなつも挑戦することを決意する。

帰宅後も、キャラクターを思い浮かべ描くなつ。

そのとき、咲太郎(岡田将生)がなつの部屋にきて、信哉(工藤阿須加)がなつを訪ねてきていると声をかけてきた…。
出典:NHK

ドラマ『なつぞら』を視聴できる動画配信サービス

『なつぞら』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年6月15日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。(※他にも面白いコンテンツが豊富で、ほとんどの方がご継続されるほど満足度の高いサービスです!)

【ネタバレあり】ドラマ『なつぞら』第11週(第66話)の感想

そんなになつ(広瀬すず)が嫌いか

昭和32年夏。

『白蛇伝』が放映され、大ヒットしているその時、東洋動画では次の作品『わんぱく牛若丸』が決まりました。

正式にアニメーターとなって最初の作品になるわけですが、台本読みやキャラクター考案の会議中もなつ(広瀬すず)はとても楽しそうです。

しかし、そのあとが……。

室内に音楽が流れると、社長の大杉(角野卓造)が部下を引き連れてやってきました。

「『白蛇伝』がヒットしたおかげで、株主に首を切られずに済みます。あっ、冗談なので笑うところですよ」

とまぁ、社長からのありがたい言葉なのですが、みんな苦笑いをします。

頑張ってくださいという激励の言葉だけで良かったのですが、大杉はさらにこう続けます。

「ここは若い女の子もたくさんいていいね」

……大杉、なつを見つけて嫌な顔をします。

「みなさん、お母さんは昔、こんな漫画映画を作っていたのだと誇れるような、立派な仕事をしてください」

これはなんだか…なつに向けて言われた気がします。

社長、まだ咲太郎(岡田将生)のことで嫌っていたんですか。

ってか、そんなになつが嫌いですか!

一方でなつの方も、大杉の言葉に腹を立てます。

自分の子供に誇れってなんですか!

その時もうアニメーターを辞めていることを想定して話しているのか!

せっかく努力して掴んだアニメーターという仕事なのですから、あんな言い方をされて許せなかったのです。

ぷんすかと怒るなつ。

しかし、この言葉を聞いていた麻子(貫地谷しほり)は、プロフェショナルな一言を言い放ってくれました。

「じゃあ、辞めないでって思われるようなアニメーターになればいいじゃない」

文句を言う前に実績を上げろと、麻子は冷たいです。

でもこの言葉、本当に大事なことだと思います。

戦災孤児だからとか、兄が新劇をしているとか、兄が無鉄砲とか、女性だからとか、そんなことを言わせないくらいに良い仕事をすればいいのです。

大杉が嫌な顔をしたところで、大事なのは実績!

文句を言う前にやれという、麻子の言葉はなつの力になりました。

「期待してないけど」

そうやって口にする人ほど、期待してるんですよねー。

麻子、優しいなあって思ってしまいました。

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

常盤を描き、思い出すは富士子(松嶋菜々子)の姿

『わんぱく牛若丸』の制作にあたり、作画課はキャラクターを作るとこから始めねばなりません。

そこで仲(井浦新)は、作画課のみんなから登場人物のデザインアイディアを募り、みんなで決めようと提案します。

麻子や新人アニメーターの三村茜(渡辺麻友)ももちろんキャラクター案を出すので、なつは誰にも相談できないと悩むのです。

「あなた、期待されていると思ってるの?」

「いいえ」

「じゃあ気楽でいいじゃない」

き、厳しい……って思うかもしれませんが、それがプロの世界です。

自宅に戻り、なつは自由に思い描いた牛若丸と、その母である常盤御前ときわごぜんの姿を描きます。

涙を流しながら牛若を抱きしめる常盤の姿は、まるで富士子(松嶋菜々子)でした。

自分のために涙を流してくれる母と言えば、なつの中ではその人しかいませんからね。

常盤御前の悲しさが、なつが描いた絵からにじみ出ています。

やはり、思い入れのようなものがあれば、それは自然と伝わってくるものなのでしょうね。

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

8月15日、千遥に会いに行く

なつがキャラクター案を考えているその時、信哉(工藤阿須賀)が朗報を持ってやってきました。

千遥の居場所が分かった。

信哉、すごすぎませんか。

しかし厳密には、千遥を引き取った川谷としと、配偶者の川谷幸一の住んでいるであろう場所を突き止めただけで、千遥かどうかはわかりません。

川谷幸一が戦争で足を負傷し、農業ができなくなったことで引っ越しをしたみたいです。

そして今は、千葉の船橋に川谷家があり、信哉はすでに家の場所を確認したと言います。

若い女性の姿も見たのですが、それが千遥かどうかがわかりません。

それを聞いたなつは、会えば千遥かどうかわかる!自信を持って言いました。

戦争で両親を亡くし、生きていくのに苦労したのですから、そう簡単にあの頃を忘れることはありません。

辛いことだけではなく、その中でも兄妹一緒に笑って過ごした日々もあるわけですから、大丈夫!そうなつは思ったのです。

8月15日。

なつと咲太郎は、川谷家が住んでいるという「栄春荘」の前に来ました。

しかし、一歩踏み出す勇気が出ません。

しばらくすると、杖をつく男性と、それを介抱する若い女性がひとり出てきました。

なつと咲太郎に軽く会釈すると、ふたりの横を通り過ぎていってしまいます。

千遥かどうか定かではありません。しかしなつは声をかけずにはいられませんでした。

「千遥」

すると女性は振り向き、なつの顔を見ます。

彼女は千遥なのかどうか…ここで次週に続くんです!

また上手に引っ張られました。

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

ドラマ『なつぞら』第11週(第66話)まとめ

千遥に会いたいと思っていたなつ。

やっと再会できたのかと思いもしましたが、本当にその女性は千遥なのでしょうか?

5歳の時に会ったっきりですから、わからないのも無理はありません。

ですがこれで千遥だったら、なんだか話がうますぎるかなあと思えてしまいます。

そして、これから始まる『わんぱく牛若丸』の制作で、なつがどんな絵を描いていくのか。

今から楽しみです。

\\31日間の無料お試し期間あり//

『なつぞら』第1話〜最新話まで
今すぐU-NEXTで視聴する

ドラマ『なつぞら』をフルで見れるVOD一覧

u-next
U-NEXT

出典:U-NEXT

U-NEXTの特徴
  1. 月額1,990円で14万本以上の動画を楽しめる
  2. 31日間は無料で見放題
  3. 無料期間中の解約も可能
  4. U-NEXTは全ジャンルで作品数・番組配信数が国内最高クラス
ビデオマーケットの特徴
  1. 動画配信数は国内トップの20万本以上
  2. 特に映画や韓流ドラマのラインナップが充実、月額980円で楽しめる
  3. 初月は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能

ドラマ『なつぞら』他話のネタバレ記事一覧