ドラマ『なつぞら』第3週(第15話)あらすじ・ネタバレ感想!泰樹(草刈正雄)の酪農に対する愛とプライド

出典:『なつぞら』公式Instagram

十勝で酪農に寄り添いながらも絵を描き、アニメータとして成長していく奥原なつ(広瀬すず)の物語『なつぞら』の第3週15話。

前回第14話の終わり方には、大荒れの予感がしますよね。

しかもこれが、この場限りのことではなく、なつの人生も揺るがすというのですから、目が離せませんでした。

ドラマ『なつぞら』第3週「なつよ、これが青春だ」第15話あらすじ

泰樹(草刈正雄)と剛男(藤木直人)の間には、農協が貸した天陽家の牛のことで、ただならぬ空気が流れていた。

農協に勤める剛男(藤木直人)は、なつ(広瀬すず)を味方につけようとするが、剛男の真意をつかめないなつは、微妙な反応をしてしまう。

すると、泰樹が突然口火をきった「剛男が農協で進めている、牛を貸し、酪農家を牛耳るやり方には賛同しない」。

そのひと言で、泰樹と剛男は真っ向から対立してしまう…。
出典:NHK

ドラマ『なつぞら』を視聴できる動画配信サービス

『なつぞら』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年4月17日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。(※他にも面白いコンテンツが豊富で、ほとんどの方がご継続されるほど満足度の高いサービスです!)

【ネタバレあり】ドラマ『なつぞら』第3週(第15話)の感想

わざとらしい話の振り方をする剛男(藤木直人)に頭を抱える

山田天陽(吉沢亮)の家に、農協から牛を借りてきたことを知ったなつ(広瀬すず)に、剛男(藤木直人)は夜の食卓でわざとその話を出します。

「いい牛だったろ?」とか、「天陽くん、喜んでいたか?」とかです。

なつを使って農協は良いことをしているんだぞ!とアピールをしている剛男に、みんな呆れます。

見ているこっちも呆れてしまいます。

「農協から牛を借りられて喜んでいた」と、なつに言わせたいようですが、当人は完全に困り顔。

言いたい人に面と向かって堂々と言えと、富士子(松嶋菜々子)に言われる始末です。

しかし、本当に言いたい相手である柴田泰樹(草刈正雄)は聞く耳を持ちません。

まあ、わざとらしくあんなやり方をすれば、余計に聞く耳を持ちませんよね…。

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

農協は何をしたいのか?

その晩、なつはやっと農協が泰樹に何を求めているのかを知ることができました。

今までは、牛乳を作り、それを乳業メーカーに卸していたのですが、それを農業組合が一挙に行うというものです。

そうして酪農をする人たちの足並みをそろえ、一緒に豊かになっていこうという考えなのでしょう。

そうすることで、山田家のような酪農ができなかった人たちも助けようというのです。

その試みは一見すると良いことのように思います。

しかし、こんな良い提案を泰樹はずっと拒否し続けるのです。

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

夕見子(福地桃子)の言葉も一理ある

泰樹を説得するためには、もうなつを使わなくては無理だと思った剛男は、なつに頭を下げて農協に入ってもらうよう説得してくれと頼み始めました。

農協の考えを聞いたなつは、悪くない話だと思うようにもなり、同時になぜ泰樹がそれほどまでに剛男の提案を拒否するのかわかりませんでした。

だからこそ、なつは悩むのです。どうするべきなのか。

寝床についても悩み続けていると、夕見子(福地桃子)から「自分のやりたいようにしなさいよ」と言われてしまいます。

普通科の高校に通う夕見子から見れば、今のなつは泰樹のために牛の世話をし、農業高校に通っているように見えるようです。

そんなことはない!心をかき乱さないで!と言いますが、本心ではそう思うところもあるのではないでしょうか?

なつの生き方を考えると、自分より他者を優先にしてきたことで、自分が本当にやりたいことを自然に諦め、目を向けなくなるような気がします。

もし本当に心の底から酪農をやりたいのだと思えば、板挟みにならず、自分の思う道を進んだと思います。

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

泰樹(草刈正雄)のプライド

どうして泰樹がこんなにも農協の話を嫌がるのか、なつは泰樹の言い分も聞かないと判断はできないと思いました。

泰樹の娘である富士子は、誰にも頼りたくないと思っているのだと考えます。

農協のおかげで電気が点くようになったんだと剛男が言えば、じゃあもう電気はいらんと言うくらいですから。

泰樹は農協の考えは悪いとは思っていません。

しかし、それに参加する必要はない、やりたければそっちで勝手にやれと言います。

そう、問題はやり方ではないのです。

自分が育てた牛たちから出た牛乳を、他の牛乳と一緒にされるのが許せないのです。

誰かに頼るのが嫌なのではなく、そこには自分の愛情かけて作ったものへのプライドがありました。

この気持ちはよくわかります。

私も会社に属さずに、フリーでやっている身ですし、人とクォリティーが違えば、同等の価値にされたくないものです。

世界一のバターを作る夢を抱いていた泰樹ですから、牛乳にだってプライドがありますよね。

やりたければ好きにやれ、自分は今まで通りやる。

私自身、泰樹の考えに大いに賛同したいです。

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

ドラマ『なつぞら』第3週(第15話)まとめ

どうやらこのドラマは1週間の中間地点に来ると、なつの感情が大きく変化する出来事が起こっているみたいです。

農協と泰樹、両方の意見を聞いても答えが出せずにいるなつ。

果たしてこの先、どんな未来になるのでしょうか。

教えて、山!道!風ー!

\\31日間の無料お試し期間あり//

『なつぞら』第1話〜最新話まで
今すぐU-NEXTで視聴する

ドラマ『なつぞら』他話のネタバレ記事一覧