ドラマ『なつぞら』第13週(第75話)あらすじ・ネタバレ感想!なつ(広瀬すず)と一久(中川大志)に恋展開か?

ドラマ『なつぞら』第13週(第75話)あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『なつぞら』公式Twitter

『なつぞら』第13週75話は、先週から待ち望んでいた雪次郎(山田裕貴)と雪之助(安田顕)の対面です。

夢を追いかけたいという自分の願いを必死で訴える雪次郎ですが、雪之助はそれを聞き入れることはしません。

一度は川村屋に戻る雪次郎ですが、そんな彼に救いの手を差し伸べたのは、あの人でした。

そして、なつ(広瀬すず)はまだ牛若丸と馬に苦戦中。

すると、坂場一久(中川大志)と何やら怪しい展開が…。

\\31日間の無料お試し期間あり//

『なつぞら』第1話〜最新話まで
今すぐU-NEXTで視聴する

ドラマ『なつぞら』第13週「なつよ、“雪月”が大ピンチ」第75話あらすじ

雪次郎(山田裕貴)を菓子職人の道に戻すため、北海道から上京した雪之助(安田顕)、妙子(仙道敦子)、とよ(高畑淳子)。

雪之助たちの説得に対し、雪次郎は、自分の夢を追わせてほしいと必死に懇願する。

しかし、雪次郎の抵抗もむなしく川村屋に連れ戻されてしまう。

なつ(広瀬すず)は、雪之助と雪次郎、お互いの気持ちがわかるだけに、どうしていいのかわからないのだった。
出典:NHK

ドラマ『なつぞら』を視聴できる動画配信サービス

『なつぞら』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年6月26日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。(※他にも面白いコンテンツが豊富で、ほとんどの方がご継続されるほど満足度の高いサービスです!)

【ネタバレあり】ドラマ『なつぞら』第13週(第75話)の感想

夢と現実

押し入れに隠れるも、すぐに発見されてしまう雪次郎(山田裕貴)。

意を決して「自分は演劇をやりたい」と、家族に訴えかけます。

しかし、雪之助(安田顕)がこれを聞き入れることはしません。

菓子職人になるのを止めて、演劇をしたいと言います。

役者として食べていこうとしているわけじゃなく、ただ演劇がやりたいという言葉が引っかかります。

やりたいことがあっても、食べていけないといけませんからね。

学生みたいな考えで、ただの甘えだと雪之助に叱られるのは当然かもしれません。

そして、勝手に川村屋を飛び出した雪次郎を、引きずってでも連れ戻そうと、半ば強引な手段に出る雪之助。

これはさすがに周りのみんなが止めました。

しかし、ここできちんと謝りに行かなくてはなりません。

落ち着いたら謝りに行くと雪次郎は言いますが、それでは咲太郎(岡田将生)と同じです。

「ちゃんと筋を通せ」

とよ(高畑淳子)にも言われ、雪次郎は家族と一緒に川村屋へ行くこととなりました。

このとき、咲太郎はちゃっかり「がんばれ雪次郎」と声を掛けますが、さすがに外野は黙りましょう。

なつ(広瀬すず)でもわかることです。

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

親子と孫

川村屋に頭を下げに来た雪之助。

息子のしでかしたことを詫び、さらにはこんなことを言い出すのでした。

「これからコイツの性根を叩き直すので、川村屋にまた置いてください。」

雪次郎は川村屋に戻るなんて一言も言っていません。

そんなこと言っていいんですか?と思ったところに、この言葉です。

「私も働きます。もちろん無給で」

ちょっと雪之助さん、何を言い出しているんですか。

一応プロですよ。

それが店に迷惑をかけたことでそこまで…。

しかし、菓子職人として生きている雪之助だからこそ、これくらいやらなくてはいけないと思ったのでしょうね。

父の働く姿を隣りでじっと見つめる雪次郎。

この光景は帯広の厨房以来ですね。

傍から見ればどっちも惨めで仕方がありません。

杉本(陰山泰)を始め、みんながいたたまれない気持ちになりました。

ついには泣き出す雪次郎。

そんな雪次郎に「行って来い」と行ったのはとよでした。

夢を追いたいなら追いかけろ。

しかし、二度とここに戻ってくるなととよに言われると、雪次郎は飛び出して行ってしまいました。

雪之助は戻れと声を荒げますが、とよはそんな息子の頬を叩きました。

「これ以上、子供に惨めな思いをさせるんじゃない!」

とよからすれば可愛い孫です。

前回の第74話からちょっとずつですが、雪次郎の夢を応援するような姿勢も見せていました。

とよにこう言われてしまっては、雪之助も何も言い返せません。

そして、これは小畑家の問題。

厨房を覗くなつは、ただ黙って見ているしかできませんでした。

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

アニメーターとしての意地とプライド

一久(中川大志)に言われて、動画を書き直したなつ。

しかし、何かが足りないと下山(川島明/麒麟)は悩みます。

足りないものとは、馬の勢いです。

これを演出するためには詰めが足りないと、麻子(貫地谷しほり)に指摘されます。

同じ位置で動きを溜めて、そこから一気に動かしていく。

そうすることで、馬の勢いを表現できると言いますが、それでは絵が止まってしまうと言うなつ。

しかし、それを表現するのがアニメーターです。

「無理なら私がやろうか?」

麻子が、なつを試しています。

そう言われると、なつの心にも火が付き、

「やります!」

と言ってデスクに!

一久の言葉に最近もっぱら腹を立てているなつですが、麻子にも認めてもらえるようなアニメーターになりたいのが真理です。

ここでできませんなんて言えないですよね。

そうしてなつは、また馬の絵について考え、階段へと足を運ぶのでした。

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

不意に鳴ったカチンコが始まりのサイン?

馬の動きを考えるために、階段に座ってイメージを膨らませるなつ。

するとそこに、また一久が通りかかります。

「また、馬ですか?」

「また、馬です。」

「まだ、馬ですか?」

「まだ、馬です。」

みたいなやり取りが繰り広げられるのですが、そもそもそうさせたのはあなたの指摘なんですよ、一久くん!

さすがにいたたまれないのか、進行が遅いと思ったのか、一久もそこでスルーせず、突然こんなことを言い出しました。

「じゃあ、僕が馬になって駆け下りてみましょうか」

本人はいたって本気なのですが、そんな光景を見たらしばらく笑いますよ。

それを思い出すたび、手が震えると困るからと、なつは断ります。

そうですか…目が泳ぐ一久。

対人関係にも不器用さが滲み出てしまった感じでした。

しかし、このあとが大変でした。

頑張ろうと立ち上がったなつが、階段でバランスを崩しました。

このままでは落ちてしまうと思った一久は、とっさに手に持った物を放し、なつを支えたのです。

一久に助けられたなつ。

しかし、一久との距離は非常に近く、見つめ合う状態となりました。

さらにタイミングが良いことに、地面に落ちたカチンコが綺麗になりました。

これはまさか…恋が始まる瞬間なのかと思わせるような展開。

なんですか…この新しいドラマが始まる感じは!

続きは次回?

雪次郎のことが片づいていないうちに、なんという展開を!

じたばたせずにはいられなくなってしまいました!

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

ドラマ『なつぞら』第13週(第75話)まとめ

雪之助は、どうやっても雪次郎の役者になりたいという夢を許せません。

どうしてなのだろうか?と考えてはみたのですが、時代のせいなのかなあとも思いました。

雪之助の時代はきっと、この時よりも就ける職業が限られていたと思います。

なつや雪次郎が生きる今こそ、幅が広がり、現代ではもっと広がっていますからね。

そうなった時、歯を食いしばって生き抜いてきた人たちからすれば「甘え」と言われてしまうのかもしれません。

菓子職人一本でやってきた、雪之助のプライドがあるのです。

子供に惨めな思いをさせるなと言う、とよの言葉もすごくわかります。

でもそうやってでも、雪次郎には自分の跡を継いでほしいんですよね。

色々と考えさせられる週です。

なつはなつで、なにか起きそうな予感です。

いつもは最後にある父(内村光良)の声もありませんでしたから、これは何かあるんでしょう。

その答えはまた明日に。

\\31日間の無料お試し期間あり//

『なつぞら』第1話〜最新話まで
今すぐU-NEXTで視聴する

ドラマ『なつぞら』をフルで見れるVOD一覧

u-next
U-NEXT

出典:U-NEXT

U-NEXTの特徴
  1. 月額1,990円で14万本以上の動画を楽しめる
  2. 31日間は無料で見放題
  3. 無料期間中の解約も可能
  4. U-NEXTは全ジャンルで作品数・番組配信数が国内最高クラス
ビデオマーケットの特徴
  1. 動画配信数は国内トップの20万本以上
  2. 特に映画や韓流ドラマのラインナップが充実、月額980円で楽しめる
  3. 初月は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能

ドラマ『なつぞら』他話のネタバレ記事一覧