ドラマ『なつぞら』第10週(第60話)あらすじ・ネタバレ感想!照男兄ちゃんが片想い中のアノ人にプロポーズ!

ドラマ『なつぞら』第10週(第60話)あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『なつぞら』公式Twitter

『なつぞら』第10週60話では、なつ(広瀬すず)の作画課への試験結果が出ます。

不合格。しかし、今のなつの悩みは、現場で働く仲(井浦新)や井戸原(小手伸也)と同じものです。

そして十勝では、天陽(吉沢亮)と菊介(音尾琢磨)が阿川家に来て、てんやわんや。

2人の三文芝居は、いったいなぜ行われたのか……。

第10週最後にして、十勝の方でも大きな動きがありそうです。

\\31日間の無料お試し期間あり//

『なつぞら』第1話〜最新話まで
今すぐU-NEXTで視聴する

ドラマ『なつぞら』第10週「なつよ、夢をあきらめるな」第60話あらすじ

アニメーターになるための試験を受けたなつ(広瀬すず)。

試験の夜、仲(井浦新)や井戸原(小手伸也)、露木(木下ほうか)らが集まり、受験者の描いた絵を採点する。

しかし、なかなか決めきれない。

日が変わり、よくやく決断した仲と井戸原はなつを呼び出し、結果を伝える。

そのころ十勝では、天陽(吉沢亮)が、森の奥深くの小屋へと向かっていた。

それは、弥一郎(中原丈雄)の娘・砂良(北乃きい)の家で…。
出典:NHK

ドラマ『なつぞら』を視聴できる動画配信サービス

『なつぞら』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年6月10日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。(※他にも面白いコンテンツが豊富で、ほとんどの方がご継続されるほど満足度の高いサービスです!)

【ネタバレあり】ドラマ『なつぞら』第10週(第60話)の感想

不合格の悔しさよりも、想像に手が追いつかない悔しさ

制限時間内に15枚の動画を描けばいいものの、なつ(広瀬すず)は30枚もの絵を描きました。

しかし、どれもがラフ画状態で、綺麗に書き上げることができたものでも線がブレており、使い物にならないという判断をされたなつ。

ですが、それは絵の勉強をすれば問題のないことです。

それよりも、なつには絵を動かす勘が備わっていることを仲(井浦新)は必死にアピールをしますが、それでもなつの作画課への移動は叶いませんでした。

なつ自身も、自分の絵の下手さに悔やみ、家に帰っても勉強を続けます。

仲と井戸原(小手伸也)から不採用を告げられた時、もっと悔しがると思ったのでしょう。

しかし、自分の実力不足をわかっていたなつは、感情的になることはありません。

仲はなつに聞きます。

「悔しくないの?」

「悔しいです。実力不足で。」

ここで井戸原も聞きました。

「どうして30枚も描いたの?」

それに対するなつの答えは、作画をする二人も持つ悩みと同じでした。

「描いていくうちに、想像が広がってどんどん描きたくなりました。でも、想像に手が追いついてこなくて悔しいです。」

やりたいことはたくさんあるのに、技術が追いつかない。

プロフェッショナルが一度は考える悩みでしょう。この言葉、他の業界でもよく聞く気がします。

なつの想いは、すでにそんな高みへと来ているのです。

仕上課で彩色の仕事をしながらも、なつは作画の勉強をやめません。

ここで諦めるなつではないことは、今までの彼女の生き様を見ていればわかることです。

どれだけ弾かれても諦めない!

この精神、見習いたいですね。

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

照男(清原翔)が鮭を持ってプロポーズ

冬の十勝、森の奥にある阿川家では、とんでもない三文芝居が始まりました。

天陽(吉沢亮)が阿川砂良(北乃きい)を訪ね、牛乳を持って登場。

すると、菊介(音尾琢磨)が照男(清原翔)が作ったバターを持って出てきました。

天陽と菊介、2人が顔を見合わせると、何やらおかしなBGMが鳴り始めたのです。

「天陽くんでねえの。なんでおめえがここにいるんだ。まさか、砂良さんのことが好きなんでねえの?砂良さんは、うちの照男くんが先に好きになったんだ。お前もそれをわかってるべ?」

「わかりません」

「わかんねえか。わかんねえから、牛乳持ってきたのか。牛乳は真っ白でも、おめえの腹は真っ黒だ。なっちゃんがいなくなったら砂良ちゃんか。大したもんだな」

「なっちゃんは関係ないっしょ」

「それに比べて、照男の腹は真っ白だ。真っ白な想いで砂良さんのことを想っている。一点の曇りもない、十勝晴れだわ」

「砂良さんにはなんもつたわってねぇべ」

この三文芝居、何がしたいんですかね。まだまだ続きます。

「砂良さんがそんな馬鹿な男を相手にするもんかぁ!」

「馬鹿は馬鹿なりに考えんだ!」

すると、また誰かが扉を叩きます。

急いで砂良が扉を開けると、熊が出てきました。

「熊だーー」

と、菊介。茶番です。

砂良は急いで猟銃を構えた弥市郎(中原丈雄)の後ろに隠れます。

しかし、それは熊ではなく、照男(清原翔)でした。

天陽、照男、菊介が三人並び、なんのつもりか……。

「砂良ちゃん、好きです。結婚してください!」

照男は、鮭を差し出し頭を下げます。

すると、両サイドの2人も、牛乳とバターを差し出してお願いしました。

つまり、サプライズプロポーズだったのです。

なつの演技が下手でイラついたと言った天陽ですが、なかなかに棒読みでした。

しかも、お互いの顔を見ることなく、明らかに覚えたセリフを言っている状態…誰が脚本を書いたんでしょうね。

照男のプロポーズの言葉は、これで終わりではありません。

「牛飼いの家に嫁に来てください。酪農家の嫁に来てください。食べることだけは困りません。美味しい人生を約束します。どうか、俺と一緒に生きてください」

良いプロポーズの言葉です。

これに対する砂良は、嫁入り道具に弥市郎の猟銃を持ち、照男を受け入れました。

こんなに馬鹿だと思わなかった……そう言いますが、そんな馬鹿になるほど純粋に好きだということなんですね。

そしてどうやら、この芝居を考えたのは天陽と菊介でした。

いっそあれくらい雑な演技での後押しが、功を奏したのではと思えたりもします。

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

天陽(吉沢亮)の涙

東京にいるなつは、照男と砂良の結婚の報告を喜びます。

十勝に帰りたい気持ちもあるが、今のなつは振り返らずに頑張るために、みんなに無様な姿を見せないために頑張ろうとしています。

そしてなつは「私はここで生きていきます」と、手紙に添えられていました。

これを見た天陽の表情は、喜びではなく悲しみです。

なつは東京で生きていく。

天陽は十勝で生きていく。

一緒になることはできない、と実感した天陽は涙をこぼしました。

漫画映画を作る夢を叶えるべきだと背中を押したはずなのに…それが自分を苦しめてしまったのです。

好きだからこそ、相手の幸せを想いたいのに、なんだか辛くなりました。

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

ドラマ『なつぞら』第10週(第60話)まとめ

なつがみんなに会いたいと思うように、天陽もなつに会いたいと思っています。

それはこの週で自分に向けられた色々な場面が、それを助長したと思うのです。

母・タミ(小林綾子)の「なっちゃんのことは忘れなさい」とか、照男と砂良が結ばれたこと、そしてなつの「東京で生きていく」という言葉。

本当なら結ばれたかった、結ばれてほしかったなぁと思えてしまう終わり方。

天陽の涙に同調せざるを得ません。

そして、その想いをなつに伝えることもありません。

なつはまたアニメーターへの道を突き進みます。

次週はどんなことが待っているのか、まだまだ物語は続きます。

\\31日間の無料お試し期間あり//

『なつぞら』第1話〜最新話まで
今すぐU-NEXTで視聴する

ドラマ『なつぞら』をフルで見れるVOD一覧

u-next
U-NEXT

出典:U-NEXT

U-NEXTの特徴
  1. 月額1,990円で14万本以上の動画を楽しめる
  2. 31日間は無料で見放題
  3. 無料期間中の解約も可能
  4. U-NEXTは全ジャンルで作品数・番組配信数が国内最高クラス
ビデオマーケットの特徴
  1. 動画配信数は国内トップの20万本以上
  2. 特に映画や韓流ドラマのラインナップが充実、月額980円で楽しめる
  3. 初月は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能

ドラマ『なつぞら』他話のネタバレ記事一覧