ドラマ『なつぞら』第3週(第14話)あらすじ・ネタバレ感想!泰樹(草刈正雄)と剛男(藤木直人)に不穏な空気が…

出典:『なつぞら』公式Twitter

十勝で酪農に寄り添いながらも絵を描き、アニメータとして成長していく奥原なつ(広瀬すず)の物語『なつぞら』の第3週14話。

山田天陽(吉沢亮)と乗馬&スケッチデートで良い雰囲気で終わるのかと思いきや、柴田家では剛男(藤木直人)と泰樹(草刈正雄)に不穏な空気が…という回です。

ドラマ『なつぞら』第3週「なつよ、これが青春だ」第14話あらすじ

仔牛を救い、柴田泰樹(草刈正雄)から夕方の乳搾りを免除されたなつ(広瀬すず)は、学校帰りに山田天陽(吉沢亮)の家に立ち寄る。

天陽とふたり、お互いの姿をスケッチし合うなつ。

そんななつに天陽は、農協の支援を受けて家で乳牛を飼い始めたことを打ち明ける。

健康そうな牛が天陽のところに来たことでうれしくなったなつは、家に戻ると、泰樹に報告。

すると、笑顔だった泰樹の表情がみるみる一変し…。
出典:NHK

ドラマ『なつぞら』を視聴できる動画配信サービス

『なつぞら』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年4月16日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。(※他にも面白いコンテンツが豊富で、ほとんどの方がご継続されるほど満足度の高いサービスです!)

【ネタバレあり】ドラマ『なつぞら』第3週(第14話)の感想

なつ(広瀬すず)は柴田家どころか北海道に染まっている。

学校が終わり、搾乳の手伝いはしなくていいと言われたなつは、その足で山田天陽(吉沢亮)の元へと向かいました。

そこでもなつは、天陽にも難産の牛の話を聞かせました。

そこで次々と出てきます。

「なまらすごいなあ、なっちゃんは」

「なーんも」

これ見よがしに北海道の方言を……。

「なまら」は「とっても」

「なんも」は「そんなことない」

みたいな感じに捉えていただければいいかと思います。

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

絵を描くふたり

なつが天陽の元へと行くのは、絵を教えてもらうためでした。

小さい頃のなつは、天陽に見せられるほどの腕前はないと言いましたが、今ではお互いの顔をデッサンする感じになりました。

なつは天陽の絵を「スゴイ」と褒め、天陽はなつの絵を「躍動感がある」と褒め、互いに認め合う関係になっているのです。

本当は兄である山田陽平(犬飼貫丈)のように、東京の芸術大学に入りたかったのでは?と、母の山田タミ(小林綾子)が聞くと、それは違うらしいです。

天陽はあくまで、十勝にいて、絵を描きたいのです。

つまり、天陽は北海道から離れる気はないということなのでしょう。

しかし、なつの場合は、北海道にいたいけれど、いても良いのかなあという思いです。

本当の家族は東京にいるはず…どうもなつの中で、自分のいるべき場所はどこなのだろうとまだ少し悩んでいるようでした。

柴田家の家族の一員に見えても、苗字は「奥原」のままなのですから。

話は少し戻りますが、お互いの絵の違いを褒め合うふたりは、のちに画家とアニメーターとなる関係。

その絵の基盤が、ここで表現されたと言っていいでしょう。

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

山田家、牛を飼い始める…泰樹(草刈正雄)の顔から笑顔消失

山田家では、農協で働く柴田剛男(藤木直人)の提案により、牛を飼い始めるようになりました。

その牛は農協から借りたもので、牛が牝牛を産めば、生まれた牝牛を返せば問題ないというのです。

ただここで不思議なことに、なつはこの話を義父である剛男から聞いていません。
前回の第13話でも、剛男がなつに「おじいちゃんと何か話したか?」と同じ屋根の下に暮らしているのに、距離があるような発言をしていました。

これは確実に何かありますよね。

なんにせよ、牛乳はこれから高騰するので、飼うのはとっても良いことだと、なつは言います。

牛を飼い始めた山田家には牧草がないので、なつは柴田泰樹(草刈正雄)に、牧草を分けてもらおうと考えます。

しかし、泰樹はその牛の世話をすることは許さんと……。

天陽のことならば、泰樹は喜んでOKしてくれると思ったのでちょっと驚きです。

しかし問題は、その牛は農協から借りてきたものだということなのです。

農協の考えに反発する泰樹。

その泰樹を説得してほしいと農協に言われる剛男は、板挟みに遭う状態です。

なつの見えないところで、ふたりの衝突が起きていたみたいです。

そしてそれは、どうやら山田家にまで飛び火しそうな予感…なんともうまくいかないものですね。

おかげで泰樹の顔が久しぶりにガンコ爺に戻りました。

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

実は勃発している、なつと夕見子(福地桃子)

同い年のなつと柴田夕見子(福地桃子)は、本当の姉妹のように言い合いをするようになったように見えましたが、どうも夕見子はなつの言動が鼻につくみたいです。

それは夕飯の支度の時です。7つ下の柴田明美(平尾菜々花)がせっせとご飯を作っている中、夕見子はこれを手伝わず、読書をしているだけです。

手伝えといっても「忙しい」と言って読書を続け、さらには明美をバカにします。

夕見子にイライラする明美ですが、帰ってすぐに手伝ってくれたなつにこのことを愚痴ると、「夕見子をあてにした明美も悪いよ」とあっさり返すのです。

すると夕見子はムッとします。

こうしたやり取りは、第13話からもあったのですが、夕見子が明美をからかうと、なつが夕見子にピリッといいます。

このふたりの関係も、今後なにか起きそうな気がしてなりません。

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

「そういえばなつ、天陽くんのところで牛を見たんだって?」

とにかく、今回の最後は不穏な空気が漂う食卓でした。

明美が大変だったといえば、夕見子がからかい、なつが口を出します。あまり良い雰囲気とは言えません。

しかし、それよりも不穏なのは、食卓を挟んだ向かい側です。

農協のことで意見を衝突させている剛男と泰樹は、お互いに目を合わすことがありません。

なによりも、泰樹の顔に朗らかさがカケラもないのです。

そんななか、剛男が言った言葉がこれです。

「そういえばなつ、天陽くんのところで牛を見たんだって?」

ああ、思い切って話を切り出そうとしている感満載ですよ。

しかし、見ていてわかります。これは嵐の繰る予兆です。

ここで「次回へ続く」と出たということは…明日は大荒れですかね?

なんにせよ、この柴田家の食卓で口出しをできず、しかしそこにいなくてはいけない柴田富士子(松嶋菜々子)と、長男の柴田照男(清原翔)に同情です。

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

ドラマ『なつぞら』第3週(第14話)まとめ

明日はもう、確実に剛男と泰樹の意見の衝突合戦でしょう。

お互いに、酪農に関してどう思っているのか、そしてそんなふたりを見たなつがどういう思いを抱くことになるのか……。

見たくないようで見たい、そんな想いです。

\\31日間の無料お試し期間あり//

『なつぞら』第1話〜最新話まで
今すぐU-NEXTで視聴する

ドラマ『なつぞら』他話のネタバレ記事一覧