ドラマ『なつぞら』第17週(第99話)あらすじ・ネタバレ感想!なつがテレビ漫画異動後の初仕事に四苦八苦

ドラマ『なつぞら』第17週(第99話)あらすじ・ネタバレ感想!

出典:MANTAN WEB

『なつぞら』第17週99話では、雪次郎(山田裕貴)が初の主演舞台に向けて稽古!

憧れの蘭子(鈴木杏樹)との共演を果たすことができたものの、ダメ出しの嵐で大変そうです。

また、なつ(広瀬すず)はテレビ漫画の制作に四苦八苦。

「そんな細かく書かなくていいよー」

という言葉に、驚きを隠せません。

そうか、これがテレビ漫画なのかと思い知らされます。

\\31日間の無料お試し期間あり//

『なつぞら』第1話〜最新話まで
今すぐU-NEXTで視聴する

ドラマ『なつぞら』第17週「なつよ、テレビ漫画の幕開けだ」第99話あらすじ

主役抜擢へのやっかみから、劇団員達に呼び出されたと思った雪次郎(山田裕貴)だったが、実は新しい劇団の旗揚げの誘いだった。

蘭子(鈴木杏樹)を裏切ることはできないと断る雪次郎だが、稽古中に蘭子の口からとある事実を告げられる。

一方、新作「百獣の王子サム」の制作に携わるためにテレビ班に移ったなつ(広瀬すず)と茜(渡辺麻友)たち。

だが、映画とは違い、簡略化された原画の数々を目の当たりにし、戸惑いを隠せず…。
出典:NHK

ドラマ『なつぞら』を視聴できる動画配信サービス

『なつぞら』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年7月25日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。(※他にも面白いコンテンツが豊富で、ほとんどの方がご継続されるほど満足度の高いサービスです!)

【ネタバレあり】ドラマ『なつぞら』第17週(第99話)の感想

一瞬、雪月の雪次郎(山田裕貴)に見えた

ボイゴットした劇団員は戻ってこず、雪次郎(山田裕貴)は蘭子(鈴木杏樹)と共に、チェーホフ作『かもめ』の稽古に励みます。

しかし、無駄な動きが多いとダメ出しをされ、なかなか思うようにいきません。

レミ子(藤本沙紀)はセリフのない役しかもらえませんが、雪次郎はセリフがあり、しかも主演ということもあり、重要な役どころです。

ただ、被っている帽子は菓子職人を志していた時の帽子に似ています。

一瞬、え?これ製菓の家のお話なのか?とか思ってしまいました。

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

蘭子(鈴木杏樹)の演劇への想い

無理に自分を表現しようとせず、ちゃんと役の姿でそこにいることを意識しなさい。

雪次郎は蘭子に厳しいダメ出しをされながら、必死に演技を続けます。

返事はとても良いです。

しかし、ダメ出しは続き、そのたび雪次郎は、

「もう一回お願いします」

蘭子は休憩を入れ、雪次郎と過去話を始めました。

人形の家を見た時、雪次郎は蘭子の芝居を見て「アマチュア精神を感じる」と言いました。

確か…「普通です」とかそういう意味だったやつですよね。

雪次郎がそう思い、すごいと思えたのは、勝農演劇部時代に「アマチュア精神を忘れるな」と、倉田(柄本祐)に言われ続けていたことがきっかけです。

役者としてうまくやろうとしたりかっこつけるな。普通の人間として喋れ。

確かに言われていましたね。

実は蘭子も、「新劇で大事なのはアマチュア精神だ」と、ある先輩に言われ続けてずっと稽古をしていたみたいです。

移動演劇隊に入っていた人みたいですが、その人は昭和20年8月6日に亡くなったのです。広島で。

蘭子も雪次郎も言いませんでしたが、つまりその人は原爆の被害に遭ったということなんですよね。

だからこそ蘭子は、その人と同じことを言った雪次郎に期待しているのです。

それを聞いた雪次郎は、より一層芝居の稽古に力を入れるようになりました。

もう、雪次郎がんばれって気持ちがアップします。

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

速く走るなら流線を動かせばいい

テレビ漫画の作り方がいまいち掴めないまま、なつ(広瀬すず)は『百獣の王子サム』の制作に取り掛かります。

なつが、主人公のサムが駆け抜けるシーンを書いていると、原案を考えた猿渡(新名基浩)から言われます。

「そんな丁寧に描く必要ないんだよ」

なつとしては、いつも通り書いているだけ。

人物を描き、手足を動かし、走り抜けるのを表現する。

いつもやっていたことなのに、「丁寧」と言われてしまったのです。

じゃあどうやって書くの?と聞くと、猿渡は5本の流線だけ書き「これでいいの」と言います。

なつも茜(渡辺麻友)も目が点です。

動画はこの流線を動かすだけでいい。

そう言われてしまったのです。

流線を描き、紙をめくるなつ。

サムがひょいっといなくなったと感じたら、ちょっとおもしろいと感じたみたいです。

さすがなつ。新しい表現も楽しいと思えちゃいます。

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

テレビ漫画は歌舞伎のようで

サムが泣いているシーンは、顔は動かさず、涙だけを描いて動かしていく。

これに対して一久(中川大志)はどう思うでしょうか。

リアリティーがないと文句を言うかと思いきや、むしろ好印象でした。

メリハリをつけることで、キャラクターを生き生きと支えていくことができる。

そう語る一久の目こそ、イキイキしています。

それは歌舞伎の演技と一緒で、内側にある強みを出すことで、素晴らしいことができそうです。

そして、なつならよく分かっていることで、アニメーターの感情をそこに乗せてやることで、一部が全く動かない漫画映画でも魂がこもるというわけです。

妥協することないです!腐らないで!

そうなつに言って去る一久。

なつは別に腐っているわけではないんですがね…。

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

なつ(広瀬すず)も雪次郎(山田裕貴)も、着実に前進

なつは「歌舞伎と同じ」と言われたことから、1人作画室で見切りのポーズです。

「さあ!来やがれ!」

それを見守る一久。

だから…この関係はこのままでいいんですかね?

一方の雪次郎は、役者として演技を磨けば、蘭子もダメ出しをすることがなく、むしろ感動してくれるような表情で彼を見守ります。

そして舞台本番。

なつや一久、咲太郎(岡田将生)に豪華に着飾った亜矢美(山口智子)、そして光子(比嘉愛未)が客席にやってきました。

マダムが来るのは驚きですね。

雪次郎の東京の母ですものねといえば、それは違うと言いましたが、雪之助(安田顕)たち小畑家から預かった身だと思い、見に来たといいます。

いや、それがだから母と言われるのでは…?

そして、舞台の幕が開き、第100話へと続きます。

>>【31日間無料】U-NEXTで『なつぞら』を視聴する

ドラマ『なつぞら』第17週(第99話)まとめ

少ない時間で作り上げていくということは、どこかを簡略化しなくてはいけないと思うものです。

しかし、工夫次第でその簡略化したものは、メリハリを付けたりすることができます。

それがまた面白かったです。

一久もなつも、テレビ漫画班に来ていなければわからなかったこと。

ということは、なつたちの異動は、アニメーターとしてプラスだったと言っても良いでしょう。

新しい環境で新しい発見。

これからも頑張ってほしいです。

そして、次で第100話!

凄いところまで来たんだなあと驚きます。

さて、雪次郎は無事に舞台を成功させられるのか、見物です。

\\31日間の無料お試し期間あり//

『なつぞら』第1話〜最新話まで
今すぐU-NEXTで視聴する

ドラマ『なつぞら』をフルで見れるVOD一覧

u-next
U-NEXT

出典:U-NEXT

U-NEXTの特徴
  1. 月額1,990円で14万本以上の動画を楽しめる
  2. 31日間は無料で見放題
  3. 無料期間中の解約も可能
  4. U-NEXTは全ジャンルで作品数・番組配信数が国内最高クラス
ビデオマーケットの特徴
  1. 動画配信数は国内トップの20万本以上
  2. 特に映画や韓流ドラマのラインナップが充実、月額980円で楽しめる
  3. 初月は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能

ドラマ『なつぞら』他話のネタバレ記事一覧