朝ドラ『スカーレット』第8週(第48話)あらすじ・ネタバレ感想!深野先生(イッセー尾形)の器の大きさに感動

『スカーレット』アイキャッチ

出典:『スカーレット』公式ページ

喜美子(戸田恵梨香)の記事が新聞に載ると、丸熊陶業では内も外も大にぎわい。

記事に名前は載らなかったものの、深野(イッセー尾形)もニッコリです。

しかし、八郎(松下洸平)だけがちょっとお怒りのご様子。

それは喜美子の口から聞いた言葉と新聞に載っていることが違っていたからだと思いきや、どうやら別の理由もあるようで。

八郎が絵付係に来たときに固まってしまった理由も、ここではっきりとわかります。

また、東京から帰ってきた常治(北村一輝)が、「蒲田」の話をするのですが…これは一体?

朝ドラ『スカーレット』第8週「心ゆれる夏」第48話あらすじ

「信楽初の女性絵付け師」として、新聞紙面を飾った喜美子(戸田恵梨香)。

会社の若社長・敏春(本田大輔)のアイデアでニックネームも付けられ、アイドル扱いで担ぎ上げられる。

しかし記事には肝心の絵付け師としてのキャリアや師匠の深野(イッセー尾形)の紹介もなく、社内の波紋を呼ぶ。

なぜか新入社員の八郎(松下洸平)が喜美子にいら立ち、深野にある告白をする。

一方、東京から戻った常治(北村一輝)から聞かされたのは…
出典:NHK

【ネタバレあり】朝ドラ『スカーレット』第8週(第48話)の感想

喜美子(戸田恵梨香)はタヌキ?新聞デビューを喜ぶ深野(イッセー尾形)

信楽初の女性絵付師であり、丸熊陶業のマスコットガールとして新聞に取り上げられた喜美子(戸田恵梨香)。

新聞社の言う通り、みんなからは「ミッコー」と呼ばれているとか、ホットケーキが食べたくて絵付師になったと嘘八百書かれたわけですが、それでも深野(イッセー尾形)は大喜びです。

なんといっても新聞に載っている写真の喜美子の姿!素敵に着飾っていますからね。

それを見て「タヌキが化けたみたいだ」と言ってくれます。

母・マツ(富田靖子)が嬉し泣きするほど化けましたからね。そう言われても仕方がないです。

さすが信楽。タヌキの発想がすぐに出てくるんですね。

しかし、自分の名前が載っていなくてもこんなに喜んでくれる、フカ先生良い人や。

喜美子(戸田恵梨香)がいなければ「きみこー」とぼやき、直子(戸田恵梨香)がいなければ「なおこー」とぼやく常治(北村一輝)

東京から帰って来た常治(北村一輝)は、帰ってくるなり直子の話をするのかと思いきや、百合子(福田麻由子)にもマツにも喜美子にも、ひたすら「蒲田がなー」と話すのです。

最初は「蒲田さん」という人の話をしているのかなぁと思うわけですが、よくよく聞くと場所の話。

直子(桜庭ななみ)の寮がある場所が蒲田で、そこがけったいなところだとお酒を片手に話し続けるのです。

それも何度も何度も何度も何度も…そんなに印象深かったんですね、蒲田。

しかし、夜になって酔いつぶれて寝ると、酒瓶を持ったまま寝言でぼやきます。

「なおこーなおこー」

あーあ、寂しいんだなぁとわかります。

あれだけ喧嘩したりしていましたが、いないと寂しいのでしょう。

そしてきっと喜美子が大阪に行ってしまったときもこんな感じだったのかなぁと思わされます。

喜美子の場合は3年ですか。

寂しくてついにはマツが倒れたと嘘をついて連れ戻させたんですからね。

喜美子がいなければ「きみこ~」とぼやき、直子がいなければ「なおこ~」とぼやく父、ちょっとカワイイ。

それだけ家族想い。娘大好きなのだとわかります。

この父、永遠に子離れしなさそうです。

でっち上げの記事は人を怒らすこともある

翌日、約束通り背中のつくろい物を喜美子に直してもらうために絵付係にやって来た八郎(松下洸平)ですが、どうもむすーっとしている気がします。

つくろい物をする話をしたときは、照れ笑いを見せていたのに、一体どうした?

「マスコットガールだったんですね」

あの新聞のことか!喜美子は立ち上がりました。

どうやら喜美子の口から聞いたことと、新聞に書いてあったことが違い過ぎてショックだったみたいです。

パンケーキ食べたくて絵付師になったとか、ミッコーって呼ばれているとか。

それは全部新聞社がでっち上げたもの。

喜美子自身ももう勝手にどうぞ!と放棄したところなのですが、そのおかげで八郎はムカついたらしいです。

なによりも恩師である深野の名前がないことが一番許せなかったと。

喜美子も入れるべきだと言ったんだぞ!

そこはわかってあげてくれ!と思ってしまいました。

深野(イッセー尾形)のに救われた過去。八郎(松下洸平)の純粋な涙

八郎が改めて絵付係を訪れると、深野にとある過去話を話し始めました。

実は昔、八郎の家には深野の描いた日本画があったのです。

それは祖父がやっとの思いで手に入れた代物で、亡くなった後も大事に大事にしていました。

第2話の鳥が飛んでいる絵だと。

それを深野は「そうかそうか」と聞きます。

しかし、その画は戦後、食べていくものがないという理由で闇市で売り、白いご飯と卵に変えてしまったそうなのです。

そして、仕事で信楽にやってきて深野の絵の火鉢を見た時、その時のことを思い出したと言います。

だから、最初に絵付係にやって来た時、八郎は固まってしまったのです。

泣きながら「ありがとうございます」「申し訳ありません」と訴える八郎。

そんな八郎に深野は優しくしてくれました。

意外なところでそんな縁がつながれば、そうなるのは必然。

そしてその日の夜、喜美子は八郎が言っていた深野の絵をイメージし、紙にそれを表現しようとしていました。

これは一体何に化けるのか?来週に続きます。

朝ドラ『スカーレット』第8週(第48話)まとめ

昔レビューを書かせていただいた映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』でピカソが語っていた言葉を思い出しました。

「美術品は盾にも矛にもなる」

絵として所有する、眺めるだけが役割ではなく、時にはそれで命を繋ぐことがある。

映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』あらすじ・ネタバレ感想!目を背けてはいけない真実を知れ

八郎が米を得るために深野の絵を売ったのは、これだなぁと思いました。

だから深野も八郎が絵を売ったことに怒ることはないでしょう。

それで助かる命があるなら良いものです。

それにしても、喜美子が新聞に載ったことで内でも外でも大にぎわいだったわけですが、これ絶対常治にバレると思うんですよ。

今回は直子と蒲田のことで頭がいっぱいだから良いのですが…このまま収まるとは思えません。

しかも、次回予告を見ると絵付係がなくなってしまうやら、照子(大島優子)に子どもができたやら、なんだか忙しい回になりそうです。

一瞬たりとも見逃せません!

朝ドラ『スカーレット』他話のネタバレ記事一覧