朝ドラ『スカーレット』第8週(第46話)あらすじ・ネタバレ感想!新人の八郎が喜美子と急接近!?

『スカーレット』アイキャッチ

出典:『スカーレット』公式ページ

熊谷敏春(本田大輔)は、秀男(阪田マサノブ)の許可を取り、3人の従業員を追加しました。

そのうちの1人、十代田八郎(松下洸平)は信楽焼きに興味を抱き、喜美子(戸田恵梨香)と意気投合します。

そのせいか、ちょっと信作(林遣都)がモヤモヤしているようにも見えます。

そして照子(大島優子)は、敏春を守るために秀男に意見をし、新しいデザインを見せて「これを採用したらいい」と押します。

そのデザインとは、あの喜美子のデザイン。

やはり喜美子の描いたデザインが、大きな波を起こしそうです。

朝ドラ『スカーレット』第8週「心ゆれる夏」第46話あらすじ

事業拡大を図る丸熊陶業に、3人の若手社員が入社。

若社長の敏春(本田大輔)に連れられ挨拶回りに。

喜美子(戸田恵梨香)の働く絵付係にも訪れるが、絵付け師・深野(イッセー尾形)と対面した若手社員の1人・八郎(松下洸平)が固まってしまう。

その後、訪ねてきた信作(林遣都)の前で、八郎と喜美子が信楽の話題で盛り上がり、信作は複雑な気持ち。

一方、照子(大島優子)が来て…
出典:NHK

【ネタバレあり】朝ドラ『スカーレット』第8週(第46話)の感想

丸熊陶業に商品開発部設立。

敏春(本田大輔)の案により、丸熊陶業の商品開発のため新しい従業員を3人増やしました。

藤田(久保山知洋)、津山(遠藤雄弥)、そして十代田八郎(松下洸平)です。

大阪からやってきた3人は、どれも素晴らしい経歴を持つ人物。

陶器にこだわらず、発想を膨らませてほしいと期待されます。

新しい従業員が来るとなると、社員の中にはクビになるのでは?と思う人もいますが、今の所それはないみたいです。

敏春について挨拶回りをするのですが、八郎はどうしてか絵付係で固まってしまいます。

喜美子(戸田恵梨香)という女性の社員がいるから?

いえいえ、八郎が気になったのは陶器です。

信楽焼きが好きなようで、それを目の当たりにすると目が行ってしまいます。

第45話でスポットライトを浴びたのはこの八郎。

ということは、彼と喜美子にこれから何らかの関わりが出てくるということでしょう。

まさか…結婚相手?そんな予測もできるわけです。

父をおぶって帰ったことで、自分が大人になったことに気づく信作(林遣都)

マツ(富田靖子)が預けたお金が原因で大野家は離婚の危機に晒されましたが、誤解が解けてひと段落。

忠信(マギー)はそのまま一人で飲みに行ってしまったみたいです。

いつもなら常治(北村一輝)の介抱があるので泥酔することはないのですが、その日はぐでんぐでんになったらしく、信作がおぶって帰ったそうな。

初めて父親を背中に負ぶったとき、自分も大人になったんだなぁと実感する信作。

小さいころは自分がおぶさっていましたし、小さな体では父をおんぶすることなんてできませんから、ちょっと嬉しかったのでしょう。

一方、喜美子の場合は、あの北村一輝をおんぶすることなんてできないのでね、自転車に括り付けて帰るらしいです。父はモノかな?

しかし、途中で落っことしてしまい、怒りながら追いかけてくるらしいです。

それが川原家の日常?めちゃくちゃですが、想像すると面白いですね!

信作(林遣都)、八郎(松下洸平)にマウントを取ろうとするも失敗

丸熊陶業に「信楽火まつり」のポスターを張りにやって来た信作が八郎と会うと、ちょっと上から目線で話そうとします。

新人ですし、大阪からやってきたばかりで、信楽のことはよくわからないだろうという信作の余裕です。

しかし、八郎の方が信作よりも2歳年上。

その上、信楽焼きの話で喜美子と仲睦まじく会話を始めたことで、信作はちょっとモヤモヤしている顔を浮かべます。

というか、八郎と信作だけにすると話が続きません。

そして、喜美子は八郎の背中の服の穴に気づくと、「直していいですか?」と聞きます。

これは、八郎と喜美子の距離が縮んでいそうなエピソードの一つになっていきそうです。

なんか…信作がんばれと言ってあげたくなりました。

世代交代の時期。照子(大島優子)は敏春(本田大輔)の味方をし、さらには喜美子(戸田恵梨香)の味方になってドヤ顔

敏春が経営に関わるようになった以上、秀男(阪田マサノブ)は世代交代を考えないといけないと、和歌子(未知やすえ)に言われてしまいます。

わかっているけれど、そう簡単に任せる決意ができていない秀男に、照子(大島優子)も敏春を死んだ兄の代わりにしないように言うのです。

こういうことをするってことは、照子は心の底から敏春が好きなのだなぁ思えますね。

そして照子は、敏春が新しいデザインを良いと言っていたことを父に熱弁するのです。

娘よ、それは誰のデザインなのか知っているのか?

この後、照子は絵付係にいる喜美子の元へと足を運ぶと、ニコニコしながら言います。

「これ、誰のデザインや」

「…うちの」

照子が推したことにより、喜美子のデザインがまさかの採用です!

朝ドラ『スカーレット』第8週(第46話)まとめ

小さいころの喜美子は、信楽焼きに使われる土の良ささえわからなかったのに、今ではその良さを理解しているみたいですね。

大阪から来た八郎と意気投合することで、疎外感を感じる信作がちょっと寂しい気もします。

八郎がこの丸熊陶業で何をするのかも楽しみですが、喜美子とどうなっていくのかも期待できるところです。

そして照子のファインプレーにより喜美子のデザインが採用されたわけですが、果たして新しい陶器の売れ行きはどうなるのかも楽しみです。

朝ドラ『スカーレット』他話のネタバレ記事一覧