朝ドラ『スカーレット』第11週(第64話)あらすじ・ネタバレ感想!八郎との結婚を許さない常治が胸中を語る

朝ドラ『スカーレット』第11週(第64話)あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『スカーレット』公式Twitter

喜美子(戸田恵梨香)は帰ってこないし、八郎(松下洸平)もやってこないことで、常治(北村一輝)はそわそわしています。

もしかして駆け落ちでもしたのではないかと心配になりますが、喜美子は照子(大島優子)の出産に立ち会っていただけでした。

そして、常治はついに八郎と向き合い、きちんと話をするようになります。

幾度となくちゃぶ台を返す返させないの問答を繰り返した後、常治が結婚を許さない理由を語り始めるのでした。

朝ドラ『スカーレット』前回第11週63話のあらすじと振り返り

結婚することを認めてもらうため、常治(北村一輝)の元に一緒に訪れる喜美子(戸田恵梨香)と八郎(松下洸平)。

しかし、常治は何かと理由を付けては結婚の話をはぐらかし、ついには八郎が来る前に赤松へ飲みに行ってしまったりもしました。

八郎は諦めませんが、百合子(福田麻由子)は激怒し、マツ(富田靖子)や東京にいる直子(桜庭ななみ)は喜美子達の応援をしてくれるようになるのでした。

そして、照子(大島優子)からも喜美子のことを任された八郎は、陶芸を教える際の授業料と称し、結婚前から喜美子と夫婦貯金を始めます。

産気づいた照子をどうしたらいいか大慌てしている間、常治は家で八郎がやってこないことにイラつき始めるのでした。

朝ドラ『スカーレット』第11週(第63話)あらすじ・ネタバレ感想!八郎vs常治の根比べ対決が始まる!

【ネタバレあり】朝ドラ『スカーレット』第11週(第64話)あらすじと感想

青春時代の熱情を百合子(福田麻由子)にドン引きされる常治(北村一輝)

八郎(松下洸平)が来ないどころか、喜美子(戸田恵梨香)も帰ってこないことで常治(北村一輝)は落ち着きがなくなっています。

というのも、喜美子が八郎と駆け落ちをしたのではないかと考えたのです。

そんなことをするものかと言われますが、どうやら常治とマツ(富田靖子)は駆け落ちをした末に結婚をしたようなのです。

百合子(福田麻由子)は知る由もなかったこの新事実に衝撃を受けます。

そして「好きになったらもう、熱情が燃え滾るもん」と聞き、ドン引きするのでした。

KAMUI

お互いに好きになり、誰に反対されてもこの人と結ばれると突っ走った常治とマツ。それはもう最高に良い思い出だったことでしょう。

しかし、百合子にとっては理解しがたいことだったのでしょう。そこからの百合子の常治の避けっぷりときたら…反抗しまくっていた直子(桜庭ななみ)に匹敵する勢いです。

喜美子(戸田恵梨香)帰宅。遅くなった理由がとんでもない!

百合子にドン引きされ、近づくなと避けられる常治。

その最中にやっと喜美子が帰宅。妙にハイテンションです。

遅くなった理由とは、照子(大島優子)の出産に立ち会っていたからだと言います。

産気づいた照子の背中をさすったり、お湯を組んだりと大忙し。

そのおかげで喜美子は、照子が娘を出産する現場に立ち会うのでした。

感動のあまり、この喜びを話さずにはいられませんし、喜美子の気持ちはマツと百合子にも伝わりました。

KAMUI

照子の出産に立ち会うシーンがまさかのカット!次に照子が出てくる時には子供を抱えているんですね。

「結婚はダメだ」常治(北村一輝)の胸中がついに語られる

喜美子を送り届けるだけのつもりでしたが、常治が上がっていけと言うので、八郎はチャンスだと思い座敷に座ります。

百合子やマツは仰々ぎょうぎょうしくすることもなく自然に振る舞うと、常治は自然すぎるとツッコみます。

改めて家族の紹介をし、八郎の身の上話を聞いた常治は、どうして自分が結婚に反対するのかを語り始めました。

それは、自分がマツと駆け落ちをした末に結婚したおかげで不自由な暮らしをさせていることが原因でした。

マツの家からは「どこの馬の骨だ」と言われながらも強引に結ばれただけあり、喜美子には不自由ない暮らしをしてほしいと思うのです。

常治は結婚をすることに反対というか、陶芸家になる夢を追いかけながらも喜美子と結婚をすると考える八郎の想いに反対だったのです。

趣味で陶芸をやり、丸熊陶業で働くのではダメか?と常治は言います。

KAMUI

これは常治だけじゃなく、娘を持つ親なら誰でも思うことでしょう。ミュージシャンになる夢を持ってヒモになったり、漫画家になると言ってもいつまでもなれなかったり、大きな夢を持っても現実的には?となると、娘は出さん!ってなるパターンですよね。

つまり常治は、夢か喜美子か選んでくれと言っているような気がします。これに対する八郎と喜美子の答えは…明日です。

朝ドラ『スカーレット』第11週(第64話)まとめ

ただ娘を嫁に出すのが嫌なわけじゃなかったんだということが、今回の話でよく分かった気がします。

誰しも先の未来が不安な男に娘を渡して良いものか考えますし、娘を本当に幸せにしてくれるのかと考えるのは当然。

それは娘が大好きな常治ならなおのことでしょう。

将来有望と言われても、常治はきっとすんなり「じゃあどうぞ」とは言わないでしょう。

喜美子のために陶芸家の夢を諦めてくれと言われ、八郎と喜美子はどうするのか…明日に期待です。

そして、今回は半ばがかなり面白かったです。

ちゃぶ台を返そうとする常治に対し、ちゃぶ台を抑える八郎。

常治は何度もフェイントをかけますが、それでも全力でバン!ってちゃぶ台を抑える八郎。

彼のまっすぐさがよく伝わってきました。

朝ドラ『スカーレット』他話のネタバレ記事一覧