朝ドラ『スカーレット』第5週(第30話)あらすじ・ネタバレ感想!喜美子と草間、意を決して奥さんの店へ

『スカーレット』アイキャッチ

出典:『スカーレット』公式ページ

草間(佐藤隆太)と再会を果たし、喜んだのも束の間です。

草間の奥さんがもう別の男性と新しい人生を始めていると聞いてショックを受けますが、喜美子(戸田恵梨香)はこのままでいいのかと言います。

草間流柔道に例えれば、草間はまだ対戦相手に向き合っていません!

喜美子に言われ、草間は改めて喜美子と一緒に奥さんのお店へ足を運びます。

甘く切ない恋バナがふんだんに盛り込まれた『スカーレット』第5週の最後は、驚きの展開で幕を閉じるのでした。

朝ドラ『スカーレット』第5週「ときめきは甘く苦く」第30話あらすじ

再会した草間(佐藤隆太)から、生き別れた妻が別の男と店をやっていると聞かされる喜美子(戸田恵梨香)。

そのまま草間を連れて店を訪ねると、遠慮する草間の背中を押して入店。

ついに草間が妻と再会する。

しかし草間は何事もなかったように、普通の客として振る舞う。

喜美子も草間にあわせて、妻に声をかけられない。

そして草間は厨房にいる妻の新たな男を見つけると近づく。

一方、信楽の父・常治(北村一輝)から緊急の連絡が…
出典:NHK

【ネタバレあり】朝ドラ『スカーレット』第5週(第30話)の感想

喜美子(戸田恵梨香)の言葉に背中を押され、草間(佐藤隆太)が再び立ち上がる

草間(佐藤隆太)が生き別れの奥さんを見つけることができたものの、彼女はすでに別の男性と生活をしていると聞かされた喜美子(戸田恵梨香)。

そのショックのせいで、喜美子には草間が縮んだように見えたのでしょう。

喜美子の背が伸びたからだと言われますが、それだけではないと喜美子は思ったのです。

さだ(羽野晶紀)からは夕飯を食べておいでと言われたので、喜美子にはまだ時間があります。

そこで喜美子が草間に「奥さんのお店に行こう」と言うのです。

実は草間、奥さんとはきちんと会っておらず、見かけただけ。

知らない男性と、夫婦のように親しげに話しながら店の中に入って行ったと言います。

それで引くのは「草間流柔道」の精神に反すると喜美子は断言!

ちゃんと向き合わないとダメだと言われた草間は、喜美子に背中を押され、もう一度奥さんのお店へと足を運ぶ決心をするのです。

「怒って殴るかもしれない」

「え?」

「投げるかもしれない」

「え!?」

「これは夫婦の問題だから、喜美ちゃんは何があっても手を出さないでくれよ」

そう言って、草間は果敢に店に向かうのでした。

喜美子(戸田恵梨香)は妄想、草間(佐藤隆太)は現実を受け止める

喜美子と草間がやってくるまで、店には誰もいませんでした。

そして草間の顔を見た草間の妻・里子(行平あい佳)は驚きの表情。

しかし、どこか後ろめたさがあります。

草間と同じテーブルに座ると誤解を生むと思ったのでしょう。

喜美子は草間と別の席に座り、草間と同じ「焼き飯」を注文しました。

草間が里子に近づくと、修羅場が始まると思ったのでしょう。

草間が店主である里子の相手を殴り倒してのとんでも事態。

しかしそれは、喜美子の妄想の中だけで草間は里子の隣にある新聞を取りに行っただけでした。

結局何も言うことなく、草間は店をあとにします。仕方がありません。

後から来た常連のお客さんとの会話から、里子が妊娠していることを知ってしまえばもう何もできません。

焼き飯に手を付けることなく、草間は新聞の下に離婚届と「お幸せに」と書いたメモを置き、里子の元を去って行ったのです。

『スカーレット』第5週もやっぱり穏やかに終わらせてはくれない…。

実は草間は、大阪に住んでいるわけではないのです。

ジョージ富士川(西川貴教)の展示会にいたのは、展示会のスタッフをしてたわけではありません。

サイン会の時に割り込んできた香港のお客さんの付き人だったようです。

なので普段は東京で住まいを持ち、今回は出張して大阪に来たということでした。

また会えなくなるわけですが、喜美子は草間の住所を聞き、手紙を書くことを約束しました。

これからも草間は、喜美子にとって大事な存在になっていきそうです。

そしてそれは、草間にとってもかもしれませんね。

これで穏やかに終わるのかと思ったのですが、突然常治(北村一輝)から電話。お金を取りに来て以来です。

久しぶりの父の声に喜んだのも束の間。

「母さんが倒れた」

この一言で言葉を失う喜美子でした。

朝ドラ『スカーレット』第5週(第30話)まとめ

『スカーレット』第5週は、苦しいことの方が多かったかもしれません。

圭介(溝端淳平)の恋を応援したらそれが自分を苦しめると気づき、嫉妬が生まれて突き放されてと辛かったです。

そして進路について向き合い、ジョージ富士川との出会いを果たせば草間に出会い、草間もなんとも辛い形で求めていた幸せが終わったわけですから、苦い恋が続いた感じでした。

ですが、その中でも喜美子たちはお互いに励まし合い、前に進もうとしている。そんな気がしたのです。

人間ひとりで生きていくことはできません。

辛い時こそ誰かの優しさがとても大きな支えになるんだなぁと思えます。

しかし!圭介のポンコツぶりだけは、しばらく許してやりません!

さて、絵の道を進もうとしている喜美子に、母・マツ(富田靖子)が倒れたという知らせが入ってきたことで、第6週はもしかして信楽に帰るのかなぁなんて思います。

3年ぶりに出会う家族、そして信作(林遣都)や照子(大島優子)とどんな物語を繰り広げるのか非常に楽しみです。

朝ドラ『スカーレット』他話のネタバレ記事一覧