アニメ『フルーツバスケット The Final』第1話あらすじ・ネタバレ感想!慊人の両親との確執が明らかに

アニメ『フルーツバスケット The Final』第1話あらすじ・ネタバレ感想!慊人の両親との確執が明らかに

出典:『フルーツバスケット The Final』公式ページ

ついに始まった最終章。

紅野と透が公園で会っている場面から、物語は始まります。

そして紅野から語られる、慊人と十二支、慊人の両親との関係。

実の母親の首を絞めて「殺してやる」と叫ぶ慊人は怖かったですし、慊人に負けず劣らず、母親も不気味で怖かったです。

結局、ありさは紅野にフラれてしまった形になりましたが、心から大好きと言える親友に支えられ、逆に絆が深まった気もしますね。

\\『フルーツバスケット The Final』を見るならここ!!//

31日間無料のU-NEXTで見る

アニメ『フルーツバスケット』これまでのあらすじと振り返り


高校に入学してすぐに両親を亡くし、親戚の家にも居づらくなった本田透は、草摩紫呉の家に居候することになりました。

草摩由希、草摩夾という二人の同級生が同居人となり、透の高校生活は進んでいきます。

ところが、草摩一族は、異性に触れられると十二支の動物に変化してしまう、「十二支の呪い」を持っていました。

  • 当主である草摩慊人のお気に入りで、かつて慊人に軟禁されていた過去を持つ由希
  • 猫というには、あまりにも悍ましい化け物に変化してしまうけれど、十二支の仲間に入りたい夾

由希や夾以外にも、草摩家の人々は、物の怪憑き、またはその家族としての悩みを抱えながら生きていました。

透は、草摩の人々との関りの中で、時に自分自身が傷つきながらも、魚谷ありさ、花島咲という無二の親友、家族と呼べるほど近い存在になった由希や夾に支えられながら、彼らの悩みに寄り添い、癒していきました。

草摩家との絆を深めていく中で、透は自分が夾に惹かれていることに気が付きます。

その夾が、卒業後に慊人の指示で幽閉されてしまうことを知った透は、草摩の呪いを解くために動き始めました。

透が呪いについて調べていくうちに、慊人と十二支の歪んだ絆が明らかになります。

十二支の物語の「神様」のポジションにあたる草摩家当主は、「十二支の考えが読める」「十二支は神様の言うことに逆らえない」という不思議な力を持っていました。

慊人と十二支は歪んでいながらも平穏に付き合っていましたが、酉の「草摩紅野」が、何の前触れもなく、呪いから解放されたことで事態は一変。

十二支以外に信じられる人間がいない慊人は、自分の身体を使って紅野を自分の元に留め、少しでも自分から離れようとする人間、十二支を自分から遠ざけようとする人間を、容赦なく攻撃するようになりました。

歪んでしまった慊人、自分がきっかけで慊人が歪んでしまったことに罪悪感を持つ紅野、慊人に惚れており紅野に嫉妬している紫呉、呪いを解いて夾を解放したい透。

慊人を中心に、様々な想いが絡み合うなか、ついに最終章が始まるのでした。

【ネタバレ】アニメ『フルーツバスケット The Final』第1話あらすじ・感想


今は昔の約束

また宴を開こう。

もう一度何度でも…。

いつまでも変わることなく、例え今は独りで寂しくとも、あの約束の向うでみんなが待ってる。

それは今は遠い昔の話。

誰もが忘れた昔の記憶、最初の約束。

もうじき会える、もうじき…。

SU_BUSU_BU

これが神様と十二支の絆。いまは呪いと呼ばれ忌避されていますが、かつての彼らにとっては何よりも大事なものだったんでしょうね。

慊人の両親

互いに想い合っている、ありさと紅野。

すでに呪いが解けている紅野は、透にそれでも慊人の傍にいる理由を静かに語り始めました。

慊人は産まれた時から男として育てられ、周囲もそう認識していました。

指示したのは、慊人の母・草摩楝でした。

SU_BUSU_BU

その本意は分からないけれど、ただ一つ分かっているのは、楝と慊人が互いに憎み合っていること。

十二支の呪いを絆だという慊人と、そんなものは偽物の絆だという楝。

「なにが本物でなにが偽物かなんてな、誰にもわからない」と叫ぶ慊人に、「私とアキラさんは本物だった」と楝は主張します。

怒り狂い「殺してやる」と叫ぶ慊人に、楝は「殺してくれればアキラさんの元に行ける」と笑うのでした。

SU_BUSU_BU

すでに他界している前の草摩家当主・草摩晶という人物が、慊人の父親のようです。慊人の歪みの根本には、両親との関係があったのですね。

物の怪の血

楝が慊人をお腹の中に宿した日、紫呉、はとり、紅野、綾女は同じ夢を見て、泣きながら目を覚ましました。

胸の奥から自分の知らない自分の気持ちが沸き上がって、自分じゃない自分が叫んでる気がしたのです。

それが物の怪の声であり、物の怪の血。

自我が生まれても、「慊人を裏切るな」と物の怪の声が訴えてきます。

それは呪いが解けた今の紅野からすると、確かに歪なものだったけれど、母に憎まれ父もすでに亡く、傷付き泣いている慊人という女の子を見捨て、ありさの元に行くことはできない。

紅野は、自分の想いを聞き、言葉が出ずただ泣いているだけの透に、「これが俺の選んだ道だから、ごめんありがとう」と言葉を残し、去っていくのでした。

SU_BUSU_BU

相手を哀れに思う感情は、かなり愛情に近い感情らしいです。紅野の慊人に対する感情は、まさに「哀れむ」ですね。

電波をたどって

紅野の気持ちも慊人の気持ちも理解できてしまい、何をしていいのか分からなくなった透。

マフラーが風に飛ばされても蹲って動けずにいる透の前に現れたのは、黒のドレスに身を包んだ花島咲と、彼女の弟の恵でした。

花島宅に連れてこられた透は、咲の前で「何の役にも立てなかった」と自分の無力さを嘆きます。

「人の気持ちを大切にし過ぎて、いつか笑えなくなってしまうんじゃないかと心配」

泣き崩れる透を見て、咲はそんな風に呟くのでした。

SU_BUSU_BU

いつもながら咲は凄い恰好です。街中でドレスですからね(笑)咲は、電波を受信するという異能を持っている、このアニメではかなり特殊な存在の立ち位置ですが、個人的に一番好きなキャラです。

友達

透と咲の元にやって来た、魚谷ありさ。

ありさは、透が自分のために紅野を訪ね、そして自分がフラれたことを理解しました。

ありさは「大好きだ」と透を抱きしめ、「お前は役立たずなんかじゃない」と伝えます。

紅野さんは透と似ている。

あたしはきっとそういうバカが好きなんだ。

そういうやつを困らせるのはイヤだ。

だからしょうがない。

ありさは、そう言って紅野への想いに区切りをつけました。

元気を取り戻した三人は、恵を加え、仲良くパジャマパーティーを始めるのでした。

SU_BUSU_BU

恵のポジションが羨ましすぎます(笑)姉が含まれているとはいえ、女性のパジャマパーティーに混じるのは役得ですね。

穏やかな朝

パーティーを終えて、紫呉の家に帰ってきた透が居間に行くと、公園で飛ばされてしまったはずのマフラーが置かれていました。

そのマフラーは、夾が落ちていたのを見つけ、拾って洗っておいてくれたものです。

透は、洗いたてでまだ乾いてもいないそのマフラーを嬉しそうに首に巻くと、「もう絶対落としません」と笑顔になりました。

楽しそうにパーティーの話をする透と夾、そこに笑顔で合流する由希、由希の料理のひどさを伝えながらやってくる紫呉。

笑顔の同居人が揃った紫呉家の台所は、和やかな朝の空気に包まれるのでした。

SU_BUSU_BU

第1話が明るく収まってよかったです。ずっと公園の時の暗い雰囲気だと、沈んじゃいますからね。

アニメ『フルーツバスケット The Final』第1話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

要点まとめ
  • 慊人の歪みの根本
  • 草摩楝と草摩晶
  • 由希は料理下手
  • 接触する楝と草摩依鈴
  • 紅野と透は似ている

由希はすでに慊人との関係に区切りをつけてますし、残すは慊人絡みの問題ですね。

\\『フルーツバスケット The Final』を見るならここ!!//

31日間無料のU-NEXTで見る

アニメ『フルーツバスケット The Final』見逃し動画フル無料視聴!1話から最終回まで見れる配信サービスをご紹介

▼次回第2話も続けて読む▼