『フルーツバスケット 2nd Season』第22話あらすじ・ネタバレ感想!思い込みから抜け出せない夾

『フルーツバスケット 2nd Season』第22話あらすじ・ネタバレ感想!思い込みから抜け出せない夾

出典:『フルーツバスケット 2nd Season』公式ページ

夾くん、そろそろ前に進んでもいいんじゃない?

翔という親友を得て前に進んだ由希と、恵まれている人間には何を言っても許されると思っている夾。

私の中で、夾の株がかなり落ちちゃいましたねえ。

捨て台詞で「くたばりやがれ」とか、ひどくないですか。

透とイチャイチャするのは良いのですが、もう少し客観的に自分を見てもらいたいです。

そろそろ前に進まないと、救いようが無くなっちゃいますよ。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『フルーツバスケット 2nd Season』前回第21話あらすじと振り返り

母親に道具として使われ、捩じれた慊人から監禁を受け、夾には嫉妬と憧れを抱く。

そんな誰からも必要とされていなかった幼少期を過ごし由希は、ついに透という得難い存在と出会いました。

傍らで、いつも優しく話を聞いてくれて、すべてを受け入れてくれた優しい透。

由希は、そんな透に母親を求めていました。

翔という友人を得た由希は、ついに透という母性から巣立ったのでした。

【ネタバレ】『フルーツバスケット 2nd Season』第22話あらすじ・感想

透との出会い

テント暮らしをしていた変なクラスメートだった透。

由希が透を家に招いたのも、純粋な人助けの気持ちからではありませんでした。

「記憶が消されても、またお友達になってくださいね」

物の怪付きであることがバレて、記憶が消されることを告げた時の透の言葉。

この時から、透は由希にとって特別な人になっていました。

SU_BUSU_BU

1st seasonを改めて見ると、キャラクターデザインがなんだか幼くてかわいい感じですね。今のシュッとした感じも悪くないですが、個人的には1st seasonの方が好きですね。

友だち

透に対して母親を求めていた由希は、その気持ちを恥ずかしく思い、男として接しようと努力してきました。

  • 諦めているわけじゃなく諦めが悪い
  • 欲張りなだけ
  • 自分だけの生きている証を見つけ出したい

翔に秘めていた気持ちを話すことで、由希は透という楽園から旅立つのでした。

SU_BUSU_BU

純粋に異性として惹かれる誰かと出会いたい。その人のために生きて、必要とされることこそが理想の人生であり、自分だけの生きている証。なかなか解釈が難しいシーンでしたが、まとめるとこんな感じでしょうか。

あの帽子

玄関先で台本を巡ってイチャイチャする夾と透に、帰宅した由希は「小学生レベル」とツッコミを入れます。

動じない透、狼狽える夾、冷静な由希。

「あの帽子だけど、今は本田さんの手元にある。わざわざ返さなくてもいいよな」

由希の言葉を聞いた夾は、自制できないほど不機嫌になってしまいました。

SU_BUSU_BU

夾が落とし、由希が拾って返せず、迷子になった透に渡した帽子。この帽子が、夾にとってどういう意味を持つのか。今後のキーアイテムっぽいですね。

認知的不協和

「ガキみたいに何を拗ねてるんだ。練習に戻れよ」

劇の練習をサボる夾を連れ戻しに来た由希。

「何不自由なく生きてきた王子様には、何も手に入れられないヤツの気持ちなんか、無いものねだりのバカなヤツのバカな望みなんか、一生…」

由希に対して、思い込みで決めつけて、不満をぶつける夾。

「嫌な奴がいてくれないと自分が困るんだろ」

夾の脳裏に、今日子の言葉が蘇ります。

夾は、その言葉を振り払うようにガラスを割って、「くだばれ」と汚い言葉を残し、その場を後にしました。

  • 自分はとても不幸な人間だから、恵まれている人間には何を言っても許される
  • もし由希が不幸な善人だったなら、これまでの行いは全て逆恨みで、自分は罪人になる
  • 自分の過ちを認めるのが怖いから、由希が恵まれている嫌なヤツじゃないと困る

SU_BUSU_BU

今日子の言葉は、夾を自分勝手な思い込みから解き放つためだと感じました。この言葉が、いつどこで夾に掛けられたのかは分かりませんが、いまだ夾を解き放つまでには至っていないようです。根が深いですね。

イチャイチャラブラブ

夾が茜色に染まる教室に戻ると、透が一人きりで座っていました。

自分のために、一人で待っていてくれた透。

「しょうがねえ、観念するか」

夾は、透の肩に頭を乗せ、優しく呟きます。

SU_BUSU_BU

由希に対する逆恨みと、透に対する気遣いのギャップが凄いですね(笑)由希に対しても、知る努力をしてくれたら可愛げがあるんですけどねえ。

『フルーツバスケット 2nd Season』第22話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

要点まとめ
  • 衣装担当は綾女
  • イチャイチャする夾と透
  • ミスキャストなら脚本を変えればいい
  • 真知は由希を王子だとは思ってない

夾の由希に対する暴言や態度は、社会心理学の「認知的不協和」や「認知的斉合性理論」を使うと説明できそうです。

大人でも陥りがちな心理状態なので、一度検索してみると何か発見があるかもしれません。

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼次回第23話も続けて読む▼