『フルーツバスケット 2nd season』第4話あらすじ・ネタバレ感想!荒ぶる發春に対し、由希と夾は…?

『フルーツバスケット 2nd season』第4話

出典:『フルーツバスケット 2nd season』公式ページ

今回は、草摩發春はつはるが中心の話でした。

全面に立って身体を張る夾と、裏でフォローに動く由希。

ブラック發春の降臨で、二人の正反対の性格がよく表れていて面白かったです。

あと、またしてもトラウマに立ち向かう由希が素敵でしたね。

それにしても、ブラック發春は面倒すぎです。

そんなだからフラれるんじゃないの(笑)

▼動画の無料視聴はこちら▼

『フルーツバスケット 2nd season』前回第3話のあらすじと振り返り

かつてほどではないけれど、未だそれほど良くはない、由希と綾女の兄弟関係。

苦手なことを克服して成長しようとしている由希は、自分とは正反対と言っていい兄と積極的に関わろうと兄のお店を訪問しました。

親から道具のように扱われ苦しんでいた弟を無視していた綾女の後悔と、前向きになった現在の由希の成長した姿。

わだかまりがまたひとつ消えた由希は、明るい未来を手に入れるため、さらに戦う決意を固めるのでした。

【ネタバレ】『フルーツバスケット 2nd season』第4話あらすじ・感想

もう飽きちゃったから

夕陽の病室にやってきた潑春と、ベッドの上に座る陰鬱な女性。

「もう君いらないから…もう飽きちゃったから……」

女性は抑揚なく、冷たい言葉を潑春に投げかけます。

SU_BUSU_BU

ずいぶん暗い雰囲気の女性でした。まあ、オープニングを見る限り「馬」の人なんでしょう。オープニングでネタバレしちゃうのはどうなんでしょうね。

修学旅行

紅葉が透たちの教室へやってくると、透たちは修学旅行の相談をしていました。

旅行先は定番の京都。

自由行動では、透、ありさ、咲、由希、夾の5人でグループを組むようです。

SU_BUSU_BU

夾は不満そうでしたが、視聴者的には、この5人以外で組まれてもどう反応していいか分からないですね(笑)紅葉が加わってくれたら最高ですが、さすがに上の学年の修学旅行に同行はしないですよね。

ブラック發春

散乱した机といす、割れた窓ガラス。

教室は、ブラックと化した發春によってひどい状態になっていました。

「そう思うだろ、お前も!」

「何にキレてんだか知らねえが、わけわからんお前のいら立ちに透を巻き込むな!」

無関係の透に詰め寄る發春を、夾がかばいます。

SU_BUSU_BU

感情に素直に行動する夾は行動が速いですね。あと、呼び方が「透」になっていました。由希も穏やかじゃないですよね(笑)

フォローを頑張る由希

感情に素直に行動する夾と、一歩引いて見ている由希。

教室での対応では夾が目立っていましたが、由希はホワイトに戻った發春のフォローに走ります。

「俺は自分のことばっかりだ」

ブラックになるほど精神的に追い詰められていた發春を心配し話を聞きに来た由希は、逆に心配されたことで自分の未熟さを痛感します。

發春は「自分のことばかりの人間は、誰かを心配して追いかけたりはしない」と、由希の考えを否定します。

SU_BUSU_BU

2nd seasonの由希は優しくなろうと努力していますし、確実に優しくなっていると思います。

「フラれたんだ、俺……」

發春は自分がブラックになってしまった理由を由希に伝えました。

SU_BUSU_BU

發春がフラれたのはブラック化が原因なんじゃないの(笑)いやまぁ冗談ですが、何かあったらブラックになる恋人はイヤだと思います。

草摩の家訪問

由希にとって、トラウマである草摩慊人がいる草摩の家。

發春の見舞いのために、由希は苦しむと分かっている場所にあえて出向きます。

案の定、フラッシュバックや小言を言う女中などが現れますが、きちんと發春と話した由希は足取り軽く草摩の家を後にしました。

SU_BUSU_BU

由希の成長が著しいですね。草摩の家こそ、由希が第2話で言っていた「戦っていくもの」のもっとも大きな存在でしょうね。

草摩依鈴

冒頭で發春を「いらない」と切り捨てた黒髪の女性・草摩依鈴。

入院していましたし、黒多めの配色でかなり重い雰囲気を纏っています。

SU_BUSU_BU

草摩の家での登場シーンでも何やら怒りの表情をしていましたし、確実に何か起こしそうな雰囲気でした。個人的には声が豊崎愛生だったので、もう少し話してほしかったですね。

『フルーツバスケット 2nd season』第4話まとめ

要点まとめ
  • 草摩依鈴(CV.豊崎愛生
  • ブラック發春
  • 優しい人間はブラックになって暴れない
  • 悪そうな紫呉
  • 積極的な由希

「やった豊崎さんだ!」と思っていたのに、今回はあまりしゃべってくれませんでした。残念です。

まあ、きっとたくさん活躍してくれる話もあるでしょう。

期待して待っています!

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼次回第5話も続けて読む▼