『フルーツバスケット 2nd Season』第20話あらすじ・ネタバレ感想!由希が透への想いを語る

『フルーツバスケット 2nd Season』第20話あらすじ・ネタバレ感想!由希が透への思いを語る

出典:『フルーツバスケット 2nd Season』公式ページ

由希の透への想いの正体。

それは意外でしたが、なるほど、と納得できるものでした。

結局、子供の頃に得られなかったモノを求めてしまっていたということなのでしょう。

三角関係を無理にドラマにせず、さっぱりと終わったのがとても潔かったですね。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『フルーツバスケット 2nd season』前回第19話のあらすじと振り返り

依鈴が十二支の呪いを解こうとしていることを知った透は、その方法を教えて欲しいと頼みますが、依鈴は手がかりすらつかめていません。

その状況に追い詰められていた依鈴は、「もう何をやっていいか分からないの」と、透にすがるように泣き崩れてしまいます。

一緒に呪いを解く方法を探すことになった透と依鈴。

依鈴に「一番大切なもの」を問われた透は、言葉に詰まってしまいます。

そして透は、母が亡くなった時の夢を見ました。

辛い夢から覚めた透は、「いつも一緒…」と、虚ろな目で呟くのでした。

【ネタバレ】『フルーツバスケット 2nd Season』第20話あらすじ・感想

真鍋翔と倉伎真知

生徒会に来た初日から、片付けができなかった会計の真知。

その日はいつもより激しく、扉のガラスをぶち破ってしまうほどでした。

「どうしたの?」と尋ねる由希でしたが、翔が「ここは俺に任せてくれ」と制します。

「真知ってなんなの?お前の」

「兄妹なんすよ、俺ら」

実は異母兄弟だった翔と真知。

二人は、跡継ぎ問題で、厳しく躾けられてきました。

翔はかつて、暴れることで自由を手にしました。

「真知はまだ自由じゃないのかもしれないな…」

無表情な異母妹を思い、翔はそう呟くのでした。

SU_BUSU_BU

翔は重い話をサクッと話しますね。いいキャラです。前に「人の痛みが分からない」と悩んでいましたが、たぶん厳しい躾けが関係しているんでしょうね。

ボタンの掛け間違い

スマホの契約で保護者のサインをもらうため、母の元を訪れた由希。

「父さんは今日も遅いの?」

「ええ、私もあの人も忙しいの」

以前の由希なら考えられない、一言二言の何気ない会話。

「ありがとう」

「由希、む、無駄遣いしちゃダメよ」

そして、二人は、まるで親子のような会話も交わすのでした。

SU_BUSU_BU

由希と母の関係もかなり良くなりましたね。ベタなツンデレみたいになってました(笑)母の方にも、三者面談の時に何か思うところがあったんでしょう。辛いことも時が経てば笑い話になる。現在、辛くないことが大前提ですけどね。

真知の本心はどこに?

「ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。もう二度としません。誓います」

真知は、生徒会室を荒らしたことを、ひくほどの低姿勢で謝ります。

「もうしないことが解決じゃないだろ。どうしてするのかお互いに理解しなくっちゃ」

そんなふうに優しく告げる由希を、真知は黙って見つめるのでした。

SU_BUSU_BU

感情の薄い感じが、なんとなく虐待を感じさせますね。考えすぎでしょうか。『フルーツバスケット』にはそういう人多いので、どうもそっちに引っ張られちゃいますね。真知は感情が見えないので、なおさらですね。

シンデレラの配役

文化祭で、透たちのクラスはシンデレラの劇をやることになりました。

  • 魔法使い:草摩由希
  • 王子:草摩夾
  • シンデレラ:花島咲
  • 義理の母:木下南
  • 義理の姉:本田透

そして決まった配役は、どんな劇になるのか想像もつかないカオスなものでした。

SU_BUSU_BU

夾と透が主役になるなのかと思ったら、シンデレラ役はまさかの咲。とてもカオスなシンデレラになりそうですね(笑)これは期待!

心細いのはイヤ

資料室に閉じ込められた由希は、別荘で慊人に言われたことを思い出してしまいます。

「ボクにはわかるよ、キミが何を欲しがって何を求めているのか。本田透に、キミは…」

暗闇の中に閉じ込められた由希は別荘での痛い記憶を思い出し気分が悪くなってしまいます。

そんな由希を開放したのは真知でした。

ドアを壊して強引に由希を助けた真知は、「心細いのは嫌かと思って…」と呟きます。

SU_BUSU_BU

静かな真知が強引な力技をみせたのは意外でした。きっと、暗闇に閉じ込められているのがとても心細いことを、よく理解できたんでしょうね。真知の掘り下げ回も早く見たいですね。

由希が透に求めていたもの

資料室から出て、翔と二人きりになった由希は、暗闇の中で「痛いこと」を思い出していたのだと伝えます。

「まだ誰にも言ってない。本人にも伝えてないことなんだ、情けなくて、かっこ悪いことなんだ。俺が彼女に求めていたこと…」

由希の頭の中には、優しく微笑む透の姿がありました。

SU_BUSU_BU

冒頭で言っていた、依鈴と由希の共通点。それは、親の愛に恵まれなかったこと。だとすると、透に求めていたのは、「親の愛」のようなものなんでしょうね。同級生に母性を感じてしまうのは、確かにちょっと恥ずかしいかもですね(笑)

『フルーツバスケット 2nd Season』第20話あらすじ・ネタバレ感想まとめ


要点まとめ
  • 子供は親を選べない、親も子供を選べない
  • ボタンの掛け間違いも笑えればそれでいい
  • 心細いのはイヤ
  • 由希が透に求めていたもの

由希の話が中心で、十二支の呪い関係が進みませんでしたね。

デレた依鈴を観たかったです(笑)

真知の掘り下げもまだですし、本当に2ndSeasonでまとまるのか心配になってきました。

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼次回第21話も続けて読む▼