『トップナイフ』全話あらすじ・ストーリーを徹底まとめ【ネタバレなし】

ドラマ『トップナイフ』の動画フル無料視聴と見逃し動画ならミルトモ!

出典:『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』公式ページ

天海祐希さんが天才脳外科医を演じるドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』。

毎週土曜日よる10時から、日本テレビ系列で放送されています。

この記事では、

  • 『トップナイフ』の◯話だけ見逃した!
  • 『トップナイフ』がどんなストーリーなのか知りたい!

という方のために、

マルコヤマモト

ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』の全話あらすじを解説します!

▼動画の無料視聴はこちら▼

『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』の予告/概要


テレビ局 日本テレビ
主なキャスト 天海祐希、椎名桔平、広瀬アリス、永山絢斗、古川雄大ほか
演出 大塚恭司
放映日時 毎週土曜日よる10時~
放映開始 2020年1月11日

▼詳しいキャスト情報はこちら▼

『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』ってどんなドラマ?

ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』のストーリー/概要

『コード・ブルー』『医龍』など数々の人気ドラマを手掛けてきた脚本家、林宏司の小説『トップナイフ』が原作。

東都総合病院の脳外科に君臨する女帝「深山瑤子」天海祐希)は、常にトップの脳外科医であるために家族を捨てたという過去がありました。

彼女自身もそのことに罪悪感を感じていますが脳外科に新人医師がやってくるということで、深山が渋々まとめ役を引き受けます。

マルコヤマモト

しかし、集まってきた3人の新人脳外科医は、天才ではあるもののクセが強く、深山を困らせることに…。

脳外科に集まる難しい症例の解決だけではなく、医師たちの天才であるからこそのプライド、葛藤や苦しみなど、登場人物が抱える心の闇も掘り下げる「医療ヒューマンドラマ」です。

『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』の全話内容・ストーリー・あらすじを紹介!

ここからは、ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』のあらすじをご紹介します!(ネタバレなし)

第1話「脳腫瘍で性格が一変!?」


東都総合病院の脳外科医、深山瑤子(天海祐希)は脳外科の新人医師3人のまとめ役に任命されます。

しかし、集まってきた黒岩(椎名桔平)、西郡(永山絢斗)、小机(広瀬アリス)は一癖も二癖もある天才たちだったのです…。

マルコヤマモト

今回の患者は脳腫瘍の手術を控えた宅間という男性。

しかし、深山は宅間の妻みどり(堀内敬子)から手術の中止を申し出られるのです…その理由は?

第2話「赤の他人が恋人に見えてしまう…」


個性的な医師たちに手を焼く深山。

ある日脳外科に牧羽ゆかり(松本若菜)という女性がが訪ねてきて「脳外科の医師に付きまとわれている…」と深山に相談をします。

マルコヤマモト

ゆかりが指を指した男性が黒岩であり、問い詰めたところ女性関係のトラブルが有ることを告白!

しかし、ゆかりが黒岩の隣を通り過ぎた時無反応を見せたため、深山は不思議に思います

そんなとき、自宅の屋上から飛び降りた主婦桑原和子(濱田マリ)が病院に運ばれてきます。

第3話「自分が死んでいると思い込んでしまう男性」


表向きは天才ですが、プライベートはガタガタな脳外科の医師たち。

突然現れた深山の実の娘と黒岩の隠し子のことを考慮し、部長の今出川はシフトを組み替えますが2人はあえて仕事を優先します。

今回の患者は生粋の東京人だったのに、くも膜下出血になった後に関西弁しか話せなくなってしまう赤坂という男性(金井勇太)です。

マルコヤマモト

また、深山に殺人容疑がかけられ刑事たちに連行されそうになります!

通報者は「深山先生のオペで殺された」と主張しているようですが…。

第4話「記憶のない女性患者」


今回脳外科に運ばれてきた患者は記憶のない女性(中尾ミエ)

女性の身元特定に手を焼く深山たちでしたが、西郡が女性との関係を告白します。

かつて心臓外科医だった女性、喜和子が脳腫瘍を発症した際の執刀医が西郡だったのです

また、幼馴染に連れ添われた60代の男性内田(綾田俊樹)を連れて脳外科を訪れます。

マルコヤマモト

なんと、内田は記憶が3分しか持たず自分を33歳だと思いこんでいるというのです!

第5話「天才ピアニストの苦悩」


タレントとしても活躍している天才ピアニスト・景浦祐樹(柿澤勇人)は突然耳が聞こえなくなり、深山の元へ頼りに来院しました。

また、元ピアノ講師で現在は職を失っている根岸麻理恵(大西礼芳)が自宅アパートの3階から転落し、病院へ運ばれてきます。自殺を試みようとしたのでした。

根岸は景浦と同じ音大出身でしたが、現在の活躍の差に「どこで差が開いたんだろう…」と自分の才能のなさに悲観しますが、西郡は「諦めたから差がついた」と諭すのでした。

景浦は聴覚よりもタレントとして生き残りたいため、顔面神経の麻痺を優先して取るように依頼。

一方の根岸は、なぜか急に作曲のアイデアが降りてくるようになり…。

マルコヤマモト

天才・景浦と凡人・根岸の才能が急に逆転しました。その真相とは…?

第6話「もう一人の自分が見える症状」


工事現場の事故の事故で切断して失ったはずの左腕が強く痛むと言う患者・原田保(笠松将)が来ました。

片頭痛と意識減損発作で受診した大澤卓司(山本浩司)は、もう一人の自分が出てくるドッペルゲンガー症状に苦しみます。

その大澤は、以前深山に脳外科医はムリだと言われ、脳外科医認定試験を受けさせてもらえずクビになった過去がありました。

深山に恨みを持っている大澤は深山に向けてメスを突き出して、二度とメスを持てない体にしようとしますが…。

マルコヤマモト

深山が大澤を認めなかった理由とは?そして患者として向き合っている大澤にどのような対応をするのでしょうか?

第7話「人の顔が区別できない女性」


お酒に酔って階段から落ちてしまったことによって、人の顔の区別がつかなくなってしまった女性がいました。

その女性・滝野祥子(原沙知絵)はエステサロンの経営者で、たくさんの方がお見舞いに来ます。

しかし、祥子は来る人々の顔が分からなくなってしまっていました。

深山は「外傷によるものなので治る可能性はある」と元気づけます。

ある日、「外に出たい」と申し出た祥子に深山が付き添っていると、足を踏み外して階段から転びそうになった祥子はとっさに自分が階段から落ちたシーンがフラッシュバックします。

マルコヤマモト

祥子が階段から落ちたのは、酔った理由などはありませんでした。その真相とは…?

第8話「自分の左腕を愛する夫」


小机が担当する患者・前川(金田明夫)は、麻痺した自分の腕を「他人の腕」と思い込んでしまい、さらに擬人化して「自分の愛する女性」と思い込んでしまう症状が出ていました。

さらに再出血する可能性が確認されたため、再手術をするために奥さんの純子(原日出子)から同意書にサインをもらう必要が出てきました。

純子は同意書にサインをすることを拒みます。

それは前川が自分の腕を愛する人と勘違いし、名前を“やまもとあつこ”と呼んでいることから起因していました。

マルコヤマモト

“やまもとあつこ”と純子は何か関係があるようです。果たして、小机は同意書にサインをもらうことができるのでしょうか?

第9話「すべてを捨ててまで救いたい女性…」


今出川部長の妻・里美(有森也実)が東都総合病院に転院して来ました。

ここで今出川は、黒岩や西郡を東都総合病院に入れたのは手術に高度な技術を必要とする妻に最高の治療をさせるためだったと打ち明けます。

さらに自分は病院を辞職し、後任に深山を立てるつもりであることも話すのでした。

深山と黒岩、西郡は3人の技術を集結させて、なんとか里美を無事に手術する方法を模索します。

そこに、解体工事中の現場で鉄筋が頭を貫通した少年・添野徹が緊急搬送され、深山と西郡が緊急オペの対応をします。

ところが助かった徹は「殺そうとしたんだよ、あいつが」と言うのでした。

マルコヤマモトマルコヤマモト

どういうことでしょう…?

第10話(最終回)「僕の母親は…宇宙人!? 」

深山、黒岩、西郡と最強メンバーで臨む今出川部長の妻への手術。

果たして、妻が無事に言語障害、腫瘍を取り除くことはできるのでしょうか?

また、手術をした添野徹には、カプグラ妄想の症状が出ていました。

徹は母親の顔を見ても何の感情も湧かず、宇宙人が母親の体を乗っ取っていると思っているようです。

マルコヤマモトマルコヤマモト

最後、今出川部長は辞めてしまうのでしょうか?

『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』あらすじ・ストーリー徹底解説:まとめ


ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』の各話あらすじをまとめました。

脳外科にはこれからどんな患者が訪れるのでしょうか?

また、深山たちのプライベートも気になります!

マルコヤマモト

個性豊かな天才脳外科医たちにチームワークは生まれるのでしょうか…?今後の展開が見逃せません!

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼あわせて読みたい!▼