『トップナイフ』第9話あらすじ・ネタバレ感想!今出川部長の妻を手術するのは?黒岩と息子の関係にも進展

『トップナイフ』第9話あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』公式ページ

今出川部長(三浦友和)の妻・里美(有森也実)を手術するには高度な技術が必要でした。

そのため、今出川部長は手術ができる脳外科医たちを東都総合病院に集めたのです。

里美の強い希望で、手術には今出川部長も執刀することになります。

深山(天海祐希)と西郡(永山絢斗)はドクターヘリで運ばれてきた少年を手術しています。

しかし、順調に回復していると思われた少年は「僕の怪我、事故じゃないんだ。殺そうとしたんだよ、あいつが」と言うのでした。

黒岩(椎名桔平)と深山の私生活にも変化が訪れます。

※ネタバレではなく、本編を無料でイッキ見したいという方はこちら!

『トップナイフ』動画フル無料視聴!天海祐希、椎名桔平など豪華キャストで描く脳外科医療ドラマを見る

『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』前回第8話のあらすじと振り返り

前川(金田明夫)は擬人化した左腕に“やまもとあつこ”と名付け、「お前と別れてこの人と一緒になる」と言います。

それを聞いた妻・純子(原日出子)は手術同意書にサインしないと言い出しました。

純子が手術に同意しないのは、前川への復讐のためでした。

手術同意書にサインをもらおうと必死に頑張る小机(広瀬アリス)。

前川夫妻の様子を気にかけている今出川部長(三浦友和)。

深山(天海祐希)と黒岩(椎名桔平)も家族のことで悩みを抱えていました。

そんな時、頭蓋底腫瘍の患者が東都総合病院に転院してくるのですが…。

『トップナイフ』第8話あらすじ・ネタバレ感想!今出川部長(三浦友和)が隠していたことが明らかに。

【ネタバレ】『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』第9話あらすじ・感想

※『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』の全出演キャスト、各話ゲスト俳優についても詳しくまとめていますので合わせてご覧ください。

『トップナイフ』出演キャスト/各話ゲスト俳優/主題歌/スタッフ・原作情報を徹底まとめ!

今出川部長(三浦友和)の決意

今出川部長(三浦友和)の妻・里美(有森也実)が東都総合病院に転院して来ました。

里美の腫瘍を取るには高度な技術が必要で、今まで誰も手術をすることができませんでした。

経過観察で様子を見ていた里美には、高次脳機能障害がで始めています。

里美は夫の顔すら分からないことがあり、攻撃的になることもありました。

今出川部長は里美にできる限りのことをしてやりたいと思い、独断で黒岩(椎名桔平)たちを呼び寄せたのです。

今出川部長は辞表を提出し、後任を深山(天海祐希)にしようと考えていました。

ミルトモライターミルトモライター

里美の手術は普通の脳外科医にはできない手術のようです。第1話で今出川部長は「あの3人は君には必要なんだよ」と深山に言っていましたが、一番必要としていたのは今出川部長だったんですね。

男はなめられちゃ終わりなんだ

黒岩は、保(嶺岸煌桜)が忘れた上履きを学校に届けに行きました。

そこで、男の子たちにいじめられている保を目撃します。

学校から出てきた保に黒岩が声をかけ、一緒にお昼を食べに行きました。

「お前さっき蹴られてたよな。ああいうことはよくあるのか?」

「たまーに」

「自分の身は自分で守れ。男はなめられちゃ終わりなんだ」

昔の黒岩も保と同じように人からなめられてきました。

だからオペの技術を身に付けたのです。

黒岩の父親は酒飲みで、母親は妹だけを連れて家を出て行ってしまいます。

高校の時、父親を亡くした黒岩は奨学金で医学部に行き、アメリカでオペを学びました。

ひどい扱いを受けても人の何十倍も努力し“世界の黒岩”と呼ばれるまでになりました。

ミルトモライターミルトモライター

黒岩にもつらい過去があったんですね。冷たそうに見える黒岩ですが、本当は誰よりも心の痛みが分かる人なのかもしれません。

今出川夫妻の関係

今出川部長は地方の病院で働いていたときに里美と知り合い結婚しました。

今出川部長が里美と結婚したのは、里美がおとなしくて文句を言わなさそうな人だったからです。

若い頃の今出川部長は、黒岩と同じように自分の腕に絶対的な自信を持ち、トップナイフを目指していました。

34年間、里美は愚痴一つ言わずに夫や2人の子供たちに尽くしてきたのです。

そんな里美が、夫である今出川部長に手術を担当して欲しいと言います。

ミルトモライターミルトモライター

今出川部長は、里美が時折見せる攻撃的な態度は、積年の恨みではないかと感じています。里美にとって結婚生活は幸せだったのでしょうか?少なくとも今の2人はお互い想い合っている気がします。

予想していなかった事態

再び黒岩の前に現れた保の母親(内田慈)は、開口一番「保、返してくれる」と言います。

「ふざけんな。言っていることが分かってるのか?」

「だってあなたの子じゃないもん、保は」

以前、黒岩が渡されたDNA検査の結果は偽物でした。

本当の検査結果では“父親の確率0%”となっています。

深山は真実(桜田ひより)と一緒にレストランに行きました。

2人で食事をしているところに片岡鶴太郎さんが挨拶しに来ました。

片岡鶴太郎さんは、深山が以前手術した患者だったのです。

自分の母親のすごさを目の当たりにした真実は「家の人とは大違いだな」と言いました。

ミルトモライターミルトモライター

黒岩は「俺そっくりだよ」と言っていましたが、保とは血のつながりがないことが分かりました。真実は家に帰らず、深山と一緒に暮らしたいと言っています。人生って思ってもみない方向に進んでしまうこともあるんですね。

血の繋がりがなくても…

黒岩は保に荷物をまとめるように言いました。

保は母親の元に帰ることになったのです。

黒岩は保の靴紐を結びながら言いました。

「この間、俺と一緒に行った店覚えてるか?俺の知り合いだって言えばタダで何でも食わせてくれるぞ。中学生になっても、高校、大学生になっても必ず行け」

さらに黒岩は続けます。

「男はなめられちゃお終いだ。やり返せ。誰とやり合っても俺がついてる」

ミルトモライターミルトモライター

保は寂しそうですが、黒岩はそれ以上に寂しそうです。黒岩が洗面台の引き出しや洗濯機から戦隊フィギュアを見つけるシーンは泣けました。保は怖いところに戦隊フィギュアを置いておくと守ってくれると言っていましたよね。血のつながりがなくても、黒岩と保は本当の親子のようです。

鉄筋が刺さった少年

ドクターヘリで運ばれてきた少年の頭には鉄筋が刺さっていました。

深山は西郡(永山絢斗)と一緒にオペ室に入りました。

右の前頭葉を貫いている鉄筋を慎重に引き抜きました。

深山たちは、鉄筋を引き抜いたと同時にあふれ出す血を止めようとしています。

手術を終えた少年は脳の損傷を最小限に済ませることができました。

目を覚ました少年に深山が声をかけると少年はうなずきました。

少年は手を握ることも話すこともできるようになってきました。

順調に回復してきた少年は「僕の怪我、事故じゃないんだ。殺そうとしたんだよ、あいつが」と言います。

ミルトモライターミルトモライター

どういうことでしょう?あいつとは誰のことでしょうか?

『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』第9話まとめ

どんな理由で結婚したにせよ、今出川部長が妻・里美を大事にしていることに変わりはありません。

黒岩と保に血の繋がりがないことが分かりましたが、2人は互いを想い合っています。

2人の関係を見て、何より大事なのは相手を思いやる気持ちだと感じました。

ドクターヘリで運ばれてきた少年は、シングルマザーの母親に殺されそうになったと言っているようですが…本当でしょうか?

女の人を愛せない来島(古川雄大)が自分の頭を指して「そういう風になってるんだよね」と言っているのも気になります。

次回の最終回はどうなるのでしょうか?楽しみです!

『トップナイフ』動画フル無料視聴!天海祐希、椎名桔平など豪華キャストで描く脳外科医療ドラマを見る

『トップナイフ』の感想/評判/口コミ/視聴率を総まとめ!

『トップナイフ』全話あらすじ・ストーリーを徹底まとめ【ネタバレなし】

※『トップナイフ』次回第10話(最終回)も続けて読みたい方はこちら

『トップナイフ』第10話(最終回)あらすじ・ネタバレ感想!深山たちは今出川部長の奥さんを無事に救えるか?