『ボイス 110緊急指令室』第9話あらすじ・ネタバレ感想!内通者は石川刑事、殺人鬼・本郷雫との繋がりとは?

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』第9話あらすじ・ネタバレ感想!

出典:MANTAN WEB

地下トンネルで崩落事故が発生します。

樋口刑事(唐沢寿明)たちは橘室長(真木よう子)の能力のおかげで、生存者たちを無事救出することができました。

今回、なぜ石川刑事(増田貴久)が内通者になったのか明らかになります。

そして、本郷雫(伊勢谷友介)が殺人鬼へと変貌する経緯も分かります。

いよいよドラマは核心に迫って来ました。

『ボイス 110緊急指令室』第9話あらすじ

本郷ホールディングスが関わる地下鉄駅拡張工事の現場でトンネル崩落事故が発生!

現場に駆けつけた樋口(唐沢寿明)は緊急指令室に救助要請を指示するが、ひかり(真木よう子)はトンネル内から漏れるガスの音に気づく。

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』第9話あらすじ①

樋口と石川(増田貴久)は爆発の危険が迫るトンネルに入り、ひかりが聞き取った音を頼りに暗闇の中で生存者を探すが、ガス漏れによる爆発が襲い……!

消防隊が消火にあたる中、樋口は開発反対派の一人から、本郷ホールディングスが絡んだ別の工事現場でも事故が起きていたという話を聞き、疑念を抱く。

そこに雫(伊勢谷友介)が現れて……。

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』第9話あらすじ②

雫の挑発に怒りを感じる樋口の隣りで、密かに雫と通じる石川は身を強張らせていた……。

本郷ホールディングスが絡む工事について調べていたECUは、ずさんな管理体制を突き止める。

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』第9話あらすじ③

そして、雫の殺人の証拠を探す樋口とひかりは、未希(菊池桃子)が残したボイスレコーダーから微かに海の音が聞こえることに気づき、雫が殺人を繰り返している場所が海のそばにある、と推測する。

ひかりは内通の疑いがある石川をチームから外した方がいいと主張するが、樋口は石川が犯人に取り込まれた理由を自分が探ると話す。

樋口は、本郷ホールディングスの下請けリストに石川の父親がかつて勤めていた会社の名前があることが気にかかっていた。

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』第9話あらすじ④

その頃、施設にいる父親を見舞った石川は、一人苦悶の表情を浮かべ……。

苦悩する石川が選ぶ道とは……!?

そして、殺人鬼・本郷雫誕生の秘密が明かされようとしていた……!
出典:『ボイス 110緊急指令室』公式ページ

『ボイス 110緊急指令室』を視聴できる動画配信サービス

『ボイス 110緊急指令室』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年9月15日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。(※他にも面白いコンテンツが豊富で、ほとんどの方がご継続されるほど満足度の高いサービスです!)

【ネタバレ】『ボイス 110緊急指令室』第9話の感想

地下トンネル崩落事故

樋口刑事(唐沢寿明)たちが要請を受けて駆け付けると、突然、爆発音が鳴り響きます。

樋口刑事たちは、トンネルの中に取り残された作業員の救出に向かいました。

橘室長(真木よう子)は樋口刑事の無線から、ガスが漏れている音を聞きます。

樋口刑事は橘室長の能力で、取り残された作業員を探すことにしました。

うめき声と微かな呼吸音を探し、樋口刑事たちに指示します。

「25m直進、右に、そこを左、そして直進。頭の上が崩れそうです」

今にも崩れそうなトンネルの中を樋口刑事たちは進みます。

「右に10m、そのまま直進。すぐ右手で崩落が」

崩落に注意しながら進む樋口刑事に橘室長が指示します。

「止まってください、そこから右に10歩、そこです」

樋口刑事たちは、がれきに埋もれている作業員たちを発見し、救出作業を開始しました。

崩落事故が起こったトンネルの工事に関わっているのは本郷ホールディングスです。

会長の辰夫(伊武雅刀)は、余計なことが外に漏れないように指示を出しました。

田所署長(小市慢太郎)は、ECUに現場から撤退するよう指示しますが、橘室長は署長の指示には従わず警察官としての責務を果たします。

ガス漏れの勢いが増していますが、まだ一人残っています。

なかなか聞き取れなかった呼吸音が聞こえました。

鉄柱に挟まれた作業員は、微かに息をしています。

樋口刑事たちは鉄柱を持ち上げて最後の作業員を救出しました。

ほぼ同時にガスが爆発しますが、樋口刑事たちは無事でした。

橘室長の能力のおかげで素早い救出が可能になったのです!

>>【14日間無料】Huluで『ボイス 110緊急指令室』を視聴する

睨み合う雫(伊勢谷友介)と樋口刑事(唐沢寿明)

その頃、雫(伊勢谷友介)は事情聴取を終えたところでした。

強行犯の刑事たちには、雫が礼儀正しい紳士にしか見えないようです。

本郷ホールディングスが過去に関わった工事には、いくつも問題が起こっていました。

樋口刑事は、本郷ホールディングスに関する資料に目を通しました。

その資料の中に書かれていた“みなと第一工業”は、石川刑事(増田貴久)の父が勤めていた会社です。

崩落現場に駆け付けた雫は、救出を終えた樋口刑事たちを拍手で出迎えました。

雫と樋口刑事は、お互い一歩も譲らない気迫で対峙しています。

「楽しみだよ。お前をどう追い込むか。」

樋口刑事の言葉に、雫も「えぇ、楽しみです。あなたをどう追い込むか。」と言います。

雫は樋口刑事から石川刑事に目を移し電話をかけます。

「上杉(手塚とおる)から例のものを譲り受けましたよ」

その電話を受けているのは、石川刑事でした。

>>【14日間無料】Huluで『ボイス 110緊急指令室』を視聴する

証拠を探す樋口刑事(唐沢寿明)

クローバーフレンズが集めていたのは若くて健康な路上生活者、いなくなっても誰も心配することのない人たちです。

樋口刑事は、その人たちは雫の殺人衝動を満足させるために集められたと考えました。

そして、長期間殺しを続けてきたのではないか?

未希(菊池桃子)は、その場所を知って訪ねてしまい殺された…。

樋口刑事は、橘室長に未希の声が録音されたボイスレコーダーに証拠が隠されていないか調べてもらうことにしました。

ボイスレコーダーから未希の声を消すと、波の音が聞こえます。

樋口刑事は、雫の過去を洗うことにしました。

>>【14日間無料】Huluで『ボイス 110緊急指令室』を視聴する

石川刑事(増田貴久)が内通者になった理由

樋口刑事は石川刑事の父に話を聞きに行きました。

石川刑事の父は3年前、自分の不注意で人を死なせてしまいます。

現場に駆け付けた石川刑事は、上杉の手下ともみ合いになるのですが、その手下がそばにあった鉄柱に刺さり、亡くなってしまったのです。

石川刑事は、父が逮捕されるのを逃れ自分の罪を隠すため、上杉の内通者になることにしました。

3年前の事件の音声データを消したのは石川刑事でした。

そして、上杉から押収した鞄から、真犯人に繋がる証拠の入ったUSBメモリを抜き取ったのも石川刑事でした。

上杉は、そのUSBメモリと引き換えに石川刑事の弱みを記録したメモリーカードを渡そうとしますが、雫に殺されメモリーカードを奪われてしまいます。

>>【14日間無料】Huluで『ボイス 110緊急指令室』を視聴する

自分の心の声を裏切るな!

全ての事情を知った樋口刑事は、道を外れてしまった石川刑事を救おうと決心しました。

石川刑事は樋口刑事に呼ばれ、行きつけの居酒屋に着きました。

樋口刑事はいつになく神妙な面持ちです。

石川刑事は気づかないふりをしてごまかしますが…。

樋口刑事は、内通者が石川刑事であることに気づいていました。

樋口刑事は「自分の心の声を裏切るな!」と言って、石川刑事に拳銃を渡します。

自分の罪を告発されたくなければ殺せと言っているようです。

背中を向けた樋口刑事に銃口を向ける石川刑事。

しかし、石川刑事は拳銃をテーブルに置いて店から出ていきました。

>>【14日間無料】Huluで『ボイス 110緊急指令室』を視聴する

雫(伊勢谷友介)の殺人衝動

雫は海の近くにある別荘に来ていました。

割れた鏡がついた扉を開けて階段を下り、倉庫のような部屋に入ります。

そこでは何人もの人間が雫によって殺されました。

雫は椅子に座って目をつぶり、殺した人たちの声を聞きます。

みんなが雫を恨んでいます。

その時、誰かの足音が聞こえました。

扉の方を向くと、幼いころの雫が驚いた顔をして立っていました。

その後ろにいるのは雫の母です。

母は、雫に恐ろしいものを見せないよう手で隠しますが、指の隙間から雫の目が見えます。

雫は、父の辰夫が男に暴力を振るっているのを目撃します。

辰夫は、椅子に縛った男を何度も殴り、刃物で脅していました。

男は縛られた縄をほどき逃げますが、辰夫ともみ合っている時に刃物が刺さってしまいます。

殺された磯丸建設の社長は、水死体で発見されます。

雫の母は夫が人を殺したと訴えますが、辰夫は薬の副作用だと言います。

その後、雫の母は自殺します。

父が人を殺すのを目撃し、11歳で母を亡くした雫は、心に深い傷を負い病んでいきました。

雫の過去を調べた樋口刑事たちは、海の近くの別荘が雫が殺人を犯している場所だと考えました。

>>【14日間無料】Huluで『ボイス 110緊急指令室』を視聴する

雫(伊勢谷友介)に捕まる石川刑事(増田貴久)

石川刑事は雫に呼び出され会いに行きました。

石川刑事は自首すると言い、雫に拳銃を向けました。

雫は石川刑事に近づき、自分の眉間に銃口に当て「早く撃たないと」と言います。

しかし、石川刑事は引き金を引くことはできません。

「人を殺すのになぜ迷うんです?」

石川刑事は、雫にやられてしまいました。

石川刑事から証拠品のUSBメモリを奪って放り投げます。

気を失った石川刑事が連れてこられた場所は…父が人を殺した場所であり、自分が多くの人たちを殺害した場所でした。

スーツ姿の雫は、凶器を手に取り石川刑事に振り下ろしました。

石川刑事からのメールを受けた樋口刑事が助けに向かいますが、間に合うのでしょうか?

>>【14日間無料】Huluで『ボイス 110緊急指令室』を視聴する

『ボイス 110緊急指令室』第9話まとめ

雫の殺人衝動の発端は父の殺人でした。

11歳の時に母を失った雫は、経済的に恵まれていても家庭環境は崩壊していたのです。

父である辰夫は、息子の罪を隠し続けました。

雫はどんなに多くの人を殺しても捕まることがなかったのです。

その雫の前に樋口彰吾と橘ひかりが現れ、自分に辿り着きました。

雫がどんな気持ちか計り知れませんが、心のどこかに自分を止めてほしいという気持ちがあったのではないかと思います。

次回は最終回です。どんな結末が待っているか見届けたいと思います。

『ボイス 110緊急指令室』をフルで見れるVOD一覧

u-next
Hulu

出典:Hulu

Huluの特徴
  1. 「海外ドラマ」好きにはもっともオススメなサービス
  2. 月額933円で、Huluオリジナル作品も楽しめる
  3. 14日間は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能

『ボイス 110緊急指令室』の他話ネタバレ記事一覧