『ボイス 110緊急指令室』第6話あらすじ・ネタバレ感想!真犯人の顔が明らかに!やはり予想通りのあの人…

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』第6話あらすじ・ネタバレ感想!

出典:MANTAN WEB

樋口刑事(唐沢寿明)が、カチカチ野郎の罠にかかり捕まってしまいます。

カチカチ野郎は、自分が樋口刑事の妻・未希(菊池桃子)を殺した真犯人だと言いますが…。

危ういところで助かった樋口刑事は、沖原刑事(木村祐一)に疑惑の目を向けます。

樋口刑事の息子・大樹(鳥越壮真)を襲った犯人を追う石川刑事(増田貴久)。

3年前の真犯人に近づく沖原刑事。

2人の刑事の身に危険が迫っています。

『ボイス 110緊急指令室』第6話あらすじ

真犯人の情報を掴んだ樋口(唐沢寿明)が襲撃され消息を絶つ。

愕然とするひかり(真木よう子)は沖原(木村祐一)を疑いつつも強行犯係の力を借りて樋口を探す。

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』第6話あらすじ①

石川(増田貴久)は樋口の携帯のGPS情報を頼りに現場へ急行。

しかし、樋口の携帯を持っていたのは思いもよらない人物で……。

その頃、廃工場に監禁された樋口は“カチカチと顎を鳴らす男”(手塚とおる)と対面していた。

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』第6話あらすじ②

自分が樋口の妻を殺したと言う男は、部下たちに樋口の殺害を命じる……!!

男の部下に囲まれた樋口は、不利な状況でも諦めずに戦い続けるが、男の側近が構えた銃が樋口を狙う。

発砲音が響く中、沖原たち強行犯係が駆けつけるが……!!

田所(小市慢太郎)から3年前の事件の勝手な再捜査について再び勧告を受けたひかりは、新田の殺人と樋口の襲撃についての被疑者の指名手配を求める。

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』第6話あらすじ③

そして沖原は捜査の動向をある人物に報告していた。

一方、大企業・本郷ホールディングス本社では、会長の本郷辰夫(伊武雅刀)による再開発地区のリゾート建設の記者会見が開かれていた。

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』第6話あらすじ④

上機嫌の本郷の元にやってきた秘書が、ある人物が指名手配されたことを告げて……。

徐々につながる点と点……。そんな中、新たな標的が狙われる!
出典:『ボイス 110緊急指令室』公式ページ

『ボイス 110緊急指令室』を視聴できる動画配信サービス

『ボイス 110緊急指令室』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年8月18日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。(※他にも面白いコンテンツが豊富で、ほとんどの方がご継続されるほど満足度の高いサービスです!)

【ネタバレ】『ボイス 110緊急指令室』第6話の感想

公務執行妨害事件発生

樋口刑事(唐沢寿明)は、車を取り囲んでいた男たちに襲われます。

携帯でその様子を聞いていた橘室長(真木よう子)は、樋口刑事の携帯の位置情報を確認しようとしますが、携帯の電源が入っていないため場所の特定ができません。

最後の基地局の位置は、C603基地局です。

樋口刑事が襲われたことを聞き、石川刑事(増田貴久)は急いで出動します。

その時、再び樋口刑事の携帯の電源が入りました。

CODE0 公務執行妨害事件発生

沖原刑事(木村祐一)も強行犯に伴い出動します。

樋口刑事の携帯は、バイクで移動している様です。

指令室から指示を受け、石川刑事たちはそのバイクを見つけました。

バイクに乗っていた男は追い詰められ、バイクを捨てて逃げ去ります。その男の顔には傷がありました。

事件発生から5分経過

その男を石川刑事が追います。

>>【14日間無料】Huluで『ボイス 110緊急指令室』を視聴する

事件発生から20分で場所を特定

樋口刑事は廃工場のような場所で、両手を縛られ吊るされていました。

妻を人質に取られていた“はやみみ”は、仕方なく犯人に協力したようです。

橘室長は、樋口刑事と電話で話していた時のことを思い出しました。

あの時、流れていた音は…ヨコハマセブン。

樋口刑事の携帯が不通になった時、ヨコハマセブン周辺を通過した車を調べましたが、ありませんでした。

近くには防犯カメラがない場所があります。  

これらの情報から、ヨコハマセブン周辺から東200m以内の場所に監禁されていると推定しました。

石川刑事と強行犯は、指令室が指定した場所に急行します。

事件発生から10分経過

樋口刑事の目の前に、顎を鳴らす男が現れました。

「お前がカチカチ野郎か!」

男は顎を鳴らしながら、3年前の第5号地区の事件の真犯人は自分だと言います。

そして、手下の男たちに樋口刑事を始末するよう言いました。

樋口刑事は傍にいる男を挑発します。

その男は怒って何度も樋口刑事を殴りますが、樋口刑事はその痛みに耐えています。

事件発生から20分経過

新田が、最後に言った言葉…それは「いおう」。男から硫黄の匂いがしたと言いたかったのでは?

橘室長の言葉を聞いた森下(石橋菜津美)は、場所は製紙工場、あるいは再生紙工場ではないかと考えました。

沖原刑事たちは、近くにある製紙工場を調べ始めます。

>>【14日間無料】Huluで『ボイス 110緊急指令室』を視聴する

『ハマの狂犬』

殴られている樋口刑事から血が流れています。

男は鎖で痛めつけようとしましたが、逆に樋口刑事にやられてしまいました。

樋口刑事は両手を縛っていた縄を切り、一緒に捕らわれた“はやみみ”の縄も切って逃がしてやります。

樋口刑事は、手下の男たちを次々に倒し、カチカチ野郎を探します。

次から次へと襲い掛かる男たちを一人でなぎ倒していく樋口刑事。さすが『ハマの狂犬』です。

ピストルを頭に突き付けられた樋口刑事の目の前に、カチカチ野郎が現れました。

手下に撃たれそうになりますが反撃します。

カチカチ野郎はナイフを取り出し、樋口刑事に襲い掛かります。

激しいバトルが続き、ピストルの銃口が樋口刑事を狙っています。

その時、沖原刑事率いる強行犯が到着し、銃で応戦します。

樋口刑事は足に傷を負いながらも助かりました。

強行犯はカチカチ野郎を追いますが、取り逃がしてしまいます。

事件発生から31分で解決

>>【14日間無料】Huluで『ボイス 110緊急指令室』を視聴する

真犯人の協力者は誰?

樋口刑事は、犯人を取り逃がした沖原刑事に向かって「星を取り逃がすのは1回なら偶然、2回なら不自然で、繰り返されたら必然だ」と言います。

樋口刑事は、明らかに沖原刑事を疑い始めています。

田所署長(小市慢太郎)は、橘室長たちが3年前の事件を調べるため、単独行動を取ったことを問題視しました。

橘室長は、樋口刑事とともに調べた証拠を提示し、新田が他殺であったことを認めさせました。

沖原刑事は誰かに電話をかけており、その相手に指示通り動けと脅されているようです。

監禁されていた時、樋口刑事はカチカチ野郎が電話でイリュージュと言っているのを聞きました。

イリュージュの防犯カメラを調べると、カチカチ野郎と思われる人物が店に入っていく姿が写っています。

その店の防犯カメラを遡って調べると、沖原刑事の姿も写っていました。

“はやみみ”の情報によると、沖原刑事がはめられたことが分かりました。

ホステスにベッド動画を撮られた沖原刑事は、カチカチ野郎の言いなりになっていたようです。

樋口刑事は、沖原刑事の机の上に置いてある家族写真を見つめました。

樋口刑事は家族を大事に思っています。その気持ちは沖原刑事も同じだろうと考えているようです。

沖原刑事は、樋口刑事に今までのことを説明し、謝罪しました。

沖原刑事がカチカチ野郎に直接会ったのは、今回が初めてでした。

しかし、電話で脅迫していたのは別の人物だと言います。

さらにその人物は、警察内部の情報を細かく知っていました。

3年前に音声データの証拠を隠滅したのは、沖原刑事ではないようです。

田所署長も真犯人と通じているようですが、3年前にはこの署にいませんでした。

真犯人と通じている本当の黒幕がこの署にいる!

3年前から署に在籍していて、怪しい人物は…。

>>【14日間無料】Huluで『ボイス 110緊急指令室』を視聴する

カチカチ野郎の正体

本郷ホールディングスは創業50年の大企業です。

本郷グループ会長の本郷辰夫(伊武雅刀)は、カチカチ野郎を息子と呼びます。

会長は、指名手配になった息子・上杉渉(手塚とおる)に逃げるよう言いました。

しかし上杉は、樋口刑事に最高の苦痛を味合わせてやろうと考えました。

石川刑事は、樋口刑事の息子・大樹(鳥越壮真)が入院している病院に来ています。

病院から樋口刑事に電話をします。

大樹は電話で「パパの友達からプレゼントをもらったんだよ」と言いました。

でも、その友達が誰だか分かりません。

樋口刑事は、謎の人物からのプレゼントを怪しみます。

>>【14日間無料】Huluで『ボイス 110緊急指令室』を視聴する

犯人を追う石川刑事(増田貴久)

面会時間が終了し、大樹は自分の病室に戻っていきました。

その後を追っていく男がいます。その男の顔には傷があります。

樋口刑事の携帯を持ってバイクに乗っていた男です。

怪しい男が部屋に入って来たのを見て、大樹は携帯でパパに助けを求めました。

男の手が大樹の首をつかみます。

間に合わない!と思ったとき、石川刑事が現れました。

石川刑事が男を引きはがします。

男はナイフを取り出しましたが、石川刑事はその男を椅子で殴ります。

物音を聞いた病院の職員が、病室のドアを開けました。

男はそのドアから逃げていきました。

石川刑事は、息子が襲われたと連絡します。

殺人未遂容疑事件発生 

事件発生から3分、樋口刑事は病院に到着しました。

そして、石川刑事に深追いするなと言います。

犯人は、背後から石川刑事を襲います。

>>【14日間無料】Huluで『ボイス 110緊急指令室』を視聴する

真犯人に近づく沖原刑事

沖原刑事は真犯人を捕まえるため、イリュージュにやって来ました。

裏口から店に入り、働いている女性に防犯カメラを見せるよう言います。

上杉は誰かに電話をしています。

電話の相手は、上杉を「兄さん」と言っています。

沖原刑事は、カチカチ野郎がイリュージュにいると連絡をします。

しかし、樋口刑事は息子の病院に向かっています。

イリュージュには、橘室長が向かうことになりました。

沖原刑事は銃を手にし、上杉がいる場所へと向かい上杉を見つけますが、その背後から別の男が現れます。

沖原刑事は拘束され、椅子に固定されてしまいました。

そこにはフードを被った男もいます。

「知ってますか?人間が何でできているのか」と言いナイフを手に取ります。

ナイフで切りつけるのか?と思いきや、自分の手を切り、血を流しながら顎を鳴らし「苦痛さ」と言います。

この人、カチカチ野郎以上に怖いです。顔が露わになりました。

その顔は、3年前の事件の真犯人に間違いないようです。

3年前の凶器を手にし、沖原刑事に殴りかかります。

>>【14日間無料】Huluで『ボイス 110緊急指令室』を視聴する

『ボイス 110緊急指令室』第6話まとめ

今回はアクションシーンが満載でした。

樋口刑事のみならず、石川刑事の見せ場もあります。

沖原刑事は脅迫され、カチカチ野郎の指示に従っていたことが分かりました。

真犯人ですが…やはり演じているのは伊勢谷友介さんでした。

樋口刑事を襲ったカチカチ野郎とは義理の兄弟のようです。

だから同じように顎を鳴らすことができたんですね。

でも、証拠を隠滅した黒幕とは誰なのでしょうか?

署長以上の地位の人と思うのですが…。

『ボイス 110緊急指令室』をフルで見れるVOD一覧

u-next
Hulu

出典:Hulu

Huluの特徴
  1. 「海外ドラマ」好きにはもっともオススメなサービス
  2. 月額933円で、Huluオリジナル作品も楽しめる
  3. 14日間は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能

『ボイス 110緊急指令室』の他話ネタバレ記事一覧