『ボイス 110緊急指令室』第5話あらすじ・ネタバレ感想!虐待するソニンの怪演が怖すぎるとネットで話題に。

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』第5話あらすじ・ネタバレ感想!

出典:MANTAN WEB

3年前の事件と相良(平原テツ)と新田(森永悠希)を殺した犯人は同じなのではないか?

橘室長(真木よう子)は、真犯人の協力者が強行犯の中にいると言います。

樋口刑事(唐沢寿明)は、ネタ元を使って顎を鳴らす男を探し始めました。

そこに傷害事件が発生します。通報者は6歳の男の子です。

電話越しから聞こえるカラカラという音。

この音は何?早く場所を突き止めないと…男の子が危ない!

『ボイス 110緊急指令室』第5話あらすじ

3年前の事件の真犯人が新田(森永悠希)を殺したと考えるひかり(真木よう子)は、警察内の協力者として沖原(木村祐一)を疑う。

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』第5話あらすじ①

現場で証拠を探す樋口(唐沢寿明)とひかりは真犯人のある特徴を突き止めるが……。

そんな中、ECUでは新しく加わった栞(石橋菜津美)が、6歳の子供・歩(正垣湊都)から、母親(ソニン)に刺されて洗濯機の中に隠れていると通報を受ける!!

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』第5話あらすじ②

ひかりは事件の異常性を察知し、樋口と石川(増田貴久)に出動を指示。

しかし、歩は母親の名前も知らないばかりか、部屋から出たことがないので住所もわからないと話す。

電話口から歩を探し回る狂気に満ちた母親の声が漏れ聞こえてくる中、歩の生死を分けるクライシスタイムが始まる……!!

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』第5話あらすじ③

樋口と石川は、歩が見た窓からの景色とGPS情報を頼りに特定した団地に駆けつけるが、目の前には歩の部屋を突き止めるのは不可能なほど巨大な団地群が広がっていた……。

さらに歩を励まし続けるひかりだったが、その断片的な情報から次第に事件のおぞましい全貌が見えてくる…。

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』第5話あらすじ④

そして、通報から10分が経過。緊急指令室に歩の悲鳴が響く……!!

被害者の絶体絶命の危機にECUのチーム能力が試される!

さらに、3年前の事件の核心に迫る樋口に、黒い影が忍び寄っていた……。
出典:『ボイス 110緊急指令室』公式ページ

『ボイス 110緊急指令室』を視聴できる動画配信サービス

『ボイス 110緊急指令室』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年8月12日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。(※他にも面白いコンテンツが豊富で、ほとんどの方がご継続されるほど満足度の高いサービスです!)

【ネタバレ】『ボイス 110緊急指令室』第5話の感想

他殺の証拠

橘室長(真木よう子)は、新田(森永悠希)の死を他殺だと主張しますが、強行犯は自殺で処理しようとします。

新田のサイトには『警察に逮捕されたら自殺します』と書き込みがありました。

橘室長と強行犯の沖原刑事(木村祐一)が言い争っているところに、樋口刑事(唐沢寿明)がやって来ます。

橘室長は、「新田は3年前の事件の目撃者なんです。だから殺されたんです。」と伝え、そして強行犯に協力者がいると言います。

室長は沖原刑事を疑っているようです。樋口刑事と沖原刑事は同期でした。

樋口刑事は、自分の目で確かめるまで信じないと言い、他殺の証拠を探し始めます。

近くに防犯カメラはありません。

犯人がトイレの窓から出たとして…何か痕跡がないか?

後ろを振り向くと建物があり、その窓にトイレの窓が写っていました。

その建物の前には車が駐車しています。車のドライブレコーダーに何か写っているかもしれない!

ドライブレコーダーを確認すると、犯人が写っていました。

その犯人は、フードを被り足を引きずっています。

樋口刑事は、裏ネタを探らせたらピカイチのネタ元“はやみみ”に真犯人の情報を探らせました。

>>【14日間無料】Huluで『ボイス 110緊急指令室』を視聴する

刃物使用の傷害容疑事件発生

落合副室長(安井順平)が、森下栞(石橋菜津美)を連れてECU指令室に入って来ました。

今日から栞もECUのメンバーになりました。

ところが、ゆっくり話す暇もなく通報が。

母親に刺されたと、男の子から非通知の電話が来ました。

栞は橘室長に電話を回します。いたずら電話ではないようです。

「刃物使用の傷害容疑事件発生、ECU緊急出動班は出動せよ」

樋口刑事と石川刑事(増田貴久)は現場に急行します。

橘室長は男の子に話しかけます。

橘室長「ママは今、何処にいるのかな?」

男の子「僕のこと探してます」

橘室長「僕は今、どこにいるの?」

男の子「洗濯機の中です」

母親(ソニン)は部屋から出て行きました。

男の子の年齢は6歳、名前は歩(正垣湊都)。

でも、ママの名前は分からないと言います。

少し前にこの家に連れてこられ、家から出たことのない歩には、住所が分かりません。

家の窓から、ピンク色の同じ窓がいくつも見えたと言います。

GPSの情報と歩からの情報で割り出した場所は港中央団地。

>>【14日間無料】Huluで『ボイス 110緊急指令室』を視聴する

歩(正垣湊都)のいる部屋はどこ?

歩は、お腹を刺されていました。

橘室長は、歩に血が出ている場所を手のひらで押さえるよう言います。

携帯の契約者を割り出すには、時間がかかりそうです。

母親が部屋に戻って来て、電話で誰かと話しています。

「ずっとそこに隠れていて」と橘室長は言いました。

事件発生から3分経過

樋口刑事たちは団地に着きました。

周りを見回しますが、部屋がたくさんあります。どこの部屋なのか?

歩は以前、この部屋にいたお兄ちゃんもお姉ちゃんも海に行ったきり帰ってこなかったと言いました。

樋口刑事たちは管理人室に行き、心当たりのある人を聞き出しました。

そして、A棟303号室から毎日男の子が泣いている声がするという情報を得ました。

樋口刑事たちはA棟303号室に急いで向かいます。

歩は、パパが来るとカラカラって音がすると言います。

電話越しにカラカラという音と足音が聞こえました。

事件発生から5分経過

歩は携帯を落としてしまいます。母親がその音に気づきました。

303号室に住んでいるのは、母親と8歳の息子です。

歩は6歳と言っていましたが…。

事件発生から7分経過

橘室長は電話越しから聞こえる音に耳を澄ませます。

カラカラと陶器がぶつかるような音と、犬の鳴き声が聞こえます。

歩の母親は、洗濯機に近づきますが気がつきません。

歩はホッとしますが、母親は洗濯機のホースから血が流れていることに気づきました。

樋口刑事たちは303号室のドアを開けて中に入りました。

部屋では、物差しを持った母親が男の子を怒っていました。

男の子は鼻血が出ていましたが、それ以外の外傷は無いようです。

この部屋ではない!

洗濯機を覗く母親「みーつけた」

電話口では「ママごめんなさい」と叫ぶ声が聞こえました。

事件発生から10分経過

耳を澄ますと、陶器がぶつかる音が消えたり鳴ったりしています。

この音は陶器の風鈴の音。

近くで、犬の鳴き声も聞こえます。

団地はペット禁止ですが、505号室から犬の声がうるさいとの通報があったようです。

歩のいる部屋はその近くと思われます。

そして風鈴のある部屋。

>>【14日間無料】Huluで『ボイス 110緊急指令室』を視聴する

本当の容疑者

橘室長は電話口から母親に話しかけます。

「あなたの声は、怯えて不安そうで苦しそう。あなたも同じような経験が?」

橘室長は、「これからのことは変えられるんです」と言い、母親を思いとどまらせようと説得しています。

母親は歩の傷口に手を当てて押さえました。

そこに誰かが入ってきて電話が切れてしまいます。

風鈴のある502号室に樋口刑事たちが駆け付けました。

しかし、母親しかいません。誰かが部屋に来て、歩を連れ去ったようです。

ECU指令室では、夫を容疑者として手配することにしました。

容疑者は、身長175cmくらい、体格中肉、39才。

電話越しに聞こえた足音は、歩幅が狭かった。

背も低く、年齢も60歳前後の足音のようでした。

歩の母親は、養父から虐待を受けていました。

養父の年齢は58才。

「あなたを虐待した父親が近くに住んでいるんですね?」

橘室長は母親に話を聞きました。

>>【14日間無料】Huluで『ボイス 110緊急指令室』を視聴する

事件発生から30分で解決

樋口刑事は管理人室に向かいました。

管理人は、手に持っていた503号室の鍵を机に置き、樋口刑事に麦茶を勧めます。

そして、地下なら子供を隠せるかもしれないと言い、その場所まで案内しました。

地下に連れていかれた樋口刑事は、急に倒れてしまいます。

樋口刑事に差し出した麦茶に何か入っていたようです。

管理人は事件を自白し始めます。

そして、注射器を取り出し樋口刑事に注射しようとしました。

絶体絶命の樋口刑事!と思いましたが…携帯を持って立ち上がります。

携帯で、管理人の話を録音していたのです。

管理人の様子を怪しんだ樋口刑事は、麦茶を途中で吐き出していました。

そして、倒れたフリをして犯人を油断させたのです。

歩がいる場所にも目星をつけていました。

歩は、503号室にいるのを保護されました。

樋口刑事は「お前は死ぬまで刑務所暮らしだ」と言い、管理人を捕まえました。

保護された歩は、橘室長に「助けてくれてありがとう」と言いました。

>>【14日間無料】Huluで『ボイス 110緊急指令室』を視聴する

ネタ元“はやみみ”の裏切り?

橘室長は田所署長(小市慢太郎)に呼ばれ、3年前の事件の再捜査のためにECUを立ち上げたと分かったら、即座に廃止すると言われます。

樋口刑事はネタ元の“はやみみ”から連絡を受けました。

顎を鳴らす男の身元が分かったようです。

その様子を車の中から見ていた沖原刑事は、「いずれ樋口は真犯人にたどり着きますよ」と連絡しています。

連絡をしている相手は田所署長のようです。

さらに署長は、誰かに電話をしました。

もしかして組織ぐるみの隠ぺい?真犯人はかなりの大物らしいです。

“はやみみ”から聞いたカチカチ野郎は、裏の世界では名の知れた人物のようです。

“はやみみ”は、車に樋口刑事を乗せて、人気のない場所に連れてきました。

そして、情報を提供したカチカチ野郎の元社員を捜しに行きます。

車に残った樋口刑事は、橘室長に連絡をしました。

室長は、電話越しに聞こえる音に異変を感じます。

樋口刑事が顔を上げると、たくさんの男たちが車を取り囲んでいました。

樋口刑事は、車を取り囲む男たちと争いますが、頭を殴られ倒れてしまいます。

>>【14日間無料】Huluで『ボイス 110緊急指令室』を視聴する

『ボイス 110緊急指令室』第5話まとめ

母親から虐待されていた男の子は、無事助かりました。

その母親も養父から虐待を受けていました。

助かった男の子は、「ママを助けてあげてください」と言います。

母親が苦しんでいたのを知っていたのかもしれませんね。

3年前の事件は、警察内部の人間が絡んでいる気配です。

沖原刑事、田所署長そしてさらに上の人物も…。

予告では、捕まった樋口刑事が妻の未希を殺した犯人と対面するようですが…。

沖原刑事は、樋口刑事を無事救出してくれるのでしょうか?

どうなるか、来週も楽しみです。

『ボイス 110緊急指令室』をフルで見れるVOD一覧

u-next
Hulu

出典:Hulu

Huluの特徴
  1. 「海外ドラマ」好きにはもっともオススメなサービス
  2. 月額933円で、Huluオリジナル作品も楽しめる
  3. 14日間は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能

『ボイス 110緊急指令室』の他話ネタバレ記事一覧