『ボイス 110緊急指令室』第10話(最終回)あらすじ・ネタバレ感想!樋口、橘vs雫の最終決戦。結末は?

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』第10話(最終回)あらすじ・ネタバレ感想!

出典:Real Sound

前回第9話で、石川刑事(増田貴久)が雫(伊勢谷友介)に捕まりました。

救出に向かった樋口刑事(唐沢寿明)は、瀕死の石川刑事を見つけます。

さらに雫は、橘室長(真木よう子)を襲い樋口刑事を挑発します。

雫は、樋口刑事を自分と同じ人殺しにしようとしているのです。

警察に捕まった雫は、どんな最後を迎えるのでしょうか?最終回の結末を見ていきましょう。

『ボイス 110緊急指令室』第10話(最終回)あらすじ

雫(伊勢谷友介)の別荘に急行した樋口(唐沢寿明)は、雫の車と血痕を見つけ、消息の途絶えた石川(増田貴久)が中にいると確信。

室内に人気は無いものの、現場音を聞いたひかり(真木よう子)が地下室の存在に気付き、向かう樋口。

すると、そこで樋口を待っていたのは血まみれで倒れている石川だった…。

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』第10話(最終回)あらすじ①

怒りに震える樋口に奇襲を仕掛ける雫!

樋口と雫の激しい銃撃戦が繰り広げられる!

激闘の末、駆けつけた強行犯係によって取り押さえられた雫は、怒りの治まらない樋口を楽しげに挑発して…。

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』第10話(最終回)あらすじ②

現場の樋口に合流したひかりは「怪物を作るのは人」だと話し、歪んだ父子関係によって殺人鬼となった雫の心中を想像する。

そんな中、雫の容態が急変し意識不明だと無線が入りー。

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』第10話(最終回)あらすじ②

不審に思った二人は病院へ向かうが、処置中に雫が服毒自殺を図って死亡したと告げられる……!!

周到な筋書きに疑念を抱く二人は、雫を乗せたストレッチャーが地下駐車場から運び出されたことに気づくが……!

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』第10話(最終回)あらすじ④

最後まで目が離せないスリルと衝撃の最終回!
出典:『ボイス 110緊急指令室』公式ページ

『ボイス 110緊急指令室』を視聴できる動画配信サービス

『ボイス 110緊急指令室』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年9月22日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。(※他にも面白いコンテンツが豊富で、ほとんどの方がご継続されるほど満足度の高いサービスです!)

【ネタバレ】『ボイス 110緊急指令室』第10話(最終回)の感想

雫(伊勢谷友介)の殺人現場

樋口刑事(唐沢寿明)は海の近くの別荘に向かいました。

別荘の前には車が止まっていますが、明かりはついていません。

車の近くには血の跡があり、それは別荘へと続いています。

石川刑事(増田貴久)が連れてこられた場所は、ここで間違いないようです。

その頃、石川刑事は雫(伊勢谷友介)に捕まり暴行を受けていました。

CODE0 監禁及び傷害容疑事件発生

強行犯係も現場に向かいます。

樋口刑事は、ドアの電源ケーブルを切って別荘の中に入ります。

階段を上がり部屋を確認していきますが、何も発見できません。

橘室長(真木よう子)は、樋口刑事の無線から聞こえる音に耳を澄ませ「微かに音が聞こえます。下からです。」と言います。

別荘には地下室があり、バーカウンターの脇に階段があるようです。

そこには鏡がありましたが、樋口刑事はそこが地下への入り口であることに気づきます。

石川刑事は凶器で殴られ意識を失っていました。

雫は防犯カメラで樋口刑事の様子を見ています。

突然、電気が消え樋口刑事の無線が通じなくなりました。さらにドアが施錠されます。

樋口刑事は拳銃の弾を確認し、地下への階段を降りていきました。

明かりのついた部屋の前には血の跡があります。

そこに倒れた石川刑事を発見し、樋口刑事は急いで駆け付けました。

声を掛けても動かない石川刑事に「死ぬな!」と言います。

その時、ライフルを構えた雫が発砲し「その顔が見たかった」と言いました。

雫は、樋口刑事の苦しむ顔が見たかったのです。

雫が電気の遮断機を下ろすと、無線が通じるようになりました。

3年前、海の近くの別荘に辿り着いた未希(菊池桃子)は、そこにいた雫に声を掛けます。

「人を探しているんです」

未希は、その人の消息が途絶える直前、この辺りにいたと言います。

雫の殺人現場を見つけてしまった未希は、雫の新たなターゲットとなり殺されてしまいました。

>>【14日間無料】Huluで『ボイス 110緊急指令室』を視聴する

樋口刑事(唐沢寿明)と雫(伊勢谷友介)の対決

雫と樋口刑事は撃ち合いになります。

樋口刑事がスプリンクラーを撃つと、水が噴出しました。

2人は銃を捨て、お互い掴みかかります。

雫は「私は、私の心の声に正直に生きている。あなたと私は同じだ。」と言います。

2人は激しく殴り合います。ライフルを手にした雫と拳銃を手にした樋口刑事。

2人は同時に弾を撃ちますが、樋口刑事の撃った弾が雫の肩に命中しました。

「手をあげろ!」

強行犯係が到着しました。雫は、樋口刑事を挑発するように笑います。

目の前には最愛の妻を殺した犯人がいるのです。

樋口刑事は銃口を向けたまま雫を睨みつけ、唸り声を上げました。

橘室長が止めるのも聞かずに引き金を引きますが、弾は入っていませんでした。

22分19秒09で事件解決

>>【14日間無料】Huluで『ボイス 110緊急指令室』を視聴する

お前の罪は私の罪

瀕死の石川刑事は救急車で運ばれました。

怪我をした雫も救急車で運ばれ、辰夫(伊武雅刀)の息のかかった病院に搬送されました。

雫は、その病院で自殺したように偽装し、逃げ出すことに成功します。

雫が逃れた場所には、父である辰夫が待っていました。

辰夫は、雫に韓国行きのチケットと旅券、そしてお金を渡します。

しかし雫は、父の指示には従いたくないようです。

「僕を今の僕にしたのは誰?今まで僕がやって来たこと、黙って見てたじゃないか。」

雫は父である辰夫を責めます。

「嬉しそうだった。あの日、父さんが人を殺したとき。」

雫はそう言って笑いますが、泣いているように見えます。

その言葉を聞いた辰夫は、呆然としながら去っていきます。

辰夫は「お前の罪は私の罪だ」と雫に言いましたが…。

息子の罪を黙認し続けた辰夫は、雫をどう思っていたのでしょうか?

辰夫は昔のフォトアルバムを開き、幸せそうに笑っている雫を見つめました。

>>【14日間無料】Huluで『ボイス 110緊急指令室』を視聴する

戻ってきた雫(伊勢谷友介)

取り逃がしてしまった雫を捕まえるため、強行犯係は港に向かいます。

雫は国外に逃げるだろうと考えたのです。

一方、樋口刑事は「奴は本当に逃げたいと思っているのか?」と考えていました。

樋口刑事は車から降り、拳銃の弾を確認しました。

その頃、橘室長は署長室に行きますが、そこにいたのは雫でした。

雫から通報です。     

「急いでください。これから私は橘ひかりを殺します。」

雫は、橘室長に拳銃を突き付けながら指令室に入り、室員たちを部屋から追い出しました。

橘室長は、手に凶器を持った雫に話しかけます。

「あなたにも愛する人がいたら、全力で受け止めてくれる人がいたら、あなたは悲しい人よ、孤独なのよ。私ならあなたが抱えてきた苦しみを聞くことができる。」

雫は黙って聞いていましたが、通報から3分経過したのを確認すると、顎を鳴らして凶器を振り下ろそうとします。

しかし、橘室長に恐怖はなく、むしろ雫を憐れむように見つめていました。

雫は戸惑いますが、再び凶器を振り下ろそうとしたその時、拳銃の音が鳴り響きました。

>>【14日間無料】Huluで『ボイス 110緊急指令室』を視聴する

最後の対決

雫に向かって発砲したのは樋口刑事でした。

樋口刑事は、警察署の前で雫が来るのを待っていました。

雫がどんな行動を取るか分かっていたのです。

樋口刑事は、雫を拳銃で撃ち続けます。

「面白い。これでいい。撃ち殺せ。」

雫は樋口刑事を挑発し、自分と同じ人殺しにしようとしていました。

樋口刑事は雫の額に銃口を押し付けますが、その銃を下ろし雫の凶器を手に取ります。

樋口刑事はその凶器を振り下ろしますが、雫には当たりませんでした。

狂った雫を残酷に殺せる方法は…遊び相手のいない平凡な日常を生きること。

それが樋口刑事の出した答えでした。

樋口刑事に撃たれた雫は逮捕され、父である辰夫は失踪してしまいます。

>>【14日間無料】Huluで『ボイス 110緊急指令室』を視聴する

新たな出発

仕事を終えた樋口刑事は、息子の大樹(鳥越壮真)が入院している病院に向かいました。

「パパ、約束果たしたぞ」

寝ている大樹に悪い奴を捕まえたと報告しました。

橘室長も事件現場に花を手向け、亡くなった父に報告しています。

そばには樋口刑事もいました。

「待たせたな未希」と言って花を置きました。

石川刑事の意識はまだ戻っていませんが、微かに指が動いています。

暫定運用だったECUは、3ヶ月の試用期間を経て正式運用になりました。

その後…車に乗り込もうとする雫がナイフで刺されました。刺したのは父・辰夫です。

背中と胸を刺された雫は倒れ、多量の血を流しています。

「地獄で会おう」

辰夫はそう言って、ナイフで自分を刺しました。

2人は供に血を流しながら倒れ、目を閉じました。

その様子を携帯で見ていた男が、不気味に笑います。

CODE0 みなとメモリアルパークにて女性拉致事件発生

通報を受けたECUは、女性を助けるため出動しました。

>>【14日間無料】Huluで『ボイス 110緊急指令室』を視聴する

『ボイス 110緊急指令室』第10話(最終回)まとめ

11歳の時、父が人を殺すのを目撃し、母を自殺で失った雫はその内に芽生えた殺人衝動を抑えることなく人を殺してきました。

辰夫が雫の罪を黙認し続けたのは、自分の罪を隠すためだったのでしょうか?

辰夫が自分が犯した罪と向き合い、雫を止めていればこんなに多くの人間が犠牲になることはなかったと思います。

父である辰夫が、雫をナイフで刺してしまうシーンは衝撃的でした。

狂ってしまった雫と辰夫の関係を思うと、心が重くなります。

このドラマのせめてもの救いは、樋口刑事たちが前を向いて歩き始めたことです。

『ボイス 110緊急指令室』事件から1ヶ月後のオリジナルストーリー


動画配信サービスHuluでは、衝撃の最終回から“1ヶ月後の物語”を描いたオリジナルストーリーが配信されています。

『ボイス 110緊急指令室』をフルで見れるVOD一覧

u-next
Hulu

出典:Hulu

Huluの特徴
  1. 「海外ドラマ」好きにはもっともオススメなサービス
  2. 月額933円で、Huluオリジナル作品も楽しめる
  3. 14日間は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能

『ボイス 110緊急指令室』の他話ネタバレ記事一覧