『テセウスの船』に原作はある?各全話あらすじ/ストーリーも徹底解説【ネタバレなし】

ドラマ『テセウスの船』あらすじ

出典:『テセウスの船』公式ページ

YUKI

皆さんこんにちは!ミルトモライターのYUKIです!

「泣ける本格ミステリー」として注目が集まっているドラマ『テセウスの船』。

ミルトモでは『テセウスの船』を1話ずつ詳しくレビューしていきますが、この記事では、

  • 「今まで放送された全話のあらすじをイッキに知りたい!
  • 「〇話の簡単なあらすじだけ教えて!」
  • 「そもそも『テセウスの船』ってどんなドラマ?原作はある?」

そんな疑問をズバッと解決していきたいと思います!

▼動画の無料視聴はこちら▼

『テセウスの船』の概要

テレビ局 TBS
主要キャスト 竹内涼真
鈴木亮平
榮倉奈々
上野樹里
安藤政信
貫地谷しほり
芦名星
竜星涼
せいや(霜降り明星)
ユースケ・サンタマリア
原作 東元俊哉『テセウスの船』
監督 石井康晴
脚本 高橋麻紀
放送時間 毎週日曜 夜9:00~
放送スタート 2020年1月19日(日)~

▼あわせて読みたい!▼

『テセウスの船』ってどんなドラマ?


『テセウスの船』のストーリー/概要

物語の主人公・田村心(竹内涼真)は、生まれた時から“殺人犯の息子”というレッテルを貼られ、肩身の狭い思いをしながら大人に成長していきます。

というのも、心の父・佐野文吾(鈴木亮平)は平成元年の1989年に殺人を犯したとして逮捕され、死刑が確定しているのです。

ある時、文吾の殺人事件が起きた北海道音臼村へ訪れた心は、31年前の平成元年にタイムスリップしてしまい、そこで31年前の家族と対面することになります。

心がそこで出会った家族は、愛と笑顔の絶えない幸せな家族そのもので…。

「父は本当に殺人犯なのか!?」

という疑念を抑えることができません。

YUKI

家族の未来を変えるため、心は文吾の無罪を信じて、真相を解明しようと立ち上がるのです!

『テセウスの船』の原作は?

ドラマ『テセウスの船』は、東元俊哉さんの同名コミックが原作となっています。

2017年からモーニングで連載がスタートし、2019年に全10巻で完結しています。

完結からドラマ化まで約半年ですね。

YUKI

考察モノ好きの方に評価が高い作品なようで、私コレ絶対好きです!

一度読みだすとハマってしまってイッキ見確定!のドロ沼コミックなようですね~。

YUKI

私はまだ未読なんですが…非常に悩ましいところです。メチャクチャ読みたい!でも完結しているので、完全にドラマのネタバレになってしまうぅ~!

▼あわせて読みたい!▼

『テセウスの船』全話内容・ストーリー・あらすじ/人物相関図を徹底解説!

『テセウスの船』相関図

まずは、しっかりと抑えておきたい登場人物を相関図でご紹介します!

テセウスの船』は現代の2020年と、タイムスリップした後の1989年の登場人物と、2つの時代に別れた登場人物が存在します。

令和と平成の時代両方に登場するのが、主人公・田村心(竹内涼真)です。

▼詳しいキャスト情報はこちら▼

『テセウスの船』全話あらすじ/ストーリー【ネタバレなし】

それではここから『テセウスの船』の各話のあらすじをネタバレなしでご紹介していきます!

第1話あらすじ「令和から平成へタイムスリップ!そこで心(竹内涼真)が見たものは!?」

生まれた時から【殺人犯の息子】というレッテルを貼られ、笑うことすらはばかられる人生を歩んできた田村心(竹内涼真)。

獄中から今もなお冤罪を訴え続ける父・佐野文吾(鈴木亮平)。

文吾を「信じたい」という妻・由紀(上野樹里)の言葉で、生まれて初めて文吾と会うことを決意した心は、文吾に会う前に、事件現場となった旧音臼村を訪れます。

そこで急な吹雪に見舞われた心は、なぜか平成の事件が起こる前にタイムスリップしてしまいます…!

「本当に父は殺人犯なのか?」心は、由紀の集めた音臼村で起こった事件のスクラップを頼りに、村で起こる様々な事件・事故を回避しようと奔走しはじめますが…!

放送日:2020年1月19日

第2話あらすじ「真犯人あらわる」

文吾に「未来から来た」と打ち明けた心は、文吾とバディを組んで、これから村で起こる事件や事故を防いでいくことに。

その頃音臼小学校では、ウサギ小屋のウサギが立て続けに死んでいる事件が起こっていました。

小学校の教師になった心は、長谷川翼が小学校に出入りしているのを発見し、子供たちに「他人からお菓子を貰ってはいけない」と注意しますが、このことがキッカケで、子供たち、そして翼から目の敵にされ、孤立してしまいます。

田中家で起こるはずの火事を止めるため、文吾と田中家へ向かった心でしたが、田中家で不気味な2枚の絵を発見します。

直後、鈴と明音ちゃんが失踪したという知らせが入り、2人の捜索を開始する心と文吾でしたが…。

放送日:2020年1月26日

第3話あらすじ「決死の告白!殺人犯になる父へー」

明音ちゃんを無事に発見した心は、尾行していた金丸刑事によって逮捕

罪を認めず釈放された心でしたが、佐野家には嫌がらせの電話がひっきりなしにかかっていることや、鈴や慎吾が学校で虐めを受けていることを知り胸を痛める心。

そんな中、交番に心が捨てたはずの免許証が黒く塗りつぶされた状態で届きます。

一緒に捨てた由紀が心に遺したノートを探すも見つからず、その直後から心の周りで真犯人と思われる人物が怪しく動き始めます。

「ノートが真犯人の手に渡ってしまったのかも」そう考えた心は、文吾にこれまでひた隠しにしてきた秘密を打ち明ける決心をするのですが…。

放送日:2020年2月2日

第4話あらすじ「変わり果てた最悪の未来」

平成時代の文吾に全てを打ち明けたとたん、令和時代に戻ってきてしまった心。

心が平成時代に現れたことで未来は変わり、和子と慎吾は心中を図り亡くなっていたのでした。

変わらず死刑囚として収監されている文吾のもとへ訪れた心は、この最悪の未来でも変わらず文吾の冤罪を晴らそうと誓います。

名前も顔も変え、結婚して新しい人生を手に入れていた鈴の夫と姑は驚くべき人物でした。

さらに驚愕の再会が心には待っていて…!?

放送日:2020年2月9日

第5話あらすじ「無罪の証言者あらわる!」

『音臼小被害者の集い』で由紀(上野樹里)が証言者を募ってから数日後、文吾(鈴木亮平)の弁護士のもとに、「文吾が冤罪だという証言がしたい」という手紙が届きます。

松尾と名乗るその人物にアポを取り、文吾に報告をしに行く心(竹内涼真)でしたが、「家族に反対された」と松尾さんは一転、「証言はしない」と言い出します。

何とか松尾さんに思い直してもらおうと、自宅まで行き直談判を試みますが…。

一方、木村さつき(麻生祐未)は息子・みきお(安藤政信)の嫁の藍(貫地谷しほり)が「佐野鈴」であると確信。

文吾に有利となる証言をさせないため、鈴を操り動き始めます。

放送日:2020年2月16日

第6話あらすじ「真犯人からの挑戦状」

毒入りいも羊羹を食べ入院中のさつき(麻生祐未)が「鈴(貫地谷しほり)からいも羊羹を食べさせられた」とウソの証言をしたことで、鈴が紀子(芦名星)殺害の容疑者となってしまいます。

鈴はこれまでさつきから脅されていたことを心(竹内涼真)に打ち明け、これまでの数々の妨害工作からさつき犯人説が浮上した矢先、病室でオレンジジュースを飲んださつきが死亡しているのが発見されます!

さつきの病室に出入りしていた不信人物の特徴は、小柄で小太りの眼鏡の男性。

この人物を探すため、さつきの手帳を頼りに元音臼村の住民に聞き込みを開始する心と由紀(上野樹里)ですが…。

放送日:2020年2月23日

第7話あらすじ「新章スタート!運命の事件当日」

病院で目覚めた心(竹内涼真)。

事件が起こる2日前の平成時代に再びタイムスリップしていたのでした。

文吾(鈴木亮平)に音臼小事件の犯人は加藤みきお(柴崎楓雅)であると伝えますが、みきおは数日前に祖母が亡くなり、隣町の施設へ引っ越していったそう。

しかし「知り合いの家に行く」と言って、その施設も出て行ってしまったみきお。

みきおから電話があったという同級生は、「お楽しみ会には行く。皆にすごいお土産を持っていく」と言っていたと話します。

みきおの自宅やさつき先生(麻生祐未)の自宅…村中を探し回る心と文吾は事件の前にみきおを見つけることができるのでしょうか!?

放送日:2020年3月1日

第8話あらすじ「事件を止めろ!黒幕出現!?」

いよいよ音臼小でのお楽しみ会当日の日。

みきお(柴崎楓雅)は意外にも、心(竹内涼真)と文吾(鈴木亮平)の前にあっさりと姿を現したため、お楽しみ会の最中ずっとみきおを監視することに。

同級生にジュースを飲ませようとしたり、はっと汁の周りをうろついたり不信な行動をするみきおでしたが、何も起きないままお楽しみ会は終了します。

しかしお楽しみ会の裏では、村から出たはずの和子(榮倉奈々)と鈴(白鳥玉季)と慎吾が、何者かに拉致される事件が発生し…。

放送日:2020年3月8日

第9話あらすじ「真犯人の最終計画始動!姿を消した父」

文吾(鈴木亮平)を追いかけ仙南キャンプ場へやってきた心(竹内涼真)は、パトカーの中で倒れているみきお(柴崎楓雅)を発見します。

そこに「喧嘩の通報があった」と警察が現れ、現場の状況から文吾は指名手配に!

一方、犯人から捕らえられている文吾は、目隠しをされどこかの部屋へ監禁されていたのでした。

文吾の居場所の手がかりを追い求め走り回る心のもとには、あるモノが戻ってきて…!

放送日:2020年3月15日

第10話(最終回)あらすじ「過去を変えろ!黒幕との最後の対決」

一連の犯行の容疑者として逮捕されてしまった文吾(鈴木亮平)に、差出人不明で本の差し入れが。

その本を手に取った文吾は、それ以降なぜか「自分が犯人である」と自白を始めます。

黒幕の手がかりを得るため、入院中のみきおの(柴崎楓雅)もとへ向かった心(竹内涼真)ですが、みきおは心へメッセージを残し失踪してしまっていて…!

いよいよ最終回!

心は黒幕の正体を突き止め、家族の未来を取り戻すことができるのでしょうか!?

放送日:2020年3月22日

『テセウスの船』各全話ストーリー/あらすじを徹底解説まとめ!

いよいよ最終回が終わりました!

最終回の最高瞬間視聴率は20%を超えた、ということで最後の最後まで大注目が集まったドラマでしたね。

YUKIYUKI

最後には泣かされたり驚かされたり…。

そしてタイトル『テセウスの船』についても再度色々なことを考えさせられました。

主演の竹内涼真さんをはじめ、皆さんの演技も素晴らしかったし、子供たちの演技も本当に素晴らしかったですね。

YUKIYUKI

忘れられないドラマの1つとなりました!

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼あわせて読みたい!▼