『テセウスの船』第10話(最終回)あらすじ・ネタバレ感想!いよいよ真犯人が明らかに!家族の未来は!?

ドラマ『テセウスの船』第10話

出典:『テセウスの船』公式ページ

「泣ける本格ミステリー」として高視聴率をキープし続けた『テセウスの船』もいよいよ最終回となりました!

感動とタイトルについて考えさせられるラスト。

真犯人にはびっくり…さらに最後の最後にもう一度びっくりさせられるという展開に!

黒幕は誰!?

心は家族の幸せな未来を取り戻すことができるのでしょうか!?

それではさっそくドラマ『テセウスの船』第10話をネタバレありでレビューしたいと思います。

※ネタバレではなく、『テセウスの船』本編を無料でイッキ見したいという方はこちら!

『テセウスの船』動画フル無料視聴!竹内涼真主演の「泣ける本格サスペンス」を快適にイッキ見する

『テセウスの船』相関図

※『テセウスの船』の主要キャストについてまとめました!ネタバレ記事と合わせてこちらもご覧ください。

『テセウスの船』の出演キャスト/スタッフ/監督情報を徹底解説!

『テセウスの船』のキーマンみきお役、柴崎楓雅ってどんな子?経歴、出演作など徹底まとめ!

『テセウスの船』前回第9話のあらすじと振り返り

文吾(鈴木亮平)を追ってキャンプ場へたどりついた心(竹内涼真)は、パトカーの中で気絶しているみきお(柴崎楓雅)を発見します。

この件で殺人未遂として容疑者となったのは、行方不明中の文吾。

自宅には「警察官が少年を殺そうとした」として記者が押し寄せます。

そんな中、駐在所に届いた封筒の中には未来ノートが入っており、ノートには12年前の「音臼祭」のチラシが挟まれていました。

この年の音臼祭では、食中毒が起こり、徳本卓也の母が亡くなってしまったことを知った心。

犯人のもとから自力で逃げ出してきた文吾と再会しますが、文吾は警察へ証言に向かいそのまま留置所へ入れられてしまいます。

翌日、「不信なものが発見された」という通報が入り、現場には「駐在日記」と書かれた割れたフロッピーが。

馬淵(小藪千豊)はこのフロッピーを発見すると何かに気付き、文吾の駐在所の中のワープロを開くと、

今までの証拠品はばれないように村はずれに捨てた。

でも念のため、青酸カリは家の裏庭に埋めた。

という文章を発見します。

警察が佐野家の庭を掘り起こすと、そこには青酸カリのビンが…!

留置所から出てきたばかりの文吾は、そのまま一連の事件の容疑者として逮捕されてしまいます!

『テセウスの船』第9話あらすじ・ネタバレ感想!文吾と因縁の刑事・馬淵役に小藪登場!

【ネタバレ】『テセウスの船』第10話(最終回)あらすじ・感想


逮捕された文吾(鈴木亮平)がまさかの自白!

第9話で佐野家の庭から青酸カリが掘り起こされ、文吾(鈴木亮平)は一連の事件の容疑者として逮捕されてしまいました。

刑務所に入った文吾に、ある本が差し入れされます。

それを手に取った文吾は急に事件の犯人であると自白を始め、さらに面会にやって来た心(竹内涼真)と和子(榮倉奈々)に対し、

「犯人は俺だ。もう俺のことは忘れてくれ。家族の縁も切る」と言い始めます。

差し入れの本には所々の文字に〇がついていました。犯人から文吾へのメッセージなのでしょう。

面会から帰った2人を記者たちが自宅前で待ち構えていました。

質問攻めにされる2人を守ってくれたのは、卓也(今野浩喜)と井沢(六平直政)でした。

YUKIYUKI

この2人が怪しいと一時的に話題にも上がりましたが…なんだも~めちゃくちゃいい人じゃないか!

鈴(白鳥玉季)と慎吾も学校でいじめられている様子。

卓也と井沢は和子に子供たちのためにこの村を出て、実家に帰るようにすすめ、和子もそうしようと決意しかけるんですが…。

鈴はお父さんを一度信じなかったことを後でとても後悔したんだ、だからもう何があっても絶対に疑わないとこの家で文吾の帰りを待つと言い張ります。

佐野家のお楽しみ会で埋めたタイムカプセルを開けて、文吾が書いた手紙には30年後の家族への愛と感謝が綴られていました。

YUKIYUKI

この手紙を読んで、和子は折れかけていた心を取り戻したようですね!文吾を信じると家族が一致団結!

作戦変更したみきお(柴崎楓雅)は…!?そして真の目的が明かされる!

心が真犯人について手掛かりを得ようと、みきお(柴崎楓雅)の病院へ行くと、なんとみきおはさつき先生(麻生祐未)不在の隙に病院から脱走してしまっていました!

しかし、みきおのベッドの下には一枚の絵…。

心にしか分からないメッセージを残します。

音臼小にやってきた心はみきおを発見し、みきおがなぜこんなことをしたのかその驚きの理由を知ります。

音臼小に転校生としてやって来たみきおは、クラスに馴染めずにいじめられていました。

しかし、クラスの中で唯一鈴だけがみきおを庇い、助けてくれた。

だから「僕が鈴ちゃんのヒーローになるんだ」

みきおは鈴のヒーローになるため、そして今の鈴にとってのヒーローである文吾を貶めるためにこの作戦を考えついたんだと言います。

だけど鈴が学校でいじめられているのはみきおにとっては予定外のこと。

「作戦変更だ」

そしてその作戦とは…。

これまでの罪を自白したみきおはそれをテープレコーダーに録音していました。

「ジエンドー!!」と言って青酸カリを飲もうとしたみきお。

ちなみに、これまでの犯行の理由は、

  • 千夏ちゃんはお楽しみ会本番へ向けての実験のため
  • 明音ちゃんは鈴をいじめたから(実行犯は翼)
  • 田中のおじさんは意外と苦しまずに死んだ

翼は、明音ちゃんへの歪んだ愛にみきおが気付き、それをネタに脅されたようですね。

そしてやっぱり明音ちゃんを殺せなかった翼は自殺しました。

みきおも鈴を幸せにするためなら…とかなり狂気じみた理由ですが自分の命さえも笑って投げだすほどの愛情を鈴に持っていたワケなんですが…。

青酸カリを飲みかけて心が取り上げますが、倒れてしまったみきおの安否は…?

文吾(鈴木亮平)の無実が証明される

みきおの自白の入ったボイスレコーダーを警察に提出し、これが証拠となり文吾の無実は証明されました。

刑務所にいる時に差し入れられた本の〇のついた箇所を拾うと、

「つみをみとめないとかぞくをねらう」と書かれていました。

差出人は誰か分からなかったそうですが、みきおの共犯者であることは間違いないようです。

このメッセージを読んだ文吾は、家族に危険が及ばない様に「自分が犯人だ」と言い出したんですね。

「音臼祭」には犯人がいた!?

12年前の音臼祭でキノコ汁に毒キノコを間違って入れてしまった事件。

村人のうち1人が亡くなり、それは卓也の母であることまでは判明していたんですが…。

この事件には「犯人」がいたようです。

それは田中義男の妻で正志(せいや)の母でした。

当時村の議員に立候補しようとしていた義男は事件を解決するために何が何でも犯人を見つけ出せと文吾に頼み、その結果自分の妻が犯人だったという何とも皮肉な結果になってしまいました。

この後、事件をモミ消そうとした義男でしたが、事件は公になってしまい、それ以降音臼祭は中止されるようになったようです。

さらに、この事件の日、石坂校長(笹野高史)の息子が東京から里帰りしており、喧嘩に巻き込まれた騒ぎが起きたのですが、毒キノコ騒ぎでそれどころではなかった文吾はこの件を気にしていなかったそうで。

さつき先生の過去

さつき先生がみきおに執着する理由は過去にあったようです。

さつきは学生時代に望まぬ妊娠をしてしまい、途方に暮れた結果当時の担任だった石坂校長に説得され、子供を諦めた経験があったようです。

自分の子供を守ることができなかったと悔やむさつき先生は、もう二度と傷つく子供を見たくないという思いからみきおを守ろうとしたんですね。

犯人からの呼び出し!心が取った行動とは?

佐野家に届いた脅迫状。

心は文吾よりも先に脅迫状を発見しますが、文吾にはそのことを知らせませんでした。

手紙の中には、和子、鈴、慎吾が惨殺されたという新聞記事と一緒に、「皆殺しが嫌なら1人で来い。音臼神社 明朝 8時」と書いてありました。

文吾に宛てられたものですが、「家族を何としても守る」と固く誓った心。1人で音臼神社へ向かいます。

しかし時間になっても音臼神社には怪しい人物は現れず。

一方、文吾は警察無線で“185センチ30代男性が倒れている”と無線が入り、以前明音ちゃんが監禁されていた小屋へ向かいます。

背後からナイフで襲われ、振り向くとそこには、なんと田中正志の姿が…!

いよいよ黒幕が明らかに!文吾を恨む理由とは?

真犯人は正志でした。

12年前の音臼祭で、毒キノコを誤って村人に振る舞ってしまった母はその後、父義雄に捨てられ、散々苦労をしてあっけなく死んでしまった、と言います。

正志の妹は「殺人犯の娘」として虐められ自殺してしまったそうです。

そして文吾のある一言がキッカケで正志は文吾を恨むようになってしまったのでした。

義雄が目を悪くし、介護が必要になったので村へ顔を出すようになった正志に対し、

「正志、久しぶりだな。親父さん喜んでたぞ。家族は大事にしないとな」

と子供たちと幸せそうにじゃれ合いながら声をかけた文吾。

この言葉がキッカケとなり、自分と同じ気持ちを文吾と家族に味合わせてやるんだ、と固く誓った正志。

2人がナイフを持ってもみ合いになっているところに心が現れ、2人の間に割って入り、心はナイフで刺されてしまいます。

「家族の未来を守るためにここに来たんです。父さんと母ちゃんと姉ちゃん兄ちゃんに出会えたから俺は強くなれた。ありがとう」

心は文吾の腕の中で…。

そして時は流れ…物議を醸しだしたラストシーン!

そして時は流れ…令和時代へ。

青酸カリを飲んだみきおですが、無事でした。

さつきと一緒にカフェを経営しているようで仲睦まじい親子の様子が描かれました。

YUKIYUKI

メニューにはさつきお得意のイモ羊羹もあって…。もちろん毒は入っていませんが、ちょっとシュールですよね。

大人になった心(平成時代に和子のお腹の中にいた心)は、運命の女性、由紀(上野樹里)と結婚し、2人は由紀の妊娠を知らせるために家族を集めたようです。

そこには、殺人犯ではない文吾、笑顔の和子や鈴そして話題沸騰の大人になった慎吾も!

慎吾は最終話まで大人バージョンは登場せず、犯人考察ポスターにも登場せず。慎吾の未来に関してはちょっとしたミステリーだったんですが…。

YUKIYUKI

普通に大人になってた!この容姿端麗な家族の中でめちゃくちゃ浮いてるものの、幸せそうな佐野家を象徴するキャラクターとしてとてもいい人選だったと思っています!びっくりしましたけど。な~んか、慎吾に全部持っていかれた感がありますよね(笑)

お腹の中の子供について文吾は心に「提案がある」と言い、

「明るい未来へ向かっていけるように、未来とかいてミクってどうかな」

それを聞いた心は驚いた顔をして「全く同じことを考えていた」と笑います。

『テセウスの船』ラストシーンについて

ドラマのタイトルでもある『テセウスの船』。

その意味は、ある船の古い部品を交換し、やがて全ての部品が置き換えられた場合、全ての部品が当時とは異なるその船は同じ船であると言えるのか、というものでした。

船本体を個人や家族とすると、“パーツ”とはこれまでの記憶や経験などのことですよね。

記憶や経験が全く違う同一人物を「同じ人」と言えるのか。

これについてですが、ドラマを観た後の私個人的な意見としては、

YUKIYUKI

答えは「否」です。

ドラマの最後のシーンでは、心が命を賭してまで守ろうとした家族の笑顔がそこにあり、心が望んでいた「殺人犯の家族ではない心」「幸せで笑顔の絶えない家族」もそこには確かにあったんですが…。

それでも私には、あの場で屈託なく笑う心が、タイムスリップをして家族の未来のために戦い死んだ心には思えなかったんです。

YUKIYUKI

私はやっぱり死んでしまった心に幸せになって欲しかったなぁと切なくなりました。

テセウスの船』では、世界はパラレルワールドではなく、過去が変われば未来も変わる1つの世界でのストーリーだと認識していますが…。

それでも例えば、刑務所で30年間心が来るのを待ち続けた文吾や、一緒に文吾の冤罪を証明しようとして戦った記者の由紀…あの世界の人たちの想いはどうなるの?と考えずにはいられません。

必ず戻ってくる、と約束して由紀と別れた心はもう戻ってはこないんですからね…。

YUKIYUKI

パラレルワールドではないことは重々承知の上でも、そんな色んな人の想いが私の中で矛盾として頭から離れませんでした。

そして文吾も自分の息子として育った心と、平成時代に一緒に戦った心が全く同じ人間だとは思っていないように感じました。

だからこそ、心と由紀の間に産まれてくる子供に「未来」と名付けて欲しいと言ったんじゃないでしょうか。

共に戦ったもうひとりの息子への餞に。

しかしそれに対し、「全く同じ名前を考えていた」と言った今の心に「もしかして…」という期待も残しつつ…。

『テセウスの船』第10話(最終回)まとめ

ということで『テセウスの船』感動の最終回を迎えました~!(涙)

それにしてもまさか!まさかの黒幕でしたね。

見事、視聴者の予想を裏切ってくれました。

ドラマ初出演で大抜擢のせいやさんでしたが、これからどんどんドラマ進出の可能性もあるんじゃないでしょうか~!

YUKIYUKI

家族という名の船を守るドラマを描きつつ、それを容創るそれぞれの経験や記憶をかけがえのないものだと気づかせてくれる素晴らしいドラマでした!

『テセウスの船』動画フル無料視聴!竹内涼真主演の「泣ける本格サスペンス」を快適にイッキ見する

『テセウスの船』に原作はある?各全話あらすじ/ストーリーも徹底解説【ネタバレなし】

【結論】『テセウスの船』原作の犯人ネタバレ!漫画の結末はどうなった?【ドラマは違う真犯人】

『テセウスの船』の各話視聴率は?感想や口コミ・評判も徹底まとめ!

『テセウスの船』のロケ地/撮影場所を徹底調査!キャスト目撃情報も!

『テセウスの船』の名シーンを彩る主題歌/BGM/楽曲一覧情報総まとめ!Uruのプロフィールも!