『テセウスの船』第1話あらすじ・ネタバレ感想!竹内涼真主演「泣ける本格ミステリー」時空を超えた父子の絆

ドラマ『テセウスの船』第1話

出典:『テセウスの船』公式ページ

待ちに待った日曜劇場『テセウスの船』。いよいよ始まりましたね~。

第1話からかなりのテンポの良さで、引き込まれまくりでした。

自分が生まれる前に死刑囚となった父・佐野文吾(鈴木亮平)を恨み、暗い人生を送って来た田村心(竹内涼真)。

父の事件が起きた村に訪れた心は、突如吹雪につつまれ…なんと事件当時の31年前(平成元年)にタイムスリップ!

旧音臼村で家族と再会することに。

YUKI

文吾を憎む気持ちと、自分の父親を信じたい気持ちに葛藤して走り回る心に、第1話からすでにウルッときちゃいました~。

それでは『テセウスの船』第1話をネタバレありでレビューしていきたいと思います。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『テセウスの船』相関図

▼詳しいキャスト情報はこちら▼

【ネタバレ】『テセウスの船』第1話あらすじ・感想


死刑囚・佐野文吾(鈴木亮平)

31年前の平成元年、北海道の音臼村にある小学校で青酸カリによる無差別殺人事件が発生。

この無差別殺人事件では生徒や教師21名が犠牲になりました。

この事件の犯人は、佐野文吾鈴木亮平)。なんと佐野はこの音臼村の警察官!

しかし逮捕され、死刑が確定した今もなお獄中から冤罪を訴え続けている佐野。

主人公・心(竹内涼真)は、生まれながらに“殺人犯の息子”というレッテルを貼られてかなり苦しい思いをしながら生きてきたようです。

「人様の前では、笑ったり泣いたりしちゃいけないよ」

心の母・和子(榮倉奈々)はいつも心たち兄弟にそう言って聞かせていました。

何度も引っ越しをしては、人目を忍び、また佐野文吾の家族とバレれば引っ越し…外で笑うことすらはばかられる環境の中で生きてきた心のたったひとつの心の拠り所は妻の由紀(上野樹里)でした。

まもなくふたりの間には子供が生まれる予定…由紀の大きなお腹に向かって心はいつも子供の頃の記憶にある歌をハーモニカで聞かせます。

YUKI

死刑囚の息子ということで、由紀は結婚のときにかなり両親から反対されたようですがそれを押し切っての結婚だったようです。それにしても竹内涼真さんが「由紀」と言う度に、自分が呼ばれてるんじゃないかという錯覚に悶え苦しみました。

由紀は、刑務所の中から無実を訴え続けている佐野のことが気になってしょうがない様子。

「あなたの父親を信じたい」と、当時の事件のことを調べていました。

由紀が気にしていたことはふたつ。

  • 佐野が犯人である証拠は、自宅から青酸カリが見つかっただけ
  • 音臼村では、この青酸カリ事件の前にも不信な事件や事故が多発していた

YUKI

他の不信な事件・事故があったからって佐野が冤罪の可能性が高まるワケではないですが…未解決の事件には何か青酸カリ事件との関連だってあるかもしれません。佐野が冤罪だという可能性、全然ありますね!

心は最初はノリ気ではなかったのですが…由紀の死をもって、生まれて初めて父親と向き合う覚悟を決めます。

YUKI

由紀…。あっという間に死んでしまいました。もっと呼ばれていたかった…。

「もう真実から逃げないで。この子と一緒に未来へ向かって生きて」

娘を「未来」と名付けた心は、そんな由紀の最期の言葉で決心が固まったようですね。

「未来には自分と同じ思いはさせない」

その一心で、父・佐野文吾が本当に殺人鬼なのかこの目で確かめるため、宮城県拘置所に収監されている佐野のもとへ向かいますが…。

平成元年にタイムスリップ!そこで心(竹内涼真)が見たものは…?

父親に会う前に事件が起こった音臼村を訪れた心は、現在は更地になった旧音臼小学校の跡地にできた被害者の慰霊碑に手を合わせます。

音臼村は事件後、廃村になっています。

すると…突如とんでもない霧につつまれ心は意識を失います。

目を覚ますと、そこにはさっき更地だった場所に小学校が…!

半ばパニックになって辺りを走り回る心は、神社で女の子が雪の中で倒れているのを発見します。

連れて行った病院のカレンダーを見た心は仰天。なんと平成元年にタイムスリップしていたのでした!

倒れていた女の子は、これもびっくり、心の姉・鈴(白鳥玉季)でした。

発見が早かったため、顔に傷は残らないようです。

YUKI

大人になった鈴は貫地谷しほりさんが演じています。鈴(大人バージョン)に顔に痕があったのですが、この日の傷跡だったんですね~。心がいなかったから、発見が遅く、顔に凍傷の痕が付いてしまった。つまりこの心の行動のおかげで鈴(大人バージョン)の顔の痕は消えているってこと!?

この一件で「過去が変われば未来も変わる」と確信した心は、「佐野の事件を俺が止めてやる!佐野を殺してでも!」と決意します。

YUKI

そうすれば、殺人犯の家族としてあんな苦しい想いをすることもないわけで。生まれてきた娘に自分と同じ想いなんて絶対させたくないですもんね。

ここで知らせを受けて飛んできた父と再会した心ですが…も~目で殺しそうなほど睨みまくりのせいで警察官の文吾から怪しまれています。

YUKI

そして…この文吾…素人目から見てもかなり怪しい!怪しすぎて逆に怪しくないほどに(笑)

超能力で次々と事件解決!?犯人はやっぱり佐野文吾(鈴木亮平)!?

由紀のノートに書かれていた音臼小学校の青酸カリ事件の前の不信な事件・事故。

これが文吾の事件と関わりがあるのかは不明ですが、まずはこの事件・事故を食い止め、未来を変えていくことに。

【千夏ちゃんパラコート誤飲事件】

まず第1の事件は、音臼小学校の生徒・千夏ちゃんが自宅の倉庫にあった除草剤の一種パラコートを誤飲してしまい、死亡してしまう事件。

千夏ちゃんが倉庫の前にいるのを見つけた心は、この日が千夏ちゃんの死亡した日であることに気付き、倉庫からパラコートを勝手に持ち出し、液体と容器を山中に撒き捨てます。

しかしこの後、千夏ちゃんはパラコートを誤飲し、死亡してしまうのです。

YUKI

倉庫にあったパラコートは、心が確かに捨てたのになぜ!?

この時、千夏ちゃんを連れて山へ入っていく様子の文吾らしき人物を目撃したこと、さらには交番の文吾の机の中からパラコートの容器を発見した心。ますます文吾を怪しむように。

しかし、倉庫からパラコートを持ち出す心の姿は村の新聞配達員・長谷川翼(竜星涼)によって目撃されており、第一容疑者として金丸刑事(ユースケ・サンタマリア)からマークされてしまいます。

【雪崩事故】

翌日に起きるはずの第2の事故は、雪崩の事故で村人がひとり亡くなるというものでした。

音臼小学校の教師木村さつき(麻生祐未)の父が被害者となるはずですが、心は出掛けようとする男性を必死に止めます。

物凄い剣幕で「雪崩が起こる」という心に、「何言ってんだ」と呆れて男性は心の忠告を無視し、車を発進させてしまいます。

そこに、パトロール中だった文吾が登場し、心はやむなくパトカーにさつきと無理やり乗り込み男性を追いかけます。

心のあまりのしつこさに事故が起こる橋の直前で車を停めた男性、その直後に雪崩が発生し、危機一髪!

この事故は止めることができたものの、「超能力!?すごい!」と心のこの異様な行動を文吾とさつきに目撃されてしまいます。

YUKI

千夏ちゃんの事件は防ぐことができませんでしたが、雪崩の事故は防ぐことができました。なぜ!?

千夏の姉・明音の失踪

千夏ちゃん事件の容疑者になってしまった心は、捨てたパラコートの容器を山に探しに来ていましたが、なぜか埋めたはずの場所には容器が…ない!

そんな中、第3の事件が発生。

第1の事件の被害者の千夏ちゃんの姉・明音ちゃんの失踪事件でした。

YUKI

これは6日後に起こるはずだったのに…なぜ時期が早まったのでしょう!?

森の中から銃声が聞こえ…慌てて発見した血の跡を追うと、そこには崖から転落した明音ちゃんと…文吾!

「またしても文吾が絡んでいた…!」と怒りを隠せない心でしたが、明音ちゃんは文吾から「森で道に迷っていたところ助けてもらった」と話します。

さらに銃声は、クマに襲われそうになったので文吾が銃でクマを撃った音だったのだそう。

「俺は足をやられて動けない。明音ちゃんを助けてくれ」

そう言って、心に明音を託した文吾。

「子供を守るのが大人の使命だ」

YUKI

ここで文吾が怪しい説が覆されます。それどころか、なんだめちゃめちゃいい人じゃん説まで浮上。

明音ちゃんを村人に託した心は、文吾のところへ戻り、文吾を救出。

この時、意識を失って危ない状態だった文吾ですが、意識が戻って開口一番に明音ちゃんの心配をします。

YUKI

動けない文吾に、心が思いっきり手を伸ばして「俺はあなたに生きてて欲しいんだ…!」は反則レベルでグッときました。これは今の文吾に言った言葉のようで、令和時代の死刑囚の文吾に言った言葉とも取れないでしょうか。

殺人鬼と分かっていて恨み続けてきた父親。しかし、その反面で心の奥底には「生きていて欲しい」という想い…。決して言うことは許されない想いが溢れ出したかのようでした。ん~深読みです…。

そしてリアル「ファイトォ~!」「いっぱーぁつっ!」で何とか文吾を救出した心。

(俺の父さんは、殺人犯なんかじゃない…!)

そんな想いで笑顔と涙が止まらない心なのでした。

“上を向いて歩こう”

文吾とすっかり打ち解けた心は、ふたりで温泉に。

YUKI

裸の父子同士の会話…心にとっては生まれて初めてですね…。何度も涙を温泉で拭う心にコチラもうるっと。

文吾は心の免許証を勝手に見たことを謝り、心は素直に「未来から来た」と告げます。

「そうじゃないと説明がつかない」と文吾は笑ってすんなり信じてくれます。

YUKI

ここまで言ったなら、いっそ「あなたの息子です!」って言っちゃえ~!

そして、雪の中に埋めたはずのパラコートの容器は、文吾がこっそり回収してくれていたからなかったことも判明します。

YUKI

文吾の机の中にあったパラコート容器…そういうワケか!

「昭和の名曲だ」と言って【上を向いて歩こう】を鼻歌で歌う文吾。

その歌は…幼い頃からなぜか心が知っていた歌。未来にお腹の中で聴かせていたハーモニカの歌…!

「お腹の中の赤ん坊にも歌ってやってんだ」

心は文吾から歌ってもらっていた歌を覚えていたんですね~。

『テセウスの船』第1話まとめ

未来から来た息子と父の圧巻の景色からの露天風呂。

いろんな意味で素晴らしいシーンでしたね~。イイ男が裸で露天風呂で男泣き…。

「未来から来ました」という心をすんなり「そっかぁ~」と信じる文吾の懐の深さも垣間見えました。

YUKI

どっからどう見ても怪しい文吾でしばらくハラハラさせられるのかなとも思いましたが、これからは未来から来た心が、警察官の文吾の力借りながら、由紀のノートを頼りにこれから起こりくる事件を未然に防ぐという流れになるのかな~と。

しかし、文吾は心を助けているようで、それが実は未来の自分自身を冤罪から救うためだった…!なんて素敵な親子の絆じゃないでしょうか~!

シリアスな文吾も良かったですが、心と打ち解けた後の文吾の方が鈴木亮平さんらしく、いろんな意味でデカい男!がやっぱり鈴木亮平さんには似合います。

なにはともあれ、千夏ちゃん死亡事件の犯人は次なる犯行を計画しているようで…。

千夏ちゃんが死んでしまった謎。そして明音ちゃん失踪事件の時期が早まった謎。

防げる事件と、防げない事件…。

パソコン…誰が打っているんでしょうかね~。

“次のモルモット”って誰!?

あと未来(現代?)では、鈴(貫地谷しほり)はほんの少し登場しましたが、心の兄・慎吾は出てきていないのも何かありそうで気になりますね!

車いすの男(安藤政信)が慎吾とか!?慎吾の弟が心って、またまたなんか謎。

YUKI

コレ全然関係なかったら私はただのイチャモン女だ…!(笑)

それでは、次回第2話へ続きます!

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼あわせて読みたい!▼

▼次回第2話も続けて読む▼