『鬼滅の刃』第9話あらすじ・ネタバレ感想と考察!無惨の直属部下“十二鬼月”との戦いが幕を開ける

アニメ『鬼滅の刃』第9話ネタバレ感想と考察!

出典:『鬼滅の刃』公式ページ

愈史郎ゆしろうの血鬼術によって隠れていた炭治郎たちでしたが、無惨むざんの直属の部下の朱紗丸すさまる矢琶羽やはばに奇襲を受けてしまいます。

いきなりの奇襲に戸惑いを隠せない一同でしたが、狙いが炭治郎だと言うことが判明し、炭治郎は戦う覚悟を決めるのでした。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『鬼滅の刃』第9話「手毬鬼と矢印鬼」あらすじ

アニメ『鬼滅の刃』第9話「手毬鬼と矢印鬼」あらすじ①

アニメ『鬼滅の刃』第9話「手毬鬼と矢印鬼」あらすじ②

炭治郎を助けた者は、珠世と愈史郎という鬼だった。

珠世は炭治郎たちを、“目隠し”の術を施した屋敷へといざなう。

そこで炭治郎は、珠世との会話から、鬼を人に戻す方法についての活路を見出すのだった。

そのとき――炭治郎を追うふたりの鬼が屋敷の場所をつきとめ、猛烈な攻撃を繰り出す―。

アニメ『鬼滅の刃』第9話「手毬鬼と矢印鬼」あらすじ③出典:『鬼滅の刃』公式ページ

【ネタバレ】『鬼滅の刃』第9話「手毬鬼と矢印鬼」感想レビュー

奇襲攻撃

二匹の鬼、朱紗丸すさまる矢琶羽やはばの奇襲に動揺しながらも対応に追われる炭治郎は、今までとは違う鬼の強さに戸惑います。

しかし、鬼の狙いは自分であるということに気づいた炭治郎は戦うことを決心します。

愈史郎ゆしろうが敵の攻撃を喰らい、首を吹き飛ばされてしまいます。

敵はまりを自由自在に操って攻撃してきます。

予測不能な動きに苦戦する炭治郎でしたが、愈史郎が矢印を見れば対応できると言います。

しかし炭治郎にはその矢印が見えません。

愈史郎の視野を借りて、矢印の可視化に成功した炭治郎は禰豆子ねずこに矢印を出している矢琶羽を任せます。

禰豆子のおかげで矢印が消えた炭治郎は、朱紗丸の腕を切り落とすのでした。

炭治郎の反撃

斬り落とした腕はあっという間に再生します。

矢琶羽と戦っていた禰豆子も敵の攻撃に吹き飛ばされてしまいます。

愈史郎と禰豆子に朱紗丸を任せて、炭治郎は矢琶羽との戦いに専念します。

しかし、矢琶羽の矢印の攻撃に反撃すらできない炭治郎でした。

一方で禰豆子は鞠を蹴り返そうとしたことで片足が吹き飛んでしまいます。

禰豆子を治療する珠代の姿に、死んだ母親を重ねた禰豆子。

そして場面は炭治郎に戻ります。

矢印の対策に精一杯でしたが、炭治郎は水の呼吸の型を応用させることによって打開策を見つけ出します。

そして技に技を重ねて見事に矢琶羽の首を斬り落とすのでした。

『鬼滅の刃』第9話で判明したこと

今回、第9話でしたが、奇襲を仕掛けてきた鬼の存在が判明しました。

それでは紹介していきます。

朱紗丸と矢琶羽

炭治郎を襲う二匹の鬼でしたが、名を朱紗丸すさまる矢琶羽やはばといい、鬼舞辻 無惨きむつじ むざんの直属の部下である十二鬼月じゅうにきづきであることが判明しました。

朱紗丸は鞠を操って攻撃を仕掛けてきます。

そして矢琶羽は矢印のようなものでベクトルを操ります。

二人のコンボ技は強力で鞠を自由自在に操ってきます。

『鬼滅の刃』今後の考察

今回は、見事に矢琶羽の首を斬った炭治郎たちの戦いについて考察していきます。

矢琶羽は死んだのか?

炭治郎に首を斬られて今回は終わりましたが、本当に死んだのでしょうか。

結論から言えば、まだ死んではいないのではないかと思います。

強い鬼は首を斬られてもすぐには死なないのではないのでしょうか。

いっときの間は首ひとつで朱紗丸の援護をしてくるような気がします。

朱紗丸との戦い

事実上、矢琶羽は倒したので残すは朱紗丸だけです。

朱紗丸とは禰豆子と愈史郎が戦っていますが、禰豆子は足を鞠に吹き飛ばされています。

珠代の治療によって回復した禰豆子が、朱紗丸とメインで戦うはずです。

鞠を蹴り返そうとして負傷しましたが、次第に蹴り返せるようになった禰豆子が蹴り合いに勝利するのではないのでしょうか。

『鬼滅の刃』第9話まとめ

愈史郎の気配を消す血鬼術を破って、奇襲を仕掛けてきた朱紗丸と矢琶羽は十二鬼月と言われる直属の部下のようで、今までに戦った鬼の中でも最強の鬼でした。

鞠を自由自在に操って戦う朱紗丸と、ベクトルを操る矢琶羽に苦戦する炭治郎と禰豆子。

矢琶羽と戦う炭治郎は、水の呼吸を応用してなんとか矢琶羽の首を斬り落とすことに成功するのでした。

要点まとめ
  • 朱紗丸と矢琶羽との戦い
  • 朱紗丸vs禰豆子と愈史郎
  • 矢琶羽vs炭治郎
  • 炭治郎の勝利

十二鬼月との初対決に苦戦する炭治郎の運命は!?

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼あわせて読みたい!▼

▼次回第10話も続けて読む▼