『鬼滅の刃』第10話あらすじ・ネタバレ感想と考察!珠世が操る血鬼術の恐ろしさと鬼舞辻の呪い

アニメ『鬼滅の刃』第10話ネタバレ感想と考察!

出典:『鬼滅の刃』公式ページ

矢琶羽やはばの首を斬った炭治郎ですが、この土壇場で様々な技を応用させていく器用さを見せてくれました。

一方の禰豆子ねずこも戦いの最中に進化していくのでした。

今までの中で最強の敵を兄妹の力で突破していきます!

▼動画の無料視聴はこちら▼

『鬼滅の刃』第10話「ずっと一緒にいる」あらすじ

アニメ『鬼滅の刃』第10話「ずっと一緒にいる」あらすじ①

アニメ『鬼滅の刃』第10話「ずっと一緒にいる」あらすじ②

炭治郎の苦境は続く。

矢琶羽が最期に繰り出した血鬼術“紅潔の矢”を、炭治郎は水の呼吸の型を駆使し、なんとかしのいでいた。

一方で禰豆子と朱紗丸の戦いは続いており、状況を危惧した珠世は、自身の血鬼術を使い―。

アニメ『鬼滅の刃』第10話「ずっと一緒にいる」あらすじ③出典:『鬼滅の刃』公式ページ

【ネタバレ】『鬼滅の刃』第10話「ずっと一緒にいる」感想レビュー

矢琶羽やはば最後のあがき

矢琶羽の首を切り落とした炭治郎ですが、矢琶羽は最後の力を振り絞って共倒れを狙います。

今までにないほどの矢印の力に引き寄せられる炭治郎は、技で相殺しようと連続して技を繰り出します。

矢琶羽の命尽きるまで何度も何度も。

矢琶羽の命が尽きるのが先か、炭治郎の限界が先かの根比べです。

炭治郎に限界が見え始めた頃、矢琶羽も半分以上が消え始めていました。

最後の最後まで地力を振り絞った炭治郎は、矢琶羽との戦いに完全勝利を果たします。

しかし、炭治郎は勝ったものの損傷は大きく、あばらと足を骨折しています。

禰豆子ねずこたちの加勢には行けそうもありませんでした。

禰豆子ねずこの進化

朱紗丸すさまると戦う愈史郎ゆしろうは、強力な鞠の攻撃に苦戦を強いられていました。

再び愈史郎の頭に鞠が飛んできたとき、禰豆子が再び戦場に戻ってきます。

しかも前回第9話では蹴り飛ばせなかった鞠を蹴り飛ばすことができていました。愈史郎は彼女の進化に驚きます。

珠世の治療は受けていたものの珠代の薬には強化作用などはないようなので、急に強くなったようです。

朱紗丸は禰豆子が鞠を蹴り返すことが気に入らないようで、ムキになってしまいます。

次第に朱紗丸以上の力で鞠を返してくるようになり、朱紗丸はとうとう返球をキャッチできなくなってしまいました。

とは言っても戦いは平行線のまま、その様子を感じた珠世は自身の能力を使うことを決意します。

珠世は禰豆子と朱紗丸の間に割って入り、朱紗丸にいきなり鬼舞辻きむつじについて質問をします。

珠世の血鬼術の惑血の白日の香によって、虚偽の発言ができなくなった朱紗丸は、鬼舞辻の名前を出してしまいます。

最初からそれを狙っていた珠世の作戦は成功します。

鬼舞辻の呪いによって朱紗丸は骨ひとつ残らない形となって消滅していきました。

禰豆子ねずこと一緒に!

無事に二匹の鬼を倒した炭治郎たちでしたが、朱紗丸と矢琶羽は十二鬼月じゅうにきづきではないことが判明しました。弱すぎるというのです。

禰豆子を人間に戻すための大きな一歩かと思っていた炭治郎は落胆します。

そして珠世は、自分の範囲型の血鬼術に禰豆子を巻き込んでしまったお詫びに、珠世自身が禰豆子を診てくれることになりました。

先に屋敷の地下へと向かう珠世たち。

炭治郎は朱紗丸の鞠から朱紗丸がまだ人間だった時の声を聞き取ります。

幼いながらに鬼舞辻に鬼にされ、多くの人間を殺し、最後には骨も残らない状態で消されるという運命に救いがないと悲壮感を抱きました。

それと同時に、自分を慕う部下にも容赦のない鬼舞辻に怒りを一層抱くのでした。

そして地下に戻った炭治郎の元に、元気になった禰豆子が駆け寄ってきます。

さらに、再び珠世のもとに駆け寄っていき珠世に抱きつきます。

拠点を移動するという珠世たちは、炭治郎に旅をするにあたって禰豆子を預かるという提案をしてきました。

禰豆子を危険な目に遭わせたくないという気持ちから預けることに気持ちが傾き始めたその時、禰豆子が炭治郎の手を握って自分の意思を示します。

その気持ちを感じ取った炭治郎は禰豆子と一緒に旅をすることを決意するのでした。

『鬼滅の刃』第10話で判明したこと

今回の第10話では、珠世が血鬼術を使いました。

それでは紹介していきます。

珠世の血鬼術

朱紗丸との戦いで見せた珠世の血鬼術ですが、戦闘向きではなさそうでした。

血鬼術の名は惑血といい、いくつかの効果を持つ香りを操ります。

今回は白日の香といって、「相手に虚偽の発言をさせない」という尋問系のものを使いました。

それによってわざと鬼舞辻の呪いを故意的に発動させ、自滅を誘いました。

鬼に対しても有効ですが、人間にとっても有害な物質らしいです。

戦闘向きではないですが、強力な血鬼術でした。

『鬼滅の刃』今後の考察

今回は、物語の最後で出てきた黄色の髪をした少年について考察していきます。

黄色の髪の少年

次の目的地に向かう途中の炭治郎の前に、女性に泣きながら求婚する黄色の髪の少年がいました。

彼は鬼殺隊の最終試験を生き残った少年・我妻 善逸あがつま ぜんいつでした。

彼は自分は早く死んでしまうから結婚してくれ、と泣き寝入りをしていました。

最終試験に生き残った実力者のはずなのに、早く死ぬとはどういうことでしょうか。

何かの病か。ただ単に自分の実力に自信がないのかのどちらかでしょう。

あの泣きっぷりからして、自分の実力に自信がない方が濃厚かなと推測します。

しかし、メインキャラの一人になり得る人物です。弱いはずがありません。

どのような呼吸を使うのかもわかりませんが。

以前も話したように、おそらく雷の呼吸を使うのではないかと思います。

『鬼滅の刃』第10話まとめ

矢琶羽をなんとか倒した炭治郎でしたが、その一方で禰豆子と愈史郎は朱紗丸と戦っていました。

加勢に行けない炭治郎を横目に禰豆子は進化を見せます。

そして、戦いは珠世の血鬼術によって決着がつきます。

要点まとめ
  • 矢琶羽の最後のあがき
  • 禰豆子の進化
  • 珠世の血鬼術

矢琶羽と朱紗丸との戦いにもついに決着が!

そのあまりにも残酷な結末とはいかに!?

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼あわせて読みたい!▼

▼次回第11話も続けて読む▼