『鬼滅の刃』第8話あらすじ・ネタバレ感想と考察!ついに禰豆子を元に戻す方法を知る人物と出会うが…?

アニメ『鬼滅の刃』第8話ネタバレ感想と考察!

出典:『鬼滅の刃』公式ページ

無惨むざんが鬼にした男を必死に取り押さえる炭治郎。

鬼にすら優しさを見せる炭治郎を見た珠代は、彼に手を差し伸べるのでした。

そして鬼でありながら無惨に対して敵視を持つ珠代と愈史郎ゆしろうは、人間に戻すための薬の研究に励む医者だったのです。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『鬼滅の刃』第8話「幻惑の血の香り」あらすじ

アニメ『鬼滅の刃』第8話あらすじ①

アニメ『鬼滅の刃』第8話あらすじ②

次なる任務の舞台は東京・浅草の町。

大正の華やかな都会の街並みに戸惑う炭治郎だったが、そこで鬼の匂いを嗅ぎつける。

匂いを追った先で出逢ったのは鬼舞辻無惨だった。

鬼舞辻を斬ろうとする炭治郎。

だが、鬼舞辻は行きかう人間を鬼に変え、町を混乱に陥れる。

必死に事態を収拾しようとする炭治郎の前に、 とある人物が姿を現す―。

アニメ『鬼滅の刃』第8話あらすじ③出典:『鬼滅の刃』公式ページ

【ネタバレ】『鬼滅の刃』第8話「幻惑の血の香り」感想レビュー

珠代と愈史郎

無惨によって鬼にさせられた一般市民への対応で、炭治郎は無惨を逃してしまいます。

鬼になった男の人を抑える炭治郎は警官にどくようにと言われますが、抑えられるのは炭治郎だけです。

警官の横暴な態度で殴られそうになりますが、鬼を人として扱い、必死に守ろうとしている炭治郎を珠代という女性と愈史郎という少年が助けてくれます。

2人は鬼ですが、無惨を倒したいと思っています。

しかも、珠代は無惨の呪いを自ら解いたようです。

そんな鬼として独立した意志を持つ珠代に、鬼を人間に戻す方法を聞きます。

どんな病も治すための薬があるという珠代は、必ず治すための薬を作り出すと言います。

そのために必要なことを2つ要求します。

  • 禰豆子ねずこの血を調べさせてもらうこと
  • り無惨の血が濃い鬼の血を手に入れること

特に2つめの要求は、鬼舞辻無惨にかなり近い強さを持つ鬼を倒さなければならないという厳しいものです。

しかし炭治郎は、禰豆子のためならと覚悟を決めるのでした。

無惨と二匹の鬼

街で騒動を起こした無惨は、その騒ぎに乗じて一旦引きます。

そして家族を屋敷に送り返した後、1人で騒ぎの状況を見に行くと言って出てきます。

暗い裏路地を歩く無惨は酔っ払い三人組に絡まれますが、苛立っていた無惨は三人をいとも簡単に殺してしまいます。

そして、無惨は二匹の鬼を呼び寄せました。

二匹の鬼に血を与え強化させた上で、耳飾りをつけた少年、つまり炭治郎の首を持ってくるように命令します。

二匹の鬼はさっそく炭治郎の探索を始めます。

そこから愈史郎の術で屋敷ごと隠れていた炭治郎のもとを襲撃するのでした。

『鬼滅の刃』第8話で判明したこと

今回、第8話でしたが、第7話に続いて鬼舞辻 無惨きむつじ むざんについてと、彼に敵対する鬼の2人が登場しました。

それでは紹介していきます。

珠代と愈史郎

珠代は鬼ではありますが、無惨から独立しています。

むしろ無惨を倒したいと思っており、炭治郎サイドの鬼でした。

そんな彼女が200年かけて作り出した鬼が愈史郎です。

鬼を作れるのは無惨だけとされていましたが、唯一珠代が誕生に成功したようです。

彼女らの目的は鬼になった人間をもとに戻す薬を作り出すことです。

珠代はその薬を実現させるために炭治郎に二つの要求をするのでした。

一方の愈史郎は珠代の美しさに惚れ込んでいる少年です。

気配や存在自体を隠す結界術を使います。

珠代に対して馴れ馴れしい炭治郎に若干の嫌悪感を持っています。

無惨の血の力

人間を鬼にする血を持つ無惨ですが、誰でも鬼にすることができるわけではないようです。

普通の人間が大量の血が体内に入り込むと、細胞がその進化に耐えられず死滅してしまうようです。

鬼の強さは無惨の血の多さで決まってくることも判明しました。

無惨の過去

炭治郎の耳飾りから、過去に同じ耳飾りをした人間に敗北した記憶を思い出す無惨。

その耳飾りに不快感を覚えた無惨は、炭治郎の首を持ってくるように部下に命令を下します。

『鬼滅の刃』今後の考察

今回は、珠代の屋敷に攻めてきた二匹の鬼との戦いについて考察していきます。

二匹の鬼との戦い

無惨に、さらに血を分けてもらった2人の鬼なので、かなり強いでしょう。

血鬼術ももちろん使ってくるはずです。

北西の街で戦った鬼よりは、無惨の血が濃いので確実に今までで最強のはずです。

禰豆子も参戦して戦力アップしたとはいえ、炭治郎はどうやって勝つことができるのでしょうか。

勝つには勝つでしょうが、一筋縄ではいきません。

新たな技や能力のどちらかが目覚めと予想します。

『鬼滅の刃』第8話まとめ

浅草の街で無惨に会った炭治郎ですが、無惨の策略にハマり逃がしてしまいます。

一方で無惨は退却後に炭治郎の首を取ってくるように部下の鬼に命令します。

そんな中、炭治郎は鬼でありながら無惨に敵対心を持つ珠代と愈史郎に出会い、禰豆子を人間に治すための方法を聞くのでした。

要点まとめ
  • 珠代と愈史郎との出会い
  • 二匹の鬼の追跡
  • 禰豆子を治すための薬

珠代と愈史郎との出会いが禰豆子を元に戻す鍵に!?

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼あわせて読みたい!▼

▼次回第9話も続けて読む▼