『鬼滅の刃』第12話あらすじ・ネタバレ感想と考察!善逸の真の実力が目覚める!かっこよすぎて悶絶

アニメ『鬼滅の刃』第12話ネタバレ感想と考察!

出典:『鬼滅の刃』公式ページ

追い込まれた善逸ぜんいつのかっこよさが際立った回でした。

弱い者が真の実力を見せて強くなるというお決まりのパターンですが、やっぱりわかってても痺れます。

今回は色々な戦いが起こりましたが、全ては善逸が持っていった回といっても過言ではないでしょう。

最終回を目前に、いきなりの盛り上がりを見せています。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『鬼滅の刃』第12話「猪は牙を剥き 善逸は眠る」あらすじ

アニメ『鬼滅の刃』第12話「猪は牙を剥き 善逸は眠る」あらすじ①

アニメ『鬼滅の刃』第12話「猪は牙を剥き 善逸は眠る」あらすじ②

鼓を打つ度に、部屋が回転する不思議な屋敷の中で、炭治郎は善逸と離ればなれになってしまう。

炭治郎と別れてしまった善逸は正一を連れ、恐怖に絶望していた。

その頃、炭治郎は、屋敷の主である鼓を打つ鬼と、猪の頭をかぶった奇妙な姿の男に出会う。

アニメ『鬼滅の刃』第12話「猪は牙を剥き 善逸は眠る」あらすじ③出典:『鬼滅の刃』公式ページ

【ネタバレ】『鬼滅の刃』第12話「猪は牙を剥き 善逸は眠る」感想レビュー

イノシシの男

イノシシの顔を被った男は、本物のイノシシのように異能の鬼へと猪突猛進していきます。

しかし、異能の鬼は自分の家で騒ぐ虫どもといって部屋をどんどん回していきます。

そのとき転げ落ちた照子を足蹴にしたイノシシの男に怒りをあらわにする炭治郎はイノシシの男を投げ飛ばします。

投げ飛ばされたイノシシの男は炭治郎に襲いかかってきます。

敵なのか味方なのかわからないイノシシの男に戸惑う炭治郎ですが、異能の鬼は鼓を鳴らし攻撃を仕掛けてきます。

仲間割れどころじゃなくなった二人。

その中でも炭治郎は徐々にその能力の特徴をつかんでいきます。

そこに再び鼓の音がなりますが、今度は別の人が鳴らしたようでした。

そして部屋は変わっていき、炭治郎はもう1つの臭いの元へと向かっていきます。

たどり着いた先にいたのは、鼓を持った鬼!ではなく人間の子供でした。

その子供は炭治郎を見るや否や、怯えて鼓を鳴らしてしまいました。

善逸ぜんいつの眠った実力とイノシシ男の実力

一方で正一と一緒に行動を共にする善逸は、絶賛大ビビり中でした。

恐怖に震えながら進む善逸に、正一は素人ながら冷静に対応します。

恐怖のあまり大声で叫ぶ善逸の元へ鼓の鬼とは違った鬼が現れます。

ビビって逃げるだけの善逸たちですが、追い詰められてしまいます。

絶体絶命のピンチに善逸はまさかの気絶!?かと思いきやこの局面で眠りについてしまいました。

正一はどうすることもできず、眠った善逸に助けを求めるしかありませんでした。

そして鬼の攻撃が飛んできたとき、もう終わりかと思いましたが、なぜか敵の攻撃を相殺する攻撃が飛んできました。

しかし、正一の周りには眠った善逸しかいません。

そうです。近くには善逸がいたのです。

善逸は急に立ち上がり、喋ることなく一撃で敵の首を落としてしまいました。

そのあまりの早さに言葉が出ない正一でした。

そして善逸は急に目を覚まし正気に戻り、鬼が死んでいるのを見て正一がやったものだと勘違いして正一に泣きつきます。

どうやら自分がやったときの記憶はないようでした。

そして場面はイノシシの男に戻ります。

イノシシの男もひたすらに家中を走り回っていました。

曲がり角で不意打ちをくらいかけたイノシシの男でしたが、向かってきた鬼に猪突猛進で簡単に撃破してしまいました。

炭治郎の覚悟

部屋の先にいた少年が鼓を鳴らす寸前で、妹の照子が兄の清だと気づいたことで、なんとか部屋が変わる前に合流することができました。

そして事の経緯を聞いた炭治郎は、再び鼓の鬼と戦うことを決意します。

清と照子は鼓を持っているので自分で頑張って身を守るように言い、炭治郎は鬼の元へと向かいますが、相手の鼓の鬼は元十二鬼月だったようで相当の強さを持っています。

浅草での戦いでの傷が完治しておらず、痛みを伴いながらのギリギリの戦いに苦戦します。

鱗滝のアドバイスなど過去の辛かったことなどを思い出しながら、なんとか痛みに耐えて戦うことを決意するのでした。

『鬼滅の刃』第12話で判明したこと

今回の第12話では、善逸の真の実力とイノシシ男について判明したことがありました。

それでは紹介していきます。

我妻善逸の実力

追い込まれた善逸は急に眠りました。

そこから急に尋常ではない早さで敵を倒したのですが、その普段とのギャップがあまりにもかっこよすぎました。

おそらく二重人格的な感じで、もう一人の善逸が相当の強さを持っているようです。

炭治郎が善逸の実力について感じ取っていたようでしたが、想像以上に強くて驚きました。

そして、やはり使う技ですが稲妻のようなものが走っていたので、おそらく雷系の呼吸で間違いないと思います。

イノシシ男の実力

まず、不意打ちをギリギリでかわすほどの反射神経と、危機察知能力はまるで野生の獣のようでした。

そして、ギザギザでいかにも切れ味のなさそうな日輪刀は肉を引きちぎるような強力な刀で、しかも二刀流でした。

善逸と同様に、簡単に鬼を倒すほどの実力の持ち主のようでした。

そして呼吸は獣の呼吸といういかにもな呼吸法を使っていました。

立ち振る舞いからして強キャラ感がすごいです。

『鬼滅の刃』今後の考察

今回は、次回の炭治郎の戦いについて考察していきます。

負傷中の炭治郎は戦えるのか!?

浅草での戦いの傷を引きずっている炭治郎ですが、戦う覚悟は決めたようでした。

しかし、相手は元とはいえ十二鬼月だった鬼です。

そう簡単に倒せるはずがありません。

おそらく最終的にはイノシシの男と手を組んで倒すのではないでしょうか。

善逸のあの特殊能力は多用できなさそうなので、やはり二人で戦うことになっていきそうな感じはします。

『鬼滅の刃』第12話まとめ

鬼の住む家で迷う炭治郎たちでしたが、それぞれが別々の鬼と戦いを始めました。

善逸とイノシシ男は苦戦することもなく鬼を倒しましたが、問題なのは炭治郎です。

相手は元十二鬼月な上に、炭治郎は怪我が完治していない状態です。

満身創痍ながらも戦う覚悟を決めた炭治郎でした。

要点まとめ
  • 善逸の実力
  • イノシシ男の実力
  • 炭治郎の戦う決意
  • 鼓の鬼が元十二鬼月

それぞれの本格的な戦いが始まります!

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼あわせて読みたい!▼

▼次回第13話も続けて読む▼