ドラマ『執事 西園寺の名推理2』第7話あらすじ・ネタバレ感想!西園寺&丸山刑事の名物タッグが手を組み大活躍

出典:『執事 西園寺の名推理2』公式ページ

最終回への布石がエグい!

そう評判になった第7話のタイトルは、「謎解きはディナーの前に」。

あれ?あの某有名執事のドラマを彷彿とさせるタイトルですね。

なんと晩餐会の食事を料理しながら、遠隔で謎解きをまで行ういう斬新な回。

西園寺(上川隆也)&ベテラン刑事・丸山(佐藤二朗)の最強タッグが大活躍です!

ドラマ『執事 西園寺の名推理2』第7話あらすじ


ドラマ『執事 西園寺の名推理2』第7話あらすじ

西園寺一(上川隆也)は資産家の奥様・伊集院百合子(吉行和子)に仕えるパーフェクトな執事。

ある日、伊集院家で行われる大川龍之介(古谷一行)の国家公安委員長就任を祝う晩餐会のため、出張料理に来る予定のシェフ・友坂純一郎(内海光司)が殺人事件に巻き込まれ、身動きが取れなくなってしまう。

現場に到着した刑事の丸山昭雄(佐藤二朗)からの連絡によると、遺体が動いたかの様な奇妙な事件現場だという…。

友坂に代わって、自ら晩餐会のコース料理を作りながら、西園寺が鮮やかな遠隔捜査で事件の真相を解明する!
出典:『執事 西園寺の名推理2』公式ページ

ドラマ『執事 西園寺の名推理2』の見逃し配信情報

『執事 西園寺の名推理2』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて全話配信されています。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年6月9日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。
  • 各動画配信サービスの違いや機能の詳しい解説は下記をご参照ください!

オススメVODランキング 【徹底比較】動画配信サービス(VOD=ビデオ・オン・デマンド)パーフェクトガイド

ご覧のとおり、2019年6月9日現在はどこのビデオ・オン・デマンドでも配信開始となっておりません。

動画配信が開始になり次第、追って情報を掲載させていただきます。

【ネタバレあり】ドラマ『執事 西園寺の名推理2』第7話の感想

謎の女・山崎和歌子(観月ありさ)が動き出す

第6話終盤、意味深な描写で終えていましたよね。

気になっていたその続きからのスタートです!

衆議院議員・大川龍之介(古谷一行)のもとへ訪れた謎の女(観月ありさ)。

「お姉さまが亡くなられて、もう18年ですか…いやぁ月日が経つのはホントに早い。」

「姉の事件の際はお世話になりました。」

西園寺一(上川隆也)について、どのような方法を使っても一切の情報が出てこず、何らかの力によって過去が消されているとしか考えられないらしい。

「大川先生は何かご存じなのでは?」そうゆっくりとした口調で静かに詰め寄る彼女を、表情を動かさず見つめる大川議員。

やはり西園寺一の過去には何かある!

過去はどうやら謎の女のお姉さんの事件に関わってるらしい…。

その後、百合子奥様(吉行和子)が大川議員に電話。

「国家公安委員長就任」のお祝いの言葉を伝えています。

彼はだいぶ大物…そして百合子の亡き夫・伊集院光弥(里見浩太朗)とは夢を語り合った旧知の仲。

「今夜の晩さん会、楽しみね。」と百合子。

伊集院家では今夜に晩餐会が予定されており、彼も出席するようです。

大川議員は電話を西園寺一に代わってもらうよう百合子に促します。

「昨日な、私の事務所に山崎和歌子(観月ありさ)という女性が訪ねてきた。18年前、あの事件に巻き込まれて亡くなった山崎美鈴さんの妹だ。消したはずの過去が追いかけてきたな。」

はかったように皿が割れる音が鳴り響きます。

今夜は伊集院家で晩餐会…しかし頼んでいたシェフが来ないというピンチ!

皿の割れた音の出どころはキッチンでした。

そこへやってきたのは、困った顔をしたベテランメイドの板倉明美(池谷のぶえ)。

今夜の晩餐会の料理担当であるシェフ・友坂純一郎(内海光司)がまだ来ていないというのです。

西園寺はすぐに友坂シェフに電話。

友坂は「出張先の別荘で殺人事件に巻き込まれてしまった」というのです。

友坂のいる別荘の映像が映し出され、そこで捜査に携わっていたのは、なんと奇遇にもベテラン刑事・丸山(佐藤二朗)でした。

奥様が懇意にしている経済界の重鎮ばかりが招かれた今夜の晩餐会。

今からシェフを手配するのは難しい…。

「ここは私が作る」とまっすぐな視線で語るシェフ探偵・西園寺!

晩餐会は18時から…はたして間に合うのでしょうか。

殺されたのは著名な料理評論家・樋川貞則(柏原収史)

さかのぼること1時間前。

本日大事な予定があるという丸山は、こんな日に事件が起きてしまったことをぼやきながら現場に向かっていました。

どうやら18時にはここを出発しないと「俺の人生終わる」というほどの大事な用事があったそうな。

周囲は渓谷。吊り橋のかかった橋の下、渓流の側で死体が見つかりました。

被害者は、樋川貞則(柏原収史)。

資産家の家に生まれ、若い頃から料理評論家として名を知られた人物。

加えて、投資家としても活躍。

目をかけたシェフや飲食店経営者を支援していました。

【初動捜査で分かったもの】

昨日、樋川が「重大発表がある」と親しくしている知人と別居中の妻を別荘に招待。

昼頃、別荘を出たところから行方不明だった被害者。早朝探しに出た5人の関係者たちが遺体を発見。

切り立った崖からの滑落死。事故に思えましたが…遺体の位置が崖から落ちたにしては離れすぎていました。

一旦転落したと思われる場所には大量の血痕。

何者かが、転落した場所から被害者をいま遺体のある場所まで移動した…という不可思議な謎が残る現場。

崖から突き落とされた、事故ではなく殺人の可能性が高い。

  • 遺体の腕時計破損、時刻は14時5分で停止(おそらく滑落時に壊れた…犯行時刻か?)
  • 招かれた事件関係者たち4人は14時5分トランプをしており、全員アリバイ有り
  • 直接の死因は脳挫傷、右足と左腕が折れている状態

※ただし友坂シェフのみがキッチンで料理していたため、アリバイが不完全。

樋川に招待されたメンバーそれぞれの事情と証言

招待されたのは5名。それぞれが樋川貞行と親交のある人々。

もちろんこの中に犯人がいるんです!

一番怪しいのは誰か…見抜けるでしょうか。

❶樋川が連載を持っていた雑誌の編集者・井崎裕也(宮崎吐夢)

  • 樋川は、井崎の担当するグルメ雑誌にエッセイを連載
  • 覆面取材の連載で井崎は、掲載した店から裏金をもらい提灯記事を書かせていた事実を樋川に知られた
  • 樋川は怒り心頭で、連載を降り事実を公表すると息巻いていた
  • 「西口真衣に私の連載を引き継がしてくれ」そしたら今回の事には目をつむると樋川に言われた
  • 彼は他社の連載もすべてやめる、これからは一目なんか気にせず自由に生きたいと話していたと証言

❷グルメライター・西口真衣(岩井堂聖子)

  • 樋川のスマホの待ち受け画面が、西口真衣との自撮りツーショット写真
  • メールのやりとりも残っており、2人は不倫関係にあった
  • 樋川は優しく何でもいう事を聞いてくれたが、時々心がよそを向いているようだったと証言
  • 真衣は昨日、「君と付き合う必要がなくなった」と樋川から別れ話を切り出されていた

❸カフェプロデューサー・天城圭介(斎藤陽一郎)

  • 天城と樋川は、ホテルのラウンジで「新しい事業計画の立ち上げ・ヨーロッパ各国の珍しいスイーツの製造販売する店」の打ち合わせしているところを目撃されていた
  • 樋川とは高校時代からの付き合い、30年以上の腐れ縁
  • いまの天城があるのは、樋川の資金援助のおかげ

❹現在別居中の妻・樋川恵(西尾まり)

  • 夫・貞行が離婚訴訟をおこし、別居中の妻と慰謝料や財産分与で揉めていた
  • 家事もロクにせず、夫の稼ぎをホストに貢いでいた…夫が女としてみてくれなかったから寂しくてそうなったと説明
  • このままでは裁判に負けるということが目に見えていたが、貞行が「和解」を申し込んできていたと証言

❺出張シェフとして依頼された友坂純一郎

  • 昨日の昼、友坂が作った「牛フィレ肉のロティ」を皆が絶賛。しかし、樋川だけが「こんな料理を提供して恥ずかしくないのか?」と激怒した
  • 友坂は一切手抜きしていない

ついにはじまる…極秘の捜査協力。西園寺(上川隆也)&丸山(佐藤二朗)、夢のタッグ!

百合子は光弥の高く評価していた友坂シェフを助けて欲しいと西園寺に懇願。

主の願いは絶対…西園寺の華麗な料理と謎解き、2つの作戦が同時にスタートします。

一方、丸山も一刻も早く事件を解決しないと予定に間に合わない。

ふたりの思惑が合致したところで、ファン待望!夢のマル秘捜査協力体制が整いました!

【西園寺の推理と抱いた疑問点】

  • おそらく樋川の腕時計時刻は犯人の偽装…衣服の袖に汚れが一切ない。時計のみ泥が付着し表面だけのガラス割れ、これが不自然
  • 落下現場から離れた川岸に放置された遺体「移動する遺体」の謎…
  • 樋川の遺体、なぜ片方にだけ手袋をはめていたのか
  • 関係者たちの証言から感じる樋川が隠していた重大な何か

丸山刑事は、樋川の部屋で「料理と性」という不思議なタイトルの本を見つけます。

開いてみると、それは本の真ん中をくり抜かれた「隠し小物入れ」。

中に入っていたのはロシア語で「トウダリン」と書いてある”薬の錠剤瓶”。

西園寺、ロシア語も堪能という新発見あり。

西園寺に言われ「川の下流捜索」と「樋川のカルテ取り寄せ」が行われます。

川の下流から発見されたのは「リングケース」中にはブルーの大きな宝石の指輪が。

この指輪を見た西園寺は謎がすべて解けるのです。

西園寺(上川隆也)の遠隔指示で刑事・丸山(佐藤二朗)が謎解き開始!

樋川が5人を別荘に集めた理由は「妻と離婚をし、新たなパートナーと人生を歩むつもりであることを宣言するため」でした。

昨日午後3時ごろ、樋川は森の中で新たなパートナーと待ち合わせたが、その相手に崖から突き落とされたというのです。

樋川には西口真衣の他に、もう1人逢瀬を重ねていた人物がおり、そっちが本命で、真衣はカモフラージュでした。

移動した遺体の謎…崖から落ちた樋川を犯人が運んだ訳ではありませんでした。

絶命寸前のなかで樋川は自力で川まではっていったのです。

それは、愛のため…樋川は犯人に繋がる証拠隠滅のために河原へ。

愛する人のサイズに合わせてしつらえた指輪を警察に発見されないためでした。

樋川が絶対に世に知られたくなかった想い人、それは男性でした。

そのリングには「12月の誕生石・ラピスラズリ」が埋め込まれていました。

シンデレラの靴のように、ぴったりハマった人物が…それは、天城。

事件が起きるちょっと前。

「一緒に暮らそう。もう隠れてコソコソ付き合うのは嫌だ。」と樋川は天城に伝えていました。

しかし天城は新プロジェクトで頭がいっぱいで考えられない、一段落するまでもう少しだけ我慢してくれ…と返答。

すがる樋川ともみ合いになり、反動で彼は転落してしまったのでした。

樋川には時間がなかったのです。

あの薬はロシアで承認された骨肉腫の薬。味が分からなくなっていたのもこの薬の副作用。

右手だけの手袋も甲にできた骨肉腫を隠すためだったのです。

余命3カ月、樋川の切ない男心が要所に隠されていました。

最後の力を振り絞って愛する人のために…証拠隠滅と偽装を。

胸が苦しくなるほど切ない事件でしたが、「愛」を強く感じる内容でした。

西園寺の大活躍で、伊集院家の晩さん会はつつがなく終会。

本当に謎解きしながらフルコースを仕上げてしまったんです。

テーブルマナーやテーブルセッテイングの知識なども織り交ぜながらの演出、あますところなく堪能できました。

さて、あれほど18時を気にしていた丸山刑事の予定、これがまさに衝撃的!

丸山刑事は結婚記念日のお祝いで奥さんと待ち合わせていたのですが…奥様は日本語流暢な金髪の外国人美女!

そして丸山が積極的に路上でキス&ハグ!

「人目を気にして生きるなんてつまんねぇだろ?愛は自由なんだから。」

そういうんです!

第7話でガツンと伝わったことがこの言葉に凝縮されています。これを丸山に言わせるのが粋ですね。

エンディングで驚きが!

大川議員が秘書に山崎和歌子を調べさせ、西園寺に伝えていました。

  • イギリスのコンサル会社に勤めていた
  • 1ヶ月前、突然日本に帰国
  • 彼女の中で「18年前の事件」はまだ終わっていない

「とにかく用心だけはしろ」そう忠告する大川議員。

西園寺もピリッとし、ただごとではないオーラ。

その頃、人通りの絶えない昼のオフィス街のベンチに座る山崎和歌子。

誰かと背中合わせで会話…まるで接触をしているのがバレ無い様にしている感じ。

「犯人も捕まり、あの事件は解決しましたから。」と所在なさげにそわそわした様子でそう話をする男・守屋彰俊(大高洋夫)。

「ずっとおかしいと思っていました。警察から見たらなんてことない、一学者が殺された事件の説明に、わざわざ警視総監が来るなんて。」

事件の1か月前、姉は電話で婚約者がいると言っていた…事件後にその男(姉の婚約者)は一切姿を現さなかったのが変だと言う彼女。

「西園寺一という男は、何者なのですか?」

この流れで西園寺の名前がでてくるということは、彼女の姉・山崎美鈴の婚約者が西園寺なのだということのようです。

「話すけど、少し時間がほしい…今夜またここで。」

そう言うと、和歌子を見ずに男は去っていきました。

夜、同じ場所には殺された守屋の姿が!

和歌子が守屋が握っていたメモを見て怖い顔をします。

パトカーのサイレンが鳴るその中で…最終回への期待が高まります!

ドラマ『執事 西園寺の名推理2』第7話まとめ

西園寺一、伊集院光弥と妻・百合子、大川議員、山崎和歌子、そして山崎美鈴…すべてのピースが揃い繋がりをみせてきました。

絶妙な感じで尾を引く感じで来週が最終回!

すべての謎が解けるはず…今から楽しみで仕方ありません。

ドラマ『執事 西園寺の名推理2』他話のネタバレ記事一覧

ドラマ『執事 西園寺の名推理2』第1話あらすじ・ネタバレ感想!謎解きミステリー・エンターテイメントが再始動 ドラマ『執事 西園寺の名推理2』第2話あらすじ・ネタバレ感想!遊園地で起きた爆破予告の真相を暴け ドラマ『執事 西園寺の名推理2』第3話あらすじ・ネタバレ感想!フィギュアスケーターが容疑者に。真相は? ドラマ『執事 西園寺の名推理2』第4話あらすじ・ネタバレ感想!西園寺をパパと呼ぶ謎多き少女の正体とは? 『執事 西園寺の名推理2』第5話 ドラマ『執事 西園寺の名推理2』第5話あらすじ・ネタバレ感想!嵐の洋館で起こる密室殺人事件を解き明かす ドラマ『執事 西園寺の名推理2』第6話あらすじ・ネタバレ感想!時代劇に起きた不可能殺人事件のトリックを暴け ドラマ『執事 西園寺の名推理2』第8話(最終回)あらすじ・ネタバレ感想!ラストにふさわしい、怒涛の伏線回収劇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です