ドラマ『ニッポンノワール』第10話(最終回)あらすじ・ネタバレ感想!すべての犯人と最終決戦、犯人は誰だ?

ドラマ『ニッポンノワール』第10話(最終回)あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『ニッポンノワール』公式ページ

清春(賀来賢人)が南武課長(北村一輝)の協力で山小屋におびき出したガスマスク男は、警察病院で死んだはずの才門警部(井浦新)でした。

才門は、薫(広末涼子)から彼女の計画の全てを打ち明けられていた人物でした。

しかし、彼は真犯人ではありませんでした。

そこに正真正銘のガスマスク男が現れます。

彼は、沙良(夏帆)と克喜(田野井健)を人質にしていました。

清春は世界で唯一のアルティメットプログラムのパワーを上げる新薬を打ち、命を懸けてガスマスク男と戦います。

親子の絆や人間の本質と問う物語『ニッポンノワール』の最終回です。

ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』前回第9話のあらすじと振り返り

喫茶店『ボナーロ』のマスター(笹野高史)は、元ニッポンノワールのメンバーだということが明らかになりました。

彼は、人格矯正プログラムよりもさらに一線を超えた『アルティメットプログラム』という人間を兵器化する計画の開発者でした。

それを知った星良(入江法子)は、ニッポンノワールの実情を公表しようとし殺されてしまったのです。

薫(広末涼子)は、ニッポンノワールが追っているマスターが開発した『新薬』を手に入れ、ある場所に隠したとのことです。

事件の全貌を知った清春(賀来賢人)は、一芝居を打ってガスマスク男を山小屋におびき出します。

果たして、ガスマスク男の正体とは?

アルティメットプログラムを施された清春は生き延びることができるのでしょうか?

ドラマ『ニッポンノワール』第9話あらすじ・ネタバレ感想!すべての記憶を取り戻した清春が罠を仕掛ける

【ネタバレあり】ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第10話(最終回)あらすじと感想

本当の記憶

清春(賀来賢人)は薫(広末涼子)を殺したかのように記憶をすり替えられていましたが、マスター(笹野高史)によって蘇った本当の記憶では、薫が自ら死を選び、自分を殺した容疑者として清春を逃がし、清春によって組織を炙りだすという計画を薫から聞かされます。

清春は息子のために生きてやれと説得を試みますが、薫は組織を壊滅させるためにはこれしかないと頑なです。

こめかみに銃口を向けて死のうとする薫を清春は寸前で止めましたが、別のところから発砲され、薫は殺されてしまいました。

薫が倒れた直後、清春もガスマスクの男から襲われ、気を失ってしまいます。

目を閉じる寸前、まだ息のあった薫は清春に向かって何かを伝えようとします。

「克喜のこと…」

しかし、それ以降は思い出すことができませんでした。

moyoko

『ニッポンノワール』はかなり早いスピードで展開していくため、前回までのまとめをそこそこの時間を割いて流してくれるのがありがたかったです。でも、そこに新事実が隠されていたりするので、1秒たりとも気を抜いてはいけません。

ガスマスク男の化けの皮

薫は、新薬の保管場所を清春に伝えていました。

マスターは保管場所であるコインロッカーの鍵を清春に託します。

そして清春は南武課長に協力を仰ぎ、2人の会話を南武班のメンバーに盗聴させ、そこからガスマスク男を山小屋におびき出すことにしました。

「残念ながら、そこに10億円も新薬もねぇよ」

ガスマスク男は山小屋の床を剝がしているところでした。

「お前の化けの皮、剥がしてやるよ」

清春の首筋に無数の血管が浮き出ました。

清春は山小屋に入る前に新薬を自分に投与していました。

マスターからは新薬は自分の力を圧倒的に引き上げる効果があるが、清春に適合するかどうかは保証できないと言われています。

ガスマスク男はしばらく抵抗しますが、清春の力には勝てません。

ついに清春によってガスマスクが剝ぎ取られると、その正体は才門警部(井浦新)でした。

moyoko

ここでは「やっぱりか~!」の嵐です。才門警部は死んでいないと信じていました。

井浦新さんのSNSでもやたら死んだように見せていたのが怪しかったですし、配役的にそう簡単に離脱するとは思えませんでした。しかし、予想ではガスマスク男はもう一人いるはずですが…果たして。

マインドコントロール

警察病院でガスマスク男に殺されたはずの才門警部。

しかし、彼は薫のUSBの中に入っていた仮死状態を作る方法で死んだフリをし、清春を見守っていたと言います。

ニッポンノワールは『精神支配プログラム』というプログラムも遂行しており、薫はそれを使って強盗団をマインドコントロールしていました。

そして、才門は清春を操るためにそれを使っていました。

『ルックアットミー!』

清春にそう言うと、彼の意志とは関係なしに行動してしまいます。

本庄理事官(篠井英介)を撃ったのもそのせいでした

今は新薬のせいで、その暗示は効かなくなっています。

才門は、薫の計画を全て聞かされていた唯一の人物でした。

克喜の人体実験によって、同じDNAを持つ清春がアルティメットプログラムの適合者になる可能性が高くなるということで、清春は組織から狙われていました。

薫は、それを阻止するために清春を容疑者にして逃がす計画を立てたのです。

moyoko

アルティメットプログラムのみならず、精神支配プログラムまで…話が進むにつれ、どんどんアメコミ感が増してきます。

違法なことをしていましたが、プログラムに適合したというだけで人を殺したことがない清春が人殺しにさせられてしまったのはあまりにも可哀想です。

記憶を消去

確かに、警察全体で清春を追えば、組織は手を出すことができません。

薫の計画を聞いた才門は、そんなことをしても星良(入江法子)は喜ばないからやめてくれと説得しますが、後日『真犯人と会う』というアリバイ作りのメールが送られて来たことで慌てて山小屋に向かうと、薫と清春が倒れていました。

その後、才門はガスマスク男と共に清春の記憶をすり替えるべく、警察病院の実験場に連れて行きますが、直前で中止し清春を『ボナーロ』に運びました。

そして、マスターに記憶を3ヶ月ほど遡って消去し、アルティメットプログラムを実行して欲しいと頼みます。

「コイツが新薬を見つけたら使えるように」

才門は清春の記憶を消して新薬の場所を隠し、組織が清春を殺すことができないようにして彼を守ったのです。

moyoko

実験場のシーンでは、いかにもマッドサイエンティスト然とした人物が現れます。こんな人いたっけ?と考えるのは野暮というもの。人体実験なのですから、マッドサイエンティストがいなければ始まりません。

それから元鑑識官のマスターがかなり大きな役割を担っていたことがわかりましたが、相当高度な技術を持っていたのになぜ一鑑識官に留まっていたのか不思議です。

心変わり

才門は星良の復讐のために組織に入ったものの、1人ではどうすることもできず、ただ組織の力とエグさを見せつけられるだけでした。

しかし、半年前に魁皇高校立てこもり事件によって、自分の命を賭けて必死に社会に訴える教師の姿を見て、あがいてみるのも悪くないと思い直したのでした。

そして、清春に自分の想いを賭けたのです。

成功者は善悪どちらにも転べます。

才門は清春が警視庁のガンのままなら覚醒する前に殺すつもりでした。

覚醒するまでに人間らしさを備えつけようと考えていましたが、克喜との出会いによって清春はどんどん変わっていきました。

だから才門は組織を抜けて清春と逃げたのです。

そして、清春を守るために自らもプログラムを受けましたが、結局適合することはなく才門の体もそう長くはないと言います。

そのため才門は克喜の再実験を遅らせ、ガスマスク男に扮して清春に克喜の危険を知らせるなど陰のサポートに回っていたと言うのです。

moyoko

清春が明海(立花恵理)に調べさせていたのは、USBについた血液が才門のものかどうかということでした。清春も才門の死亡を疑っていたのです。

ドライな振る舞いを見せ、度々怪しい行動を取り続けた才門警部でしたが、それはただただ殺された婚約者の復讐を果たすためでした。悲しい人生です。

真犯人

「お前を選んで正解だった。お前なら星良の無念を晴らしてくれる」

そう言って才門が笑顔を見せた時、彼は胸を撃たれます。

撃ったのは、名越(工藤阿須加)でした。

才門は一緒に駆けつけた沙良(夏帆)に星良のジッポを託し、清春に後は頼んだと言い残して力尽きます。

名越は間違えて撃ってしまったと慌てますが…。

「猿芝居はよせ」

清春は、薫のスマホのパスワードの齟齬や、ガスマスク男が右肩を刺されてから左手で銃を持っていたこと、山小屋のNNマークと彼の字のクセなどから名越を疑っていました。

「なんだ。せっかく頑張ってキャラ作ったのに」

名越の顔は、今までのおちゃらけた表情からは一変し、氷のように冷たくなっています。

名越は、清春を探しに行くという名目で沙良と克喜を人質として連れて山小屋に来ていました。

moyoko

ここでも「やっぱりか~!」の嵐です。ガスマスク男はかなりの長身でした。江國(杉本哲太)説は早々に消えていたので、才門でなければ残るは名越しかありえません。

これで「パーリーピーポー!」が口癖という謎のキャラ設定もうなずけます。

全て僕がやりました

名越はガスマスク男として、強盗団、薫、碓氷元警察庁長官(大和田伸也)、陣内凪人(落合モトキ)を殺したことを自白しました。

「面白くなってきたじゃねぇか」

今までアルティメットプログラムが成功したのは2人。清春と名越です。

名越は新薬の存在を知って、それを手に入れて組織を掌握しようとしていました。

始めは才門の指示に従って行動をしていましたが、才門が心変わりをしたことで暗示から逃れるために殺すことにしたと言います。

「あの人も間抜けですよね。組織から抜ければどうなるかわかっていたはずなのに」

「お前はあの人を理解できねぇよ」

湧き上がった怒りによって、再び清春の体に変化が現れます。

moyoko

プログラム成功者のうち1人は善に、もう1人は悪に転がってしまったということです。

清春は克喜の実験結果によって適合者だとわかりプログラムを受けましたが、名越はなぜプログラムを受けることになったのでしょうか。恐らく元犯罪者だと思われますが、名越の過去については本編では明らかになりませんでした。

沙良(夏帆)がやるべきこと

清春はどす黒い血管が顔にまで広がり、まるで化け物のような姿になっています。

清春と名越2人の戦いが始まった時、沙良は2人にカメラを向けます。

沙良は事前に「新薬を打つと化け物のような姿になるが、それを映して世間に公表しろ」と清春から言われていました。

沙良はニッポンノワールの存在と人体実験などの実情をリポートしながら必死にこう訴えます。

「お願いです。この真実をみんなに広げてください!」

それを知った元3年A組の生徒たちは、配信された動画を次々と拡散し始めました。

moyoko

この回は現実世界と同じ時間が流れている設定で放送されていました。

そのため、このシーンが流れた時にはLINEやTwitterで沙良が流している動画が実際に配信され「この真実を広めてください」として拡散されていました。臨場感溢れる演出です。

それぞれの生き様

互角の戦いが繰り広げられる中、清春の身体が悲鳴をあげはじめます。

新薬が適合しなかったようです。

それを知った名越は容赦なく攻撃を繰り返します。

「やめろ!」

克喜が名越の足にしがみつきます。名越は子供にも容赦はしません。

「そんなに自分の子供が可愛いですか。あ、そうか。この人が本当の父親って知らなかったのか」

名越が克喜を踏みつけようとした時、清春は名越に飛びかかります。

「あなたはもうじき死ぬ」

「今さらそんなの怖くもねぇ。お前らのせいで嫌というほど見てきたんだ。みっともない死に様をな!」

みんな誰かの幸せを祈って、自分を信じて貫いて死んでいったのです。

「死に様こそが生き様だった。お前にそんな生き方できるのかよ!」

名越は、それでも人を傷つけ命を奪う人間を作り変えて何が悪いと言い放ちます。

moyoko

恐らく作り変えられたであろう名越にとっては、その自分を認めなければそれこそ自分の存在価値を見出すことはできません。名越にとってはニッポンノワールを肯定することがアイデンティティになっていたのでしょう。

お父さん!

「お前つまんねぇな」

そう言われた名越は、清春に止めを刺そうとします。

清春はその瞬間、薫が死に際に言っていた言葉を思い出しました。

「克喜のことをお願い。あの子がみんなが笑顔でいられるように」

そして克喜は「お父さん!」と叫びながら、清春のところに駆け寄ろうとします。

克喜はもうプログラムが無効化していますが、今の克喜は昔の彼とは違います。

「人体実験なんかしなくても変われるんだよ」

世の中は理不尽なことだらけで、自分の意志だと思っても誰かに価値観を決められてしまっています。

みんなそれを知らず知らずのうちに受け入れています。

「だけどお前らの思い通りなんてクソくらえなんだよ!」

人間は未完成。誰でも過ちはおかすもの。

しかし、その間違いをなかったことにするのではなく、自分の力で抗うべきなのだと清春は訴えます。

「アイツはそれを教えてくれた。今度は俺の番だ」

「自分次第でこの世界はいくらでも変えられる」

moyoko

第1話で清春が克喜に伝えた言葉が最終話でも出てきました。自分の身体が変わっても、清春のこの考え方が変わることはありませんでした。このシーンは主人公が熱く語る『3年A組』感が強いシーンだったと思います。

誕生日おめでとう

清春はもう一度覚醒して戸越を殴り飛ばし、そのまま倒れてしまいます。

克喜は必死でお父さんを呼び清春の手を握っていると、清春は元の姿に戻りました。

実は、マスターが栄養ドリンクの中に新薬の反発を抑える成分を入れていたのです。そのおかげで清春は命拾いをしました。

隙をついて逃げだそうとした名越ですが、駆けつけた南武課長(北村一輝)によって逮捕されます。

名越の逮捕によって、組織は今度こそ全てが明らかにされるかもしれません。

10億円は薫が実験の被害者遺族に渡して欲しいとマスターに託し、喫茶店の地下室に隠されていました。

「お父さんかっこよかったです!」

化け物みたいな姿でも、克喜にとってはヒーローに見えました。

清春が時計を見ると、もう23時18分です。

「危ねぇ間に合った。誕生日おめでとう」

「どうしてそれを?」

「当たり前だろ。父親なんだから」

父子はケーキを買って帰ろうと笑顔で家路に着きました。

ドラマ『ニッポンノワール』第10話(最終回)まとめ

エンディングで楽しく克喜の誕生日会をする清春と沙良。

清春が何かを取りに行くために部屋の外に出て一瞬立ち止まったかと思うと、次の瞬間に清春は胸の辺りから血を流して倒れていました。

しかし、彼の指はまだ動いていたのです。

そこで番組は終幕を迎えました。

誰かにやられたのか、清春の身体がバグを起こしたのかはわかりませんが、完全に死んでいないところを見ると、清春は不死身の身体を手に入れたということでしょうか。

結局、事件の真犯人はわかっても、ニッポンノワールのことが明らかになることはありませんでした。

そのことがとても心残りですが、何がしかの続編があるフラグでしょうか?

しかし、前クールの『あな番』のこともあるので、あまり期待はしない方が良いでしょう。

『ニッポンノワール』は放送前の予想をはるかに上回る壮大なストーリーで、毎週目が離せませんでした。

さぞかし大変な撮影だったと思います。お疲れ様でした!

ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』他話のネタバレ記事一覧

『ニッポンノワール』第1話あらすじ・ネタバレと無料動画情報! 『ニッポンノワール』第1話あらすじ・ネタバレと無料動画情報!3年A組の半年後が舞台! ドラマ『ニッポンノワール』第2話あらすじ・ネタバレ感想! ドラマ『ニッポンノワール』第2話あらすじ・ネタバレ感想!10億円強奪事件に関与した警察官が判明する ドラマ『ニッポンノワール』第3話あらすじ・ネタバレ感想! ドラマ『ニッポンノワール』第3話あらすじ・ネタバレ感想!本城を陥れた才門(井浦新)の狙いとは? ドラマ『ニッポンノワール』第4話あらすじ・ネタバレ感想! ドラマ『ニッポンノワール』第4話あらすじ・ネタバレ感想!南武課長(北村一輝)が怪しい?克樹の父親説は? ドラマ『ニッポンノワール』第5話あらすじ・ネタバレ感想! ドラマ『ニッポンノワール』第5話あらすじ・ネタバレ感想!ラスト1分…薫(広末涼子)が清春(賀来賢人)に衝撃告白 ドラマ『ニッポンノワール』第6話あらすじ・ネタバレ感想! ドラマ『ニッポンノワール』第6話あらすじ・ネタバレ感想!『3A』の甲斐くん登場に湧くが、予想外の展開に唖然… ドラマ『ニッポンノワール』第7話あらすじ・ネタバレ感想! ドラマ『ニッポンノワール』第7話あらすじ・ネタバレ感想!人体実験の真相と新たな犠牲者が発覚 ドラマ『ニッポンノワール』第8話あらすじ・ネタバレ感想! ドラマ『ニッポンノワール』第8話あらすじ・ネタバレ感想!宮城の悲痛とやりきれない結末に涙 ドラマ『ニッポンノワール』第9話あらすじ・ネタバレ感想! ドラマ『ニッポンノワール』第9話あらすじ・ネタバレ感想!すべての記憶を取り戻した清春が罠を仕掛ける