『名も無き世界のエンドロール』岩田剛典&新田真剣佑のメイキングカット解禁!激しく交差する”過去”と”現在”

『名も無き世界のエンドロール』岩田剛典&新田真剣佑のメイキングカット解禁!激しく交差する”過去”と”現在”!

©️行成薫/集英社 ©️映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会

主演・岩田剛典、共演に新田真剣佑を迎え表裏一体のバディを演じるサスペンス・エンターテイメント映画『名も無き世界のエンドロール』。

何よりも強い絆で結ばれた幼馴染みの2人が、10年もの歳月をかけて表と裏それぞれの社会でのしあがり、住む世界の違う「ある女性」に近づきプロポーズをしようとしていました。

だがそれは、日本中を巻き込む“ある壮大な計画”だったのです。

穏やかで優しい性格でありながら裏社会に入り、いくつもの危ない橋を淡々と渡っていく主人公キダ役に岩田剛典。

キダの力を借りながら会社経営者となり、頭脳と情熱を注ぎ込みのし上がっていくマコト役を新田真剣佑が務め、今や若手俳優の中でも傑出した存在感を誇る2人の初共演が実現しました。

互いになくてはならない表裏一体のバディを熱演し、観る者の心を鷲づかみにします。

物語のカギを握る2人のヒロイン役には山田杏奈、中村アン、また、石丸謙二郎、大友康平、柄本明などベテラン勢も集結!

原作は、2012年「小説すばる新人賞」を受賞した行成薫の同名傑作小説(集英社文庫刊)。

監督を務めるのは『ストロベリーナイト』、『累‐かさね‐』などを手がけてきた佐藤祐市です。

そして、主題歌は今最も注目される若手シンガーソングライターの須田すだ景凪けいなが本作のために書き下ろした楽曲「ゆるる」に決定。

2021年1月29日(金)より全国ロードショーとなります。

この度、本作のメイキングカットが解禁となりました。

『名も無き世界のエンドロール』メイキングカット解禁

『名も無き世界のエンドロール』

©️行成薫/集英社 ©️映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会

この度、主人公のキダを演じる岩田剛典と幼なじみのマコトを演じる新田真剣佑を捉えたメイキングカットが一挙解禁。

本作は、過去と現在が激しく行き来しながら物語が進み、ラストの20分で真実が繋がっていくという仕掛けが見どころです。

解禁されたのは、過去パートである学生時代の一幕と、日本中を巻き込んだ“ある壮大な計画”を実行する為に2人がそれぞれ“闇の交渉屋”と”実業家”へと変貌を遂げた現在パートの撮影現場を押さえたもの。

『名も無き世界のエンドロール』

©️行成薫/集英社 ©️映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会

本作のメガホンをとった佐藤祐市監督が「過去と現在の違いを表現するために、大切な思い出が詰まった過去のシーンは“暖色のアンバー系”に、ある壮大な計画に向かって邁進する現在を“寒色のブルー系”のトーンで撮影しました」と語る通り、学生時代1枚とその他の写真を比べると色のトーンの違いが見てとれます。

『名も無き世界のエンドロール』

©️行成薫/集英社 ©️映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会

また、学生時代の楽し気なムードから一変、真剣な顔つきへと変化した2人の表情で、現場の雰囲気も衝撃のラストシーンの撮影に向かうにつれて緊張感が高まっていったことがわかるカットも…。

『名も無き世界のエンドロール』

©️行成薫/集英社 ©️映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会

あわせて、計画の準備を進める基地となる現在パートののマコトの部屋の全貌もお披露目されました。

『名も無き世界のエンドロール』

©️行成薫/集英社 ©️映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会

“過去”と“現在”の色彩の違いは美術セットにも反映されており、マコトの部屋はカーテンやソファー、絵画まで青系で統一。

成功を収めたマコトは、誰もが羨む一等地のタワーマンションで暮らしますが、部屋はどこか冷たくさみしい雰囲気が漂います…。

岩田と新田の熱演はもちろん、2人の心情を反映した空間と工夫を凝らした映像にも注目して下さい。

Galleryギャラリー

『名も無き世界のエンドロール』作品情報

『名も無き世界のエンドロール』

©️行成薫/集英社 ©️映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会

原作:行成薫「名も無き世界のエンドロール」(集英社文庫)
監督:佐藤祐市(『ういらぶ。』『累 –かさね-』など)
出演:岩田剛典、新田真剣佑、山田杏奈、中村アン、石丸謙二郎、大友康平、柄本明
制作プロダクション:RIKIプロジェクト、共同テレビジョン
配給:エイベックス・ピクチャーズ
公式サイトwww.namonaki.jp
公式Twitter:<@namonaki2021>
公式Instagram:<@namonaki2021> #名も無き

あらすじ

クリスマス・イブの夜。

日本中を巻き込んだ、ある壮大な計画が実行されようとしていた―。

複雑な家庭環境で育ち、淋しさを抱えて生きてきたキダとマコトは幼なじみ。

そこに同じ境遇の転校生・ヨッチも加わり、3人は支え合いながら家族よりも大切な仲間となった。

しかし20歳の時に、ヨッチが2人の前からいなくなってしまう。

そんな2人の元に、政治家令嬢で、芸能界で活躍するトップモデルのリサが現れる。

住む世界の違うリサに異常な興味を持ったマコトは、食事に誘うが、全く相手にされない。

キダは「住む世界が違うから諦めろ」と忠告するが、マコトは仕事を辞めて忽然と姿を消してしまう。

2年後。マコトを捜すために裏社会にまで潜り込んだキダは、ようやく再会を果たす。

マコトは、リサにふさわしい男になるために、死に物狂いで金を稼いでいた。

マコトの執念とその“理由”を知ったキダは、親友のため命をかけて協力することを誓う。

以来、キダは〈交渉屋〉として、マコトは〈会社経営者〉として、裏と表の社会でのし上がっていく。

そして、迎えたクリスマス・イブの夜。マコトはキダの力を借りてプロポーズを決行しようとする。

しかし実はそれは、10年もの歳月を費やして2人が企てた、日本中を巻き込む“ある壮大な計画”だった─。

ラスト20分、衝撃のエンドロールが幕を開けるー。

『名も無き世界のエンドロール』は、2021年1月29日(金)全国ロードショー!

オリジナルドラマ『Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~』も公開日と同時に配信開始!

『Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~』

©️行成薫/集英社 ©️映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会©️エイベックス通信放送

映像配信サービス「dTV」にてオリジナルドラマ『Re:名も無き世界のエンドロール ~Half a year later~』が、映画公開と同日の1月29日(金)より全3話で独占配信されることが決定!

舞台は映画のラストから半年後の世界。

闇の交渉屋として生きるキダを中心に、幼なじみしか知らないはずのある言葉を放つ謎の女性との出会いをきっかけに自らの運命と対峙していく様を描きます。

\\『Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~』を見るならここ!!//

31日間無料のdTVで見る

▼あわせて読みたい!▼