『鬼滅の刃』第1話あらすじ・ネタバレ感想!13歳の少年を待ち受ける残酷な運命とは?

『鬼滅の刃』第1話

出典:『鬼滅の刃』公式ページ

裕福ではなくとも家族と幸せに暮らしていた炭売りの少年・炭治郎。

村へ炭を売りに行っている間に家族に起きる悲劇。

その悲劇が、彼の人生を大きく変えることになります。

それではさっそく『鬼滅の刃』第1話のレビューをしたいと思います。

\\『鬼滅の刃』を見るならここ!!//

31日間無料のU-NEXTで見る

【ネタバレ】『鬼滅の刃』第1話あらすじ・感想


炭売りの少年の悲劇

山の中で家族と幸せに過ごす額に傷を持つ少年・炭治郎。

雪が降る中、村へ炭を売りに行きます。

兄弟たちは兄・炭治郎について行くと言って聞かなかったのですが、優しく母が止めたのでした。

そんな和やかなやり取りを終えて、炭治郎は村へ行きます。

村に着くと、炭治郎は村の人たちに次々と話しかけられます。

虹丸虹丸

これだけでも炭治郎の人望の高さが伺えますね。

そして、その人望の高さもあってか、炭治郎は炭を全部売り切ることができました。

ノルマもクリアし、あとは帰るだけでしたが、外は暗くすっかり夜になっていました。

それでも家族の待つ山へ帰ろうとする炭治郎を、三郎おじさんが「今日は泊めてやるから、夜に山をうろつくのはやめろ。」と強く引きとめます。

なぜなら、山には人喰いの鬼が出ると言うのです。

さらにその鬼たちは夜に活発化するため、夜に山へ行くことは死にに行くようなもの。

鬼の存在をあまり信じていない炭治郎でしたが、三郎の説得により一泊して行くことにします。

そして、三郎は鬼の恐ろしさと、そんな鬼を退治する鬼狩りの話を炭治郎にしてくれました。

そんなこんなで夜が明けて、翌朝炭治郎は家族のもとへ帰ります。

家も近づいてきた頃、鼻のいい炭治郎は家の方から血の匂いを感じ取ります。

嫌な予感がして急いで家に戻ると、家の前では妹の一人・禰豆子ねずこが倒れています。かなりの重傷です。

そして家の中では、それ以外の家族が無残にも殺されていました。

絶望に浸る炭治郎でしたが、唯一まだ微かに息のある禰豆子を抱えて街に向かいます。

虹丸虹丸

幸せな家族の描写から、この無残な描写へのギャップが凄すぎて開いた口が塞がらなくなりました。それと同時に次の展開が気になって仕方ない症候群に陥ってしまうので注意が必要です。それだけ衝撃が大きい!

禰豆子の鬼化

重傷の禰豆子を抱えて街へと向かう途中、いきなり背中の禰豆子が暴れ出します。

いきなり暴れ出したので、バランスを崩し、そのまま崖下へと転落してしまいます。

連日の降り続く雪のおかげで怪我せずに済み、一安心の炭治郎でしたが、次の瞬間…、いきなり禰豆子が炭治郎に襲いかかってきます。

その風貌は、牙も生え、目つきも狂気じみており、身体も炭治郎より大きくなっていました。

虹丸虹丸

まさに鬼!

そうです。禰豆子は傷口に鬼の血を浴びてしまったので鬼化したのです。

今にも禰豆子に押しつぶされ、喰われそうな状態でした。

禰豆子に必死に呼びかける炭治郎。

その気持ちが彼女に通じて、涙する禰豆子。攻撃の手が緩みます。

虹丸虹丸

そんな彼女に猛スピードで迫る人の影!?

鬼狩り:冨岡義勇

炭治郎の呼び掛けに涙する禰豆子でしたが、そこに鬼狩り冨岡義勇が現れます。

彼女を今から斬り殺すという義勇に、炭治郎は必死に説得を試みます。

しかし説得も儚く、禰豆子は一刺しされてしまいます。

怒りにかられ、義勇に斧と石ころを手にして立ち向かっていきます。

実力差は明らかで、手も足も出ないまま気を失ってしまいます。

しかし、敵わないことを最初から理解していた炭治郎は一発にかけて、作戦を練っていました。

そんな彼のセンスを素直に認める義勇の目の前では、信じられない光景がありました。

なんと鬼化して自我が無いはずの禰豆子が、義勇から炭治郎を守るため、身を呈して庇っていたのです。

禰豆子は大怪我をしており、いつ人を喰べてもおかしくない状態のはずなのに、喰べることはおろか、人を守ろうとしている光景に、禰豆子には他の鬼とは違う何かを感じ、二人を見逃すことにします。

その際に禰豆子には、人を噛まないように口に筒みたいなものを取り付けます。

そして、炭治郎に鱗滝左近次の所へ行くようにと伝えるのです。

『鬼滅の刃』第1話で判明したこと

今回、第1話なので考察からの答え合わせはできませんが、大切な情報がいくつか出てきたので整理しましょう。

鬼の存在

虹丸虹丸

この世界には鬼と言われる存在がおり、それらは人を喰べる種族であることがわかりました。

また彼らの血液には人を鬼に変えてしまうという効果があり、それを傷口から体に取り込んでしまった禰豆子は鬼化してしまいました。

鬼狩り

鬼を退治する人たちのことです。

今回は鬼化した禰豆子を狙った冨岡義勇という男が、その鬼狩りの一人にあたります。

虹丸虹丸

剣の扱いに非常に長けており、攻撃を見極める力も躱す力もあり、相当の実力者であることは間違いないです。

『鬼滅の刃』今後の考察

今回は、炭治郎と禰豆子の今後の展開や、冨岡義勇の正体について考察していきたいと思います。

炭治郎と禰豆子の今後

炭治郎は禰豆子を連れて、彼女を救うための方法を探す旅に出るでしょう。

その前に左近次のところに寄ることは確定しているので、そこで鬼と戦うための術を学ぶのではないのでしょうか。

旅に危険はつきもの、気持ちだけではどうにもならない場合もあるはずです。

ましてや、人を襲う鬼を相手にするわけですから、義勇のような剣術は必須なのではないでしょうか。

そのため、義勇は自分の師匠でもある左近次のところに彼らをよこしたと考えられます。

虹丸虹丸

いずれは、鬼の力を制御できるようになった禰豆子も戦闘に参加するかもしれませんね。

冨岡義勇の正体

鬼に対して無類の強さを誇る義勇という鬼狩りの男ですが、いったい彼は何者なのでしょうか。

鬼の討伐を専門とする組織のメンバーではないかと考えます。

また、力なき者、今回でいうと炭治郎に異様な怒りを示し、怒鳴る場面がありました。

虹丸虹丸

過去に自分の弱さから 大きな過ちを犯した可能性があると考えられます。

『鬼滅の刃』第1話あらすじ・ネタバレ感想・考察まとめ

今回は、裕福とは言えないまでも幸せに暮らしていた炭治郎に降りかかる絶望を中心に描いていました。

13歳の少年にとっては計り知れないほどの絶望ですが、それでもたくましく妹を守ろうとする姿に感動!

要点まとめ
  • 鬼とそれを狩る鬼狩りの存在
  • 家族の死と禰豆子の鬼化
  • 冨岡義勇の登場

炭治郎に降りかかる絶望から、今後どうなっていくのか目が離せません!

\\『鬼滅の刃』を見るならここ!!//

31日間無料のU-NEXTで見る

▼次回第2話も続けて読む▼