『悪の波動 殺人分析班スピンオフ』第3話あらすじ・ネタバレ感想!雅人がトレミーの片鱗を見せ始める

ドラマ『悪の波動 殺人分析班スピンオフ』第3話あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『悪の波動 殺人分析班スピンオフ』公式ページ

ドラマ『悪の波動 殺人分析班スピンオフ』第3話は、首くくりの新たな被害者は出てこないものの、首くくり事件の新たな情報で進展がありそうです!

そして、雅人(古川雄輝)と吉佳(SUMIRE)。

孤独を埋め合うふたりの関係がさらに近づきます。

しかし、ラストでは雅人から「トレミー」の片鱗が見えたかのような猟奇的なシーンもあり…。

それではさっそく『悪の波動 殺人分析班スピンオフ』第3話をレビューしていきたいと思います!

『悪の波動 殺人分析班スピンオフ』第3話あらすじ

取り調べで野木の容疑は晴れ、新たに“カナ”という人物が参考人として浮上。

全体の捜査は井口とは異なる方針へ舵を切られ、次なる被害者が出るのではないかと焦燥に駆られる井口。

なんとか野木の尻尾をつかむべく、相棒の矢島(深澤辰哉)もあきれる中、執拗に尾行を続ける。

そんな井口の監視の目に気付いた野木は、吉佳を使いながらうまくカモフラージュし……。

そんな中、聞き込みをしていた井口は新たな証言を手に入れる。
出典:『悪の波動 殺人分析班スピンオフ』公式ページ

『悪の波動 殺人分析班スピンオフ』を視聴できる動画配信サービス

『悪の波動 殺人分析班スピンオフ』は、下記のアイコンが有効になっている動画配信サービスにて視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年10月22日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。(※他にも面白いコンテンツが豊富で、ほとんどの方がご継続されるほど満足度の高いサービスです!)

【ネタバレ】『悪の波動 殺人分析班スピンオフ』第3話の感想

吉佳(SUMIRE)とイイ感じになる雅人(古川雄輝)

野木直哉(=雅人/古川雄輝)の容疑は晴れたようですが、相変わらず執拗に野木をストーカーのように張り込む井口(池田鉄洋)。

井口の雅人に対する執着は刑事の勘でしょうか。

張り込みに付き合う相棒の矢島(深澤辰哉)は仕方なく付き合っている、という感じ。

しかし「首くくり事件」はすでに被害者が4人に達し、凶悪な連続殺人事件として捜査本部は殺伐としながらも犯人逮捕に躍起になっています。

一方、当の本人である雅人は、井口の張り込みを背後に感じながらも廃墟巡りの日課は欠かしません。この日も吉佳(SUMIRE)が一緒です。

この廃墟巡りのことを雅人の母親探しであると察していた吉佳。

「お母さんを探しているだけなら辛いだけだ」と言います。

この日、吉佳はキャバクラの仕事が休みで、ふたりは吉佳の家で晩御飯を一緒に食べることに。

その晩御飯中、雅人の箸の持ち方や、慌ててかき込むような食べ方が気になった吉佳が尋ねると「食べるのが面倒だから」と答える雅人。

吉佳が雅人の好物のハンバーグを「今度一緒に食べよう」と言うと、吉佳の作った夜ご飯を「おいしい」と雅人は言い、ふたりは何だかイイ感じに。

そして、吉佳から雅人にキスしようとしますが、雅人は拒み、部屋を出ていってしまいます。

「ご馳走様くらい言ってよ」と言う吉佳に、去り際「ご馳走様…」とボソリ。

すでに尻に敷かれている感すら感じる…。

まさか、あのトレミーにこんな恋愛の過去があったなんて…!

吉佳と一緒にいるようになってから、雅人の人間らしさが次第に取り戻されているように感じます。

だけどこの後、雅人はトレミーとなって連続殺人に手を染めていくんですけどね…。

本家『殺人分析班』の方に吉佳が出ていないってことは、吉佳はすでに亡くなっていたりして…。

「ここじゃないどこか遠くへ行きたい」

そんな吉佳の言葉も何だか引っかかります。

吉佳(SUMIRE)の兄、浅田剛志(平埜生成)が再び

翌日、アパートの花壇の前で管理人のお婆さんにバッタリ遭遇した雅人。

転びそうになったのを助けた雅人に、「うちの人を手伝ってくれてありがとう、花好きの人に悪い人はいないね」とお礼を言うお婆さん。

すると雅人は、「良い人とは限らない。うちの親父は花屋だったけど酷い人だった」と答えます。

「花が好きな優しい人。あんたお母さんに似たんだ」とお婆さんは笑います。

管理人のお婆さんには雅人は優しい人に見えているようです。

その日の明け方、仕事終わりの吉佳から花壇に呼び出された雅人。

なかなか咲かなかった花壇の花が綺麗に咲いていました。

そんな和みムードの中、吉佳の腹違いの兄・浅田剛志(平埜生成)が突如現われ、吉佳を家に引きずり込みます。

この日は虫の居所が悪いのか、さっそく笑いながら吉佳の首を絞めます。

そして吉佳の部屋から鈍い音、続いて叫び声が聞こえ、部屋に入った雅人は兄から暴行を受けて顔に大きな傷を負った吉佳を見つけます!

もう…井口刑事、吉佳の兄を先に逮捕してよ…(笑)

首くくりの容疑が再び雅人(古川雄輝)に…!

吉佳の兄・剛志にキレた雅人は、兄を捕まえて車の中で電気ショックで拷問し、二度と吉佳に近づかないと約束させます。

しかし車から逃亡して、拾った棒を持って反撃してきた兄・剛志。

「てめぇみてえなクソガキに吉佳をくれてやるわけねぇだろうが」と言われ、雅人は剛志に対し、吉佳に怪我を負わせたと同じ場所の右目を工具で潰します…!

その頃、吉佳の働くキャバクラには井口が現れます。

「野木直哉を探しています」と、吉佳に雅人の居場所に心当たりがないか聞きます。

「野木直哉は首くくりの重要参考人です。首くくりの被害者の4人中2人。偶然でしょうか」

首くくり事件の4番目の被害者のアパートの隣の住民が、雅人と被害者が一緒にいるところを目撃したと証言したのでした。

ますます雅人が犯人であると確信した井口。

吉佳は雅人の居場所を「知らない」と答えましたが…。

『悪の波動 殺人分析班スピンオフ』第3話まとめ

やはり雅人が首くくりの犯人?

でも雅人が母親の事件と関係のない人を殺害する感じが今のところ皆無です。

だとしたら、雅人と首くくりの被害者との接点は何なんでしょう?

それと、前回第2話で浮上した「カナ」という名前の人物のことは今回は保留…。

吉佳の兄・剛志が死んだかよく分かりませんでしたが、ただでさえ井口刑事に目を付けられている状況で殺害してしまっていたのだとしたら…。

それと、雅人は吉佳のキスを拒んでいましたが、両想いなのは間違いなく…!

雅人の吉佳への想いが男女間の“好き”なのかは分かりませんが。

ふたりが今後どうなるのかも気になりますねぇ。

『悪の波動 殺人分析班スピンオフ』はWOWOWのオリジナルドラマですが、動画配信サービスTSUTAYA TVにて独占配信されています!ぜひ30日間無料で見てみてください!

『悪の波動 殺人分析班スピンオフ』

出典:TSUTAYA TV

『悪の波動 殺人分析班スピンオフ』をフルで見れる動画配信サービス一覧

u-next
TSUTAYA TV

出典:TSUTAYA TV

TSUTAYA TVの特徴
  1. 32,000タイトル以上の洋画・邦画が中心に楽しめる
  2. 宅配レンタルの「TSUTAYA DISCUS」とのセットプランもあり
  3. 月額933円が、30日間は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能

『殺人分析班』シリーズの他作品ネタバレ一覧

【シリーズ1作目『石の繭』】


【シリーズ2作目『水晶の鼓動』】

【シリーズスピンオフ『悪の波動』】

【シリーズ3作目『蝶の力学』】