ディズニー音楽の年代別名曲ランキング!クラシックの名作から新作まで、心に響く素晴らしい音楽を総まとめ

【年代別】ディズニー名曲ランキング!心に響く素晴らしい音楽を総まとめ

出典:Disney+(ディズニープラス)

これまでに数多くの名作を世に送り出してきたウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ。

その魅力を語る上で欠かせないのが、素晴らしい劇中曲です。

ねお

第1作の1937年『白雪姫』から最新作の2019年『アナと雪の女王2』まで、全58作から選りすぐりの名曲を、年代別にランキング形式でご紹介します。今回はピクサースタジオの作品は対象外です。

 目次

ディズニー音楽の年代別名曲ランキング:創生期(1937年〜1949年)

史上初のカラー長編アニメーション映画『白雪姫』、世界で初めてステレオ音響で製作された映画『ファンタジア』など、先進的な技術と高い芸術性を追求していた創生期のディズニーは、楽曲も優れたものばかりです。

第3位「Os Quindins de Yayá」『三人の騎士』より


ウォルト・ディズニー氏が、ラテンアメリカを旅した経験をもとに製作した実写+アニメーションのオムニバス映画『三人の騎士』の劇中曲です。

アリ・バホーゾというブラジルの音楽家が1941年に作りました。

『三人の騎士』

出典:IMDb

ねお

ドナルドダックとホセ・キャリオカが、実写に溶け込み踊る映像も楽しい陽気な曲です。
\\『三人の騎士』を見るならここ!!//

31日間無料のディズニープラスで見る

第2位「I’m Wishing/One Song」(邦題:私の願い/ワン・ソング)『白雪姫』より


全世界に衝撃を与えた『白雪姫』はアニメ史に残る象徴的なシーンがいくつもありますが、その中でも、白雪姫が「願いの井戸」に向けて歌うこのシーンは特にお気に入りです。

『白雪姫』

出典:IMDb

ねお

当時21歳のアドリアナ・カセロッティの歌声が可愛くて良いですね。
\\『白雪姫』を見るならここ!!//

31日間無料のU-NEXTで見る

第1位「When You Wish Upon a Star」(邦題:星に願いを)『ピノキオ』より


『白雪姫』でも劇中曲の作曲を手がけたリー・ハーラインが『ピノキオ』の主題歌として書き下ろした曲です。

とても有名な曲ですが、歴史に残る美しさを持つこの曲こそ創生期の1位にふさわしいと思い選曲しました。

『ピノキオ』

出典:U-NEXT

ねお

1985年公開の『コルドロン』以降、ディズニー作品ではオープニングロゴのBGMとしてこの曲が流れることが恒例になっており、まさに「ディズニーを代表する1曲」と言えるでしょう
\\『ピノキオ』を見るならここ!!//

31日間無料のU-NEXTで見る

ディズニー音楽の年代別名曲ランキング:第1次黄金期(1950年〜1967年)

1950年『シンデレラ』の大ヒットから始まり、ウォルト・ディズニー氏が携わった最期の作品である1967年『ジャングル・ブック』まで、ディズニーブランドを確立した第1次黄金期の名作は劇中曲も名曲揃いです。

第3位「Overture(101 Dalmations)」『101匹ワンちゃん』より


101匹わんちゃん』のオープニング曲、軽快なジャズナンバーです。

緩急の激しい曲展開が、これから始まる物語へのワクワク感を高めてくれました

『101匹わんちゃん』

出典:IMDb

ねお

曲に合わせて切り替わっていくクレジットの演出もお洒落で可愛いです
\\『101匹わんちゃん』を見るならここ!!//

31日間無料のU-NEXTで見る

第2位「You Can Fly!You Can Fly!You Can Fly!」(邦題:きみもとべるよ!)『ピーター・パン』より


『ピーター・パン』のもっとも有名なシーンではないでしょうか。

『ピーター・パン』

出典:IMDb

ねお

東京ディズニーランドのアトラクション「ピーターパン空の旅」で、この曲をBGMにロンドンを見下ろすところがありますが、初めて乗った時の興奮をまだ覚えています
\\『ピーター・パン』を見るならここ!!//

31日間無料のU-NEXTで見る

第1位「Once Upon a Dream」(邦題:いつか夢で)『眠れる森の美女』より


「ディズニーの代表作」として、真っ先に『眠れる森の美女』が挙がることは少ないかもしれません。

『眠れる森の美女』

出典:U-NEXT

ねお

私も物語の完成度で選べば『眠れる森の美女』より好きな映画はありますが、純粋に映像と音楽ならウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ全58作品の中でこの曲を歌うシーンが1番好きです。

チャイコフスキーのバレエ組曲「眠れる森の美女」の中から、「Garland Waltz」に歌詞をつけ見事にアレンジしました。

\\『眠れる森の美女』を見るならここ!!//

31日間無料のU-NEXTで見る

ディズニー音楽の年代別名曲ランキング:暗黒期(1968年〜1988年)

ウォルト・ディズニー氏の死後、ディズニー社は製作体制が安定せず興行成績も振るわない暗黒期に突入してしまいます

しかし、そんな時代にも「隠れた名曲」と言うべき楽曲がいくつか誕生しました。

第3位「Not In Nottingham」『ロビン・フッド』より


ロビン・フッド』の挿入歌。

ロジャー・ミラーというシンガーソングライターが作詞作曲し歌唱しました。

ねお

劇中ではアラナデールという名前のニワトリの吟遊詩人が歌うことに!漂う哀愁がすごく魅力的です
\\『ロビン・フッド』を見るならここ!!//

31日間無料のディズニープラスで見る

第2位「Why Should I Worry?」『オリバー ニューヨーク子猫ものがたり』より


オリバー ニューヨーク子猫ものがたり』からビリー・ジョエルによる軽快なポップソングをご紹介。

興行成績はそれほど悪くなかったのですが、日本での知名度はかなり低い気がします。

ねお

吹き替え版では松崎しげるさんが歌っており、そちらもかっこよくておすすめです
\\『オリバー ニューヨーク子猫ものがたり』を見るならここ!!//

31日間無料のディズニープラスで見る

第1位「Everybody Wants To Be A Cat」(邦題:みんな猫になりたいのさ)『おしゃれキャット』より


『101匹わんちゃん』が「犬映画」なら、今度は「猫映画」からジャズの名曲です。

仔猫のマリーはよく知られているキャラクターですが、映画『おしゃれキャット』をちゃんと見たことがある人は少ないのではないでしょうか?

『おしゃれキャット』

出典:U-NEXT

貴族階級と庶民の対比が「クラシック音楽」と「ジャズ」の対比で表現されました。

ねお

鑑賞の際は、ジャズ自体が物語上大きな意味を持つ音楽映画としての側面にも要注目です。
\\『おしゃれキャット』を見るならここ!!//

31日間無料のU-NEXTで見る

ディズニー音楽の年代別名曲ランキング:第2次黄金期(1989年〜1999年)

1989年『リトル・マーメイド』から始まる第2次黄金期。

通称「ディズニー・ルネサンス」には、多くの傑作ミュージカル映画が公開されました

ねお

素晴らしい歌がたくさんあり、選曲にとても悩みました。

第3位「Out There」(邦題:僕の願い)『ノートルダムの鐘』より


稀代の作曲家、アラン・メンケンによる傑作ミュージカルの1つ『ノートルダムの鐘』を代表する曲です。

『ノートルダムの鐘』

出典:U-NEXT

ねお

ディズニーにしてはかなりシリアスな内容ですが、だからこそシリアスさとの対比で、大きな希望の光を感じさせる美しいシーンとなりました
\\『ノートルダムの鐘』を見るならここ!!//

31日間無料のU-NEXTで見る

第2位「You’ll Be in My Heart」『ターザン』より


アカデミー歌曲賞を受賞した『ターザン』の主題歌です。

『ターザン』

出典:U-NEXT

イギリスの伝説的なミュージシャン、フィル・コリンズの才能と素晴らしい歌声が遺憾なく発揮された名曲。

ねお

メロディと声が良すぎて、私はいつ聴いても目が潤みます
\\『ターザン』を見るならここ!!//

31日間無料のU-NEXTで見る

第1位「A Whole New World」『アラジン』より


数多くの傑作ミュージカルを手がけたアラン・メンケンは、まさに「ディズニー・ルネサンス」の立役者であり、この年代だけでも名曲が多すぎて「絶対的な代表曲」は決められないと思います。

ねお

しかし、私の中では『アラジン』の名シーンで歌われるこの曲が優勝です。
『アラジン』

出典:IMDb

シンプルかつロマンチックなメロディで、壮大なスケールを感じさせる音の広がりなど非の打ちどころがありません。

\\『アラジン』を見るならここ!!//

31日間無料のU-NEXTで見る

ディズニー音楽の年代別名曲ランキング:低迷期(2000年〜2009年)

2002年『リロ・アンド・スティッチ』以外のほとんどの作品が、興行的には失敗となる低迷期に再び突入。

しかし、この時代にはあまり知られていない面白い作品や、心に残る名曲が埋もれています

第3位「Hawaiian Roller Coaster Ride」『リロ・アンド・スティッチ』より


さっそく、この年代唯一のヒット作『リロ・アンド・スティッチ』から爽快感抜群の曲をどうぞ。

ハワイ+SFという世界観が新鮮で楽しい秀作です。

『リロ・アンド・スティッチ』

出典:U-NEXT

ねお

また、劇中でエルヴィス・プレスリーの曲が多用されますが、プレスリーのコスプレをするスティッチが可愛いです。
\\『リロ・アンド・スティッチ』を見るならここ!!//

31日間無料のU-NEXTで見る

第2位「I thought I lost you」『ボルト』より


マイリー・サイラスとジョン・トラボルタが歌う『ボルト』の主題歌です。

『ボルト』

(C)Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

お2人とも声優として、本編にも出演しておりなかなか豪華な作品ですが、結果的には知名度の低い作品となってしまいました。

ねお

ストレートでポップなメロディが素敵です。
\\『ボルト』を見るならここ!!//

31日間無料のディズニープラスで見る

第1位「12 Years Later」『トレジャー・プラネット』より


児童文学「宝島」の舞台を海から宇宙に置き換えたアドベンチャー映画『トレジャー・プラネット』のメインテーマ曲

ディズニー流のスチームパンクな世界観が最高です。

『トレジャー・プラネット』

出典:IMDb

ねお

『スター・ウォーズ』、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のテーマ曲にも通じるキャッチーなフレーズが心に響きます。またアメリカのロックバンド「Goo Goo Dolls」のフロントマン、ジョン・レズニックによる主題歌「I’m Still Here」も素晴らしい曲です。
\\『トレジャー・プラネット』を見るならここ!!//

31日間無料のディズニープラスで見る

ディズニー音楽の年代別名曲ランキング:第3次黄金期〜(2010年〜)

日本でも社会現象になるほどの大ヒットを記録した2013年『アナと雪の女王』を筆頭に、安定してヒット作を連発している2010年代以降のディズニー。

名作の中から特に好きな曲をピックアップしました。

第3位「Try Everything」『ズートピア』より


緻密に練られた舞台設定、人種差別など時事的な社会問題を取り入れつつコンパクトにまとめられたストーリー。

まさしく「完璧」な映画『ズートピア』の主題歌です。

『ズートピア』

(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

ねお

気合いを入れたい朝におすすめです。
\\『ズートピア』を見るならここ!!//

31日間無料のU-NEXTで見る

第2位『Into the Unknown』『アナと雪の女王2』より


『アナと雪の女王』といえば「Let It Go」ですが、個人的には『アナと雪の女王2』の音楽が好きなのでこちらを選曲しました

サビの高音がとてもエモーショナルです。

『アナと雪の女王2』

(C)2019 Disney. All Rights Reserved.

ねお

吹き替え版の松たか子さんの歌声も圧巻でした。
\\『アナと雪の女王2』を見るならここ!!//

31日間無料のU-NEXTで見る

第1位「I See the Light」(邦題:輝く未来)『塔の上のラプンツェル』より


最後はウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ第50作という記念的作品塔の上のラプンツェル』からこの名曲を紹介して、締め括りたいと思います。

「ディズニー・ルネサンス」以来、久々のアラン・メンケンによるミュージカル作品。

『塔の上のラプンツェル』

(C)Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

アラン・メンケンが紡ぐロマンチックなメロディとディズニープリンセスの相性の良さには絶対的なものがあることを実感させられました。

ねお

「1960年代のフォークロックと中世の音楽を混合することを試みた」という劇中曲は粒揃いで、私にとって『塔の上のラプンツェル』はディズニー音楽の頂点です。
\\『塔の上のラプンツェル』を見るならここ!!//

31日間無料のU-NEXTで見る

ディズニー音楽の年代別名曲ランキングまとめ

【年代別】ディズニー名曲ランキング!心に響く素晴らしい音楽を総まとめ

出典:Disney+(ディズニープラス)

創生期(1937年〜1949年)

  1. When You Wish Upon a Star
  2. I’m Wishing/One Song
  3. Os Quindins de Yayá

第1次黄金期(1950年〜1967年)

  1. Once Upon a Dream
  2. You Can Fly!You Can Fly!You Can Fly!
  3. Overture(101 Dalmations)

暗黒期(1968年〜1988年)

  1. Everybody Wants To Be A Cat
  2. Why Shoold I Worry?
  3. Not In Nottingham

第2次黄金期(1989年〜1999年)

  1. A Whole New World
  2. You’ll Be in My Heart
  3. Out There

低迷期(2000年〜2009年)

  1. 12 Years Later
  2. I thought I lost you
  3. Hawaiian Roller Coaster Ride

第3次黄金期(2010年〜)

  1. I See the Light
  2. Into the Unknown
  3. Try Everything

今回は全部で18曲をご紹介しました。

しかし、ディズニーの長い歴史の中には本当に多くの素晴らしい音楽があり、紹介したい曲はまだまだたくさんあります。

この記事を通じて改めてディズニー音楽の魅力を、再発見していただけたら嬉しいです!