ディズニー映画の隠れた名作おすすめ5選!今こそ掘り起こしたい本当に面白いクラシックを厳選紹介!

ディズニー映画の隠れた名作おすすめ5選!今こそ掘り起こしたい本当に面白いクラシックを厳選紹介!

出典:Amazon.co.jp

これまでに、数多くの名作を世に送り出してきたウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ。

第1作の1937年『白雪姫』から始まった歴代作品の中には、埋もれてしまっている素晴らしい作品がいくつもあります。

今回はその中から厳選して5作品をご紹介したいと思います。

ディズニー映画の隠れた名作おすすめ5選

ビアンカの大冒険(1977年)

\\『ビアンカの大冒険』を見るならここ!!//

31日間無料のディズニープラスで見る

ビアンカの大冒険』はウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ創立50周年記念として制作されましたが、知名度は低い作品です。

ネズミの国際救助救援協会に所属するビアンカとバーナードが、拐われた少女ペニーを救い出す旅が描かれています。

『ビアンカの大冒険』

出典:IMDB

ディズニーで主人公がネズミ、というとあの有名なネズミが思い浮かびますが、本作は舞台設定が魅力的です。

ディズニーには多くの動物擬人化作品がありますが、その舞台設定は大きく以下の2パターンに分かれます。

  • 人間がいない世界で動物が文明を築いているパターン(例:『ロビン・フッド』『チキン・リトル』『ズートピア』)
  • 人間がいる世界で動物が人間のような知性や感情を持って暮らしているパターン(例:『ダンボ』『101匹わんちゃん』『ターザン』)

ところが『ビアンカの大冒険』では、人間がいる世界の中でネズミたちが独自の文明を築き、人間のような服を着て道具を使います。

『ビアンカの大冒険』

出典:IMDB

ねお

文明を築いているのはネズミだけですが…

『ズートピア』のように人間と同様の服や道具を揃えたネズミが、『101匹わんちゃん』のように人間がいる現実世界の延長で奮闘する、というありそうで意外と珍しい世界観が楽しいです。

ねお

ストーリーは無駄がなく緩急もありとても良質。埋もれたままではもったいない作品です。

映画『ビアンカの大冒険』動画フル無料視聴!人気配信サービスを比較しオススメを紹介

『きつねと猟犬』(1983年)

\\『きつねと猟犬』を見るならここ!!//

31日間無料のディズニープラスで見る

きつねと猟犬』は、ダニエル・P・マックスの小説「きつねと猟犬」を原作として制作されました。

母を失い人間に育てられた子ギツネ・トッドと、猟師の元で猟犬になるための訓練を受けている子犬・コッパー。

『きつねと猟犬』

出典:IMDB

狩る側と狩られる側、立場の異なる2人の悲劇的な友情物語です。

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの制作体制の転換期に生まれた作品で、ディズニー第1次黄金期を支えた「ナイン・オールドメン」と呼ばれるアニメーターたちが携わった最後の作品となっています。

また、本作に参加した新世代のアニメーターの中にはジョン・ラセターやブラッド・バードなど後にディズニーの発展を支える人たちや、今ではすっかり有名な映画監督となったティム・バートンもいました。

錚々たるメンバーによって作られた作品であり、実際に脚本や映像美などあらゆる点でハイクオリティなのですが、残念ながらほとんど知られていません。

『きつねと猟犬』

出典:IMDB

ねお

ディズニーにしては、珍しくほろ苦くてシリアスな作風に驚かされました。

映画『きつねと猟犬』動画フル無料視聴!人気配信サービスを比較しオススメを紹介

ヘラクレス(1997年)

\\『ヘラクレス』を見るならここ!!//

31日間無料のディズニープラスで見る

ヘラクレス』は「ディズニー・ルネサンス」と呼ばれる第2次黄金期に生まれた作品です。

ギリシャ神話を題材とした傑作ミュージカル映画ですが、同年代の他作品が『リトル・マーメイド』『美女と野獣』『ライオン・キング』などディズニーの顔とも言える名作揃いのため、『ヘラクレス』は影が薄い印象があります。

ソウル・ゴスペルの音楽に乗せたミュージカル冒険活劇になっており、非常に楽しい作品です。

なお、2020年4月に実写版『ヘラクレス』の制作が発表されました。

監督は『アベンジャーズ/エンドゲーム』のアンソニー&ジョー・ルッソ。

ねお

アクションシーンはもちろん、新キャストによって新たにレコーディングされる劇中曲にも期待が膨らみます。

映画『ヘラクレス』動画フル無料視聴!人気配信サービスを比較しオススメを紹介

『ラマになった王様』(2000年)

\\『ラマになった王様』を見るならここ!!//

31日間無料のディズニープラスで見る

ねお

2000年代のディズニーは興行的にかなり落ち込んだ暗黒期と呼ばれています。先ほど「ディズニーが手がけるジャンルの幅広さ」と書きましたが、広げすぎて「迷走」状態に入っていた時期が2000年代だと思います。

ラマになった王様』はそんな「迷走」を象徴するようなコメディ映画。

自分勝手な若き国王クスコが、気まぐれでクビにした相談役のイズマの魔法で、ラマに姿を変えられ、元の姿に戻るための旅をしているうちに徐々に改心していくというストーリーです。

『ラマになった王様』

出典:IMDB

大筋は道徳的ですが、本作はディズニーとは思えないくらいにギャグを最優先した映画で、怒涛のコメディ展開が続く異様な内容。

ねお

私はこの映画のほとんどすべてのセリフを覚えるまで繰り返し観るほど好きなので、改めて一言で評価するなら「一般受けはしないがハマる人はとことんハマる異色作」という感じでしょうか。

映画『ラマになった王様』動画フル無料視聴!人気配信サービスを比較しオススメを紹介

『トレジャー・プラネット』(2002年)

\\『トレジャー・プラネット』を見るならここ!!//

31日間無料のディズニープラスで見る

トレジャー・プラネット』はロバート・ルイス・スティーヴンソンの児童文学作品『宝島』を原作として、物語の舞台を海から宇宙に置き換えたSFアドベンチャー映画です。

幼少期に父親が家を出て行ってしまったことをきっかけに非行を続けていた少年ジムが、不時着した宇宙船の乗組員から宝の地図を託され冒険に出発します。

『トレジャー・プラネット』

出典:IMDB

宇宙空間へ「出航」する帆船、半サイボーグの宇宙海賊、三日月形の宇宙港、などロマン溢れるスチームパンクな世界観が素晴らしいです。

ねお

「半サイボーグの宇宙海賊」はシルバーという名前ですが、生身の箇所は線画で、サイボーグ化した箇所はCGで、という風に体のパーツごとに線画とCGを使い分けて動かしているキャラクター。高度な映像技術を堪能できる点でも、名作に間違いありません。
『トレジャー・プラネット』

出典:IMDB

米バンド「Goo Goo Dolls」のボーカル、ジョン・レズニックによる主題歌、ジェームズ・ニュートン・ハワードによるサウンドトラック、劇中曲もとても良質で、今回ご紹介した5作品の中でも特に強くおすすめしたい1本です。

映画『トレジャー・プラネット』動画フル無料視聴!人気配信サービスを比較しオススメを紹介

ディズニー映画の隠れた名作おすすめ5選!

『トレジャー・プラネット』

出典:IMDB

  1. ビアンカの大冒険』→ネズミの救助隊の奮闘を良質な脚本で描いたウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ創立50周年記念作品
  2. きつねと猟犬』→第1次黄金期を支えた「ナイン・オールドメン」と新世代のアニメーターで作り上げた名作
  3. ヘラクレス』→実写化決定!「ディズニー・ルネサンス」の中で埋もれてしまった傑作ミュージカル
  4. ラマになった王様』→「迷走」するディズニーが生み出した異色のコメディ映画
  5. トレジャー・プラネット』→高度な映像技術によって実現したロマン溢れるスチームパンクな世界観

以上、ここまでディズニーの隠れた名作をご紹介しました!