ドラマ『4分間のマリーゴールド』第8話あらすじ・ネタバレ感想!沙羅の母・理津(麻生祐未)が帰国して…

ドラマ『4分間のマリーゴールド』第8話あらすじ・ネタバレ感想!

出典:シネマカフェ

今回は、廉たちの母親である理津(麻生祐未)が帰ってきますが、沙羅(菜々緒)は病気の事実を伝えることができるのでしょうか。

そして、理津は沙羅が死んでしまうことを受け入れられるのかが見どころです。

母親の愛とは何なのかが描かれています。

それではさっそく『4分間のマリーゴールド』第8話をネタバレありでレビューしたいと思います。

ドラマ『4分間のマリーゴールド』前回第7話のあらすじと振り返り

みこと(福士蒼汰)と結婚することを決めて、沙羅(菜々緒)たちは職場の人や近しい人を集めて婚約パーティーを開きました。

2人は義理の姉弟の関係だと知り驚かれますが、全員から祝福され、みことたちは幸せなムードに包まれます。

しかし、ひとりで大きな悩みを抱えている人がいました。

大学受験を控えていた藍(横浜流星)は、本当は料理を本格的に学びたいのに、廉(桐谷健太)が決めた道に進もうとしていました。

しかし、恋人の琴(鈴木ゆうか)やみこと、沙羅に後押しされ、大学受験はせずに廉に調理の道に進みたいと宣言しましたが、廉は受け入れず自分と同じ苦労はしてほしくないと伝えますが、最終的に廉は藍の道を大事にしようと思いました。

そして、廉も新しい道に進みだそうとしていました。

廉の最愛の人である元恋人の千冬(磯山さやか)と再会し、結婚していると思っていたが、実は結婚もしていないことが判明します。

離れてしまっても一度も忘れたことがなかった二人は、廉が千冬に想いを伝えて大きな一歩を踏み出すことができました。

ドラマ『4分間のマリーゴールド』第7話あらすじ・ネタバレ感想!藍と廉が正面衝突、その理由とは?

【ネタバレあり】ドラマ『4分間のマリーゴールド』第8話あらすじと感想


複雑な想い

沙羅(菜々緒)は、絵の描き過ぎで倒れてしまいましたが命に別状はありませんでした。

点滴だけ打てば家に帰れるとのことですが、運命の日は刻一刻と迫ってきています。

廉(桐谷健太)や藍(横浜流星)も一緒に病院に駆け付け、廉は「今は仕事以外で絵を描くのはやめておけ」と忠告しました。

しかし沙羅は、どうしても今書きたいモチーフが湧いてきてしまって、書くことをやめるのだけはできないのでやらせてほしいと懇願しました。

みこと(福士蒼汰)は、ちゃんと休憩もして睡眠も取るならいいけど、もう二度と倒れることがないようにしろと怒られました。

救わないといけないと心では分かっていながらもそれができていないので、対策はないのかと毎日のように考えています。

みことと藍はどうやって救うかを仕事中も考えています。

ミルトモライター

その一方で家族全員が受け入れるているという訳ではないと思いますが、乗り越えられるのかハラハラドキドキします。

母親の想い

沙羅が倒れてしまった日に、なんと母・理津(麻生祐未)が帰国しました。

ミルトモライター

シロがいなくなっていたのでびっくりしたけど、散歩だったので良かったです。

みことと沙羅が結婚すると知り、最初は少し驚いていましたが何も反対することはなく認めました。

遠く離れてしまった場所でも、家族のことを想っていることに変わりはありません。

特に沙羅は、理津を尊敬しています。

理津は家族を最優先に考えていましたが、写真家としての衝動を抑えられない人なのです。

ミルトモライター

とても大好きな仕事をしていて輝いている母親の姿は、娘として尊敬しちゃうのかもしれないです。

テレビなどで撮りたいものが報道されていたりすると、我慢しないといけないと思いつつも沙羅に後押しされて行ってしまいます。

そんな理津を廉は最低な母親と言いますが、沙羅は衝動を抑えられない理津だからこそ尊敬していました。

それは沙羅も同じだからです。

理津は書きたい作品がたくさん湧いてくるという沙羅の言葉に共感して、何も反対することはしない女性です。

沙羅が次の誕生日に亡くなってしまうことは知りませんが、何か言いたそうにしていることを理津は見抜きました。

沙羅は自分の余命を伝えないといけないと思っていますが、なかなか切り出すことができません。

しかし、家族にはちゃんと話しておかなければいけません。

廉や藍、みことのいる前で理津に伝えることができましたが、理津は最初戸惑ってしまい受け入れるのに数日かかりました。

家族のことを信用しているからこそ、沙羅を頼むと言い残し、沙羅が好きないつも通りの活き活きした理津としてまた撮影に行きました。

本当はずっとそばに居たいと考えていたはずだけど、暗い顔でいるよりも沙羅が好きな顔でいたいと考えたのかもしれません。

ミルトモライター

沙羅が尊敬してくれているという言葉だけで、本当に何もかも救われたんだなって思いました。

家族を想う気持ち

ある日、みことが出動した先には、すでに破水してしまった妊婦が苦しそうに痛みと戦っていました。

みことが手を合わせてみると運命の瞬間が見えてしまいました。

妊婦は「絶対に子供は生みたい」とみことたちに切実に願いました。

救急車の中で出血してしまい意識を失った妊婦は、常位胎盤早期剝離という誰にでも起こり得る妊娠中のトラブルが降りかかってしまいました。

病院到着時には、お腹の子供の心拍もすでに下がってきてしまっていましたが、翌日みことが上田(伊藤あさひ)に状態を聞いてみると、妊婦は死亡してしまったと聞かされました。

ミルトモライター

無事に産まれてきてくれたことは何にも代えられない嬉しさですが、抱いてあげたかっただろうと思うと涙が自然に流れました。

妊婦の父は、娘を失い悲しいことに変わりはありませんが、妊婦が頑張って生んだ大切な命を守っていくと言いました。

失くしてしまったものを考えるよりも、失くしてしまった人がどんな想いで育てようとしていたのかを大きくなった子供に伝えていくのも大切なのかもしれません。

命はそれぞれとても大事なものですが、いつ自分に何が降りかかるのかは分かりません。

沙羅だけではなく、理津にもみことにも誰かにも命にリミットがあります。

頑張って子供を出産した今回の妊婦さんも理津もそうですが、どれだけ離れていたとしても家族を想う気持ちに変わりはありません。

そして、みことは沙羅を大事に想っていて、藍や廉とともに沙羅を必死で守ろうとしています。

ミルトモライター

命を大事にしてほしいという想いがすごく詰まっているドラマではないかと思っています。

ドラマ『4分間のマリーゴールド』第8話まとめ

みことの力がなくなってしまうことは、救うために一番必要だった能力がなくなってしまうことを意味するので不安です。

そして、沙羅が助からなくなってしまったのかは本当に分かりません。

次回からは最終回に向けて、沙羅の体にも異変が出てくるころかなと思います。

どんな風に最後まで描かれるのか。

さらには藍の告白シーンも見どころのひとつとなりそうです。

ドラマ『4分間のマリーゴールド』他話のネタバレ記事一覧

『4分間のマリーゴールド』第1話あらすじ・ネタバレと無料動画情報! 『4分間のマリーゴールド』第1話あらすじ・ネタバレと無料動画情報!福士蒼汰×菜々緒のラブストーリー ドラマ『4分間のマリーゴールド』第2話あらすじ・ネタバレ感想! ドラマ『4分間のマリーゴールド』第2話あらすじ・ネタバレ感想!藍(横浜流星)の秘密とは? ドラマ『4分間のマリーゴールド』第3話あらすじ・ネタバレ感想! ドラマ『4分間のマリーゴールド』第3話あらすじ・ネタバレ感想!沙羅がみことに告白する ドラマ『4分間のマリーゴールド』第4話あらすじ・ネタバレ感想! ドラマ『4分間のマリーゴールド』第4話あらすじ・ネタバレ感想!みことと沙羅のキス現場を廉が目撃してしまい… ドラマ『4分間のマリーゴールド』第5話あらすじ・ネタバレ感想! ドラマ『4分間のマリーゴールド』第5話あらすじ・ネタバレ感想!沙羅(菜々緒)が残酷な自分の運命を知る ドラマ『4分間のマリーゴールド』第6話あらすじ・ネタバレ感想! ドラマ『4分間のマリーゴールド』第6話あらすじ・ネタバレ感想!みことが沙羅にプロポーズする ドラマ『4分間のマリーゴールド』第7話あらすじ・ネタバレ感想! ドラマ『4分間のマリーゴールド』第7話あらすじ・ネタバレ感想!藍と廉が正面衝突、その理由とは?