『シャーロック』第3話あらすじ・ネタバレ感想!獅子雄、潤一のコンビに迫る真の敵とは

ドラマ『シャーロック』第3話あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『シャーロック』公式ページ

ドラマ『シャーロック』第3話は、最近詐欺の種類に新しく入った「地面師」という詐欺事件を描きます。

詐欺は裏に隠された組織が多いためなかなか立件することもできませんが、今回の展開で獅子雄(ディーン・フジオカ)の最大の敵が見えてきます。

潤一(岩田剛典)とのやり取りも名コンビになってきているので毎週見逃せません。

それではさっそくドラマ『シャーロック』第3話のネタバレをご紹介します。

『シャーロック』第3話あらすじ

誉獅子雄(ディーン・フジオカ)が若宮潤一(岩田剛典)相手に怪しげな実験をしていると、江藤礼二(佐々木蔵之介)が来た。

身元不明の死体を見てきたと上着をバタバタと払う江藤に、若宮は自宅に臭いを移されてはたまらないと注意。

江藤は謝りながらもキッチンで手を洗い、そこにあったタオルで手を拭くはで若宮の顔は曇りっぱなし。

ドラマ『シャーロック』第3話あらすじ①

獅子雄が殺しかと尋ねると、江藤はつまらない事件だと答えた。

しかし、獅子雄は江藤がつまらないと言うと、逆に面白そうだと状況を尋ねる。

すると、江藤は渋谷の空き家で、身元不明の老人の死体が発見されたと教えた。

獅子雄は空き家であったことに食らいつく。

ドラマ『シャーロック』第3話あらすじ②

早速、現場に向かう獅子雄たち。空き家は一等地の邸宅だが、江藤は曰く付きだと話し始める。

そこは5年前に巨額の地面師詐欺の舞台になった邸宅。

事件後に、詐欺被害に遭った建設会社の社長が邸宅で自殺したため空き家になっているらしい。

話を聞いた獅子雄は遺体があった場所を検分。

すると、遺体の手に当たる部分に3本の木の枝があることに気づく。

江藤は壁にあるリースの枝が落ちたのだろうと言うのだが、獅子雄は枝の折れた断面が新しいと疑った。

獅子雄たちが遺体安置所で科捜研職員から検死報告を聞いていると、小暮クミコ(山田真歩)が、死体の身元が割れたと報告に来る。

死んだのは5年前の地面師詐欺犯人グループの1人だった。

そこに、捜査二課の市川利枝子(伊藤歩)たちが現れて…。
出典:『シャーロック』公式ページ

『シャーロック』を視聴できる動画配信サービス

『シャーロック』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2010年10月23日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。(※他にも面白いコンテンツが豊富で、ほとんどの方がご継続されるほど満足度の高いサービスです!)

【ネタバレ】『シャーロック』第3話の感想

礼二(佐々木蔵之介)が獅子雄(ディーンフジオカ)へ持ってきた事件

ある日、若宮潤一(岩田剛典)と獅子雄(ディーンフジオカ)が頭脳実験をしているところに急に江藤礼二(佐々木蔵之介)がやってきます。

そこで、礼二は身元不明の遺体が発見されたことを獅子雄に伝えました。

身元不明の遺体と聞いただけで、獅子雄にとっては面白いのでどんな遺体だったのかを詳しく聞き始めます。

遺体は60代男性で、今では管理会社が管理している売り物件の家で亡くなっていたのです。

その物件は5年前に詐欺被害に遭った舞台の邸宅で坂東という人物が住んでいました。

そして、亡くなっていたのは68歳男性・吉野正夫(六平直政)という人物であることが分かりました。

実は吉野は、5年前の詐欺事件で「地面師」グループという詐欺のグループの一員でした。

吉野は仲介役を務め、グループの末端の人間で主犯格である守谷という人物とは会ったことがありません。

いつでも切られて良いような、影の尻尾的な存在でした。

6月に出所したばかりの吉野は、自分だけが罪を償い服役したことが許せずにいました。

そのため、同じ詐欺グループの仲間に復讐しようとして殺されたのではないかと推測されていたのです。

怪しい3人と潤一(岩田剛典)の判断

まず、今回の事件を捜査していて分かったのは、吉野は格闘技経験者の何者かに頸椎損傷を負わされ死亡したという死亡原因。

そして、現在も捜査二課の利枝子(伊藤歩)たちは、5年前の詐欺事件の犯人を調べていることも分かりました。

この時点で、獅子雄が怪しいと思った人は3人。

  • 一人目は利枝子。吉野の遺体をくまなくチェックし、5年前の詐欺の事件の内容や吉野のこともよく把握しているため。
  • 二人目は古田(岡田義徳)。吉野が騙した、坂東の一番近くにいたとされる住宅担当者。
  • 三人目は細川ほなみ(山口いずみ)。吉野が坂東を騙すためによく話していた坂東邸に勤めていた女性。

ほなみは吉野が出所してから家族以外で連絡を取っていた唯一の存在です。

何か知っていて口止めをするために会っていたのか、騙したお金を受け取るために会っていたのかは不明でした。

しかし、潤一たちが調べていると、吉野はほなみに事件のことで迷惑をかけたため出所してから謝罪に訪れていただけの仲であることが判明。

5年前の詐欺事件では、坂東の身内や近親者が関わっていたのではないかと疑いも出ていたので、次に話を聞きに行ったのは古田です。

古田自身も何が起こってしまったのかよくわかっていない状況で、坂東の会社に多額の損失を出してしまい職に追われていたところ、今の会社で働くことになったそうです。

事件のことは早く忘れたいと言っており、潤一は間違いないとし、古田も容疑者候補から外れます。

残すところは一人となりましたが、ここから事件が急展開を見せていきます。

獅子雄(ディーン・フジオカ)にとっての本当の敵

獅子雄は、容疑者と疑っている利枝子に潤一を使って「ある情報」を流します。

その一方で、獅子雄は古田に今回の事件を解決するために協力してほしいとお願いし、次の商談に同行することになりました。

そこにいたのは古田の先輩・丹波(菊池均也)、丹波の仕事仲間、売り主・斎藤順子(山村紅葉)、売り主の息子でした。

獅子雄はすでにある証拠を掴んでおり、先に詐欺グループを逮捕させようとしていたのです。

丹波は5年前の事件で古田のことを騙し、詐欺で報酬を得ました。

そして、5年越しでもう一度大金を手にするために、古田を巻き込んで詐欺を図ろうとしていたのです。

獅子雄はその場にいる古田以外の人物は全員「地面師」という詐欺グループの一員ということまで暴きました。

すでに獅子雄は途中から何もかも分かっていたのです。

何とか詐欺グループを逮捕することができ一件落着かと思っていましたが、獅子雄があることを利枝子に話しました。

詐欺グループは「吉野を殺害してはいない」のです。

実は、利枝子が主犯格である守谷と繋がりがあり、5年前の事件で丹波とも繋がっていたことを吉野に気づかれてしまったために殺害していたのです。

利枝子はもともと格闘技を経験していたので、人間のどこが急所なのかもよく分かっています。

守谷のためなら何でもできる、と利枝子は言いました。

そして事件は解決したかのように思いましたが、潤一のナレーションで最大の敵が分かります。

守谷という人物はまだ逮捕されておらず正体も謎のまま終わりましたが、獅子雄はこれから謎に包まれている守谷という人物のことを追い、危険な目に遭ってしまうのではなかと予測できます。

事件の真相を追っていく獅子雄と潤一は、最大の敵の証拠を掴んでしまい命を狙われるのではないかという展開予想で第3話は終わりました。

『シャーロック』第3話まとめ

守谷という人物に関して、ドラマ『シャーロック』ファンの中では誰が演じるのかとすでに盛り上がっています。

獅子雄、潤一コンビの最大の敵になりそうなので、出演者が誰になるのかはとても重要ですよね!

潤一のナレーションによって、これから少しずつ守谷の正体に気づいていき、コンタクトを取れば取るほど危険な目に遭っていくという推測ができた第3話でした。

次回、また守谷につながる証拠が出てきそうで楽しみです。

『シャーロック』をフルで見れる動画配信サービス一覧

u-next
FODプレミアムの特徴
  1. フジテレビ好きのための動画配信サービス
  2. 月額888円で、過去のフジテレビドラマや『人志松本のすべらない話』『笑う犬の冒険』『あいのり』などの人気番組が楽しめる
  3. 1ヶ月は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能

『シャーロック』の他話ネタバレ記事一覧