ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』第8話あらすじ・ネタバレ感想!KSBCが占拠され、伏見たちは解決のために動き出す!

『レッドアイズ監視捜査班』

出典:『レッドアイズ監視捜査班』公式ページ

蠣崎(忍成修吾)たちによりKSBCが占拠されてしまいました。

伏見響介(亀梨和也)はSITの出動をお願いしますが、刑事部長・奥州寛治(矢島健一)に止められてしまいます。

奥州は、伏見たちだけで事件を解決するように命令しました。

KSBCには、一部の人しか見る事ができない機密文書“B2ファイル”があります。

蠣崎たちは、そのファイルを公開しようとしているのです。

奥州が必死に隠そうとする“B2ファイル”の中には、いったい何が入っているのでしょう?

\\『レッドアイズ 監視捜査班』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る

ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』前回第7話のあらすじと振り返り

結城美保(小野ゆり子)が亡くなった理由を知るため、指定された場所に行った伏見響介(亀梨和也)は、冷凍保管室に監禁されてしまいました。

鴫野耕平(正名僕蔵)と潤子(大高洋子)夫妻は、自分の娘が亡くなったのが伏見のせいだと逆恨みし、伏見を道連れに自殺しようとしていたのです。

その陰には、鴫野夫妻を操る「先生」と呼ばれる存在が…。

鴫野夫妻の計画は失敗しますが、警察に捕まっていた蠣崎(忍成修吾)が謎の3人組と共に逃走してしまうのでした。

【ネタバレ】ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』第8話あらすじ・感想


動き出した鳥羽和樹(高嶋政伸)

蠣崎(忍成修吾)が警察病院を抜け出したことを知った島原由梨(松下奈緒)は、防犯カメラを調べるようKSBCのメンバーに指示しました。

しかし、蠣崎たちの逃走ルートはつかめません。

伏見響介(亀梨和也)は、蠣崎がいた警察病院に向かいます。

その頃、蠣崎たちは島原がいる警察署に向かっていました。

途中で謎の男・真弓(坂口拓)が車から降り「そっちも準備を始めろ」と言っています。

鳥羽和樹(高嶋政伸)は、電話で「うまくいったようですね」と言っていました。

ミルトモ 編集部

ようやく黒幕が動き出したようです。鳥羽たちは一体誰と電話をしているのでしょうか。もしかして、警察内部に潜む内通者?

蠣崎(忍成修吾)が狙っているのはKSBC

山崎辰二郎(木村祐一)は、すれ違った清掃員3人組の靴にマークがあることに気づきます。

そのマークは、全ての事件に共通して見られるマークでした。

山崎は急いで後を追いかけますが、KSBCはその3人組に占拠されてしまいます。

刑事部長・奥州寛治(矢島健一)に送られてきたメールには、現在のKSBCの状況が映っていました。

KSBCの通信システムはOFFになり、外部とのやり取りができなくなってしまいます。

ミルトモ 編集部

清掃員がこんなに簡単に警察署内に入れるなんて…。KSBCはどうなってしまうのでしょう。

奥州寛治(矢島健一)は内通者?

山崎と小牧要(松村北斗)は、KSBCの室内に入ることができませんでした。

伏見はSITの出動をお願いしますが、奥州に止められてしまいます。

「今回は君たち自身で解決するんだ。犯人たちの目的を阻止するんだ」

奥州は伏見に一方的に命令し、電話を切ってしまいます。

伏見と湊川由美子(シシド・カフカ)は奥州の態度が気になりましたが、命令を実行することにしました。

ミルトモ 編集部

奥州の慌てた様子を見ると、今回の計画を知らなかったように見えましたね。

KSBCへのハッキングに手間取る小牧要(松村北斗)

伏見探偵事務所には、伏見を含め、湊川、山崎、小牧の4人が集まっていました。

小牧はKSBCにハッキングしようとしますが、なかなかできません。

第6話で小牧にハッキングされた後、長篠文香(趣里)がKSBCのセキュリティを強化していたのです。

小牧は、別の方法でハッキングすることを思いつきます。

KSBCの警告アラームが鳴り、それと共に送られてきたファイルが小牧からだと気づいた長篠は、セキュリティプログラムを削除していきました。

KSBCのシステムが正常に戻ると同時に小牧はハッキングに成功し、KSBC内部の様子を見ることが可能になります。

ミルトモ 編集部

小牧の才能に複雑な感情を抱いていた長篠。長篠はその才能をうらやましく思うだけでなく、小牧に追いつこうと努力していたのですね。

機密文書“B2ファイル”

蠣崎の目的は、KSBCにある機密文書“B2ファイル”を公開することでした。

そのファイルは一部の人にしか閲覧が許されておらず、島原はそのファイルの中身を見たことがありません。

伏見に尋ねられても、奥州は頑なにファイルの中身を話そうとはしませんでした。

ミルトモ 編集部

“B2ファイル”は、奥州と関係があるファイルなのでしょうか?

“B2ファイル”の正体は、警察がもみ消した特権階級の人が起こした事件のリストでした。

「全てをひっくり返す切り札だよ」

島原にそう言っている蠣崎の腕には、マークが描かれていました。

「あなたやっぱり先生から操られているのね。何故こんなことをするの?」

「いずれ分かるさ」

ミルトモ 編集部

“B2ファイル”の中身を見るのが怖くなってきました。

計画が失敗に終わる蠣崎(忍成修吾)

「世の中には復讐したくても、その相手が分からない人間が大勢いるんだよ」

ミルトモ 編集部

蠣崎は、自分は正しいことをしていると思っているようですが…。

そして、“B2ファイル”を開くためのパスワードを入れるよう島原に迫りました。

島原はどんなに脅されてもパスワードを教えようとはしませんでしたが、スナイパーが大塩はるか(髙橋ひかる)を狙っていることを知り動揺します。

しかし、伏見たちがスナイパーを捕らえ、蠣崎たちも捕まりました。

KSBC内で小爆発が起こり、USB内の“B2ファイル”はダメージを受け修復はできませんでした。

ミルトモ 編集部

はるかたちが助かりホッとしました。

警察署に向かう鳥羽和樹(高嶋政伸)

「あなたが追っている先生。もしかしたら、私が知っている人物かもしれない」

島原はそう言って、伏見にクリニックの写真を見せました。

その頃、鳥羽と真弓が話をしています。

「内通者の方はどうですか」

「いつでも動かせる状態です」

怪我した蠣崎の病室に誰かが入って来ます。

青いコートを着た鳥羽は、外に出てきた長久手智亮(川瀬陽太)と姉川保(長田成哉)とすれ違いに警察署に入っていき、KSBCを呼び出しました。

ミルトモ 編集部

鳥羽は何をするつもりなのでしょう。警察内部にいる内通者とは誰のことでしょうか?

ドラマ『レッドアイズ監視捜査班』第8話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

島原に鳥羽のカウンセリングを勧めた奥州を怪しく感じていましたが、今回の様子を見ると、内通者ではない気がしてきました。

鳥羽は、一連の事件を操ってきた黒幕に間違いないと思うのですが…。

山崎、長篠、小牧の家族や関係者は逮捕され、伏見と島原の家族は殺されています。

KSBCのメンバーたちも危ない目に遭いました。

“B2ファイル”に載っていたのが奥州の関係者と考えると、KSBCに関わっている人たちが事件に巻き込まれたことになります。

湊川の息子は未遂で終わっていますが、もしかすると蠣崎と取引して内通者になったとか…。

長久手が、すれ違った鳥羽の姿を見つめていたのも気になりました。

警察内部にいる内通者は誰なのでしょう?

次回第9話は、美保の事件で使われた凶器が発見されて、一連の事件の核心に迫りそうな予感がしています。

\\『レッドアイズ 監視捜査班』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る

ドラマ『レッドアイズ』見逃し動画フル無料視聴!1話から最終回まで無料で見れる配信サービスをご紹介

▼次回第9話も続けて読む▼