ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』第7話あらすじ・ネタバレ感想!逆恨みで監禁された伏見は、ある事実に気づく

ドラマ『レッドアイズ監視捜査班』第7話あらすじ・ネタバレ感想!逆恨みで監禁された伏見は、ある事実に気づく

出典:『レッドアイズ 監視捜査班』公式ページ

伏見響介(亀梨和也)の携帯に送られてきたメールには、亡くなった結城美保(小野ゆり子)の姿が写っていました。

伏見は美保が亡くなった理由を知るため、指示された場所に行くのですが、犯人に捕らわれ監禁されてしまいます。

監禁したのは、伏見に逮捕されたことがある鴫野耕平(正名僕蔵)と潤子(大高洋子)でした。

2人は伏見に逮捕された後、病気の娘が亡くなり、娘の死に目に会えなかったことを恨んでいたのです。

KSBCのモニターには、冷凍保管室に監禁された伏見の姿が映っていて…。

\\『レッドアイズ 監視捜査班』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る

ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』前回第6話のあらすじと振り返り

元暴力団・瀬沢(古屋隆太)に誘拐された小牧要(松村北斗)は、貴金属倉庫のセキュリティシステムにハッキングするよう脅されます。

小牧は瀬沢に刺された悠香(森田望智)を心配しながら、ハッキングプログラムを組み始めました。

実は、小牧は瀬沢の命令を聞くふりをして、瀬沢たちが窃盗に入ろうとしている場所をKSBCに伝えていたのです。

小牧からのメッセージを受け取った伏見響介(亀梨和也)は、そのメッセージを読み解き、瀬沢たちを捕まえるのですが…。

そんな瀬沢たちを裏で操っていたのは、意外な人物だったのです!

【ネタバレ】ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』第7話あらすじ・感想


伏見探偵事務所に集まるメンバーたち

伏見響介(亀梨和也)は、探偵事務所を引き払おうとしていました。

事務所の壁には、探偵業をしながら集めた3年前の事件の資料が貼られています。

その中には、青いコートを着た男の写真もありました。

伏見がその写真を手に取り見つめていると、山崎辰二郎(木村祐一)と小牧要(松村北斗)と湊川由美子(シシド・カフカ)が引越しを手伝うためにやって来ました。

ミルトモ 編集部

犯罪歴がある3人は、伏見が探偵事務所に雇ってくれたおかげで、道から外れることなく生きていくことができたのです。3人にとって伏見は、自分を救ってくれたかけがえのない存在なのだと思います。

伏見(亀梨和也)たちが推察する犯人像

伏見たちは一連の事件の黒幕を推察しました。

  • 人を操ることに長けている人
  • 「先生」と呼ばれる職業の人(教師、医者、学者など)
  • 自分たちと接点がある人

伏見は元捜査一課の刑事として、たくさんの犯罪者を捕まえてきています。

小牧は、伏見を恨んでいる可能性がある人をリストアップすることにしました。

「先生」に一番近い謎の男(坂口拓)の正体も、未だに分からないままです。

ミルトモ 編集部

伏見に捕まった人たち全員が、伏見を恨んでいるわけではありません。伏見たちを恨むように仕向けている黒幕がいるということだと思います。

おびき寄せられた伏見響介(亀梨和也)

墓地にいる伏見は、結城美保(小野ゆり子)のお墓に花を渡して話しかけます。

「美保、もう少しだ。必ずお前の仇を…」

今日は亡くなった美保の誕生日なのです。

その時、携帯に美保の映像が写ったメールが送られてきました。

そのメールには場所が指定されています。

美保が殺された理由を知りたい伏見は、誰にも迷惑を掛けないよう、一人でその場所に向かいました。

しかし、建物の中に入った伏見は、首に痣のある男に麻酔銃で撃たれ気を失ってしまったのです。

ミルトモ 編集部

KSBCのシステムを使えば、伏見の場所はすぐに特定できると思いますが…。

伏見響介(亀梨和也)が監禁された場所は冷凍保管室

長篠文香(趣里)は、伏見が誘拐された時の監視カメラの映像をモニターに映し出しました。

しかし、周りにはほとんど監視カメラがなく、伏見が連れ去られた場所を特定することはできませんでした。

そこに、犯人からメールが届きます。

メールを開くと、冷凍保管室に監禁された伏見の姿が映っていました。

そして、仮面をかぶった2人組が現れ、伏見に話しかけます。

「伏見さん、ご無沙汰しております。ここは私たちの墓場ですよ」

2人は伏見に逮捕され、強盗殺人罪で刑期に服していた鴫野耕平(正名僕蔵)と潤子(大高洋子)夫妻でした。

2人は冷凍保管室に設置された監視カメラで、KSBCにリアルタイムで映像を配信していたのです。

ミルトモ 編集部

耕平と潤子は、丁寧な言葉で伏見に話しかけますが、その顔は伏見に対する憎しみに満ちていました。伏見は罪を犯した人を捕まえたにすぎないのですが…。

伏見響介(亀梨和也)を恨む理由

耕平と潤子には大病を患った娘がいました。

2人はその娘の治療費のために強盗に入り、人を殺めてしまったのです。

2人は逮捕される前に、娘を海外の病院に連れていきたかったのですが、伏見は2人を見逃すことができませんでした。

その後、娘は亡くなり、逮捕された耕平と潤子は、娘の死に目にも会うことができなかったのです。

「私たちも、あなたが死ぬのを見届けてから一緒に死ぬつもりです」

耕平と潤子は娘の写真を取り出し、伏見にそう言いました。

伏見はカメラに向かい「もう一人共犯者がいます」と言い、首を押さえています。

ミルトモ 編集部

耕平と潤子は、伏見が犯した罪を償わせようとしていますが、そもそも伏見は罪を犯していません。自分の娘が亡くなったのを伏見のせいにすること自体が間違いです!

監禁場所から助け出される伏見響介(亀梨和也)

小牧は伏見からのメッセージを受け取り、首に痣のある共犯者を見つけだします。

湊川が共犯者を捕らえますが、その男は監禁場所を知りませんでした。

伏見は寒さに耐え、必死に監禁場所の情報をKSBCに伝えています。

耕平と潤子が「先生」と呼ばれる人物に操られていることを知った伏見は、2人を説得するのですがダメでした。

伏見は凍えた体にムチ打ちながら、天井のパイプ管を壊して爆発を起こしました。

その爆発で小牧と長篠が監禁場所を特定し、伏見を助けだすことに成功します。

ミルトモ 編集部

監禁場所がなかなか分からずヒヤヒヤしました。耕平と潤子は、ある人物からKSBCがそれほど優秀じゃないと聞いていました。このことから、事件には警察内部の人間が関わっているのは明らかです。

逃走する蠣崎(忍成修吾)

伏見は、一連の事件に同じマークがあることに気づきます。

島原由梨(松下奈緒)は、そのマークを見たことがありましたが、思い出せませんでした。

その頃、警察病院内を歩く白衣の男女3人がいました。

その中には、第5話6話で伏見たちを襲った謎の男もいます。

3人は長久手智亮(川瀬陽太)と姉川保(長田成哉)が警備する部屋の前で立ち止まり、長久手たちを倒して、部屋の中にいた蠣崎(忍成修吾)を連れて逃走します。

蠣崎たちが乗り込んだ車両の中には、KSBCがある警察署の見取り図、そしてKSBCのメンバーの写真が貼られていました。

ミルトモ 編集部

犯人たちが所持していたものには、同じマークがありました。島原はそのマークを何処で見たか思い出せないようですが、もしかすると、鳥羽メンタルクリニックかもしれませんね。

ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』第7話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

今回の犯人は、過去に伏見が捕まえた人たちでした。

伏見は、罪を犯した人たちを捕まえたに過ぎないのに恨まれてしまったのです。

結局、美保が殺された理由は何だったのでしょう。

逆恨みで美保が犠牲になったのだとしたら、あまりにも伏見が気の毒です。

警察病院から逃走した蠣崎は、何か良からぬことを考えているようですが…。

蠣崎の復讐はもう終わったはずなのに、これ以上何をしようとしているのでしょう。

犯人たちを操っている黒幕は鳥羽和樹(高嶋政伸)で間違いないと思うのですが、鳥羽がKSBCを狙う理由が分かりません。

次回第8話では、警察内部の内通者が誰なのか?内通者が鳥羽とどこで知り合い、何をしようとしているのかに注目したいと思います。

\\『レッドアイズ 監視捜査班』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る

ドラマ『レッドアイズ』見逃し動画フル無料視聴!1話から最終回まで無料で見れる配信サービスをご紹介

▼次回第8話も続けて読む▼