『パラサイト 半地下の家族』あらすじ・感想!2019年カンヌ映画祭受賞の衝撃の話題作【ネタバレなし】

映画『パラサイト 半地下の家族』あらすじ・感想!

出典:『パラサイト 半地下の家族』公式ページ

ポン・ジュノ×ソン・ガンホの最強タッグが送る衝撃作『パラサイト 半地下の家族』が満を持して日本公開!

2019年のカンヌ映画祭にてパルム・ドールを受賞した話題の作品を、この度いち早く先行上映で鑑賞してきました。

韓国では2019年5月の公開以降動員が1,000万人を突破!

そして第77回ゴールデングローブ賞では「外国語映画賞」を見事受賞!

ネタバレ厳禁の今作の魅力をできる限りの範囲でご紹介します。

ポイント
  • ポン・ジュノ×ソン・ガンホの名コンビ6年ぶりに復活!
  • 単なる格差社会を描いただけでない深い内容の作品
  • ネタバレ厳禁!衝撃のクライマックスは劇場で

それでは『パラサイト 半地下の家族』の感想をネタバレなしで紹介していきます。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『パラサイト 半地下の家族』作品情報

『パラサイト 半地下の家族』

(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

作品名 パラサイト 半地下の家族
公開日 2019年5月21日
上映時間 132分
監督 ポン・ジュノ
脚本 ポン・ジュノ
ハン・ジンウォン
出演者 ソン・ガンホ
チェ・ウシク
パク・ソダム
イ・ソンギュン
チョ・ヨジョン
チャン・ヘジン
パク・ミョンフン
音楽 チョン・ジェイル

『パラサイト 半地下の家族』キャスト/役柄

パラサイト 半地下の家族』では生活が異なる2組の家族が登場します。

物語の鍵になる、半地下にある家に暮らす貧しいキム一家と高台の豪邸に暮らすパク社長一家を簡単にご紹介します。

ソン・ガンホ / 役:キム・ギテク

  • 半地下の家で暮らすキム一家の大黒柱
  • 貧乏だがどこか前向きで気ままである

チャン・ヘジン / 役:キム・チュンスク

  • ギテクの妻
  • 元ハンマー投げの選手でメダリスト

チェ・ウシク / 役:キム・ギウ

  • キム家の長男
  • 大学受験に失敗し続けているため受験のプロに
  • 友人の紹介でパク社長の家で英語の家庭教師を始めることに

パク・ソダム / 役:キム・ギジョン

  • キム家の長女
  • 美大に入りたいという願望があったが予備校に通えずスキルだけが上達してしまった
  • ギウの紹介で美術教師としてパク社長の家で家庭教師を始める

イ・ソンギュン/役:パク・ドンイク

  • IT企業の社長
  • 人当たりが良い

チョ・ヨジョン / 役:パク・ヨンギョ

  • パク社長の妻で「ヤング&シンプル」な美しい女性
  • 家事が全く苦手

チョン・ジソ / 役:パク・ダヘ

  • パク社長の娘で高校2年生
  • 家庭教師としてやってきたギウに恋心が芽生え…!

チョン・ヒョンジュン / 役:パク・ダソン

  • パク社長の長男で芸術のセンスがある
  • ハマっているものはインディアンとトランシーバー

イ・ジョンウン / 役:ムングァン

  • パク社長が豪邸に住み始める前の住人のときからいる家政婦
  • 家のことを誰よりも熟知している

『パラサイト 半地下の家族』あらすじ・感想【ネタバレなし】


『パラサイト 半地下の家族』日本では2020年1月10日に公開!先行上映で鑑賞してきた

こんにちは!ミルトモライターのマルコヤマモト・オブ・ザ・ギャラクシーです。

予告映像が公開されてからずっと楽しみにしていた『パラサイト 半地下の家族』が2020年1月10日からついに日本公開!

2019年のカンヌ映画祭で最高賞のパルム・ドールを受賞した今作ですが、実は12月27日からTOHOシネマズ日比谷とTOHOシネマズ梅田にて先行上映を行っています。

『パラサイト 半地下の家族』公開を記念して、ポン・ジュノ監督と主演のソン・ガンホが13年ぶりの来日という記念すべきイベントも行われました。

マルコヤマモト

さっそく全国公開を待ちきれず先行上映にて鑑賞してきました!

お正月にピッタリのエンタメ作品でもあった『パラサイト 半地下の家族』ですが、ポン・ジュノ監督の意向で後半の展開はネタバレ厳禁となっています。

先行上映ではポン・ジュノ監督とキャスト陣からのメッセージ動画も映画前に放映されました。

ファンにとっては嬉しいサービスですね!

終演後、劇場のロビーには次回の入場を待つ人がたくさんいました。

『パラサイト 半地下の家族』それだけたくさんの人々の期待を集める話題作です。

マルコヤマモト

2020年のアカデミー賞作品賞、監督賞の有力候補と言われているだけあり、絶対に見逃せない作品でもあります!

『パラサイト 半地下の家族』鑑賞後の感想【ネタバレなし】

半地下に暮らす貧乏一家が高台の豪邸に暮らす社長一家に寄生していく…。

という様を描いた前半はコメディのような展開で、家族全員が社長一家に「寄生」していく計画が完成されたときは「あああ~!」と気持ちが高揚しました。

マルコヤマモト

なるほど、こういう生き方もある。

と、キム一家の「絶対金持ちになってやる!」というハングリー精神とたくましさに感心してしまったほど。

映画『パラサイト 半地下の家族』

(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

マルコヤマモト

キム一家ほど貧乏ではないと思うけれど、超裕福でない私は「よっしゃ!」と思いながら前半の展開を観ていました。

しかし!後半キム一家に衝撃の展開が…。

後半の展開についてはポン・ジュノ監督直々に「ネタバレ厳禁」のメッセージを頂いていますので、ぜひ劇場に足を運んで下さい。

パラサイト 半地下の家族』は、単純に韓国の格差社会をコメディチックに描いているだけではなく、サスペンス、ヒューマンドラマ、ホラーなどジャンルにとらわれない作品だと思います。

マルコヤマモト

また、普段を映画を観るときには使用しない「嗅覚」も刺激される不思議な作品でした。

シーンの一つ一つをポストカードにして販売してほしいくらい、計算されていて美しい構図にもうっとりしました。

全体的にはポン・ジュノ監督らしさが出ていることと、韓国映画安定のレベルの高さで最後まで安心して鑑賞することができました!

『パラサイト 半地下の家族』と一緒に楽しもう!ポン・ジュノ×ソン・ガンホの軌跡

パラサイト 半地下の家族』が待ち遠しい!

または先行上映を観て興味を持ったという方は、ポン・ジュノ監督×ソン・ガンホの他作品を鑑賞してはいかがでしょうか?

ポン・ジュノ監督とソン・ガンホは『パラサイト 半地下の家族』以前に3作品でタッグを組んでいます。

マルコヤマモト

ミルトモでも紹介している作品があるので、ぜひ記事もご覧ください。

『殺人の追憶』実際の事件に着想を得た衝撃作!


作品のポイント
  • 2003年公開作品
  • 1980年代後半に起こった「華城連続殺人事件」に着想を得た作品
  • 衝撃的かつ美しすぎるラストにハッとする

韓国映画屈指の名作と言われる『殺人の追憶』。

私は恥ずかしながら最近この作品を鑑賞したのですが、鑑賞直後くらいに「華城連続殺人事件」の犯人が捕まったというニュースが流れてきてドキッとしました。

マルコヤマモト

未解決事件の解決に、やっとポン・ジュノ監督や出演キャストたちも報われたことでしょう。

この作品では、事件に翻弄されるちょっとだらしない田舎のぐうたら刑事を演じるソン・ガンホ

『グエムル-漢江の怪物-』韓国発!モンスタームービー


作品のポイント
  • 2006年公開作品
  • 漢江の汚染により誕生したモンスター「グエムル」とある一家の攻防を描く
  • ソン・ガンホだけじゃない!可愛いペ・ドゥナも出演!

グエムル-漢江の怪物-』は韓国での公開後、1,300万人の動員を記録した超ヒット作品!

こちらも2000年に在官アメリカ軍が漢江にホルムアルデヒドを流出された事件に着想を得た社会風刺の効いた映画です。

マルコヤマモト

怪物のグエムルの声を演じたのは韓国の名優オ・ダルス。

娘を助けるぐうたらな父親で金髪のソン・ガンホが観れるレア作品!

『スノーピアサー』止まらない列車内で繰り広げられる格差社会


作品のポイント
  • 2013年公開作品
  • 2031年の近未来を描いたSF、アクション・スリラー
  • ポン・ジュノ監督初めての英語作品!

地球の温暖化を阻止しようとした結果訪れた氷河期を走り抜ける1台の列車「スノーピアサー」。

各車両が社会階層ごとに分かれており、最後尾の人々は劣悪な環境で生き延びています。

上流階級の人間たちに虐げられた彼らは革命を起こすことができるのか…!

主演は我らがキャプテン・アメリカことクリス・エヴァンス

そしてもはや顔芸と言われている演技が眩しいティルダ・スウィントン

ソン・ガンホはエンジニアのミンス役として登場し、彼の娘ヨナ役は『グエムル-漢江の怪物-』にも登場したコ・アソンが演じています。

マルコヤマモト

『グエムル-漢江の怪物-』親子が再びポン・ジュノ監督の作品で共演とは感慨深い!

ジャンキーと思わせておいて実はかっこいいソン・ガンホが観れる!

『パラサイト 半地下の家族』まとめ

要点まとめ
  • 『パラサイト 半地下の家族』は賞レースの鍵になる可能性が大!必見!
  • 格差社会を描いているだけではない、多ジャンルのエンターテインメント作品
  • 後半の展開についてはネタバレ厳禁!これから視聴する人へ思いやりを

全国公開を控えた話題作『パラサイト 半地下の家族』と、ポン・ジュノ監督×ソン・ガンホの話題作をご紹介しました。

先行公開に行けるチャンスがある方は是非、いち早く作品を楽しんでくださいね!

何度も言いますがネタバレは厳禁ですので、ポン・ジュノ監督との約束は守りましょう。

賞レースに登場する鍵となる作品、ぜひお早めにご覧ください!

追記:『パラサイト 半地下の家族』が第92回アカデミー賞で作品賞はじめ4部門に輝きました!おめでとうございます!

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼あわせて読みたい!▼