『未満警察 ミッドナイトランナー』第6話あらすじ・ネタバレ感想!“スコップ男事件”絡みの真相が…

『未満警察 ミッドナイトランナー』第6話

出典:『未満警察 ミッドナイトランナー』公式ページ

9年前に起こった“スコップ男事件”と同じ手口の殺人事件が発生しました。

事件の犯人である天満暁生(佐戸井けん太)は有罪判決を受けて収監されています。

もし真犯人がいるとすると、暁生は冤罪だった可能性があります。

暁生は警察の取り調べで自供したため有罪になったのですが、裁判では無実を主張していました。

天満直子(長谷川京子)と天満智也(柿澤勇人)は父・暁生が無実である証拠を探し当て、及川蘭子(吉瀬美智子)に会いに来ました。

はたして、直子たちが探し出した証拠とは何だったのでしょうか?

9年前の事件には、及川だけでなく片野坂譲(伊勢谷友介)も関わっているようですが…。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『未満警察 ミッドナイトランナー』前回第5話のあらすじと振り返り

覚せい剤の摘発現場に出くわしてしまった一ノ瀬次郎(平野紫耀)と本間快(中島健人)は、怪しい人物として警察に捕まってしまいます。

刑事・丸橋(高橋努)と根本(渋江譲二)に事情聴取されている時、一ノ瀬が犯人グループのリーダー・望月凛花(蓮佛美沙子)と幼馴染であることが分かりました。

事件を解決するため、一ノ瀬たちは凛花のグループに潜入することになりました。

凛花は一ノ瀬の初恋の相手であり、死んだ兄の恋人でもあります。

最後、警察に捕まった凛花を見つめる一ノ瀬の姿はとても悲しそうでした。

【ネタバレ】『未満警察 ミッドナイトランナー』第6話あらすじ・感想


9年前に起こった“スコップ男事件”

防犯カメラにはスコップを持った人物が女性の頭部を殴って埋めている姿が写っていました。

その事件は9年前に起こった“スコップ男事件”と瓜二つです。

柳田晋平(原田泰造)は片野坂譲(伊勢谷友介)に「お前の言う通りだった。真犯人は別にいる」と言います。

片野坂が防犯カメラの映像を見ていると、その隣で及川蘭子(吉瀬美智子)が驚いた顔をしていました。

ミルトモライターミルトモライター

及川は片野坂が見ている防犯カメラの映像を見て何かを思い出したようですが…。

“スコップ男事件”を模擬捜査する本間快(中島健人)たち

9年前に起こった“スコップ男事件”のニュースを見ていた本間快(中島健人)は、無実の人間を逮捕したのではないかと考え、事件を模擬捜査することにしました。

本間は仲間たちと一緒に事件現場を再現するため、自らスコップを持って穴を掘り始めました。

しかし、穴を掘っている途中で腰が痛くなり動けなくなってしまいます。

一ノ瀬次郎(平野紫耀)はそんな本間をからかいながらも、本間を背中に背負って医務室に向かいました。

途中で会った男に「及川蘭子、どこ?」と聞かれ、本間は教官室を指さします。

その時、本間はその男が銃を所持していることに気づきました。

ミルトモライターミルトモライター

警察学校に見知らぬ男が入ってくるなんて…。銃を持っていなくても怪しすぎます。

及川蘭子(吉瀬美智子)に会いに来た男

警察学校の建物内を歩いていた男は、前方から歩いてきた及川に声を掛けました。

男「及川蘭子、どこ?」

及川「及川は私ですが」

男「やっと会えた」

本間と一ノ瀬が資料室を覗くと、及川が男に銃を向けられていました。

男のスキを突き、本間はドアから、一ノ瀬は窓から資料室に飛び込みます。

しかし、腰を痛めて車いすに乗っていた本間は、女に捕まり銃を向けられてしまいます。

本間を人質に取られた一ノ瀬は、男に殴り倒されてしまいました。

ミルトモライターミルトモライター

銃は本物ではないですが、中には硫酸が入っているのでそれが当たったら危険です!

男は「さあ証言しろ。親父が死ぬ前に。俺たちがこの9年間どういう気持ちでいたのか分かっているのか。親父は無実だ」と言いました。

男は天満智也(柿澤勇人)、女は天満直子(長谷川京子)。

2人は“スコップ男事件”の犯人として捕まった天満暁生(佐戸井けん太)の子供たちでした。

智也と直子は父の無実を証明するため、警察学校にいる及川に会いに来たのです。

ミルトモライターミルトモライター

及川は智也と直子のことを知っているように見えますが…。9年前、いったい何があったのでしょう。

“スコップ男事件”の犠牲者

警察学校に武装した警官たちがやって来ました。

片野坂は犯人との交渉を自分にやらせてほしいと頼みますが、捜査官は耳を貸そうとしません。

資料室の暖房がつき、部屋が暑くなって来ました。

本間はいらだっている智也に、部屋をサウナ状態にして判断力をにぶらせる作戦だと言いました。

直子が鳴っている携帯をとり「9年前のスコップ男がまた現れた。その犯人を捕まえて。犯人が捕まらなければ1時間おきに一人ずつ人質を殺していく」と言います。

9年前の“スコップ男事件”で犠牲になった3人は、国会議員の孫と事件を捜査していた刑事、そして智也と直子の母親だったのです。

父が母を殺すわけがないと確信している2人は、何としても無実を証明しようとしていました。

ミルトモライターミルトモライター

事件の犠牲者の中には智也と直子の母親もいたんですね。2人は想像を絶するくらい辛い日々を過ごしていたのではないかと思います。

無実の証拠

事件当日、暁生にはアリバイがありました。

犯行時刻、暁生は事件現場から遠く離れた場所でスピード違反の切符を切られていたのです。

その証拠さえあれば無実が証明されたはずですが、警察に問い合わせても記録が残ってないと言われてしまいます。

智也と直子は証拠を探し回り、ようやく違反切符の控えを見つけました。

2人は違反切符を切った及川に話を聞きに行きますが、会うことができませんでした。

及川は、上司である警視正・国枝(木下ほうか)に止められていたのです。

暁生はやってもいないことをやったと言わざるを得ない状況に追い詰められ、逮捕されてしまいました。

暁生が犯人である確たる証拠はなく、自供だけが逮捕の決め手だったのです!

ミルトモライターミルトモライター

確たる証拠もないのに逮捕され、有罪判決を受けてしまったのですね。ひどい話です。

直子(長谷川京子)と智也(柿澤勇人)の味方になる本間(中島健人)たち

暁生は病気で余命宣告を受けていました。

智也と直子は、父が生きている間に無実を証明したかったのです。

話を聞いていた本間たちは、智也と直子の力になりたいと思い始めていました。

そんな時、国枝から水を差し入れる代わりに人質を解放するよう提案されます。

本間はそれが罠だと気づき、部屋にかかってきた電話に犯人グループは5人で武装していると嘘を言い、簡単に突入できないよう仕向けました。

さらに、本間は資料室から解放された一ノ瀬にある任務を任せます。

その任務は、片野坂に事件をプロファイリングしてもらい、真犯人を捕まえることでした。

ミルトモライターミルトモライター

はたして一ノ瀬は真犯人を見つけることができるのでしょうか?

『未満警察 ミッドナイトランナー』第6話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

今回は緊張感のある展開でした。

直子と智也が父の無実を証明しようと必死なのが伝わって来ました。

本間も今の状況を正確につかもうと頭をフル回転させています。

片野坂が警察学校の教官になったのは9年前です。

第3話で言っていた“あの件”って、“スコップ男事件”のことかもしれませんね。

片野坂は、初めから真犯人が別にいると言っていましたから…。

片野坂と国枝の間もぎくしゃくしているように見えました。

9年前何があったのか?真犯人は誰なのか?次回も必見です!

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼次回第7話も続けて読む▼