『未満警察 ミッドナイトランナー』第3話あらすじ・ネタバレ感想!少女監禁事件の黒幕と真っ向勝負!

『未満警察 ミッドナイトランナー』第3話

出典:『未満警察 ミッドナイトランナー』公式ページ

監禁場所から逃げ出した本間快(中島健人)と一ノ瀬次郎(平野紫耀)は、交番に駆け込みました。

警官たちに事情を話し、再び監禁場所に向かいますが、もうそこに少女たちはいませんでした。

本間と一ノ瀬は柳田晋平(原田泰造)に協力してもらい、少女たちが監禁されている場所を見つけ救出に向かいます。

しかし、向かった場所には柴本(加藤雅也)が待ち構えていたのです。

2人は柴本を倒し、無事少女たちを救出することができるのでしょうか?

本間と一ノ瀬のアクションシーンのみならず、柴本の迫力あるシーンも必見です!

▼動画の無料視聴はこちら▼

『未満警察 ミッドナイトランナー』前回第2話のあらすじと振り返り

黒岩純哉(葉山奨之)がマッチングアプリで知り合った彼女と付き合っていることを知り、本間快(中島健人)と一ノ瀬次郎(平野紫耀)もマッチングアプリで彼女を探すことにしました。

初めての外泊日にアプリで知り合った彼女とデートすることになった2人は、ソワソワしながら待ち合わせ場所で待っています。

しかし、約束の時間を過ぎても彼女は現れませんでした。

デートを諦めて歩いていた時、道ですれ違った女性・亜未(上白石萌音)が拉致されるのを目撃します。

本間と一ノ瀬は拉致された亜未を救うため行動を起こしたのですが…。

【ネタバレ】『未満警察 ミッドナイトランナー』第3話あらすじ・感想


監禁場所から逃げ出す本間(中島健人)と一ノ瀬(平野紫耀)

本間快(中島健人)と一ノ瀬次郎(平野紫耀)は、上半身裸の状態で天井から吊るされています。

先に意識を取り戻した本間は一ノ瀬に声を掛けますが、なかなか目を覚ましません。

本間の起床の合図でようやく目を開けた一ノ瀬は、人並外れた運動能力で拘束を解きます。

寝ている男たちに気づかれないようにそっと部屋から出ようとしますが、気づかれてしまいました。

一ノ瀬たちは男たちをなぎ倒し、建物の外に出て町中を駆け回ります。

一ノ瀬たちが交番の前までたどり着くと、男たちは追うのを諦め立ち去っていきました。

しかし、助け出したはずの亜未(上白石萌音)は再び捕まってしまいます。

ミルトモライターミルトモライター

一ノ瀬の並外れた運動神経にびっくりしました。2人が無事逃げ出すことができて良かったです。

監禁場所はもぬけの殻

交番に保護された本間と一ノ瀬は、自分たちが警察学校の生徒だと説明しました。

そして、少女たちが監禁されている建物まで警官たちを案内しました。

しかし、建物の中はもぬけの殻で、床には麻酔剤の小瓶が落ちています。

現場を見た柳田晋平(原田泰造)たちは「手慣れた組織の犯行だな。麻酔を打って眠らせ、その間に海外へ運び、売り飛ばす。こいつは所轄で収まる話じゃない。本部に応援を要請する」と言いました。

その頃、他の少女たちと一緒に監禁された亜未は、ポケットに入れたガラスの破片を使って手首の拘束を解いていました。

ミルトモライターミルトモライター

警察学校で教わった通り、少女たちを救うのは時間との勝負です。すぐにでも行動に移したい一ノ瀬たちですが…また無謀な行動を起こしてしまうのでしょうか?

片野坂(伊勢谷友介)が現場に復帰しない理由

片野坂譲(伊勢谷友介)は、警察学校の教官になって9年目を迎えていました。

柳田「我々には何もできない。お前あの2人にそう言ったよな。教官をやっていようが警察官に変わりはない」

片野坂「ここに来てからもお前に頼まれれば捜査を手伝ってきた」

柳田「でももう9年だ。普通はとっくに現場に復帰している年数だ。“あの件”は忘れろ。いい加減戻ってこい」

2人の話を聞いていた及川蘭子(吉瀬美智子)は“あの件”について柳田に聞きますが、本人に聞くよう言われてしまいました。

ミルトモライターミルトモライター

通常、警察学校の職は2年で代わるようですが、片野坂は9年も続けていました。どうやら現役に戻りたくない理由がありそうです。“あの件”とは何でしょうか?

警察学校の仲間たち

本間と一ノ瀬は、自分たちが関わった家出少女の事件について話していました。

2年前、家出少女だった野原さやか(竹内愛紗)は「その子たち全員助けてあげたい」と言います。

新藤司(阿岐之将一)は「新聞社で働いていた時、家出した未成年が年間1万6千人いるという記事を書いたことがある。そのうち2割の子は家族が探してもくれない」と言います。

黒岩純哉(葉山奨之)は、警察官僚の父親に早く捜査するよう頼みたいところですが、父親とは口をきいてもらえない状態です。

ミルトモライターミルトモライター

本間と一ノ瀬のクラスには様々な経歴を持った人たちがいますね。みんな監禁されている少女たちのことを心配していますが、事件の早期解決を願うことしかできないのでしょうか?

柳田(原田泰造)に協力を頼む本間(中島健人)と一ノ瀬(平野紫耀)

本間たちは、犯行車両を調べて分かったことを教えて欲しいと柳田に頼みました。

柳田は熱心に頼む本間たちを邪険に扱いますが、去り際に稲西結衣(中村ゆり)の名刺を落としていきます。

稲西は防犯カメラの映像で犯行車両を探し、そこで得た情報を本間たちに伝えました。

犯行車両の後ろには常にMGC輸送倉庫と書かれた車両が付いてきていたのです。

ミルトモライターミルトモライター

普通、捜査情報を一般人に伝えることはないと思いますが、でもこれはドラマなので…。

一ノ瀬(平野紫耀)に鍛えてもらう本間(中島健人)

本間は「俺を鍛えて欲しい」と一ノ瀬に頼みました。

本間は腹筋を100回した後、剣道の素振りをし、さらに一ノ瀬に柔道の稽古をつけてもらっています。

及川の授業では、凶器で襲われた時の対処法を習いました。

プロテインを飲みながら体を鍛える本間と一ノ瀬。

2人は片野坂教官に頼まれたと嘘を言い、装備管理室から装備道具を借りて身に付けました。

本間と一ノ瀬は警察学校の寮の窓から抜け出し、少女たちが連れていかれたMGC輸送倉庫へと向かいました。

ミルトモライターミルトモライター

危険な真似はしないで欲しいと思うのですが、もはや2人を止めることはできないようです。

柴本(加藤雅也)vs本間(中島健人)と一ノ瀬(平野紫耀)

両手にこん棒を持った本間と一ノ瀬は、鉄パイプを持った男たちの中に突っ込んでいきました。

男たちをやっつけた2人はさらに奥に入っていきます。

ドアから出てきた男たちを倒すと、今度は柴本(加藤雅也)が目の前に現れます。

柴本vs本間と一ノ瀬の戦いが始まりました。

しかし、2人がかりでも柴本をなかなか倒せません。

ついに柴本がナイフを取り出し2人を切りつけてきます。

息の合ったチームワークで柴本を追い詰める一ノ瀬たち。

かなり苦戦を強いられましたが、本間と一ノ瀬は柴本を捕らえることに成功しました。

ミルトモライターミルトモライター

本間と一ノ瀬のアクションシーンも見応えがありましたが、それ以上に柴本の迫力がすごかったです。柴本、強すぎです!

本間(中島健人)と一ノ瀬(平野紫耀)に下された処分

無断で事件現場に突入した本間と一ノ瀬の処分を決める会議が行われています。

副校長は即刻退学処分にするよう言います。

及川もルールを逸脱した者には退学がふさわしいと言いました。

片野坂も自分を裏切った一ノ瀬たちを残念に思っていましたが、真っ先に行動に移した2人をうらやましいとも思っていました。

議論の末、本間と一ノ瀬に下された処分は100時間の雑役及び社会奉仕活動でした。

ミルトモライターミルトモライター

2人は退学処分を免れることができました。本間と一ノ瀬のまっすぐな思いが評価されたのかもしれませんね。

『未満警察 ミッドナイトランナー』第3話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

前回第2話に引き続き、柴本の迫力が凄すぎました。

運動神経が抜群にいい一ノ瀬を上回る強敵ってなかなかいないですよね。

しかも本間と2人がかりでも敵わないなんて…。

本間と一ノ瀬は当たり前のようにルールを破りまくっていますが、今回の処分で少しは反省したのでしょうか?

次回も楽しみです!

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼次回第4話も続けて読む▼