マ・ドンソクのおすすめ出演映画まとめ!MCUへの加入も決定した世界的人気の韓国人俳優を徹底解剖!

マ・ドンソクのおすすめ出演作品まとめ!

出典:BANGER!!!

今回は、私が超絶推している韓国人俳優「マブリー」ことマ・ドンソクについて徹底解剖していきたいと思います!

『新感染 ファイナル・エクスプレス』のサンファ役で人々の人気を集めたマ・ドンソクってどんな人なの?というところから、彼の人気の秘密、出演作品などをまとめてみました。

2019年のサンディエゴ・コミコンでついにMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)入りが正式発表されたマ・ドンソク。(2020年11月全米公開『エターナルズ』出演)

ますます人気になること間違いなしの彼の出演作品を観るなら今でしょ!?

今後公開される作品への期待とともに、マ・ドンソクの魅力を紹介いたします。

マ・ドンソクのプロフィール。どんな人?

マ・ドンソクのプロフィール

出典:BANGER!!!

名前 マ・ドンソク(馬東石)
誕生日 1971年3月1日
身長 178センチ
体重 100キロ
ニックネーム マブリー(マ・ドンソク+ラブリーの造語)

韓国で生まれたマ・ドンソクですが、18歳のときに家族でアメリカへ移住したことでアメリカ国籍を所有しています。ですので、英語は堪能!

移住については家庭の経済事情の悪化というあまり明るい内容では無いですが、マ・ドンソクがアルバイトをして家計を助けていたようです。

コロンバス州立大学で体育を学び、フィットネストレーナーやボディービルダーとして活動していました。

総合格闘家のケビン・ランデルマンやマーク・コールマンなど有名選手のトレーナーを努めていた経験もあるということです。

キャリアのスタートは1994年、アメリカでミュージカル俳優としてデビュー。

2002年に韓国映画『天軍』のオーディションを受け合格、韓国で本格的に俳優活動をスタートさせます。

私生活では、2016年から17歳年下のジムトレーナーでありタレントのイェ・ジョンファと交際が続いているということです。

ちなみにイェ・ジョンファの母親とマ・ドンソクはなんと3歳差…!これは衝撃ですね!

マ・ドンソクの人気の秘密

コワモテながらも「マブリー」なんてニックネームもついていしまうマ・ドンソク。

その人気の秘密は一体何なのでしょう??

人気の秘密❶「気は優しくて力持ちな男の中の男」

俳優としてのキャリアをスタートさせて間もない頃は、その見た目からヤクザ役などを演じることが多く、あまりにリアルすぎて「本当のギャングを雇ったの?」と勘違いされるほどだったようです。

しかし、最近のマ・ドンソク出演作品をみると「気は優しくて力持ち」という言葉がピッタリなキャラクターを演じることが増えているような気がします。

映画製作者側もようやくマ・ドンソクの魅力に気づき、彼に演じさせるべき役柄を理解してきたということでは無いでしょうか?

役にハマるマ・ドンソクと、マ・ドンソクにハマる観客がマ・ドンソク人気を加速させていると言っても過言ではないでしょう。

人気の秘密❷「怖い見た目と可愛らしい笑顔のギャップが堪らない!」

韓国では「マブリー」のニックネームで呼ばれているマ・ドンソク。

正直このニックネームにはクスッとしてしまいますが、実はこんなに可愛いおじさんなんです!


韓国語の正確なセリフがわからないのですが、どうやらファンデーションのCMに出演しているようです!

こんな可愛らしいCMにピンクのエプロンを着用したおじさんを起用するなんて…とも思いますが、意外と似合うのが不思議(笑)

それでも顔は怖いけど!

でも、これってマ・ドンソクが韓国の若者に受け入れられているということですよね!

次に韓国旅行へ行った際は、マ・ドンソク効果でこの商品を買ってしまいそうです…。

他にもこれまた若者向けの洗顔料のCMに出演していました。

人気の秘密❸「自然な演技が魅力的」

どの作品に出演しても、人柄が現れる自然な演技が定評のマ・ドンソク。

出演作品全てにおいてわかるように、役柄とマ・ドンソク本人ギリギリのところで演技をしているから、観客はストーリーに引き込まれると同時にマ・ドンソク自身の魅力にも気づきやすいのだと思います。

マ・ドンソク出演おすすめ作品:視聴可能&公開中

それでは「マ・ドンソクを知るならコレ!」という代表作をピックアップしてご紹介します!

おすすめ①:『新感染 ファイナル・エクスプレス』

『新感染 ファイナル・エクスプレス』 マ・ドンソク

出典:Ciatr

【おすすめ度】★★★★★

マ・ドンソクを知るならば、まずは『新感染 ファイナル・エクスプレス』を観てほしい!

今作の主人公ではないものの、マ・ドンソク演じるサンファは影の主役とも言われ高く評価されました。

『新感染 ファイナルエクスプレス』は、2016年公開の韓国で大ヒットしたゾンビ映画。

マ・ドンソク演じるサンファは、妊娠中の妻やまだ感染していない人間たちを感染者たちから守るため主人公とともに共闘します。

最初は自分と娘だけが生き残れば良いという自分勝手な考え、行動をしていた主人公のソグ(コン・ユ)も、サンファの行動や言葉に突き動かされ、自分の行動を変えていきます。

妻や他の仲間を守るため、自ら感染者の餌食となったサンファの死に涙した人は多いはず。

薄れゆく意識のなか、感染者になりかけのサンファにはまだ記憶があるようで、意識の瀬戸際で必死に感染者たちを食い止める様子にボロボロと涙が止まりませんでした。

サンファ以外にも感動するエピソードが満載なので本当に観てほしいです!(涙)

涙なしには語れないゾンビ映画、それが『新感染 ファイナル・エクスプレス』なのです。

詳しいレビューも公開中なので、合わせてどうぞ!

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』あらすじ・ネタバレ感想!大ヒットを記録した韓国発の新感覚ゾンビ作品

おすすめ②:『犯罪都市』

『犯罪都市』 マ・ドンソク

出典:映画.com

【おすすめ度】★★★★

2004年に実際に起こった、韓国警察による中国朝鮮族マフィア一掃作戦にインスパイアされ、制作された作品です。

結構なバイオレンス作品で、もしかしたら観る人を選ぶ作品かもしれません。

イケメン・かわいいヒロイン登場なし!

出るのは屈強な良い面構えの男たち!

マ・ドンソク演じるのは一掃作戦の中心人物となった主人公マ・ソクト刑事。

彼もいわゆるヤクザな刑事で、裏の組織とあえて関わりを持つことで街の平穏を保ってきたはずでしたが、中国朝鮮族マフィアが新たに街に来たことで事態は一変、街の平穏を守るために冷酷無比で超凶悪な中国朝鮮族マフィアと対峙することに。

斧やナタを持ち歩き攻撃してくる中国朝鮮族マフィアに対してソクト刑事の武器は素手。

敵のほとんどを拳でなぎ倒していくマ・ドンソクの強さに改めて感動!

冒頭の喧嘩を仲裁するシーンで、わめく輩を張り手一発で倒す!

これで『犯罪都市』は我々が期待すべきマ・ドンソク映画だ!ということがわかります(笑)

直球で男臭いクライムアクションをご所望の方は、ぜひご覧ください!

『仁義なき戦い』シリーズ『アウトレイジ』『孤狼の血』などお好きな方は絶対好きです。

詳しいレビューも公開中なので、合わせてどうぞ!

映画『犯罪都市』あらすじ・ネタバレ感想!マ・ドンソク主演!実話の事件をもとに描かれた韓国裏社会の実態とは?

\\業界最安値でおすすめ!!//

31日間無料のdTVで
『犯罪都市』を視聴する

おすすめ③:『ファイティン!』

【おすすめ度】★★★★★

腕相撲を題材にした異色のハートフルストーリー。

こちらは『犯罪都市』とは逆に、誰でも観ることができるほっこり映画。

幼い頃アメリカに養子に出された孤独な主人公マーク(マ・ドンソク)が韓国での腕相撲で勝ち上がり、同時に家族ではなかった人々と家族のような絆を作り上げていくという物語。

主人公マークの生い立ちは、18歳でアメリカに移住したマ・ドンソク自身に重なるものがあったそうです。

孤独で不器用な男マークが他人に徐々に心をひらいていく様子、人に裏切られてさらに腕相撲にのめり込む様子など、口数は少ないですがひたむきなマークを真摯に演じていたと思います。

派手なアクションはありませんが、軽く女性のウエストくらいはあるマ・ドンソクの立派な上腕二頭筋をしっかり拝める映画です。

二の腕フェチの方にも、ぜひ鑑賞してほしい作品。

詳しいレビューも公開中なので、気になる方は合わせてご覧ください!

映画『ファイティン!』あらすじ・ネタバレ感想!マ・ドンソク主演!腕相撲を題材にした異色のハートフル作品

おすすめ④:『神と共に 第二章:因と縁』

【おすすめ度】★★★★

『神と共に 第一章:罪と罰』のラストでマ・ドンソクがサプライズ登場し、劇場が湧いたのが良い思い出(笑)

メインの登場シーンは第二章で、家庭を守る成主神(ソンジュ神)を演じています。

ソンジュ神の目的はただひとつ、貧しい暮らしを営む老人とその孫を冥界の使者たちから守ることでした。

孫の行く末を案じ、老人を亡者として冥界へ連れて行こうとする冥界の使者たちに対し、せめて彼の孫が小学校へ入学するまで死を延期してほしいという条件を出す優しい心の持ち主でした。

ただ一つだけ弱点があり、ソンジュ神を祀る壺を破壊されてしまうとソンジュ神は消滅してしまうのです。

自分の留守に地上げ屋が押し入り壺が破壊され、ソンジュ神は消滅…。

しかし、孫のためにと手を出していた株が値上がりし、老人と孫は後に幸せに暮らすことができたのです…。

ソンジュ神の話はあくまでも第二章のサブストーリーですが、登場するだけでおいしいのがマ・ドンソク。

「マ・ドンソクが出ているから見に行こう!」というファンも多いようです。

ちなみに第一章&第二章の詳しいレビューも公開済みなのでチェックしてくださいね!

映画『神と共に 第一章:罪と罰』あらすじ・ネタバレ感想!想像を遥かに超えた「超韓国風エンタメ」ここに開幕!

映画『神と共に 第二章:因と縁』あらすじ・ネタバレ感想!韓国発超大作エンタメ第二章、使者たちの運命は!?

おすすめ⑤:『無双の鉄拳』

『無双の鉄拳』マ・ドンソク

出典:BANGER!!!

【おすすめ度】★★★★★

本作『無双の鉄拳』はまさにマ・ドンソクのためにあるような作品!

人身売買組織に誘拐された妻を救うため、元闇の世界で「雄牛」の異名をとった男ドンチョル(マ・ドンソク)が拳ひとつで乗り込んでいくという物語。

もう、やばいやいばい!!『犯罪都市』以上の体当たりです…。

愛する妻のために目覚めるドンチョルが、まさに雄牛のごとく敵をなぎ倒す様は爽快そのもの!

王道といえば王道ですが、この手の作品はそれでOK!余計な小細工は不要なのです。

5年の歳月を経て監督とマ・ドンソクの間に作り上げられた信頼が、この作品で一番評価されるところかもしれません。

『無双の鉄拳』も詳しいレビューを見ることができますので、ぜひどうぞ!

映画『無双の鉄拳』あらすじ・ネタバレ感想!アジア最強の豪腕マ・ドンソク兄貴が無双の強さで悪党どもを薙ぎ払う!

マ・ドンソク出演:今後の期待すべき作品

おすすめ⑦:『エターナルズ』

★★祝!マブリーMCU入り★★

2020年11月全米公開の『エターナルズ』にマ・ドンソクも出演することが、アメリカで開催されたサンディエゴ・コミコンで正式発表されました!

『エターナルズ』はアメコミでおなじみマーベルが製作する映画シリーズ「マーベル・シネマティック・ユニバース」(MCU)に登場する新ヒーロー!

『エターナルズ』には複数メンバーがおり、マ・ドンソクはその中の「ギルガメッシュ」というヒーローを演じるようです。

韓国系俳優では初めてのMCUヒーローにキャスティングされたことでも非常に話題になりました。

共演もアンジェリーナ・ジョリー、リチャード・マッデン、クメイル・ナンジアニ、ローレン・リドロフなど超豪華な顔ぶれが勢揃い。

アンジェリーナ・ジョリーがMCU入りというのも嬉しい話ですね!

それ以上に、韓国から再びハリウッドに乗り込んでいくスターが現れたことは嬉しい限り!

『エターナルズ』は全くの新ヒーローで、今までの作品とどのようなつながりを見せてくれるのかも期待です。

エターナルズと、彼らの敵であるディヴィアンツとの戦いが描かれるのでしょうか?

マ・ドンソクのファン、そしてMCUファンの私にとっては非常に嬉しい情報でした!

マ・ドンソクのハリウッドでの成功を祈るばかりです。

2020年以降のMCU公開予定作品について、以下に詳しくまとめています。

MCU「フェーズ4」新作紹介&徹底考察!MARVEL映画の新作情報レビューと詳細まとめ!

マ・ドンソクのおすすめ出演作品まとめ

『悪人伝』マ・ドンソク

出典:映画.com

韓国の注目俳優マ・ドンソクのプロフィールと、マ・ドンソクが出演するおすすめ作品をピックアップしてご紹介しました!

非常にコワモテながら笑顔が可愛らしい一面も見せてくれるマ・ドンソク、その人気は現在も急上昇中!

人柄が現れる演技に、役柄と同時に自然とマ・ドンソク自身にハマっている人は多いはず。

また、マ・ドンソク主演の最新作『悪人伝』は次々と世界中で公開されているようで、日本に来るのが待ち遠しいですね。(日本公開は2020年夏の予定です)

なお『悪人伝』はハリウッドでシルベスタ・スタローン主演でリメイクが決定しているとのこと(ハリウッドさん仕事が早い!)。

紹介した作品を観て、ぜひマ・ドンソクの魅力にどっぷり使ってみてください。