怖い…ゾッとするホラー映画おすすめ31選!怖すぎ注意!ホラーファンが厳選した絶対外さない作品だけを紹介

ガクブル必至!怖い映画おすすめまとめ!ホラー、サスペンス、絶対外さないゾッとする作品だけを厳選【怖さ保証】

出典:U-NEXT

こちらのまとめではホラー、サスペンスはもちろんジャンルにとらわれずおすすめの怖い映画をまとめています。

幽霊、モンスター、殺人鬼、その他いろんな”怖く感じる”映画をタイプ別にミルトモライターたちが厳選して紹介します!

ゾッとするホラー映画おすすめ31選

後ほど「モンスターが怖い」という項がありますが、ゾンビはもはや一大ジャンルなので一つのくくりにさせていただきます。

『バイオハザード』

ポイント
  • ビジュアルが作り込まれている
  • ゲームと映画の違いも楽しめる
  • ゾンビ映画の代表格。まずは『バイオハザード』から入りましょう

大人気の『バイオハザード』シリーズ第1作にあたるゾンビ映画です。

全体的に作り込まれていて、ゲームとは一味違った面白さがあります。

ミルトモライターミルトモライター

『バイオハザード』シリーズと言えば、ゲームが原作になっていますが、今では映画だけを観ているという人も多いのではないでしょうか。

その理由として、ビジュアルの良さが挙げられると思います。

『バイオハザード』

出典:IMDB

ゾンビのビジュアルはもちろん、キャラクター1人1人の衣装や装備なども非常に凝っていて、作り込まれていると思います。

また、ゲームとはまた違ったオリジナルのストーリーもポイントです。

ミルトモライターミルトモライター

シリーズを通してゲームのストーリーとは違った内容を楽しめるため、ゲームを楽しんでいた人も映画からの人も、全員が楽しめるのが『バイオハザード』の素晴らしさです。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『REC/レック』

ポイント
  • 主観的に臨場感を楽しむことができる
  • スプラッター、悪魔憑きの両方を楽しむことができる
  • シリーズを通して楽しむことができる

スプラッター系ホラーでこちらもシリーズものです。

カメラの画面越しに見ているような映像の中、人々が謎の感染症で襲い掛かってきます。

臨場感あふれる映像の中で、まさに自分がその場で、目の前で見ているような感覚で楽しむことできます。

『REC/レック』

出典:IMDB

何といっても秀逸なカメラワークによって、自分がその場で撮っているかのような感覚になれることが、『REC/レック』の最大の魅力と言えます。

ミルトモライターミルトモライター

他の映画のように、客観的にストーリーを見るよりもカメラと同じ目線で見ることができるため、一味違った恐怖を楽しむことができるのです。

また、『REC/レック』ではゾンビのようになった人は、遥か昔からの悪魔憑きの原因であった生物からの感染症とされています。

感染症にかかった人物が襲い掛かってくる場面もスプラッターとして楽しめますが、悪魔憑きに関するストーリーも楽しむことができます。

『REC/レック』シリーズもストーリーの繋がりはありますが、基本的には1→2→4となっており、3は1の同じ時間の別の場所で起きた話になっています。

なので、おすすめの順番は【1→3→2→4】と観ることですね。

『スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間』

スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間

(C)2013 Boulderlight Pictures

ポイント
  • 主人公がゾンビと化していく過程の描写
  • 主人公のレズ設定という変わった恋愛
  • 謎の多いストーリー

他のゾンビ映画とは違い、レズビアンの主人公が恋人との不仲を原因に、パーティーで出会った男と一夜を共にしてしまったことから始まり、主人公がゾンビになるまでの3日間を描いた映画です。

人がだんだんとゾンビになっていく過程を描いた映画は、今までなかったのではないでしょうか。

他の映画ですと、謎のウイルスや感染症などからゾンビが発生し、そのゾンビに噛まれた人がゾンビと化し、ゾンビが増殖していく世界を描いているものが多いと思われます。

しかし、この映画では最後の最後まで、ゾンビになるのは主人公1人だけです。

ミルトモライターミルトモライター

この映画では一味違うゾンビを楽しめ、これからのゾンビ映画の見方が変わるのではないかと思います。

スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間』の見どころとして真っ先に挙げられるのは、主人公がゾンビになる過程の描写の仕方だと言えます。

『スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間』

(C)2013 Boulderlight Pictures

初めは謎の体調不良から始まり、様々な場所からの出血や爪がはがれるなど、主人公の身体に起こる異変が現実的に描かれています。

もうひとつのポイントとして、主人公の恋愛があります。

彼女はレズビアンで恋人も女性ですが、冒頭から彼女たちの関係は険悪でした。

『スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間』の作品中、ゾンビになっていく中であっても、主人公は恋人との関係修復を最優先に動いています。

『スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間』

(C)2013 Boulderlight Pictures

主人公のけなげな様子も本作の見どころだと言えます。

『スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間』では、彼女がゾンビになった理由はパーティーで出会った男との関係だということしかわかりません。

男は何者で、なぜ彼女はゾンビになったのかなどは描かれていないのです。

ミルトモライターミルトモライター

その正体などは続編である『アフターデイズ・ボディ 彼女がゾンビと化した世界』でわかるのではないでしょうか。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『新感染 ファイナル・エクスプレス』

『新感染 ファイナル・エクスプレス』

(C)2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILM. All Rights Reserved.

ポイント
  • 韓国でのゾンビ映画のジンクスを覆したスリル満点のホラー作品
  • 高速列車という動く密室内で発生するパンデミックの恐怖
  • とにかく速い、量が多い、凶暴という特徴がある韓国ゾンビの怖さ

2017年に公開された、ヨン・サンホ監督による韓国のゾンビ・パニック作品。

ソウル発釜山行の高速列車内で、感染爆発が起こるという物語です。

今まで「ゾンビ映画は流行らない」と言われていた韓国でその状況を覆し、世界中で大ヒットを記録し話題になりました。

出演は『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』のコン・ユ、そして今一番勢いのある韓国俳優、マ・ドンソクで、今作をきっかけにマ・ドンソクの人気が爆発。

『新感染 ファイナル・エクスプレス』

(C)2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILM. All Rights Reserved.

走る列車内で起こる感染爆発ということで、密室の恐怖やまた一方向にしか進めない逃げ場のない恐怖が人々を襲います。

ミルトモライターミルトモライター

さらに、今作で登場する感染者は速い…。

生存者を発見するやいなやものすごいスピードで襲いかかってくるのです。

『新感染 ファイナル・エクスプレス』

(C)2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILM. All Rights Reserved.

そして様々な状況にある登場人物たちが繰り広げる人間ドラマにも注目!

生存を懸けての人間同士の戦いはとても醜いですが、それがリアル。

もしかしたら本当に怖いのは人間なのかもしれないということに、気づくかもしれません。

ミルトモライターミルトモライター

ソウル~釜山間で誰が生き残るかが見どころ。

新感染 ファイナル・エクスプレス』は大ヒットを記録し、なんと続編の製作・公開が決定しています。


原題は『半島』で、今作から4年後、さらにゾンビが蔓延する朝鮮半島から脱出を試みる人々の物語が描かれるようです。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『死霊館 エンフィールド事件』

『死霊館 エンフィールド事件』

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

ポイント
  • 視覚、聴覚にとことん怖さを攻めてくる映画
  • 心霊、ポルターガイスト系の映画ではイチ押し
  • シスターやアナベルなど幽霊のビジュアルが強烈に怖い

音とビジュアル、驚きで怖さを引き立てる作品です。

そして『死霊館 エンフィールド事件』は、初めて洋画のホラー映画で怖いと思った映画です。

出てくる幽霊のビジュアルが印象的で記憶に残ります。

『死霊館 エンフィールド事件』

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

ミルトモライターミルトモライター

シリーズになっているので追いかけてみるのも面白いかもしれませんね。

本格的に見始めた時に公開されたのが、この『死霊館 エンフィールド事件』でした。

呪われた家に現れるさまざまな幽霊が見どころです。

現れる幽霊によって、出現の仕方や驚かせ方が違うため飽きずに見ることができます。

『死霊館 エンフィールド事件』

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

2018年に公開された『死霊館のシスター』もこのシリーズに登場する幽霊の1人ですよ。

シスターはもちろん、アナベルなどもビジュアルがとにかく強烈で、見た目だけで十分楽しめるのではないかと思います。

ミルトモライターミルトモライター

ポルターガイストやびっくり系が好きな人には、特におすすめです。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『グレイヴ・エンカウンターズ』

『グレイヴ・エンカウンターズ』

(C)2010 DIGITAL INTERFERENCE PRODUCTIONS INC. and TWIN ENGINE FILMS LTD.

ポイント
  • カメラで撮っているという設定が面白い
  • 登場する幽霊の顔が怖すぎる
  • 肝試しのような設定が身近に感じられる

心霊の中でもポルターガイスト系です。

似ている映画だと『パラノーマル・アクティビティ』があります。

心霊番組の撮影という設定の中、さまざまな不可思議な現象が登場人物たちを襲います。

『グレイヴ・エンカウンターズ』

(C)2010 DIGITAL INTERFERENCE PRODUCTIONS INC. and TWIN ENGINE FILMS LTD.

心霊番組の撮影風景という設定がまず面白いと思います。

ミルトモライターミルトモライター

廃墟になった精神病院を舞台にカメラで撮影している風景で、それぞれの設置したカメラに映る映像が違うため、それぞれのキャラクターに起こる現象をそれぞれの視点で楽しむことができます。

また、この作品も出てくる幽霊の顔が怖くてたまらないのです。

『グレイヴ・エンカウンターズ』

(C)2010 DIGITAL INTERFERENCE PRODUCTIONS INC. and TWIN ENGINE FILMS LTD.

その顔は、ホラー映画ファンの間で「グレイブ顔」と呼ばれるほどで、アプリまで作られるほどの人気でした。

グレイヴ・エンカウンターズ』の設定で、ある廃病院に行ったら閉じ込められて心霊現象に会った、というのは肝試しに行ったら心霊現象に会った、ということと同義で、割と身近な設定になるのではないでしょうか。

ミルトモライターミルトモライター

『グレイヴ・エンカウンターズ』を見ることで、肝試しがさらに怖くなるのではないかと思います。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『シャイニング』

ポイント
  • ホラー映画として映画史に名を残す名作
  • 雪山×呪われたホテルというシチュエーションの怖さ
  • ジャック・ニコルソンの怪演&スタンリー・キューブリック監督のしごきの恐ろしさ

スティーヴン・キング原作、スタンリー・キューブリック監督による、映画史に残るホラー映画の傑作といえば『シャイニング』。

いわくつきのホテルの冬季間の管理人を勤めることになった、小説家志望のジャック。

妻のウェンディ、息子のダニーと共に豪華なホテルに住み込みで生活を始めますが、「シャイニング」という不思議な力を持つダニーはホテル内に幽霊の姿を捕らえたのです!

そして、ジャックの様子も何かに取り憑かれたようにおかしくなっていきました。

狂気のジャックと呪われたホテルから、ウェンディとダニーが脱出を図ろうとする物語です。

スタンリー・キューブリック監督の『シャイニング』は、237号室の老婆、廊下の双子、斧でドアを破るジャック・ニコルソン、など様々な名物キャラクター、名シーンを生み出しました。

『シャイニング』

出典::IMDB

ミルトモライターミルトモライター

映画を見たことがなくても「これは知っている」という人も多いのではないでしょうか?

閉ざされた雪山の呪われたホテル=誰も助けに来ないという、逃げ場のないシチュエーションは恐怖と絶望に繋がります。

また、『シャイニング』を監督したスタンリー・キューブリックの「しごき演出」も恐怖そのもの!

今作で標的になったのは妻・ウェンディを演じたシェリー・デュヴァルで、撮影後は精神病を患ったそうです。

『シャイニング』

出典:IMDB

ドアを叩き割ったジャック・ニコルソンが顔を覗かせるシーンは、最高の表情を引き出すために2秒程度のシーンに2週間以上、190テイク以上かけて撮影されました。

ミルトモライターミルトモライター

いわば、製作過程から「恐怖」の作品だったというわけです。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『哭声/コクソン』

『哭声/コクソン』

(C)2016 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION

ポイント
  • ナ・ホンジン監督による長編3作目となるオカルト・スリラー
  • 誰が味方か誰が敵か!?全く誰を信じていいかわからない怖さ
  • 日本人の「よそ者」を演じる國村隼の堂々とした演技が逆に恐怖

チェイサー』『哀しき獣』のナ・ホンジン監督の長編3本目。

『哀しき獣』で存在感を魅せた俳優、クァク・ドウォン、韓国の「1億俳優」ファン・ジョンミン、日本からは國村隼が重要な役どころで出演したことでも話題になりました。

前2作品では追跡劇でサスペンス・スリラーを描いてきたナ・ホンジン監督ですが、『哭声/コクソン』では「得体のしれない恐怖」について描いています。

韓国の山あいにある谷城(コクソン)という町で起こる奇っ怪な殺人事件は、山の中に住む日本人(國村隼)が現れてから起こり始めたという噂が流れます。

『哭声/コクソン』

(C)2016 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION

自分の娘にも殺人者と同じ症状が現れ始めたジョングは、イルグァンという祈祷師を呼びお祓いをしてもらうのですが…。

ミルトモライターミルトモライター

私達は主人公で警官のジョングと同じ目線になってこの「わけのわからない騒動」に巻き込まれていくことになります。

一見オカルトじみたエンタメ作品にも見えますが、物語に登場する謎の日本人、祈祷師、事件の目撃者の女性の誰を信じてよいか、最後までわからなくなります。

ジョングと一緒に混乱して裏切られる、観客のこともうまく振り回している作品です。

まさに、「正体不明の怖さ」が今作の見どころ。

『哭声/コクソン』

(C)2016 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION

キリスト教についての描写や解釈もあるので、理解がある方はより楽しめると思います。

ミルトモライターミルトモライター

韓国映画の中で飄々と日本語で演技をする國村隼は、存在自体が恐怖を感じさせるものすごい俳優です…。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『キャビン』

『キャビン』

(C)2011 LIONS GATE FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED

ポイント
  • 個性豊かなクリーチャーたち
  • ホラー映画の定番を覆す展開
  • キャラクターたちの死に方、リアクションの違い

大学生の男女5人が週末を郊外の小屋で過ごそうとしますが、そこは実はすべて監視されていて5人を殺そうとしていました。

笑い要素も多く、グロさとクリーチャー系の面白さがあります。

キャビン』の最大の見どころは、豊かなクリーチャーたちだと言えます。

『キャビン』

出典:IMDB

ミルトモライターミルトモライター

5人を襲うさまざまなクリーチャーは、個性豊かで面白いと思います。

ホラー映画の定番と言えば、この『キャビン』のような設定だと向かった先の小屋に何か憑いているとか、何か不吉な場所であったなどの設定が定番だと思います。

しかし、本作『キャビン』は人が人を殺すためにクリーチャーたちを使うという、今までにない設定が斬新です。

本作『キャビン』のもう一つの面白いポイントは、殺されていくキャラクターたちのリアクションです。

『キャビン』

(C)2011 LIONS GATE FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED

それぞれのキャラクターによって、死に方もリアクションも違います。

ミルトモライターミルトモライター

十人十色な死に方だったり、リアクションも見どころなのではないでしょうか。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』

『IT イット “それ”が見えたら、終わり。』

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ポイント
  • スティーヴン・キング原作ホラー小説の映画化
  • この作品を観てピエロがトラウマになっている人が多い
  • 子どもたちが主人公で、物語は冒険要素も含んでいるがホラー的な描写が多め

2017年に公開された、スティーヴン・キング原作ホラー小説の映画化。

1991年にテレビドラマ化されており、その時に見たピエロのペニーワイズが今でもトラウマになっている人も多いでしょう。

アメリカのデリーという田舎町で次々と発生する子供の行方不明事件。

主人公ビルの弟ジョージーも、雨降りの日に突然姿を消してしまうのです。

消えたジョージーの行方を追って、落ちこぼれの少年少女で結成された「ルーザーズ・クラブ」の面々が冒険を繰り広げ謎を解き明かすうちに、恐怖の現況であるピエロのペニーワイズと出会う物語です。

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』では、本来人を笑わせるはずのピエロが子供を襲ってくる存在に。

ミルトモライターミルトモライター

しかしながら、子供たちが主事項であることと『スタンド・バイ・ミー』のような冒険的な要素もあるので、物語自体はまるっきりホラーではなく、ファンタジーっぽい側面もあります。

2019年に公開された続編『IT THE END/”それ”が見えたら、終わり。』は、大人になった主人公たちが再びペニーワイズに挑む物語です。

『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』

(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

1作目から27年の時を経たキャラクターの変化や、ペニーワイズ驚きの正体について描かれています。

ミルトモライターミルトモライター

しかし、世の中には「道化恐怖症」という病気があるくらい、ピエロに恐怖を感じる人は多いそうです。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『スナッチャーズ・フィーバー -喰われた町-』

『スナッチャーズ・フィーバー -喰われた町-

(C)2014 Northeast Films Inc.

ポイント
  • 人々のビジュアル
  • 素人が撮影している設定のカメラワーク
  • 襲われたり、逃げ惑う場面の躍動感

大学生の4人が課題作成のために卒業生を取材して動画を撮る旅に出ます。

行き先の町では異様な人々で溢れており、だんだんとのその異変が4人に忍び寄ってきます。

この作品ではおかしくなった人たちの異様なビジュアルや格好などがじわじわとした怖さを引き出し、襲ってくる人たちからも恐怖があるという二重の怖さを楽しめます。

ミルトモライターミルトモライター

まず、『スナッチャーズ・フィーバー -喰われた町-』を見た理由として、予告動画に出てきた異様な顔面の少女や、豚の被り物をした人などに興味を持ったからです。
『スナッチャーズ・フィーバー -喰われた町-』

(C)2014 Northeast Films Inc.

本編でも予告動画通り、さまざまな異様な見た目の人たち、おかしな人の行動が描かれており、気持ち悪さに似た怖さがあります。

素人の大学生が撮っているという設定どおり、ブレやピントの合わなさなどがリアリティをもって描かれています。

少し目が疲れたりする部分はありますが、現実味はあるのではないでしょうか。

ミルトモライターミルトモライター

人が食べられたり、グロテスクに殺されたりする場面としては面白いです。
『スナッチャーズ・フィーバー -喰われた町-』

(C)2014 Northeast Films Inc.

4人が逃げ惑う様子や、襲ってくる人々の様子などが躍動的に描かれています。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『クワイエット・プレイス』

『クワイエット・プレイス』

(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

ポイント
  • 音を立てたら超即死という張り詰めた緊張感
  • 人間の感覚を十分に発揮できなくなることが恐怖に繋がる
  • 音を立てられない状況での出産シーンが怖すぎる

2018年に公開されたエミリー・ブラント主演で、彼女の夫であるジョン・クラシンスキーが監督・脚本を務めたサスペンス・ホラー。

音に反応して人間を襲う「何か」によって人類が滅亡した世界で生きる家族の、サバイバルを描いています。

一家は「何か」に襲われないために会話は手話でおこない、歩く時は裸足、路に砂を敷いて静かに暮らすしかないのです。

『クワイエット・プレイス』

(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

そして、死亡フラグ満載な家族設定には絶望感しかありません。

エミリー・ブラント演じる母親のエヴリンは妊娠しておりおそらく出産間近、娘は聴覚障害を持っている、そして、やんちゃな弟…。

ミルトモライターミルトモライター

エヴリンの出産シーンはもう無理…出産を経験したことがある人ならわかるでしょう。
『クワイエット・プレイス』

(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

後ほどご紹介する『ドント・ブリーズ』と同じく、『クワイエット・プレイス』でも音を立ててはいけないという緊張感が、終始張り詰めている状態です。

『クワイエット・プレイス』で襲ってくる「何か」というのは、宇宙からやってきた怪物。

ミルトモライターミルトモライター

さらに盲目だが聴覚が異常に発達しているという設定も『ドント・ブリーズ』と共通するものがありますね。

やはり人間の生活に必要なもの(能力)を奪われるということ=恐怖につながるということが2作品に共通していると思いました。

人気を博した『クワイエット・プレイス』は、続編『クワイエット・プレイスⅡ』の公開が決定しています。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『武器人間』

『武器人間』

(C)2013 MPI MEDIA GROUP

ポイント
  • 武器人間たちのビジュアル
  • 武器人間に挑む隊員たちの姿、死に方
  • 博士の本当の信念

フランケンシュタインの末裔の博士が死体と様々な機械を合体させて作った兵士が襲い掛かってくる映画です。

ミルトモライターミルトモライター

個人的にはもっともビジュアルが好きな映画

兵士1人1人に合体させられている機械が違い、様々な武器人間たちが暴れまわる映像は見ていて飽きません。

武器人間』の見どころは、何といっても登場する武器人間のビジュアルなのではないでしょうか。

『武器人間』

(C)2013 MPI MEDIA GROUP

頭がトラバサミのようになっているものや、トゲがはえたウニのような見た目のようなものなど、個性豊かな武器人間たちがポイントです。

対する武器人間たちに挑むのは、ソ連軍の偵察部隊です。

この部隊は博士の研究所で様々な武器人間に遭遇し、様々な死に方をしていきます。

武器人間の個性を生かした攻撃に翻弄されていく隊員たちも見どころです。

武器人間たちを作った博士の信念の強さもこだわられていて、表向きはナチスに協力している博士には強い信念があり、その信念のもと武器人間を作っていたのです。

『武器人間』

(C)2013 MPI MEDIA GROUP

ミルトモライターミルトモライター

博士の信念とは何なのか、というところも『武器人間』の見どころになります。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『ミスト』

ポイント
  • 詳しい説明もなく、いきなり出てくるモンスター達
  • 極限下で簡単に扇動される大衆の恐怖
  • 一度観たら絶対に忘れられない衝撃のラスト

ショーシャンクの空に』『グリーン・マイル』等のフランク・ダラホン監督がスティーヴン・キングの小説を映画化。

映画史に残る衝撃的すぎるラストが今も語り継がれる作品です。

ミルトモライターミルトモライター

本作の恐怖ポイントは、そのラストだけでなく、極限下における人間の本質の怖さを描いているところです。
『ミスト』

(C)2007 The Weinstein Company.All rights reserved.

霧の中から突然現れた謎のモンスターから身を守るため、スーパーマーケットに籠城する主人公たち。

最初は皆で協力して、この状況を乗り切ろうとします。

その中に狂信めいた発言を繰り返す女性がいました。

最初は誰も彼女の話を全く相手にしていませんでした。

しかし、立て続けに起こる異常事態に彼女の妄言を信じる人が出始め、次第に店の中は彼女の信者とそうでない人たちに対立していきます。

『ミスト』

出典:IMDB

本作では、極限下で冷静な判断を失い、大きくなってくる多数の意見に傾倒してしまうことの危険性を描いています。

ミルトモライターミルトモライター

それは今のSNS社会にも通じている問題です。

また、物語の序盤に我が子の身を案じ、スーパーマーケットから出ていく女性の姿がありますが、彼女の顛末や主人公たちが‘ある選択’をした結果など、容赦ない運命の残酷さも痛感できる作品です。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『アス』

『アス』

(C)2018 Universal Studios All Rights Reserved.

ポイント
  • 新進気鋭の監督、ジョーダン・ピールの意欲作
  • 自分たちとそっくりな家族に襲われるホラー映画
  • ただ「怖い」では終わらない考えさせられる社会派作品

アデレード(ルピタ・ニョンゴ)は夫のゲイブ(ウィンストン・デューク)、娘のゾーラ(シャハディ・ライト・ジョセフ)、息子のジェイソン(エヴァン・アレックス)とともに夏休みを過ごすため、幼少期に住んでいたカリフォルニア州・サンタクルーズの家を訪れました。

当時のとある出来事がトラウマになっているアデレードは、不気味な偶然に見舞われたことで、そのトラウマがフラッシュバックするようになってしまいます。

やがて、その想いは家族の身に何か恐ろしいことが起こるという妄想を強めていきます。

すると、アデレードたち一家の前に、自分たちとそっくりな家族が現れ…。

『アス』

(C)Universal Pictures

ゲット・アウト』で白人家庭に招かれた黒人青年が体験する恐怖を描き、アカデミー脚本賞を受賞して一躍話題となったジョーダン・ピールの意欲作である『アス』。

『それでも夜は明ける』『ブラックパンサー』などで知られるルピタ・ニョンゴが主演を務め、鬼気迫る非現実的な出来事を身近に感じさせています。

この作品の怖いところは、こうなったら嫌だなと考えもしないような視点から恐怖が迫ってくること。

ミルトモライターミルトモライター

それでもただ怖いというわけではなく、ストーリーの進行とともに明かされる真実から社会の闇や人間の業の深さについて考えさせられ、胸がざわつく作品になっています。
『アス』

(C)Universal Pictures

『ゲット・アウト』から一貫したテーマを持ってホラー・サスペンス作品の製作を続けているピールはコメディアンでもあるということで、ところどころ笑えるポイントが差しこまれているのも上手いです。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『ムカデ人間』

ポイント
  • リアリティとビジュアルのグロさが断トツの作品
  • 「ムカデ人間」にされた人間たちの様子がエグい
  • 続編も含めるストーリー的な面白さ

ドイツでシャム双生児の分離手術の名医であった博士は、分離手術とは反対に人間の肛門と口を繋げて「ムカデ人間」を作り出す手術をしたいという願望を抱いていました。

そんな中、博士はついに旅行中のハプニングから博士の家に助けを求めてきた女性2人と日本人の男性1人を、手術で「ムカデ人間」にしてしまいます。

『ムカデ人間』

出典:IMDb

ミルトモライターミルトモライター

タイトルから惹かれ、実際に見てみると、少し汚い描写などもありますが全体的に面白い映画だと思います。

普通に生活していれば、人間の口と肛門をつなげようなどと思うことはないです。

それを現実にしてしまう博士や、その設定を思いついた製作者側に驚きを隠せません。

見どころとしては、博士が女性2人と男性1人で作った「ムカデ人間」のビジュアルとその後の生活です。

博士は「ムカデ人間」を作るだけでなく様々な実験をしていきます。

ミルトモライターミルトモライター

食事をする場面や、博士の実験をこなしていく場面などは、リアリティに富んでいて思わず目を背けそうになります。

また、「ムカデ人間」にされた人たちの反応も見どころです。

『ムカデ人間』

(C)2009 SIX ENTERTAINMENT

先頭にされた人以外は、前のヒトの肛門に口を繋げられてしまっているため喋ることはできません。

しかし、それぞれに意思はあり、感情もあるのです。

博士の実験の最中や、生活の中でもそれぞれの意思が見受けられる場面も見どころです。

この作品には続編があり、それぞれにそれぞれの面白さがあります。

ミルトモライターミルトモライター

今回は『ムカデ人間』の始まりを選びましたが、『ムカデ人間2』や『ムカデ人間3』には、それぞれの面白さがあるため『ムカデ人間』で耐えられた人は続編も見てみてはどうでしょうか。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『ソウ』

ポイント
  • 謎が多さがドキドキさせる
  • 死を目前にした男たちの心理戦や掛け合い
  • まったく飽きさせない息を飲む展開

サイコスリラー映画です。

殺人鬼ジグソウにより密室に閉じ込められ、強制的にゲームに参加させられる2人の男が主軸のストーリーです。

ミルトモライターミルトモライター

有名な映画ではありますが、個人的には何度も繰り返される「まさか」が面白いと思います。

展開の読めないストーリーに引き込まれること間違いなしです。

『ソウ』

出典:IMDB

ミルトモライターミルトモライター

ソウ』を選んだポイントとしては、最初から「分からない」が多いことです。

なぜ2人の男は閉じ込められているのか、ジグソウとはいったい誰で何の目的で2人の男を閉じ込めているのか。

ゲームの真意はなんなのか。

様々な「分からない」が、徐々に解決していく様子が面白いのです。

ゲームの中で繰り広げられる2人の男の心理的攻防も見どころです。

どちらかが死ななければ部屋から出られない、という究極の状況の中での男たちの掛け合いは息を飲みます。

『ソウ』

出典:IMDB

ミルトモライターミルトモライター

また、本作『ソウ』もなかなかにグロテスクな場面は多いです。

また、なんでそうなる?とむず痒いような場面も多く見受けられます。

緊迫した状況の中でも飽きずに見ることができます。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『チェイサー』

『チェイサー』

(C) 2008 BIG HOUSE / VANTAGE HOLDINGS. All Rights Reserved.

ポイント
  • 韓国で実際に起った事件をもとにしたスリラー作品
  • 元刑事と猟奇殺人犯が繰り広げるスリル満点の追跡劇
  • 画面を通しても「痛さ」がわかる暴力描写

2009年公開、『哀しき獣』『哭声/コクソン』を手掛ける、ナ・ホンジン監督による長編デビュー作品。

2004年に韓国で実際に起った、ユ・ヨンチョルによる連続殺人事件をもとに製作されました。

犯人であるユ・ヨンチョルは、2003年から2004年にかけて1年間の間に、富裕層の高齢者や風俗嬢など、21人を殺害していたのです。

元になった事件も相当猟奇的。

また、作中にもあるようにユ・ヨンチョルは一度窃盗で捕まりますが、2日後に釈放されているのです…。

ダブル主演を務めたのは当時まだ無名に近かった、ハ・ジョンウキム・ユンソク

『チェイサー』

(C) 2008 BIG HOUSE / VANTAGE HOLDINGS. All Rights Reserved.

今作と、次作『哀しき獣』に出演し、今では誰もが知る韓国を代表する名優となりました。

チェイサー』では、一見素朴に見えるも、超サイコパスな連続殺人鬼チ・ヨンミンをハ・ジョンウが、彼を追う元刑事の風俗店経営者オム・ジュンホをキム・ユンソクが演じ、突如姿を消した風俗嬢の行方を追って、追跡撃が繰り広げられます。

『チェイサー』の恐ろしさといえば、「迫りくる恐怖」に尽きると思います。

ミルトモライターミルトモライター

意外と坂の多いソウルの街の地形を活かした、スピード感溢れる追跡劇はスリル満点で心拍数が上がります!
『チェイサー』

(C) 2008 BIG HOUSE / VANTAGE HOLDINGS. All Rights Reserved.

そして、見るのもキツい暴力的な描写は思わず「うわっ…」と顔をしかめてしまうほど。

ヨンミンの家から脱出したにもかかわらず、ヨンミンに見つかり命を落としてしまった風俗嬢のミジンの殺害シーンは、残酷すぎて意図的にモノクロで描かれているくらいです。

ミルトモライターミルトモライター

観終わった後こんなに体力を消耗した映画は、初めてでした…。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『ドント・ブリーズ』

ポイント
  • スティーヴン・ラング演じる盲目の老人がとにかく怖い!
  • 老人の飼い犬も急に吠えて脅かしてくる
  • 息ができなくなるくらい怖い

2016年に公開された、リメイク版『死霊のはらわた』の監督を務めたフェデ・アルバレス監督によるスリラー映画です。

不良少年少女の3人組が、経営破綻を起こしている地元の街から旅立つ資金を調達するために、視覚障害者の老人の家への強盗を企てます。

しかし、その家に住む老人は元軍人で、目が見えない代わりに超人的な聴力と怪力の持ち主だったのです…!

『ドント・ブリーズ』

出典:IMDB

侵入者の殺害も厭わない無敵の盲目老人の家から、不良3人組は果たして脱出できるのか…さらに、不良少女ロッキーが老人の自宅で見つけたものは…という物語。

ミルトモライターミルトモライター

「舐めていた〇〇が実は〇〇だった」シリーズにも分類できる作品ですね。

タイトルの『ドント・ブリーズ』は「息をするな」という意味で、超人的な聴覚を持つ盲目の老人は、少年少女たちの呼吸1つすら聞き逃しません。

さらに、盲目の老人は家のブレーカーを落として真っ暗闇にするなど、健聴者の視覚を奪い、立場を逆転させるというアイデアも満載。

『ドント・ブリーズ』

出典:IMDB

主人公たちと一緒で、息をすることすら恐怖に感じるかも。

ミルトモライターミルトモライター

そして、老人が地下に隠していたものと理由に唖然…女性にとっては胸糞悪い展開かもしれません。

どこまでも追ってくる老人、そして突然現れて脅かしてくる老人の飼い犬に思わず「もうやめて…」と、観終わった後の疲弊が半端ないです。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『親切なクムジャさん』


ポイント
  • イ・ヨンエが演じる妖艶な女復讐者・クムジャの復讐が怖い
  • 自分を容疑者に仕立て上げた真犯人に対する行いが衝撃的!
  • 怖いだけではなく「自分だったら?」と考えさせられる

復讐者に憐れみを』『オールド・ボーイ』に続くパク・チャヌク監督の「復讐3部作」の3作目。

2005年公開の『親切なクムジャさん』では、『JSA』『宮廷女官 チャングムの誓い』出演のイ・ヨンエが、親切で妖艶な女復讐者・クムジャを演じました。

共演は『オールド・ボーイ』で主演を努めたチェ・ミンシク

主人公のクムジャは自分の娘を人質に取られ、誘拐事件の犯人に仕立て上げられてしまいます。

『親切なクムジャさん』

出典:IMDB

服役していたクムジャが出所を果たし、自分に濡れ衣を着せた真犯人への復讐を果たす物語です。

ミルトモライターミルトモライター

今作の怖いところは、真犯人が判明してからの「もう一展開」にあります。

誘拐されていた子供は複数で、真犯人を捕らえたクムジャは子供たちの親を呼び出し、自ら復讐をさせるのです。

犯人を痛めつける、怪我を負わせる、復讐をしないなど親たちの判断は様々ですが、この展開には正直驚きました。

そして、「自分が誘拐された子供の親の立場だったらどうする…?」と即座に考えることでしょう。

ミルトモライターミルトモライター

「法廷に持ち込んでもどうせ勝てないから直接復讐するぜ!」的な復讐映画はたくさんありますが、ここまでギョッっとさせられた作品は初めてです。

また、今までにない妖艶なイ・ヨンエの姿も今作の見どころ。

『親切なクムジャさん』

出典:IMDB

クムジャは身体的に強いわけではないのですが、人々に親切にしてきたおかげで得ることができた様々なお返しにより、真犯人に迫っていくことができました。

『親切なクムジャさん』は、そんなしたたかな女の復讐劇なのです。

『グリーン・インフェルノ』

『グリーン・インフェルノ』

(C)2013 Worldview Entertainment Capital LLC & Dragonfly EntertainmentInc.

ポイント
  • ホラー界のカリスマ、イーライ・ロスが放つ衝撃の食人映画
  • 食人族はまさかの原住民たちが熱演
  • ひとりよがりな意識高い系学生たちに襲い掛かる恐怖

1981年公開のホラー映画の金字塔『食人族』を、イーライ・ロス監督が新たに現代版にアレンジした作品。

ミルトモライターミルトモライター

本作の恐怖ポイントは、ホラー映画界のカリスマであるロス監督による、容赦ないグロシーンの連続です。主人公たちの乗るセスナ機の墜落シーンから食人族の登場以降、衝撃の場面が続きますので、しっかり気合を入れてご覧ください。

そして、この作品にリアリティを与えている食人族役は、ペルーの僻地で生活するカラナヤク族という本当の原住民の皆さん。

撮影は彼らの村で行われ、みんな快く協力してくれたそうです。

『グリーン・インフェルノ』

(C)2013 Worldview Entertainment Capital LLC & Dragonfly EntertainmentInc.

また、本作はただのグロ映画というだけではありません。

自分たちの偏った価値観だけで慈善活動をする学生グループが、勝手に守ろうとしていた現地人達に襲われるという皮肉の効いたストーリーが現代社会への警鐘をあらわしています。

行き過ぎた正義は、問題を解決するわけではなく、ただの自己満足に過ぎない、ということを改めて気づかせてくれる作品です。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『キャビン・フィーバー』

ポイント
  • 人里離れた山小屋で遭遇する恐怖体験
  • いかにもワケありな、あやしい住民たち
  • ホラー界のカリスマ、イーライ・ロス監督の実体験をもとに映像化

イーライ・ロス監督の長編デビュー作であるスプラッターホラー。

ロス監督自身が若いころに経験した皮膚病が作品を作るきっかけになったそうです。

山小屋で楽しくバカンスを過ごすためにやってきた五人の若者が、謎の感染症に襲われ、互いに疑心暗鬼になり破滅していく様を描いています。

ホラー映画王道の展開ながらも、次に誰が犠牲になるのかハラハラさせられます。

感染症の症状もロス監督ならではのグロ描写が満載。

『キャビン・フィーバー』

出典:IMDB

そして、突然あらわれる血だらけの男や、いかにも怪しい地元民、謎のパンケーキ少年など、何を考えているのか分からないアクの強い周辺キャラ達も恐怖ポイントです。

そして、ラストシーンでも、ぞっとする展開があるので最後まで目が離せません。

ちなみに2016年にはイーライ・ロス監督が製作総指揮を務めた『キャビン・フィーバー リブート』が公開されました。


ミルトモライターミルトモライター

ほぼ同じストーリーですが、若干のマイナーチェンジがあります。オリジナル版との違いをぜひ確認してみてください。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『ゲット・アウト』

『ゲット・アウト』

(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved

ポイント
  • アカデミー賞、脚本賞受賞の先が読めないスリリングな展開
  • アメリカの根深い人種問題を斬新な視点から描く
  • 主人公以外、怪しさ満点の不気味キャラクター満載

低予算作品ながらもアメリカで大ヒット、第90回アカデミー賞、脚本賞を見事受賞しました。

主人公の黒人青年クリスが、白人である彼女の家で起こる恐怖体験に巻き込まれるというストーリー。

本作の恐怖ポイントはアメリカで長年問題となっている人種差別問題を深層心理からえぐり出しているところです。

白人彼女の家族たちは初対面にもかかわらず、クリスを持ち上げて大歓迎します。

黒人は優れていると褒めちぎる家族たちですが、黒人を使用人に雇い、親戚一同のパーティにはなぜか白人ばかり。

『ゲット・アウト』

(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved

ミルトモライターミルトモライター

果たしてこの家族は何を考えているのでしょうか。

本作は物語が進むにつれて、白人家族の黒人に対する異常な劣等感や羨望を浮き彫りにしていきます。

そして、その行き過ぎた感情からくる、家族たちの真の狙いが明らかに。

果たしてクリスはどうなるのでしょうか。

『ゲット・アウト』

(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved

ただのホラー映画ではなく、日本人には分かりづらい、黒人と白人の複雑な感情を描いています。

ミルトモライターミルトモライター

そして能面のような使用人たちや、うさん臭い笑顔をはりつけた親戚たちなどの怪演にもぜひ注目してください。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『ロブスター』

『ロブスター』

(C)2015 Element Pictures, Scarlet Films, Faliro House Productions SA, Haut et Court, Lemming Film,
The British Film Institute, Channel Four Television Corporation.

ポイント
  • 婚活に失敗すると動物に変えられる不条理
  • 独身で隠れていてもハードな生活
  • イケメン俳優たちが衝撃のダサ男に変身

監督は『女王陛下のお気に入り』のヨルゴス・ランティモス。

この『ロブスター』では第89回アカデミー賞で脚本賞にノミネートされました。

本作の恐怖ポイントは、45日以内にパートナーを見つけなければ動物に変えられ、森に放されてしまうという驚愕の世界です。

コリン・ファレル演じる主人公デヴィッドは、強制的に独身者が集められたホテルで相手探しを頑張るもののうまくいかず、脱走します。

そして、独身者だけのコミュニティに入ることができますが、そこでは逆に恋愛禁止の生活を強いられることに。そんな中でデヴィッドはある女性と運命的な出会いをします。

交際がバレると恐ろしい制裁を受けることになるため、デヴィッドと女性は決死の逃避行を決意。

『ロブスター』

(C)2015 Element Pictures, Scarlet Films, Faliro House Productions SA, Haut et Court, Lemming Film,
The British Film Institute, Channel Four Television Corporation.

果たして2人はどうなるのでしょうか?

結婚しても、独身でいても、両極端な世界にぞっとすること間違いなしです。

ミルトモライターミルトモライター

また、普段はイケメンなコリン・ファレルやベン・ウィショーがモテない男を演じる野暮ったい姿にも注目です。
『ロブスター』

(C)2015 Element Pictures, Scarlet Films, Faliro House Productions SA, Haut et Court, Lemming Film,
The British Film Institute, Channel Four Television Corporation.

▼動画の無料視聴はこちら▼

『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』

『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』

(C)2017 EP Sacred Deer Limited, Channel Four Television Corporation, New Sparta Films Limited

ポイント
  • ギリシャ悲劇に通じる独特の世界観
  • 幸福な一家に突然降りかかる呪い
  • 主人公一家を付け狙う、不気味な少年の存在

ギリシャの鬼才、ヨルゴス・ランティモス監督作。

第70回カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞しました。

ランティモス監督は毎回奇抜な作品を撮り続けていますが、『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』ではギリシャ悲劇「アウリスのイピゲネイア」に通じる独特のランティモス・ワールドを炸裂させています。

本作の恐怖ポイントは、幸福な一家に突然降りかかる呪いと、それを回避するための家族内での‘究極の選択’です。

主人公の心臓外科医スティーブンはある理由により、少年マーティンから大事な家族に呪いをかけられてしまいます。

『聖なる鹿殺し キリング・オブ・セイクリット・ディア』

(C)2017 EP Sacred Deer Limited, Channel Four Television Corporation, New Sparta Films Limited

しかし、その呪いはスティーブンが家族の1人を殺せば回避されることが判明。

そのため、家族たちは自分自身が助かるために、なんとかスティーブンに取り入ろうとします。

「子供はまた産めばいい」と言い放つ妻や、「お父さんと同じ医者になりたい」と媚を売る息子など、家族同士での切り捨て合いが始まります。

『聖なる鹿殺し キリング・オブ・セイクリット・ディア』

(C)2017 EP Sacred Deer Limited, Channel Four Television Corporation, New Sparta Films Limited

そして、どうしても決断しきれないスティーブンが最後にとった行動とは?

ミルトモライターミルトモライター

人間のいやーな部分をえぐり出す作品です。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『サイコ』

ポイント
  • ヒッチコックの代表的なサイコ・スリラー
  • 実在の猟奇殺人鬼から着想を得て執筆された小説が原作
  • 白黒映画なのに色彩を感じるような恐怖が迫る!

マリオン(ジャネット・リー)にはサム(ジョン・ギャビン)という恋人がいますが、サムが別れた妻に多額の慰謝料を払っていることから、資金不足のために結婚できないでいました。

マリオンは結婚したいがために勤務先の不動産会社の金を横領し、その金を持ってサムが住んでいる隣町に逃亡します。

その途中でノーマン(アンソニー・パーキンス)という青年が切り盛りするモーテルに宿泊しますが、浴室で何者かに襲われ、刺殺されてしまいました。

『サイコ』

出典:IMDB

やがてマリオンの行方を追って、妹・ライラ(ヴェラ・マイルズ)とサムがモーテルへやって来ますが…。

映画界の巨匠、アルフレッド・ヒッチコックの代表作の一つである『サイコ』。

異常殺人を描いた映画の元祖ともいえる作品で、マリオンがシャワー中に刺殺される浴室のシーンはあまりにも有名です。

ミルトモライターミルトモライター

恐怖を煽る迫力ある描写と音楽の影響で、白黒映画なのに大量に流れる血が真っ赤に見えてくるほど。

前半と後半で主人公が変わり、クライム・サスペンスからミステリーへと様相を変えていきますが、全編通して不穏な空気が流れるスリラー映画のお手本のような作品です。

『サイコ』

出典:IMDB

人生で一度は味わいたい恐怖体験がここにあります。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『時計じかけのオレンジ』

ポイント
  • 『2001年宇宙の旅』と並ぶキューブリックの代表作
  • トラウマ級の暴力描写と性描写
  • 二度と観たくない傑作映画

近未来のロンドンで、日々暴力に明け暮れる不良グループのリーダー・アレックス(マルコム・マクダウェル)は、ドラッグ、リンチ、レイプなど数々の犯罪に手を染めていました。

『時をかける少女』

出典:IMDB

そんなある日、グループ内でのいざこざをきっかけに仲間に裏切られ、アレックス1人だけが警察に捕まってしまいます。

収監されて2年、模範囚を演じ続けていたアレックスは、内務大臣(アンソニー・シャープ)に気に入られ、とある実験の被験者となります。

“ルドヴィコ療法”と呼ばれる治療の実態は攻撃性を絶つ洗脳のようなもので、その実験は成功し、アレックスは更生したかのように見えましたが…。

鬼才、スタンリー・キューブリックがかなり極端に、そして痛烈に社会を風刺した映画『時計じかけのオレンジ』。

ミルトモライターミルトモライター

病的なまでに暴力を愛する男が殺人を犯し、投獄され、洗脳のような治療を受けて、再び世に放たれたら、こんな悲惨なことになってしまったよ、と言わんばかりの退廃的なストーリーは、観ていて心が疲れてしまう人も少なくないと思います。

投獄前のアレックスが起こす行動は露骨に残酷で、いわゆる胸糞が悪いものなのですが、アレックスが受けた治療そのものも、なかなかに暴力的。

『時計じかけのオレンジ』

出典:IMDB

「目には目を、歯には歯を」では何も解決しないのに、幾度も過激な復讐を繰り返す心理と、考えることを放棄して暴力に走る人間の恐ろしさが溢れています。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『ブラック・スワン』

『ブラック・スワン』

(C)2010 Twentieth Century Fox

ポイント
  • 1人のバレリーナの心に触れるサスペンス映画
  • 痛覚が刺激されるような恐怖が迫る!
  • ナタリー・ポートマンがアカデミー主演女優賞を受賞した力作

ニューヨークの一流バレエ団に所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、元バレリーナの母・エリカ(バーバラ・ハーシー)とともに、その人生のすべてをバレエに注ぎ込むように生きていました。

そんなニナに「白鳥の湖」の主役を演じるチャンスが巡ってきますが、新人のリリー(ミラ・クニス)が現れ、ライバルとなります。

主役の“白鳥の女王”は白鳥と黒鳥という正反対の二役を演じる難しい役柄ですが、ニナは振付師・トマ(ヴァンサン・カッセル)から、黒鳥を演じるうえで必要となる性的に魅了するような情熱が欠けていると言われてしまいます。

無事主役に抜擢されたものの精神的に疲弊してしまったニナは、やがて幻覚や妄想に悩まされるようになり…。

『ブラック・スワン』

(C)2010 Twentieth Century Fox

プレッシャーから精神が崩壊していくバレリーナの姿を描いた『ブラック・スワン』。

とにかく主人公・ニナが見る幻覚や妄想の内容が不気味で恐ろしく、とっても痛いのです。

ミルトモライターミルトモライター

予告映像に使用されていた黒鳥の翼が生えてくるシーンも、肌を突き破るように出てくる刺々しい羽根に目を塞ぎたくなりました。

このような幻覚だと理解しやすい恐怖はまだ良くて、もっと生活に密接した痛みも登場します。

これは本当に観ているほうもつらいです。

『ブラック・スワン』

出典:IMDB

ニナの精神が崩壊していく様子は、実は精神の統一なのではないかという見方もあります。

ミルトモライターミルトモライター

あなたはどちらだと思いますか?

▼動画の無料視聴はこちら▼

『ホステル』

ポイント

アメリカから来たバックパッカーの大学生であるパクストン(ジェイ・ヘルナンデス)とジョッシュ(デレク・リチャードソン)と、アイスランド人のオリー(エイゾール・グジョンソン)の3人は、ヨーロッパを旅行していました。

スロバキアにあるホステルで最高の快楽体験をできると聞いた3人は、実際にそこへ赴き、美しい女性たちと素晴らしい夜を過ごします。

『ホステル』

出典:IMDB

しかし、知らぬ間にオリーが帰国してしまい、やがてジョッシュも姿を消します。

何かおかしいことが起きていると気づいたパクストンは、ジョッシュの行く末を追いますが…。

グリーン・インフェルノ』で知られるイーライ・ロスがメガホンを取ったスプラッター・ホラー『ホステル』。

ミルトモライターミルトモライター

スプラッター好きには物足りないかもしれませんが、物語が進むにつれてゴア描写が増えていき、その痛ましさに目をそらしたくなります。
『ホステル』

出典:IMDB

また、旅先の知らない土地で起こる惨憺たる事件ということで、前半から何やら不穏な雰囲気を感じることも。

ミルトモライターミルトモライター

楽園に誘われる主人公たちを観ていると、「それフラグ!気を付けて!」と思わず突っ込みたくなります。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『怒り』

『怒り』

(C)2016 映画「怒り」製作委員会

ポイント
  • 実力派俳優陣が集結した群像サスペンス
  • 小さな出来事が大きな疑惑を生み出す人間模様は圧巻
  • 3編の人間関係が織り成す“怒り”と慈しみの物語

東京・八王子市で起こった残忍な殺人事件の犯人は、現場に“怒”という血文字を残し、顔を整形してどこかへ逃亡しました。

それから1年後、千葉の漁港で暮らす洋平(渡辺謙)と娘の愛子(宮崎あおい)の前に田代(松山ケンイチ)という青年が現れ、東京で大手企業に勤める優馬(妻夫木聡)は街で直人(綾野剛)という青年と出会い、親の事情で沖縄に転校してきた女子高生・泉(広瀬すず)は無人島で田中(森山未來)という男に遭遇します。

各地での出会いは少しずつ様相を変え、疑惑と焦燥を生み始め…。

『怒り』

(C)2016 映画「怒り」製作委員会

人気作家・吉田修一の小説『悪人』を映画化し高い評価を受けた李相日が、再び吉田修一原作の作品でメガホンを取った『怒り』。

ある凄惨な殺人事件を起こした犯人のモンタージュ写真が公開されたことで、各地での出会い、人間関係が少しずつ疑惑を生み、それぞれの抱えた怒りがふつふつと浮かび上がってくる群像劇です。

『怒り』

(C)2016 映画「怒り」製作委員会

ミルトモライターミルトモライター

人間の心の奥底に眠る感情の変化や猜疑心が生み出す恐ろしい行動にヒヤッとさせられ、またゾッとします。

ミステリーやサスペンスというジャンルなのでしょうが、ヒューマンドラマとして観ることもできる作品となっています。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『冷たい熱帯魚』

ポイント
  • 鬼才・園子温が手掛けたサスペンス・ホラー
  • 実在の猟奇殺人事件からヒントを得て製作された作品
  • でんでん吹越満の狂気の演技に注目!

うだつの上がらない小さな熱帯魚店を営む社本(吹越満)の家庭では、年頃の娘・美津子(梶原ひかり)が若い後妻の妙子(神楽坂恵)に反発しており、家族には亀裂が生じていました。

そんなある日、社本は美津子が起こした万引き事件をきっかけに、同業で大儲けしている村田(でんでん)と知り合います。

『冷たい熱帯魚』

出典:IMDB

やがて、村田の事業を手伝うことになった社本は、いつしか恐ろしい猟奇殺人事件に巻き込まれていき…。

愛のむきだし』など国内外で高く評価されている園子温がメガホンを取った『冷たい熱帯魚』。

園が実在の事件から着想を得た“家賃3部作”と呼ばれる作品群の第1作でもあり、猟奇殺人を異常にシリアスに、時にはコミカルに描いています。

『冷たい熱帯魚』

出典:IMDB

主演の吹越満、でんでんをはじめ、出演者たちの狂気の演技が話題となり、人の良さそうな朗らかな人物が起こす恐ろしい行動に背筋が凍る作品となりました。

ミルトモライターミルトモライター

実在の事件がベースになっているなんて信じられないです、人間って怖い…。

▼動画の無料視聴はこちら▼

ゾッとするホラー映おすすめ31選まとめ

ホラー映画31選

出典:U-NEXT

以上、ここまでおすすめホラー映画をまとめてきました。

グロも心理的にじわじわ来る系もそろっているのでぜひ作品選びの参考にしてください。

▼合わせて読みたい!▼