『A3! SEASON SPRING & SUMMER』第6話あらすじ・ネタバレ感想!春組の旗揚げ公演、ついにスタート!

『A3! SEASON SPRING & SUMMER』第6話

出典:『A3! SEASON SPRING & SUMMER』公式ページ

紆余曲折ありながらも、たったひとりから始まったMANKAIカンパニー。

家族のような絆が生まれた春組は、劇団存続の条件通り旗揚げ公演を行うこととなります。

田中泉田中泉

ついに春組編クライマックスとなる、旗揚げ公演の幕が上がりました。

日替わりの演出や、演者の気迫が伝わる本格的な殺陣のシーンなど、全力で観客を楽しませようとする春組メンバー。

果たして、旗揚げ公演は無事成功となるのでしょうか。

アニメ『A3! 第1期』動画フル無料視聴!1話から最終回まで再放送なしで見れる配信サービスをご紹介

『A3! SEASON SPRING & SUMMER』前回第5話のあらすじと振り返り

演劇は未経験ながらも、そつなく器用に練習をこなしてきた真澄。

いづみへの一目惚れからMANKAIカンパニーの入団を決めた真澄でしたが、重要なシーンでのセリフに気持ちがこめられないというスランプに陥ってしまいます。

田中泉田中泉

真澄はクールで何でもできてしまうキャラだからこそ、葛藤している姿は新鮮でした。

いづみを傷つけてしまった後悔から落ち込んでしまう真澄でしたが、メンバーの励ましから無事に解決に至ります。

それはこれまでの絆の深さによる結果でしょう。

【ネタバレ】『A3! SEASON SPRING & SUMMER』第6話あらすじ・感想

ついに旗揚げ公演『ロミオとジュリエアス』が始まった春組。

『ロミオとジュリアス』の評判は口コミで広まり、千秋楽のチケットは完売します。

しかし、千秋楽を前に至が足を怪我してしまい、一時は公演の中断も危ぶまれますが、咲也のアドリブから続行。

鳴り止まない拍手を聞いた春組は、演劇の楽しさや熱を全身で味わうのでした。

あの古典的名作を大胆にアレンジした『ロミオとジュリアス』

春組の旗揚げ公演の演目は、『ロミオとジュリエット』のふたりを男性の親友同士に置き換えた『ロミオとジュリアス』でした。

メインのふたりを咲也と真澄が、それぞれの友人を綴と至が、ロミオとジュリアスにアドバイスを送る神父をシトロンが演じています。

田中泉田中泉

「演劇の脚本を書きたい」と思っていた綴と、演劇が好きで仕方ない咲也をつないだのはシェイクスピアの作品でしたね。

ひとりの女性をめぐる喧嘩から、いつしか友情に発展していたロミオとジュリアス。

「旅に出よう」と夢を語るふたりでしたが、敵対する一族であることが発覚します。

広い世界を見に行こうと誘うロミオに対し、「家族は捨てられない」と踏み切れないジュリアス。

そんな彼に、ロレンス神父は仮死状態となる薬を渡すのでした。

田中泉田中泉

咲也と真澄が練習していた殺陣のシーンも、迫力がすごかったです。

再会したロミオとジュリアスが旅立つシーンで幕引きとなる『ロミオとジュリアス』。

拍手が鳴り止まない風景に、春組メンバーは強い感動を覚えます。

春組メンバーで走りきった、旗揚げ公演

初演の日、春組の楽屋は緊張感に包まれていました。

そんな空気を変えるかのように、いづみは「ミスをしたらみんなでフォローし合うこと」を伝えます。

田中泉田中泉

演目の内容を丁寧に描いているので、本当に劇場で観ている気持ちになりました。

順調に観客を集めた結果、千秋楽のチケットも完売。

劇場存続の条件をクリアし、ひとまずは演劇を続けられることに春組メンバーは喜びます。

田中泉田中泉

咲也しかいない状態から、よくもここまで…とこちらまで感動してしまいました。

とは言え、楽屋にやってきていた古市の言葉通り、千秋楽公演もお客様を満足させなければ意味がありません。

いよいよ千秋楽に挑むべく、春組メンバーはステージに上がります。

千秋楽の成功と至の涙

実は千秋楽の前に足を痛めていた至。

隠していたことをシトロンに気づかれるも、至は誰にも言わないように話します。

それに対し、シトロンは「ダメだったらすぐに言うように」と伝えるのでした。

田中泉田中泉

言い間違えなどでおとぼけキャラなイメージも多いシトロンですが、気遣いもできる優しさも時折見せていました。

千秋楽では足の痛みにより動けなくなってしまう至でしたが、それに気づいた咲也はとっさにアドリブで切り抜けます。

田中泉田中泉

第1話に出てきた「The show must go on」がフラグとなっていたとは!

公演にアドリブを入れていたのが功を奏し、ピンチをチャンスに変えた春組メンバー。

カーテンコールを前に、至の目からは涙があふれていました。

「自分の人生で1番熱くなっている」という至の言葉は、「演劇がゲームよりも夢中になれるものだった」という何よりの証拠でした。

『A3! SEASON SPRING & SUMMER』第6話まとめ

春組公演が終わり、来週からは夏組にバトンタッチする模様。

夏組の目星はあるのかと古市に聞かれたいづみは、「声はかけたいなって思っている人がいる」と返していました。

MANKAIカンパニーのチラシを見ていたり、客席で公演を観ていたりしたキャラクターはどれも個性豊かな面々であるようです。

ひとまず危機を乗り越えたMANKAIカンパニー。

続いて夏組はどんなメンバーで旗揚げ公演を作り上げるのでしょうか。非常に気になりますね!

アニメ『A3! 第1期』動画フル無料視聴!1話から最終回まで再放送なしで見れる配信サービスをご紹介

▼次回第7話も続けて読む▼