『妖怪ウォッチ!』第34話ネタバレ感想!ヒキコウモリが事業に失敗し激変!元の姿に戻れるのか?

アニメ『妖怪ウォッチ!』第34話ネタバレ感想!

出典:ヨロズマート公式Twitter

ケータくんの部屋のクローゼットに住み着くヒキコウモリが大破産し、新たな姿に進化してしまいました。

果たして元に戻れるのでしょうか…。

それではさっそく『妖怪ウォッチ!』第34話をネタバレありでレビューしたいと思います。

『妖怪ウォッチ!』前回第33話のあらすじと振り返り

妖怪どんどろの封印が解けそうになり、それを止めるべく唐突なお笑い選手権が開催されました。

ケータくんとイナホは、どんどろを笑わせられそうな妖怪を交互に呼び出しますが完敗。

痛い思いをした妖怪たちに責められ、2人も身体を張って変顔をすることに。

高度な変顔に即効で負けるイナホでしたが、ケータくんは踏ん張ります。

チラ見えした鼻毛により、どんどろは大爆笑!

無事封印は解けることなく、妖魔界には平和が訪れました。

今回はどんな新しい妖怪との出会いが待っているのでしょうか。

アニメ『妖怪ウォッチ!』第33話ネタバレ感想!妖怪どんどろの封印が解ける?お笑い大会が開催される

【ネタバレ】『妖怪ウォッチ!』第34話あらすじと感想

ヒキコウモリに関しての大ニュース!

ケータくんの部屋のクローゼットが内側から鍵をかけられているようで開きません。

中には友達妖怪のヒキコウモリが住み着いているはず。

そのとき、ウィスパーはyohoo(ヨフー)ニュースにヒキコウモリに関しての記事を発見し驚愕。

なんと、大金持ちのヒキコウモリが破産して全財産を失ってしまったのです。

Yちゃん

そんなー!株や投資で大儲けしていたはずのヒキコウモリに一体何があったのでしょうか。

実は、妖魔界の仮想通貨ヨットコインや新事業への挑戦に失敗し、積み上げてきた功績が一気に崩れ落ちてしまったそう。

お金なんか無くてもいいという心優しいケータくんに、姿を現したヒキコウモリでしたが他人の不幸を喜ぶウィスパーの心無い言葉に撃沈し、トジコウモリへと姿を変えてしまったのです。

Yちゃん

まさかの既存の妖怪が進化という意外な展開!ウィスパーの最低発言連発には普通に引きました(笑)ある意味人間らしい(?)のかも…。

トジコウモリを説得するには

トジコウモリはヒキコウモリが引きこもりすぎて家と一体化した姿。

それに伴い、ケータくんの部屋も物だらけのトジコウモリダンジョンに変化してしまいます。

暴走を食い止めるためにメラメライオンやモレゾウを呼び出すも効果なし。

トムニャンの陽気な音楽を聴いても駄目でした。

Yちゃん

トムニャンの歌に「うるせー!」と叫んで壁を叩くトジコウモリは反抗期風なのでご注目。

すると、トジコウモリによって作られたはずの異空間になぜかトムニャンの友達ジェリーが。

妖怪メダルを逆さにセットして「そうじゃないヨー!」ボイスを楽しむだけのジェリー。

手段を選ばずメダルをゲットしようとしてホラー回になったことも数知れず。

案の上、トジコウモリの屋根をハンマーで破壊し、メダルを催促するジェリー。

怯えてアークを渡し、トジコウモリは無事にヒキコウモリに戻ることができました。

後日、ヒキコウモリはジェリー保険(ジェリーに被害を受けた際にお金が出る)によって出たお金で投資をし、再び大金持ちに返り咲いたのです。

Yちゃん

ジェリーの被害が深刻すぎて専用の保険が作られていたという衝撃の事実が発覚しました。

トジコウモリの姿も可愛いですが、いつものヒキコウモリに戻ってくれてよかったです。

人気コーナーが一夜限りの大復活

過去の『妖怪ウォッチ』でシリーズ化していたコーナー「3年Y組ニャンパチ先生」が大復活です。

今回、久しぶりにさくら中学に戻ってきたニャンパチ先生。

コマさん先生や憧れのふぶき先生とも再会しましたが、職員室はガラガラです。

Yちゃん

「ニャンですかぁ~!」でお馴染みのニャンパチ先生懐かしいですね。職員室に先生たちがいないのには、ある新制度が関係しているとか!?

他の先生たちは、新制度による講習に赴いているため不在でした。

実は、さくら中学では生徒側からも教員に対して成績表をつけられるシステムを導入。

そこで評価が悪いと超スパルタ講習行きとなり、他の先生たちはまさにその地獄のような講習から帰宅できていないのです。

ニャンパチ先生は、過酷なシステムを切り抜けることができるのでしょうか。

Yちゃん

超スパルタ講習は砂漠や吹雪の中を進み、最終的には崖でハナホ人に追いつめられるという内容らしいです(笑)

ふぶき先生たちは回避できたのだと思うとさすがですよね!

ニャンパチ先生は生徒たちの煽りに耐えられるか!?

朝、荒れた教室に入室しようとしたニャンパチ先生は、ドアに仕掛けられた黒板消しをいち早く発見。

イタズラを回避すべくヘルメットを被って教室に入ると、黒板消しの後にさらなる仕掛けがありました。

あっさりブチギレたニャンパチ先生は、みるみるうちに生徒からの評判が下がっていきます。

Yちゃん

相変わらずさくら中学は派手に荒れているし、ニャンパチ先生はキレやすくて疲れそうです(笑)

あと一回問題を起こせばアウト!という状況に焦り、生徒たちに好かれることだけに専念しようと教室に入ると、再びドアトラップにかかります。

怒りは爆発、超スパルタ講習行きになったニャンパチ先生は崖でハナホ人に追いつめられるも、なぜかトラックに吹っ飛ばされてしまいました。

Yちゃん

やはり超スパルタ講習は避けられず…。ニャンパチ先生にはほぼ不可能だったかと思います(笑)

『妖怪ウォッチ!』第34話まとめ

『妖怪ウォッチ!』は新たな妖怪の登場が楽しみのひとつでもありますが、今回のトジコウモリのように進化した姿にフォーカスが当たるという展開も新鮮で良かったと思います。

次回は12月公開予定の新作映画特集ということで、本編の放送はお休みです。

そして、アニメ新シリーズのスタートにあたって今シリーズもどうやら一旦ラストスパートのようです。

残りの話数で懐かしのコーナーが復活ということも十分にあり得ますので、期待して待ちましょう!

『妖怪ウォッチ!』他話のネタバレ記事一覧