『エール』第3週11話あらすじ・ネタバレ感想!留年をするも音楽を辞められない裕一。作曲家は夢物語なのか?

『エール』第3週11話

出典:『エール』公式ページ

商業高校に通いながら、ハーモニカ倶楽部で音楽を楽しむ裕一(窪田正孝)。

作曲に夢中になり過ぎたために留年をした裕一に弟の浩二(佐久本宝)は苛立ちます。

作曲家を目指すという憧れの先輩の背中を追いかけ、その先輩の意向により、次の演奏会で独自作を入れる話が出ると、裕一は一層曲作りに力を入れます。

しかし、その先輩から本気で作曲家になれるのかと言われたり、父・三郎(唐沢寿明)からも大きな夢だなと言われ、裕一の心には不安が…。

また、権藤家からの養子縁組の話もまだ続いており、そんな中で三郎にはさらなる事業拡大の話も?

▼動画の無料視聴はこちら▼

『エール』前回第2週10話のあらすじと振り返り

音(清水香帆)の父・安隆(光石研)が急死したことにより、関内馬具店は窮地に陥る事態。

しかし、三姉妹は取引先に契約を切られないようにするため、契約書を探しはじめます。

母・光子(薬師丸ひろ子)も一緒になってこれを探し出すと、違約金を盾に取引を継続。

職人も無事に帰って来たことにより、万事休すとなりました。

そして、かぐや姫役の良子(田中里念)からかぐや姫役を交代してほしいと言われると、音はこれを全う。

月に帰るかぐや姫と、亡くなった父を照らし合わせると、朧月夜を歌いながら涙を流すのでした。

女4人で力強く生きていくことを決意する関内家は、海にその思いを叫びます。

そしてそれから3年の年月が経ち、裕一(窪田正孝)は商業校に入学をしていたのですが…。

【ネタバレ】『エール』第3週11話あらすじ・感想

高校生裕一(窪田正孝)の友達にまさかのあの子

商業高校に通う裕一(窪田正孝)は学業に励みながらも、学生と社会人が一緒になって演奏をするハーモニカ倶楽部に所属するのでした。

この時代、ハーモニカは大流行し、その中でも素晴らしい演奏をするこのハーモニカ倶楽部は大きなホールで演奏することもある実力を持っています。

高校生になっても音楽に夢中になっている裕一は、そのおかげで留年し、2年目の高校4年生を過ごしています。

KAMUIKAMUI

留年してしまっても授業中に楽譜と向き合うことをやめず、先生に怒られ廊下に立たされる裕一。反省する気は…たぶんあるんですけどねー。

ハーモニカ倶楽部で裕一と一緒に演奏をする仲間には、なんと裕一をイジメていた楠田史郎(大津尋葵)。

KAMUIKAMUI

細い方の子です。スネ夫みたいな。音楽はおなごのするものだと言っていたんですがね…もしかして…実はやりたかったのでしょうか。

ハーモニカ倶楽部ではバスパートを担当している史郎ですが、メロディーがなくて一人で練習するのが困難だということを裕一に訴えると、会長の館林(川口覚)に交渉してほしいとまで言い出します。

気の小さい裕一はこのことを館林に相談しますが、有無を言わさず「練習しろ」の一言で済まされてしまうのでした。

作曲のチャンスをもらった裕一(窪田正孝)。作曲に夢中になればなるほど浩二(佐久本宝)は苛立つ

ハーモニカ倶楽部の会長である館林から、次の演奏会では独自作を一曲入れようと聞かされた裕一。

倶楽部の中で募集し、投票によって曲を決めると聞くなり、裕一は音楽作りを始めます。

家に帰れば、入学祝として母に買ってもらった卓上ピアノと譜面に向き合う裕一。

しかし、そんな兄の姿を見た弟の浩二(佐久本宝)は、両親ともにに兄に甘いと怒るのでした。

KAMUIKAMUI

母はピアノを与え、父は裕一のために蓄音機を残す。留年しても作曲に没頭する裕一を咎めない!これは浩二から見れば確かに甘いです!

商業の子供が商業高校に通うのが当たり前ですが、浩二は今の古山家の状況を見て、高等学校に進学したいと言い出すのでした。

これを裕一に打ち明けるも「いいんじゃないの?」の一言で返されて、また作曲。

浩二もため息をつくしかありませんでした。

喜多一の経済状況、そして権藤家との縁

危機的状況に陥っていた喜多一でしたが、今では京都の反物を仕入れ、商売を続けている状態です。

そして、仕入れの仲介をしてくれる吉野福之助(田口浩正)は、三郎(唐沢寿明)の元へとやってくると、事業を拡大しないかと話を持ちかけられます。

勢いをつけた三郎は、これからは東北全土と商売をすると豪語するようになります。

KAMUIKAMUI

これは絶対危ないパターンです!吉野さん、怪しい。

また、権藤家からの養子の話もまた続いており、あと1年以内に養子を出さないと古山家と権藤家の縁を切るとまで言われてしまいます。

まさ(菊池桃子)は自分は古山家の人間だからと言い、権藤家と切れるならそれも仕方がないという姿勢。

しかし、茂兵衛(風間杜夫)は妻と離縁させられるのを防ぐため、まさに頭を下げるのでした。

KAMUIKAMUI

しかも、すでに裕一もこの養子の話は知っている模様。もちろん裕一は嫌だと言います。そりゃ作曲家になりたいのに銀行には勤めませんよね。

身の程を知れと言われる裕一(窪田正孝)。その夢を父・三郎(唐沢寿明)は…

ハーモニカ倶楽部の会長の館林は、裕一の憧れの人でした。

しかし、その彼が実家の旅館を継ぐために倶楽部を辞めるという話をされ、作曲家になるんじゃなかったんですか!?とショックを受けます。

日ごろからそのように言っていたのは、倶楽部のメンバーを鼓舞するためだと告白する館林。

そして、本気で作曲家を目指す裕一に対し「本当に作曲家になれるのか?」と言われます。

「君はモーツアルトのつもりか?身の程を知ることも大事だよ」と館林に言われると、裕一の中にはモヤモヤした感情が生まれます。

そして家に帰ると、父・三郎からも音楽家になりたいという裕一の夢に対し「大きな夢だな」と言われます。

家を継ぐ気はないかと聞かれるも、裕一は小さい頃から作曲家になりたかった夢を否定された気持ちになるのでした。

三郎としては、夢は年を取るとともに変わるものだと思っていたのですが、裕一はこれを否定。

落第をするのはどうなのかと言われると、裕一も返す言葉がなくなります。

しかし、三郎は「裕一の夢は俺の夢だ」と言ってくれたことで、裕一はまた作曲を続けるのでした。

KAMUIKAMUI

変わる子ももちろんいますけど、ブレない子もいます。私は巡り巡ってなりたいものに近いものになってる感じなのでなんとなくわかります。

翌日、懲りずに授業中に譜面とにらめっこする裕一は、またも廊下に立たされます。

教師からは落第どころか、退学も危ういと言われてしまうのでした。

KAMUIKAMUI

余計悪いパターン!どうする裕一!?

『エール』第3週11話まとめ

学生になった裕一の日々は、やはり音楽と共にあることは変わりません。

しかも、他の人と違うことで出てくる感覚の違い。よくわかります!

そんなのなれっこないと諦めるか、なるんだと真っ直ぐ突き進むかの違いが、裕一と館林の間に生まれたように感じました。

しかし、この館林もモデルがいるようで、彼も作曲家になるとか…旅館を継ぐで終わらなさそうですね。

さて、作曲家の道を突き進みたい裕一の前に養子や退学など次々と現れる障害。

裕一はこれらとどう向き合い、乗り越えていくのかが非常に楽しみです。

やりたいことを貫く、その姿勢を見せ続けてほしいです!

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼次回第12話も続けて読む▼